最適なポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)を提案してくれる「WealthNavi(ウェルスナビ)」の無料診断を受けてみた

ウェルスナビの説明スクショ

ロボアドバイザーが資産運用してくれるサービス「ウェルスナビ」の無料診断を受けてみました。これによって、どれくらいの期間でお金がどれだけ増えるかをシミュレーションできます。

これから長期投資をしようと思っている方は参考にしてみてください。

ほったらかしの投資でOK(もちろんリスクあり)

ウェルスナビのメリットはほったらかしでOKなこと。

従来の投資で必要だった資産配分の決定(アセットアロケーション)や運用途中のリバランスが不要。ロボットがこれを自動でやってくれるのです。

従来の投資との比較

人間が運用すると、つい感情が出て、書いすぎてしまったり売りすぎてしまったりして損をするなんてことになりがちです。

ですが、ウェルスナビのロボアドバイザーであれば、独自のアルゴリズムに基づいて冷静に運用することができるのです。

アルゴリズムは信用できるみたい

なお、ロボアドバイザーで怖いのが、投資のアルゴリズム。そもそも、これが間違っていたら、その後の成績に悪影響が出てしまいますからね。

ということで、信用できるアルゴリズムなのかどうかも見てみました。すると、こんな記述が>「世界の富裕層・機関投資家向けの確かな金融アルゴリズム」。

世界の富裕層や機関投資家は一般的に、高度な金融アルゴリズムによって最適化されたポートフォリオによる長期運用を行っています。

WealthNaviでは1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」などに基づき、世界の富裕層や機関投資家など一部の人間だけが享受してきた高度な金融アルゴリズムによる資産運用の恩恵を、すべての人にご提供します

文章を読む限り、ノーベル賞をとった理論に基づいてますから、なんとなく信用できそうです。(この辺は性善説でサイト運営者を信じるしかないでしょう)

なので、僕はアルゴリズムを信じることにしました。

福利をもたらす再投資も自動

あと、ロボアドバイザーの説明を読んでいて良いなと思ったのが、再投資も自動でやってもらえる点。

スクリーンショット 2017-03-15 13.26.08

長期の資産運用では、運用益が出るたびにそれを再び投資に回して福利式にお金を増やしていくのが定番です。

関連記事:ソーシャルレンディングとは高利回りでサラリーマンにおすすめの資産運用手段です

このような処理もロボットに自動でやってもらえるんですね。従来の資産運用では、そういったことも人間がやっていたわけですが、その手間もロボが省いてくれるのです。

関連記事:倍倍で増えていくはずないから!積み立て投資の複利について誤解を解いておこう

ロボアドバイザー側の儲けは?

ここまでの話を聞いて、ウェルスナビがかなり良いサービスに思えますが、運営会社はどのようにして儲けているのでしょうか。

うまい話には裏がありますから、そういったことも知っておく必要がありますよね。ということで、こちらも確認しました。

結果、投資によってユーザーがお金を増やした時にだけ手数料をもらうモデルだとわかりました。

ユーザー、運営側双方にメリット。中立的な銘柄を選定

運営会社は以下のようにして儲けていると説明されていました。

お客様の資産が増えることでのみWealthNaviの収入も増える、フェアな手数料体系。客観的な基準で、完全に中立的な立場から銘柄を選定します。

手数料体系は明快です。預かり資産の年率1%(税別)、3,000万円を超える部分は年率0.5%(税別)のみ。取引ごとの手数料は一切ありません

また、WealthNaviは独立性を保つために、資産運用会社からの手数料や広告料を一切受け取っておりません

全ての運用会社の商品を平等に扱い、資産規模や流動性、コストなどの客観的な基準に基づいて銘柄を選定しています。

年間手数料の具体的な計算方法

なお、手数料についてはわかりづらいので例を出して説明されていました。

5,000万円の時価評価となった場合、年間手数料は3,000万円×1%+(5000-3000)万円×0.5%=40万円に消費税が加算された43万2千円となります。

300万円の時価総額になったら、1%の3万円が年間の年間手数料になるわけですね。(1ヶ月だと3000円弱)

ウェルスナビの運用口座に銀行から入金する際は手数料発生

他の、手数料は以下の通り。ウェルスナビの口座に入金する時のみ発生します。

WealthNaviの口座への入金方法は3種類ご用意しており、それぞれの手数料は以下のとおりです。

①銀行振込:お客様にて銀行振込を行っていただきます。銀行で発生する振込手数料はお客様にてご負担いただきます。

②クイック入金:3万円以上のお振込でご利用いただけます。クイック入金をご利用した入金の際の手数料は無料です。

③自動積立:1万円以上の積立からご利用いただけます。自動積立の手数料は無料です。

ご出金
WealthNaviの口座からお客様の銀行口座に出金を行う際は、手数料は無料でいつでもお引き出しいただけます。

こんな感じで思ったよりも手数料がかからずに運用していけるのですね。

ということで、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」について理解したところで、無料診断を受けてみました。

リスク許容度を理解し、投資に生かす

ちなみに、こちらの診断では投資におけるリスク許容度、それに基づいて投資するとそれくらいお金が増えるかがわかります。(リスク許容度は投資の際に設定するみたい)

スクリーンショット 2017-03-14 15.50.26

リスク許容度とは、以下の通り。

投資において「リスク」とは「不確実性」という意味で使用されます。リスク許容度とは、中長期的な資産形成を目指すにあたり、どの程度の不確実性を受け入れるかを示したものです

リターンを得るためにはリスクを受け入れる必要がありますが、その許容度はお客様の経済的な状況や考え方などによって異なります。

どの程度のリスクを受け入れるかを決めた上で、投資を開始していただきます。

投資の原則、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンを理解した上でどれだけ攻めるかを決めるわけですね。

年収などの質問に答えていくだけ

診断は以下の質問に答えていくだけです。

設問1

設問2

設問3

こんな感じで回答しておくと、結果が出ます。僕のリスク許容度は4。660万円投資するとしたら、70%の確率で1200万円弱になるみたい。(30年運用するとして)

リスク許容度

下の方には、運用することによってどれほど金額が増えるか、その確率も表示されます。30%の確率で、2311万円、50%の確率で1635万円以上になるとのこと。

運用グラフ

あと、どんな資産配分で運用すればいいかのグラフも表示されます。

ポートフォリオグラフ

「詳細」をクリックすると、運用によって増えるお金などが表示されます。

運用によって増えるお金

このように診断結果を把握したら、あとは登録するかどうか決めるだけです。

僕は登録しようと決めたんですが、なんとマイナンバーカードがないといけないことが判明し、ここで止まっていますw

なので、通知カードかマイナンバーカードが到着したら、登録作業を再開したいと思います。


>>ウェルスナビで無料診断してみる

20代で始めた資産運用

20代で始めた資産運用
>>詳しく知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ