【GMO】CFDの価格調整額、金利、レバレッジ変更方法、デモ取引や両建ての可否を調べたよ

どうも。2000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、短期間でハイリターンを出せているGMOクリック証券でのCFDについて書いてみます。

>>【実績】GMOの株価指数CFDで米国NQ100(ナスダック)に投資!利益(損失)が出るか検証

※全体の説明は以下の記事をどうぞ

>>【評判】GMOで株価指数CFD!配当やスプレッド、レバレッジ、手数料や必要証拠金を調べてみた

GMOクリック証券でもらえる配当、かかるコスト

GMOのCFD取引で意識したいのが、3つのコスト「価格調整額」「金利調整額」「権利調整額」。

これらは、逆に配当みたいな感じでもらえる場合もあり、それによって利益も変わってくるので、

GMOの人気銘柄で取引する際にこれらがプラスになるのか、マイナスになるのかを検証して行きます。

価格調整額でコストになる銘柄

人気銘柄で価格調整額を考慮する必要があるのは以下の銘柄。

・米国VI、上海A50、ドイツ30、原油、香港H、米国NQ100、米国S500、日本225、米国30

では、それぞれいくらコストになるか(プラスでもらえるか)まとめていきます。

日本225は買いポジションでプラスになります

以下、一覧。

・VI:売りポジション:-1,845円、買いポジション:1,845 円(1ヶ月ごと)

・上海:売り:406 円、買い:-406 円(1ヶ月ごと)

・ドイツ:売り:-213 円、買い:213 円(3ヶ月ごと)

・原油:売り:-44 円、買い:44 円(1ヶ月ごと)

米国銘柄は売り建玉保有でプラスに

・香港:売り:216 円、買い:-216 円(1ヶ月ごと)

・米国NQ・ナスダック:売り:3,225 円、買い:-3,225 円(3ヶ月ごと)

・米国S&P500:売り:559 円、買い:-559 円(3ヶ月ごと)

・米国ダウ30:売り:291円、買い:-291 円(3ヶ月ごと)

・日本225(日経平均):売り:-1,720 円、買い:1,720 円(3ヶ月ごと)

このように、今後上がる確率が高い米国銘柄だと、中期保有でコストがかかってくるんですね。

金利調整額は金・コモディティ、株式CFDにかかってくる

これは、以下の人気銘柄に関わってきます。(毎日、加算・引き算されます)

・金スポット、天然ガスブル3倍ETN、天然ガスベア3倍ETN、中国ブル3倍ETF、 米国VIブル2倍ETF、米国VIブルETF

・金ベア3倍ETF、金ブル3倍ETF、ベトナム株価指数ETF

・アマゾン、テンセント、アリババ、Twitter、アルファベット(google)

個別でかかってくるコストまとめ

それぞれの銘柄でのポジションごとの調整額は以下の通り。

・金スポット:売り9.00 円、買い-11.00 円

・米国VIブルETF:売り-0.12 円、買い-0.55 円

・金ブル3倍ETF:売り-0.04 円、買い-0.19 円

・ベトナム株価指数ETF:売り-0.05 円、買い-0.25 円

・天然ガスベア3倍ETN:売り-0.05 円 -0.25 円

・アマゾン:売り:-6.76 円、買い-30.79 円

※基本、ハイレバレッジ銘柄は買いでも売りでもコストがかかりますね

権利調整額が関わる銘柄

権利調整額は、価格調整額と同じ銘柄に関わってきます。

以下、個別の銘柄にかかる調整額。

・ボーイング[BA]:売り-1.71 USD、買い1.539 USD

・マイクロソフト[MSFT] :売り-0.46USD、買い0.414 USD

・米国30ブル3倍ETF[UDOW]:売り-0.06879 USD、買い0.06879 USD

・金ベア3倍ETF[DUST]:売り-0.03097 USD、買い0.03097 USD

・中国ブル3倍ETF[YINN]:売り-0.1339 USD、買い0.1339 USD

GMO CFDでのレバレッジ

レバレッジは以下の通り。

株式CFD:取引金額の20%に相当する日本円。(レバレッジ5倍)

株価指数CFD:取引金額の10%に相当する日本円。(レバレッジ10倍)

商品CFD:取引金額の5%に相当する日本円。(レバレッジ20倍)

バラエティCFD:取引金額の20%に相当する日本円。(レバレッジ5倍)

>>【リスク】CFD口座では審査基準を満たさないと開設できない!GMO、SBIなどで難易度比較

GMO CFDでのレバレッジ変更方法

これはビットポイントのように設定ページから変更するのでなく、自分の用意する資金(証拠金で変えられます)

例えば、ぼくが取引してる米国NQ銘柄の場合。

デフォルトでレバレッジ10倍で設定されてるので、1枚買うのに必要な資金は8万円ほど。

なので、CFD口座に入れてる資金が8万円なら、レバレッジ10倍になります。

>>【比較】CFD取引とは?仕組みや危険性、おすすめ事業者まとめ(ブログで利益も公開していきます)

レバレッジ倍率を下げたいなら資金を増やす

レバレッジ10倍が不安で、もっと倍率を下げたいなら資金を入金しましょう。

例えば、資金が16万円になればレバレッジは5倍になり、資金32万円ならレバレッジ2.5倍、資金64万円ならレバレッジは約1倍になります。

なので、こういったことを理解して余裕を持って取引するようにしましょう。

ロスカットレートの変更方法は以下の記事をどうぞ。

>>【実績】GMOの株価指数CFDで米国NQ100(ナスダック)に投資!利益(損失)が出るか検証

デモ取引できる

デモ取引は以下のツールでやれます。

・PCブラウザ、デスクトップ専用アプリ(リッチクライアント型の取引ツール)、モバイル

登録日から1ヶ月間利用でき、10万〜1000万円の仮想マネーを決めて売買します。

両建ては可能

GMOクリックのCFDで両建て取引はできます。(以下、公式の回答)

両建取引は反対売買時にスプレッドによるコストをお客様が二重に負担すること、

決済の仕方によっては取引コストが二重にかかる場合があることにより経済合理性を欠く取引であります。

当社では推奨するものではありません。お客様の判断と責任においてお取引ください。

というわけで、以上です。

無料で口座開設しておく>>GMOクリック証券【CFD】のサイト

先物取引などの基礎知識を知る

CFD、先物取引など、用語の解説は以下の記事でどうぞ。

>>くりっく株365とは?使える証券会社とそれぞれの特徴を比較し、おすすめも紹介【株価指数CFD】

>>【実績あり】「株価指数」で資産運用する「CFD」のセミナーに参加して投資開始!評価も追記

>>「株価指数CFDとは?日経225以外の指数は何がある?デメリットは?」に答えてみる

レバレッジ取引まとめ

>>
【評判】DMM CFDで口座開設!FXとの違い、レバレッジ、取引時間、ログイン方法、デモ口座などまとめ

>>【評判】FXプライム by GMOでの利益、手数料、おすすめの投資法まとめ

>>【FX自動売買を比較】初心者におすすすめの価格無料ソフト(プログラム)、アプリの選び方まとめ

>>【副業にも】月10万の不労所得の作り方!20代の実践者がその種類と投資の成績ランキングなどをまとめてみた

>>【評判】GMOクリック証券のFXとCFDで20日で2.2万円稼げた!お得なキャンペーンもやってるよ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ