>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

ウェルスナビはいくらから?住信SBIネット銀行版の評判やデメリット解説

この記事ではロボアド「ウェルスナビ」の最低投資額や仕組み、住信SBI銀行版などとの違いを紹介します。

ウェルスナビはほったらかしで儲かるの?」「SBIとの連携版もあるけど、いくらで始められるの?」と思ってる人は参考にしてください。

実際のぼくの成績も書きます

結論、手数料が高いので、おすすめしませんし、ぼくは全額出金しました

ウェルスナビではETFに投資しますが、ETFは200円からGMOクリック証券でスマホからもかんたんに買えます

Gmoのcfdで11万円の利益
(GMOを使って利益を出せています)

公式サイトで人気の銘柄もわかるので、見ておきましょう!

\ 人気商品や口コミなどを知る /

ウェルスナビの詳細は以下の動画でチェックしてください

Wealthnaviはいくらから投資できる?

本家『ウェルスナビ』の初期投資額は0円で(※1)、毎月の積立は3000円から可能です。

※1:おつり投資アプリ「マメタス」を使えば初期投資額ゼロでも始められます(おつりや毎日の定額積立も投資に回せます)

なお、ボーナス月だけの積立もできます。

SBI証券、ネット銀行、ネオモバの最低投資額

ウェルスナビには、SBI証券やネオモバとの連携版、「WealthNavi(ウェルスナビ) for 住信SBIネット銀行」もあり、

それぞれの投資に必要な最低額は以下の通り。(積立はしなくてもOK

・SBI証券との連携版:初期投資額10万円、積立1万円から(証券口座から資金振替できる)
・ネオモバとの連携版:初期投資額1万円でOK、積立は5000円から(運用してると毎月Tポイントがもらえてお得)
・for 住信SBIネット銀行:初期投資額10万円、積立1万円から

ウェルスナビの仕組み

ウェルスナビの仕組みはさっきの動画の通り。

「ロボット(優秀な機械)」が「>運用をアドバイス(アシスト)」してくれるのです。

ロボットが運用するイメージ

通常、株などの投資では人間が投資する商品を選んで手動で注文しますが、そういった手間をすべてロボがやってくれるのです。

人間の脳は投資に向いてない

感情に左右されてしまう人間は正しい判断ができないので

正しく投資していくためには感情なしで「合理的に判断してくれるもの」を頼った方がいいのです。

そして、その「合理的に判断してくれるもの」がロボット

スクリーンショット 2019 04 02 16 41 15

ロボットは合理的に鉄則通り投資してくれる

ロボアドバイザーは、投資の鉄則通りに判断し

値下がりした時に「バーゲンセールだ!」ということで買ってくれます

ウェルスナビの仕組み

そして、安い時に買った商品の値段が上がったら売って、利益をもたらしてくれます。

正しい判断をできるai投資

ウェルスナビのデメリット・損失リスク

ただ、デメリットもあり注意が必要で、それは以下の記事に書いた通り。

為替リスクや「自分でやったほうがいい問題」も

冒頭でも書いたように、投資の経験者には必要ないサービスなので、これも理解しておきましょう。

【体験談】ウェルスナビの運用実績

こういたデメリットはありつつも、投資の未経験者、初心者にとってはわかりやすいです。

手数料はかかりますが、その2倍ほどもらえる分配金で手数料をチャラにできて、プラスになります。(あくまで、ぼくの実績ですが)

関連記事