ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

マイナンバーカードがやっと手元に届き、ようやく「ウェルスナビ」で口座開設の作業を進めることができました。
ということで、今回は登録から口座開設の申請まで、流れを紹介します。

関連記事:ロボアドバイザーとは自動で長期の資産運用をしてくれる便利な仕組み(楽天、THEO、ウェルスナビなど比較)

まずはメールアドレスなどを登録

口座開設までに必要なのが、まず無料診断。これによって、自分がどれだけリスクをとって投資していくかを把握できます。

参照:最適なポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)を提案してくれる「WealthNavi(ウェルスナビ)」の無料診断を受けてみた

そして、受診した後は、メールアドレスを登録します。

ウェルスナビでまずはメールアドレス登録

すると、認証コードが届くので登録作業を進め、ログイン画面からログインします。(右上)

スクリーンショット 2017-03-27 13.21.57

流れに沿って開設作業を進めていく

ログイン後は、画面の通りに作業を進めていきます。その際は、性別、電話番号、職業。

スクリーンショット 2017-03-27 13.03.33

ウェルスナビに入気する必要があるので、入金元となる銀行口座を登録していきます。

次が通知カードか、個人番号カード(マイナンバーカード)のアップロード。

スクリーンショット 2017-03-27 13.04.31

これは表面と裏面、両方をアップロードする必要があります。(怖いと思いましたが、大丈夫なように設定されてるはずです)

スクリーンショット 2017-03-27 13.04.44

アップロードが終わったら、規約を読み、同意できたなら「同意する」にチェックをつけて次に進みます。

スクリーンショット 2017-03-27 13.07.42

特定口座「源泉徴収あり」を選択

あと、ややこしかったのが講座の選び方。以下、3種類を選ぶ必要があるんですが、どれを選べばいいのか悩みました。

スクリーンショット_2017-03-27_13_15_18

そこで調べたところ、こんな記述が。

特定口座は、金融機関が株や投資信託の利益・損を計算して、「年間取引報告書」という書類を作ってくれる口座です。1証券会社につき1口座作ることができます。

一般口座では「年間取引報告書」を自分で作る必要があります。

源泉徴収なし特定口座は譲渡益20万円以下なら納税不要

さらに、特定口座に関するこんな違いも。

特定口座と一般口座の違い
参照:特定口座と一般口座の違いって?損しないための選び方 | 俺たち株の初心者!

特定口座は必ず使った方がいいようで、運用によってお金が20万円以上増えるかで、源泉徴収ありなしを選ぶといいそうです。

今後、運用益が1年20万円以上になるかなと思ったので、僕は「特定口座(源泉徴収あり)」を選びました。

なので、大抵の人はこっちでいいんだと思います。

登録完了メールを待つ

こうした作業が終わると、紙の「口座開設のお知らせ」が届く旨が表示され、それを受け取る日時を選択することになります。

スクリーンショット 2017-03-27 13.15.33

僕は、土日関係なく家にいるので、「指定なし」を選択しました。

これが終わるとこっち側でやる「申し込み申請」は完了し、その旨が書かれたメールが届きます。(件名:口座開設のお申し込みを承りました)

スクリーンショット 2017-03-27 13.15.45

あとは、ウェルスナビ側での申し込み処理の完了を待てばOKです。(現時点、ここで止まっている<追記しました)


>>ウェルスナビを使ってみる

処理完了メールから2日で書類が届く

「口座開設のお申し込みを承りました」のメールが来て次の日、「簡易書留を発送しました」という件名のメールが届きました。

本日、WealthNaviから簡易書留をお送りしました。明日、お届けできる予定です。その際、犯罪収益移転防止法に基づき、必ずお受け取りのサインが必要です。サインを頂くと口座開設が完了します。

そして、メールの通り、翌日のお昼頃、書類が届きました。

ウェルスナビから届く必要書類

あとは、書類に書かれている銀行口座にお金を入金すれば、運用を始められます。

コンビニから入金できる

ということで、早速近くのコンビニのATMから100万円を入金して来ました。(最初に必要な最低金額が100万円)

ここで入れたお金は15分ほどすると、ウェルスナビの管理画面に反映されていました。15時までだと、早めに対応してくれるみたいです。

ウェルスナビの口座に100万円入れた

入金されたら、あとは毎月の積立金、リスク許容度などを選択して運用を始めればOK。

資産運用のシミュレーション

ちなみに、これがポートフォリオ。(資産配分が確認できます)

スクリーンショット 2017-03-29 14.46.53

これでOKであれば、「プランを決定」のボタンを押してください。

ウェルスナビで毎月積み立てる方法

すると、追加で資金を入れるか、積立するかの選択画面が登場するので、好きな方を選んでください。

ウェルスナビで積立を行う画面

僕は「積立」を選びました。

そして、毎月いくら積み立てるかを決めていきます。

積立金を決める画面

ここで「申し込む」のボタンを選択すると、各銀行での積立処理のページに移動します。(ウェルスナビから別サイトへいく)

スクリーンショット 2017-03-29 14.52.48

なので、移動先のページで設定をしていきます。(メガバンクから地方銀行まで対応してくれています)

スクリーンショット 2017-03-29 14.52.58

これが終わると、自動積立申し込み完了のページが表示されます。積立の処理は、ネットで完結するので、かなり楽な作業だなと思いましたね。

実績についてはこちらをどうぞ>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

定期的にキャンペーンをやってくれてる

ウェルスナビは、投資を始めやすいように、初期投資額を30万円からにするキャンペーンを定期的に行なっています。

なので、こういったタイミングで申し込んでみるといいですね。


>>ウェルスナビを使ってみる

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ