>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

maneo延滞後の評判!遅延や貸し倒れで集団訴訟に!マネオの期失も解説

どうも。3000万円ほどをソーシャルレンディングで運用中のタクスズキです。

運営体制が問題になり、行政処分も下された「maneo(マネオ)」の近況を書きます。(ソーシャルレンディングの1つです)

「投資して大丈夫?」「貸し倒れはこれからもあるの?」と思ってる人は参考にしてください

結論、マネオは50億円ほどの貸し倒れを出しており危険ですし、投資できなくなりました。(サービス停止)

こういったサービスを使うよりは「これまで投資家の損失ゼロ」のものをつかうのがよく、クラウドバンクが該当します

クラウドバンクの20年12月の分配金
(クラウドバンクでの毎月の利益)

運営会社も第一種金融業の証券会社で財務も健全です。安心して投資したい方はサイトをチェックしておきましょう。

\ 最新実績を見てみる /

【おさらい】マネオ(maneo)で起きた問題

マネオでは、配当や投資元本の延滞がかなり発生しており、投資家からかなり問題視されていました。

maneoはプラットフォームとしてシステムをいろんな業者に貸しており、そこでも問題が起きてるんですね。

ノンリコースローンなど、マネオの問題点は以下の記事にも書いてるので参考にしてください。

集団訴訟も:今後の評判はどうなるか?

マネオで延滞するファンドの数が止まらずに、集団訴訟までいくケースも。

【追記】maneoは上場企業のSAMURAI証券と業務提携し、さくらソーシャルレンディングの事業譲渡も行いました

今後はSAMURAI証券がmaneoを運営し、もしかしたらファンド募集も再開するかも知れません。

【期失あり】金融庁からの目も厳しくなってる

※マネオでは他の問題も続出してます

あと、「maneo関連の遅延・期失額が300億円突破」という話もありました。(期失額は利息の未払い額)

期失とは借り手からの支払いが滞っており、投資家への分配が延滞している状況です。

マネオ以外のソーシャルレンディングがおすすめ

マネオが怖い人は、ぼくが儲かってる他のソーシャルレンディング「クラウドバンク」をどうぞ。

運営8年で投資家の損失ゼロであり、ぼくは以下のように毎月分配金をもらえてます

クラウドバンクの20年12月の分配金

運営会社はコンプライアンスを遵守した証券会社であり、国からも認められています

安心して資産運用したい方は、サイトだけでもチェックするといいですよ。

\ 最新実績を知る /

1円から気軽に投資をしたいならファンズもおすすめです。

信頼できる上場企業に融資するため、マネオのような元本割れは発生しづらいです。

こちらもサイトをチェックするといいですよ。(キャンペーンやお得な優待もありますので)

\ キャンペーンなどを見てみる /

マネオ事件を受けての感想

マネオでの被害を見て思ったのが、「ソーシャルレンディングでは信頼できる業者と案件の見極めが重要」ということ。

マネオの件で特に大事だったのは、「案件の見極め」ですね。

これまでに何度か書いてる通り、8%を超えるような高利回り案件は危険だと思った方がいいです。

投資家のリターンは8%ですが、ソシャレン業者の手数料(取り分)が+1%か2%かかるため

融資先からの返済利率は10%とすごい数字になります

これだけの利率で貸し出すということは、貸し先の信頼度があまり高くないということなので、投資すべきかはしっかり考えた方がいいです。

5%以下のファンドがオススメ

こうした事情があるので、ぼくは利回り7%以下のファンドに投資するようにしています

そして、そういったファンドへの投資でも十分な利益をゲットできてます。

なので、ソーシャルレンディングでは「利回り」よりも「手堅さ」を重視した方がいいです。(貸し倒れで悲しまないためにも

手堅いものだと「運営8年で投資家の損失ゼロのクラウドバンク」と「上場企業に融資する1円投資のファンズ」があります。

クラウドバンクの20年12月の分配金
(クラウドバンクのでの毎月の分配金)

どちらも人気で、無料で簡単に口座を作れるので、まずはそちらだけでも準備するといいですよ。

\ 儲かる額を知る /
\ 最新実績を見てみる /

兵庫や川崎などいろんな地域で延滞発生

マネオの話に戻ると、いろんな地域で返済の遅れが出ています。

ガイアファンディングもやばい

あと、ソシャレンのシステムを貸し出してる提携先でも問題が起きてます。

※ソーシャルレンディングで大損を回避し儲かるには分散投資を大事にしましょう

京都やグリフラの案件も有名

マネオの関連サービスでも、延滞するファンドが後を絶ちません。

ソーシャルレンディングで撤退した危ない業者(ラッキーバンクやみんなのクレジット)のような道を辿ってますね。

海外投資では為替リスクや延滞に注意!

マネオでは担保の不動産を売却して投資家の損を回避しようとしてますが、進捗はよくないようです。

特に海外案件はハイリターンの分ハイリスクなので注意しましょう。

関東財務局から業務改善命令も

このように、いろんな問題があり、被害者もいるので、マネオではまだ投資できませんね。

そんな中、上場企業のSAMURAI証券がmaneoを買収し、改善していくと発表されました。

とは言いつつも、現状は延滞案件の支払いで精一杯という現状です。

こうならないためにも、今までに損失ゼロの「クラウドバンク」を使いましょう。

クラウドバンクの20年12月の分配金
(クラウドバンクでの毎月の利益)

\ 儲かる額を見てみる /

2ch(5ch)での口コミ、評価

2ちゃんねる(5ちゃんねる)には、以下のような意見もありました。

マネオがリファイナンス拒否で資金ショート事業清算なったらマネマがつぶしたもんだよね

※貸付金利の法律上限は15%であり、業者の手数料を考えると13%の利回りがギリギリなので、それくらいのものはスルーしたほうがいいです

大手で安心感があったはずのマネオについて

ちなみに、ぼくのマネオでの成績は順調で、延滞と貸し倒れゼロでした。

マネオでの成績・利益

マネオで繰上返済
(繰り上げ返済で早めに返ってくることもあった)

ソーシャルレンディングで損しないために、以下の記事も参考にしましょう。

【まとめ】マネオの評判やデフォルト(元本割れ)

最後に要点をまとめます。

・マネオでは大損してる投資家が多く、評判は良くない
・利息支払いの遅延も億円レベルで発生
・投資家のお金は返ってこないかも知れない

こういった損をしないためにも、ソーシャルレンディングはこれまでの損失ゼロの事業者がおすすめです。

クラウドバンクであれば、運営8年で損失ゼロなので、手堅く資産を増やしたいなら、こちらを使いましょう

クラウドバンクの20年12月の分配金

\ 最新実績を見てみる /
関連記事