楽ラップの解約タイミングや理由、解約手数料、出金についてまとめ

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、楽ラップの補足記事を書きます。

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

解約について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

楽ラップの解約には、手数料や違約金がかかりますか?

以下、公式サイトの回答。

解約手数料や違約金はありません。

成功報酬併用型の手数料コースをご選択された場合、運用成果により、解約時に成功報酬がかかります。

利益が出たら、税金が引かれるよ

なお、解約時は利益がある場合、税金がかかることも理解しておきましょう。

楽ラップの解約代金は、全運用資産(投資していた投資信託)の売却代金に、

楽ラップの手数料の調整部分が加算・減算され、またご契約口座によっては、運用益に応じて銘柄ごとに税金の徴収が行われますので、

証券総合口座への入金直前に確定します。解約申込時の評価額の合計とは異なりますので、あらかじめご了承ください。

楽天証券の出金ルール

あと、解約して現金にした際、それを出金する際に知っておきたいこともサイトには書いてあります。

出金の種類

出金には以下の方法があります。

通常出金(円貨出金)

あらかじめ登録している銀行口座に振込指示を行なう方法。

楽天証券営業日15時30分までに振込指示を行なった場合、翌営業日に振込み。

なので、15:30以降に振込指示をした場合、翌々日に銀行口座に反映されるわけです。

らくらく出金

あとは、楽天銀行と連携させて出金できます。

楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」に登録いただくとご利用になれます。

「らくらく出金」専用ページから振込指示を行なうことで、原則として当日中に楽天銀行の普通預金口座にお振込みいたします。

関連記事:楽天銀行のメリットまとめ「①ATM、振込手数料が無料、②ポイント貯まる、③預金金利が高い」

なお、出金方法は以下の通り。

ウェブ(PC、モバイル)、マーケットスピード、携帯電話、カスタマーサービスセンターでの出金手続き。

出金の際の注意点

あと、以下のことも理解しておきましょう。

当社から出金先金融機関への振込指示は、原則として着金予定日当日の9時までに行いますが、お客様の口座への反映時間は金融機関により異なります。

(特に週初の営業日や5日・10日は金融機関の処理に時間がかかることがあります)

リアルタイム入金の受付銀行

なお、リアルタイム入金という機能もあり、それを使えるのは以下の銀行のみ。

楽天銀行、三井住友、イオン、住信SBI、近畿大阪、りそな、セブン、

ジャパンネット、ゆうちょ、みずほ、三菱東京UFJ。

解約のタイミングは数十年後でいいと思う

楽ラップユーザーには数万円くらい利益が出たタイミングで解約する人もいるみたいですが、保有してる商品自体はいいもので、

長期で伸びていくはずなので、60〜65歳くらいまで持ってていいと思ってます。

つまり、解約時期はかなり先ということですね。

以下のツイートのように、長期で保有した方がいいんですよね。(細かくガチャガチャすると、税金取られますし)

楽ラップの解約理由まとめ

こちらもみてみましょう。

中には、仮想通貨投資に回すために、利益確定のために解約する人も。

あとは、FXの資金にする人も。

他だと、優秀なロボアドバイザーウェルスナビ」に資金を集中投下させるために、解約する人も。

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

株を買うために解約する人も。

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

NISA移行の人が楽ラップでもいる

セゾン投信同様、NISA切り替えのタイミングで解約する人もいますね。

>>【評判】セゾン投信の利回り、手数料、解約方法、2chなどの口コミまとめ

自分でポートフォリオ組んだ方が儲かる

これは納得ですね。楽ラップはいい意味でもバランス型なので、大きなリターンは狙いにくいんですよね。

なので、大きなリターンを狙いたい方は、以下で紹介している株式特化型のインデックス投資をどうぞ。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

ほったらかし投資の関連記事

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

仮想通貨でもほったらかし投資できます

>>仮想通貨でおすすめの投資方法を紹介!リスクを抑えて稼ぐには「ビットコイン積立」が便利

>>【1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>【1000円からの積立】取引所「ビットフライヤー」で仮想通貨の定期購入を始めてみたので方法や実績、手数料などまとめとく

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ