松井証券での投資信託口座開設に必要な作業とかかる期間(1週間ほど)

どうも。タクスズキです。以下の記事で紹介した「投信工房」を扱っている松井証券で口座開設してみました。

参照:松井証券のロボアドバイザー「投信工房」の無料診断で最適な資産の組み合わせをチェックしてみた

その際の手続きをまとめるので、開設の際は参考にしみてください。

他のネット証券より口座開設がめんどう

松井証券で口座開設

まず結論ですが、松井証券の口座開設手続きで感じたのは、他のネット証券の口座開設作業よりも手間がかかるということ。

最近、楽天証券、SBI証券で口座開設作業をしたんですが、それらは以下の流れで進めれば口座を開設できました。

・ネットから申し込み(マイナンバーなど、個人証明書の登録)
・審査後、口座開設に必要な書類が郵送される
・書類にログインID、パスワードが書いてあり、それを元にログイン
・これにて開設作業が完了

ですが、松井証券は以下のような流れになっているのです。

・ネットから申し込み
・審査後、口座開設に必要な書類が郵送される
・書類にまた何かを記入して、マイナンバーの写しを添えて返送

マイナンバーを添えて返送しなければいけない

返送した後の作業はまだわかりませんが、これはちょっと手間が多いなという印象を受けました。

申し込み用紙を自分で用意すればOKだが

とは言うものの、自分で申し込み用紙をサイトからプリントすれば、もっと早く処理ができるようですが、なぜ紙で処理しなければいけないのか、疑問が残ります。

松井証券の口座開設には手間がかかる

この辺は、他のネット証券同様、申し込みはネットで完結させるべきと思いました。

入力作業は他と同様

なお、ネットで入力する情報は他の証券会社と同様。

名前、住所、

口座開設で必要な入力項目

職業、年収、金融資産、投資目的、インサイダー取引のある可能性がある人間でないことの証明など。

口座開設で必要な入力項目

ちょっと困ったのは、以下の銀行口座の項目くらいです。

口座開設で必要な入力項目

僕はメインバンクで千葉銀行を使っているんですが、ここに候補がなくて一瞬「?」となりました。

でも、ここには自分の銀行口座情報を入力するのでなく、ただ「送金先の講座として使う銀行」を選べばいいのだと、気づきました。

なので、ここはあまり気にせず、良さそうな銀行を選びましょう。(どこで作っても手数料は変わらないはずです)

このようにして、必要な情報を入力して最後にいないように誤りがないか確認すると、「情報登録が完了しました」の画面が表示されます。

申し込み番号をメモしておこう

この画面では、「申し込み番号」が表示されるんですが、これはお問い合わせの際に必要だそうなので、メモしておきましょう。

僕は、この番号が「登録完了メール」と一緒に送られてくると思ったので、メモしていませんでした。

これでちょっと失敗していましました。なんと、他の証券会社のように情報入力が完了しても、それを伝えるメールが届いてないんですよ。

このシステム仕様はどうかと思うのですが、これは自分ではどうしようもないので、番号は必ずメモしておきましょう。(この時は、2017年5月14日)

書類にマイナンバーを添えて返送する

この後の作業は、前述した通り。書類が送られてくるのを待って、それにマイナンバーを添えて送り返します。

ということで、2日後の5月16日に松井証券から書類が送られて来たので、追記します。封筒には以下のような書類が入っていました。

松井証券から送られて来た書類

送り返す必要があるのは以下3点。

・申込用紙(名前を記入する必要あり)
・マイナンバーカード(もしくは通知カード)、本人確認書類
・マイナンバーカードなどを貼る紙

これらを付属の返信用封筒に入れて返送します。

返送から4日して書類が届く

そして、返送してから4日後に「ネットストック口座開設完了のご案内」という紙の入った封筒が送られてきました。

この紙に、松井証券の商品を売買できるページにログインするためのIDとパスワードが書いてあります。

それを使ってログインすると、以下のようなページが表示されます。

松井証券のネットストック口座

あとは、好きな商品を売買するだけです。

「投信工房」は「投資信託」のタブから

僕の場合は、「投信工房」を使ってみたかったので、「投資信託」のタブからアクセスしました。

松井証券で投信工房を始める

ページの説明通り、「口座管理」タブをクリックした後、ページ左側にある「各種口座開設状況」をクリック。

すると、講座の開ける商品一覧が表示されるので、「投資信託」の部分で「開設する」を選択してください。

投信工房の投資信託口座を開設する

その際は、色々と快諾していく作業が必要です。

投資信託口座を開設する過程

同意書を読む必要もあります。(書類の確認)

書類の確認

あと、「ネットストック口座開設完了のご案内」に書いてある投資用の暗証番号も入力する必要があります。

取引暗証番号の入力

すると、投資信託口座の開設が完了します。

投資信託口座、開設完了

さきほどの口座情報の一覧ページを見ると、「開設済み」になっていることがわかります。

口座開設

そこで、もう一度「投資信託」のタブをクリックすると、「投信工房」への導線(ボタン)ができています。

投信工房への移動ボタン

あとは、投信工房で処理をするだけ。ということで、口座開設までの作業は以上です。ここまで8日かかりました。メンテと被ってしまって作業できない日があったので、もっと短くできます。(おそらく1週間でいける)

【追記】パスワード変更は必ずやろう

紙に書いてある(初期に割り振られた)パスワードは必ず変更しましょう。そうしないと、いちいち紙を見てパスワードを見ながらログインしないといけなくなりますからね。

変更は、ネットストックの「口座情報」>「パスワード変更」から行えます。

松井証券でパスワードを変更する

この際、取引暗証番号(これも紙に書いてある)を入力する必要があるので、こちらも手元に置いておきましょう。

なお、パスワードはネットストックと投信工房のものが連動しています。

関連記事

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>ロボアドバイザーとは自動で長期の資産運用をしてくれる便利な仕組み(楽天、THEO、ウェルスナビなど比較)

>>融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ