>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人が比較!国内と海外FX会社はどっちがおすすめ?各々の違いとは?

この記事では、FX会社は海外と国内どっちがいいかについて説明していきます。

国内と海外のFX会社のそれぞれの特徴を紹介し、どちらがおすすめかまとめていきます。

それぞれの違いを知りたい方、おすすめで安心して使えるFX会社を知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
国内FX会社と海外FX会社の違いは、レバレッジ、安全性、税金など

国内FX会社のメリットは安全、デメリットはレバレッジが最大25倍まで

・海外FX会社のメリットはレバレッジが1000倍、デメリットは危険なこと

結論、FXをやるなら国内の会社が安全で、体制が整っておりおすすめです。

特におすすめなのは、スプレッドが最狭水準で、スワップポイントが最高のみんなのFXです。

こちらでは取引ツールが充実しており、スマホアプリからも簡単にトレードできます。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

FX口座は国内と海外どっちがおすすめ?

まず、FX口座は国内と海外でどちらがおすすめかを説明します。

結論、日本人トレーダー、もしくは日本に住む人であれば国内のFX会社の方が断然おすすめです。

なぜなら、国内の方が安全性が高く、金融庁の審査にも通っており、入金もスムーズだからです。

ユーザーの資産を守る仕組みもあり、サービスの質が高いため、国内のFX会社をおすすめします。

お金が安全に守られる.png

国内のFX会社の中ではみんなのFXがおすすめで、こちらでは手数料が安く有利にトレードできます

自動売買などもありチャンスが多いので、まずは公式サイトを見ておきましょう!

\ 限定!405,000円もらう /

国内FXと海外FXの比較一覧表

国内と海外FX会社を比較

次に、国内と外国のFX会社を以下の点で比較します。

項目 国内 海外
レバレッジ 25倍 1000倍も
スプレッド 狭い 広い
取引ツール
通貨ペア数
入出金の速さ
ロスカット・追証
総合点
質や安全性

レバレッジについては国内ですと、最大25倍までに設定されています。(顧客保護の観点から)

海外FXではレバレッジ1000倍も可能で、国内と比べると、かなりのレバレッジをかけられます。

スクリーンショット 2021 10 16 10 13 03

レバレッジの点でいうと、国内は安全。海外はハイリスク・ハイリターンと言えます。

他の項目の違いを補足

スプレッドは日本国内のFX会社の方が狭いです。

取引ツールに関して、国内FX会社では独自の取引ツール・チャートを提供していることが多いです。

ThinkMarketsのスマホアプリ

一方、海外のFX会社ではMT4やMT5(メタトレーダー)を提供していることが一般的です。

日本国内のFX会社の方が安全

通貨ペア数は、国内FX会社より海外FX会社の方が多い傾向にあります。

入出金のスピードに関しては、国内のFX会社の方が速く、対応も丁寧です。

逆に、海外のFX会社だと出金拒否や詐欺もあり危険です。

スクリーンショット 2021 10 19 12 02 07

まとめると、日本人が使うなら国内のFX会社が総合的におすすめです。

国内FXと海外FXの比較

次に、国内FXと海外FX会社の比較を詳しくしていきます。

スプレッド

まずスプレッドの比較で、これは国内FX会社の方が狭くて有利です。

国内で1番取引量の多いドル円で見ると、国内のスプレッドは0.2銭ですが、海外FX会社では1.0銭以上であることがほとんど。

海外FXは国内FX会社よりずっとスプレッドが広く、国内の方が有利に取引でき、手数料が安くなります

国内FX会社のスプレッド比較は以下の記事を参考にしてください。

ロスカット(ゼロカット)

ロスカットについては、海外FXの方が優れています。

海外FXにはゼロカットという仕組みがあり、元手以上に借金をすることがありません。

スクリーンショット 2021 10 14 21 03 45

一方で、国内FXではゼロカットがなく、ロスカットが正常に行われず、元手以上に損をすることもあります

国内FXでは、システム障害などでロスカットが正しくされないこともあり、その際は元手以上に損をして借金になることもあります。

こういった点で考えると、ロスカットでは海外FXが優秀です。

入金・出金

a

入金・出金では、国内FXが圧倒的に有利で、そのスピードも速いです。

国内FXにはクイック入金があり、FX会社が提携している銀行からすぐにFX口座に入金できます。

その際の作業も簡単で、すぐにFX口座に資金が反映され便利です。

出金も早く、会社によっては出金依頼した当日に処理が終わり、自分の銀行口座にお金が戻ってきます。

一方、海外のFX会社だと、入金・出金の反映に2~3日かかるのが一般的で、1週間待つこともあります

スピードと対応の質で、入金・出金では国内FXが優れています。

通貨ペア数

a

通貨ペア数は、国内FXより海外FX会社の方が多い傾向にあります。

国内FX会社では、円が絡む通貨ペアが多いですが、海外では円以外のいろんな通貨ペアがあります。

また、CFDで株や金などいろんな銘柄を取引できる海外FX会社もあり、銘柄数では日本のサービスより上です。

レバレッジ

レバレッジは安全性という意味で、国内FXの方がおすすめです。

国内FX会社は最大25倍まで、海外FX会社は最大1000倍までレバレッジをかけられます。

レバレッジを高くできると、少額から大きな利益を狙いやすいですが、その分リスクも高まります

レバレッジ1000倍とハイレバレッジでやっていると、すぐロスカットされ損もしやすいです。

レバレッジ20倍以上のトレードはギャンブルのようなもので、危険なので、かけすぎはおすすめしません。

安全性という点では、レバレッジが最大25倍までに規制されている国内FXの方がおすすめです。

税金(国内で一律20.315%、海外は最大55%)

米国株cfdでの税金

税金でも海外FXは不利となります。

国内ならどれだけ利益が出ても、最大20.315%ですが、海外であれば累進課税なので最大55%です。

また、国内FXでは3年分の損失繰越が可能ですが、海外FXでは損失繰越ができず、税金の面で不利です。

国内FX会社の方がおすすめで、特に人気なのは上場企業グループが運営するトライオートFXです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

FX国内口座のメリット

次に、FX国内会社のメリットを紹介していきます。

以下のメリットがあるので、覚えておきましょう。

国内FXのメリット
・信託保全、分別管理で資金を守る仕組みがある

入金・出金が速い

・運営体制がしっかりしており、サービスの質が高い

それぞれ解説します。

信託保全、分別管理で資金を守る仕組みがある

お金が安全に守られる.png

国内FXでは、ユーザーの資産が安全に保護されるというメリットがあります。

日本では、FX会社に預けたユーザーの資産を別の金融機関で保管しており、しっかり守られます

マネーパートナーズでの信託保全

この仕組みにより、FX会社がユーザーの資産を勝手に使うことも防げますし、FX会社が倒産しても、預けたお金は必ず返ってきます。

国内のFX会社では、ルールがしっかりしているため、安心してお金を預けられます。

入金・出金が速い

a

国内FXのメリットは、入金・出金の速さです。

入金はクイック入金で、即時にお金がFX口座に反映され、出金もスムーズです。

即日に出金され、自分の銀行口座にその日に着金する場合もあります

現金化のしやすさも国内FXのメリットです。

運営体制がしっかりしており、サービスの質が高い

a

国内FX会社のメリットは、サービスの質が高いことです。

安全性はもちろん、スプレッドやスワップポイントなどが好条件、配信する情報の質などが高く、アプリなどのツールも使いやすいです。

ThinkMarketsのスマホアプリ

日本でFXサービスを運営するには金融庁の厳しい審査に通る必要があり、厳選された業者のみが営業を許可されています。

こういった審査の厳しさが海外との違いで、安心して使える理由になっています。

スプレッドなどの条件が良く、お得にトレードできるのはみんなのFXです。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

FX国内口座のデメリット

国内FX会社の最大レバレッジは25倍

FX国内業者のデメリットは、レバレッジが最大25倍までになっていることです。

海外であればレバレッジ1000倍も可能で、少額でもより大きな取引ができます。

ハイレバレッジは、ギャンブルに近いですが、そういった点を魅力に感じる人もいるはず。

一発逆転を狙いたい人にとって、国内の「レバレッジ最大25倍」というのはデメリットになりえます。

FX海外口座のメリット

次に、海外FXのメリットを紹介します。

メリットはレバレッジを1000倍までかけられて、人生逆転も狙える点です。

ただ、レバレッジ20倍以上のトレードは損しやすいので、おすすめはしません

FX海外業者のデメリット

次に、FX海外業者のデメリット2つを紹介します。

海外FXのデメリット
・サービスの質が国内より低い

・ツールがMT4やMT5であることが多い

それぞれ解説します。

サービスの質が国内より低い

a

海外FXのデメリットは、国内FXよりもサービスの質が低いことです。

たとえば、スプレッドの広さ、スワップポイントの条件の悪さ、入金・出金の遅さなどです。

また、サポート対応にも難があり、「日本語対応していない」「問い合わせへの返信が遅い」などの問題があります

正直、海外FXは危険で、安全性の点からもおすすめしません

ツールがMT4やMT5であることが多い

海外FXではほとんどの会社で、提供ツールがMT4やMT5のみです。(チャート含め)

どちらも高機能ツールですが、MT4やMT5を使いづらいと感じる人であれば、海外FXのサービスを微妙と感じるでしょう。

また、国内FXのように人気ツール「Trading View」を提供している会社もないので、海外FXのツールはあまり充実していません

国内のおすすめFX業者

次に、国内のおすすめFX業者であるトライオートFXを紹介します。

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント
(ドル円)
80円
スプレッド
(ドル円)
0.2銭
キャッシュバック 53,000円

トライオートFXは上場企業グループの運営で、安心して使えるのが特徴です。

スワップポイントやスプレッドの条件も良く、初心者からも人気のFX会社です。

スマホアプリからも簡単に取引でき、放置でOKの自動売買もありチャンスが多いです。

みんなのコインの取引ツール・アプリ

チャートが見やすく、高度なテクニカル分析ができる「Trading View」も用意されています

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】FX口座は国内と海外どちらがいい?

a

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点
・総合的に海外FXより国内FXの方がおすすめ

・海外はリスクが高く、運営体制も良くない

国内FXは手数料が安く、入金・出金が速く、お金を守る仕組みもある

国内のFX会社では、みんなのFXもおすすめで、上場企業グループの運営で安心です。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /
関連記事