【無料】仮想通貨、ブロックチェーンの基礎がわかる無料講座に参加してきた!率直な感想書いとくよ

どうも。1000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校」で、、ブロックチェーン入門講座(無料)を受けてきました。

せっかくなので、講座のメモや感想を書いておきます。

スクリーンショット 2018 07 14 15 58 29
会場は新宿で、50名ほどの受講者がいました

竹中平蔵さんが講座のアドバイザーに

この講座はあの竹中平蔵さんがアドバイザーを務めており

スクリーンショット 2018 07 14 16 06 15

校長はクリプト界隈で超有名な方です。(ちゃんとした組織によって運営されてます)

スクリーンショット 2018 07 14 16 06 00
講座で、強引な勧誘などは全くありませんでした

なお、この講座はパソコンでのメモ禁止だったので、スマホでメモをとってました。

知ってる部分はメモを取ってなかったので、詳しい話を知りたい方は講座でどうぞ。

無料で講座を受ける>>FLOCブロックチェーン大学校

【先に結論】感想「技術をよくわかってない人向け」

率直な感想としては、「初心者向けだな」というもの。

ブロックチェーンや仮想通貨周りの本を何冊も読んでいる人はもう知ってることが語られるので、参加する必要はあまりないですね。

ただ、知らないこともいくつか聞けたので、「完全に意味ない」というわけではありません。

この無料講座が向いてる人

初心者向けに基礎知識をわかりやすく説明してくれるので、以下のような人にはいいですね。

「ビットコインは興味あるけど、ブロックチェーンがよくわからなくて。。」みたいな人(何から調べたらいいかわからない人)

・ブロックチェーンの概要を理解して、ビジネスにどう生かせるか考えたい

ビットコインのマイニングなどの成り立ちの仕組み(基礎)を理解したい

では、セミナーでのメモも共有していきます。

セミナーの目的「ブロックチェーンの波に乗りたい人」

最初に語られたのは、この無料講座のゴール。

「ブロックチェーンの波にのるための道筋をイメージする」が講座のゴールだそうです。

ここで、ブロックチェーンなどの基礎を理解してから、「もっと本格的に学びたい」と思った人が有料コースに進んでいく感じです。

※今後のことを考えると、無料講座で聞ける知識くらいは知っておいた方がいいです

無料で学んでみる>>FLOCブロックチェーン大学校

ブロックチェーンはOS、ビットコインはアプリ

はじめにビットコインと、ブロックチェーンの関係性についてこう説明されました。

「ブロックチェーンはOS。ビットコインはアプリ」

この辺は以下のツイートを見てもらえると、わかりやすいかと思います。

ブロックチェーンとは何か?

次に、「ブロックチェーンとは何か?」について説明されましたが、

これはメモを取ってなかったので、理解したい方はは以下のツイートを参考にしてみてください。

あと、「ブロックチェーンとは何か?」については以下の説明をどうぞ。

あと、ブロックチェーンの主な特徴「変更、改竄できない」「多数で管理するデータベース」なども説明されました

講座で出された例え話

「多数で管理」については、以下の例を用いて解説されました。

多数で管理するものには、Googleスプレッドシートがあるが、これは簡単に改竄できてしまう。

しかし、ブロックチェーンはそうした改竄がなされないような仕組みになっている

なぜ、ブロックチェーンは改竄できないか

これについても、例え話を使って説明されました。

ブロックチェーンのブロックとは、大理石の板(と考えてください)

刻むの大変、変更するのも大変。だから、書いてあるのは本当だろうと。(わざわざ手間をかけてまで嘘を書かない)

ブロック(記録)はみんなが見えるところに置いてある

そして、ブロックチェーン上の情報が正しいことも例え話を使って説明されました。

ブロックチェーンのブロック(板)はどこに置いてあるのか?

(大理石の)板は広場の中央、みんなが見ている前に置いてある。つまり、監視の目があるから、ズルできない

それで初めて動き出したのがビットコイン。

ブロックへの書き込みを監視してるのがノード

広場内でブロック(板)を監視してる人はノードと呼ばれる。

広場の外にいる人はユーザー。(ビットコインで買い物したりする人。何千万人もいる)

10分に1つ、新しいブロックができチェーンで繋がる

1つのブロックに書き込めるデータに上限あり。1MB。

秘密鍵などもわかりやすく説明された

あと、こうしたブロックの情報はチェーンフライヤーで見られること、

ブロックにはタイムスタンプ、サイズなどが記録されていることも説明されました。

スクリーンショット 2018 07 14 16 19 55

他だと、秘密鍵と公開鍵の関係性なども丁寧に解説されましたね。

マイニングについても解説された

他に、ビットコインのマイニングでも例え話を使って説明されたのですが、うまくメモできなかったので、その辺は講座でぜひ。

無料で学ぶ>>FLOCブロックチェーン大学校

ここでは僕がわかりやすいと思ってる説明を載せておきます。

続いて、ブロックチェーンで変わる未来

ダイヤルアップの話を出し、「インターネットが20年で大きく変化したように、ブロックチェーンも大きく変化していく」とも語られました。

その中で、マイクロペイメントにより、新たなマネタイズ手段がでてくるのでは?という予測が面白かったです。

冷蔵庫を無料で配る。冷蔵庫を開けるごとにマイクロペイメントで10円課金

利用の過程で少額ずつマネタイズできると、冷蔵庫を買えなかった人も買えるようになる

こうした、「ローンのように長期で少しずつ払っていく仕組みが実現するのでは?」という話は興味深かったです。(スマートコントラクト

ぼくが面白いと思ってる未来

講座では語られませんでしたが、トークンエコノミーも勉強しておくといいです。

あと、講座ではDAOの話も出てきました。

この辺も重要なので、ぜひ講座でチェックを。

無料で学んでみる>>FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

中央集権、非中央集権の話も

仮想通貨、ブロックチェーンを調べてると出てくるこの2つの用語についても説明されました。

あと、中央管理者のいないシェアリングエコノミーの話も。

こうした未来予測も知っておくといいです。

各国がブロックチェーンに本気出してきてる話も

講座の中では、アメリカ、カナダ、日本などがブロックチェーンに本気であることもニュースを例に説明されました。

石川県加賀市の話は未来ありますよね。

メルカリ、上場企業もブロックチェーンに本気

あと、民間企業が積極的に動いていることも講座で話されました。

メルカリも。

あの大企業も本気で取り組んでます。

保険の世界でもブロックチェーンが重宝される

講座では、東京海上日動火災の事例も紹介されました。

医療履歴をブロックチェーン上に記録し、保険金が正しく支払われるための実験中

なお、保険については、以下の動向も知っておくといいです。

講座関係なく、以下のような大きな流れはくるので、情報を追っておくことをおすすめします。(新たな仕事が生まれるので)

後半は有料コースの説明

こういった説明がされた後は、有料コースが紹介されました。(料金、できることなど)

ちなみに、無料講座に参加した人だと、割引価格で受講できます

そして有料コースの説明含め、90分くらいで講座は終了しました。

興味あるけど、よくわからないし、何から調べたらいいかわからない人向けの講座

冒頭で感想を書きましたが、ぼくが受けた無料講座ではブロックチェーン、ビットコインの基礎を学べます

あと、「P2P」「ノード」「マイニング」「ハッシュ関数」など、用語の意味もわかるようになります

なので、こういったことを知りたい方は講座を受けてみてください。(強引な勧誘などは全くありませんでした)

無料で学んでみる>>FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ