>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

【引き出した】ウェルスナビで出金!積立しないのはありか?も解説

この記事では「ウェルスナビで積立すべきか」という話やウェルスナビで出金する方法を解説します。

これからウェルスナビを始めたい人、運用中でやめようと思っている人、安全に売却したい人は参考にしてください。

ちなみにぼくは一部売却した際に損してしまいました。(その後に全額出金しました)

こうならないためにも、これから書くことを理解しましょう。(プラスでロボアドバイザーを終える方法です)

結論、株価が大きく動かないときに売却し、含み益が4%以上あるときに売却して出金するのがおすすめです。

また、ウェルスナビで積立はしたほうがいいです。

なぜなら自動積立をすることで株価が下がった時に商品を割安で購入でき、将来の利益につながるからです。

ウェルスナビ2020年12月の実績
(値下がり時も積み立てすれば、このように+15%も狙えます)

ウェルスナビの運用で積立しないのは無意味

実際に運用してみて、ウェルスナビで成功するには毎月の積立が必須とわかりました。

一部売却して損したと書きましたが、その時以外は利益が出ていたし、残った資産では成績がプラスです。

ウェルスナビ2020年12月の実績
(2020年12月は+15%という実績)

このように好調なのは淡々と積立し、株価暴落時でも「値下がりし割安になった商品」を買えていたからです。

Sbiバンガードの成績

値下がり時に買うのは怖いかもしれませんが、その時は割安になっている、バーゲンセールになっているということ。

ウェルスナビで積立しないのは損

つまり、絶好の買い時で、その後に株価が上がれば利益を出せます

ウェルスナビ2020年12月の実績

※ウェルスナビで長期・分散の積立をやるメリットは以下の記事に詳しく書いてます

株価の暴落時はお金持ちが生まれるタイミング

株価の暴落時は買い時。お金持ちが生まれるタイミング」という言葉通り、割安なときに買える人が資産を増やせます。

短期ですぐお金を増やす

「なら積立せず自分で買えばいいじゃないか」と思うかもしれませんが、値下がり時は怖くて買うのは難しいです。

どこまで下がるかわからないし、人間には感情があって急落でパニックになり正常な判断ができないからです。

こうした点があるので、自動積立設定をして、定期的に淡々と買っていくのがいいのです。

短期では儲からないけど

ウェルスナビでは長期目線で、分散のつみたて投資を自動で行います。

これのメリットは日々の成績を気にしなくていいことや手堅く利益を狙えることです。

長期・分散の積立なら、リーマンショックなどでの含み損も乗り越えられるので、淡々と続けることが大切なのです。

値動きが怖い人もいるはず

そうはいっても、値動で損しそうで怖いという人もいるはず。

そういった方は値動きでの損がない投資「クラウドバンク」を知りましょう。(以下のように安定して儲かってます

運営8年で投資家の損失ゼロであり、ユーザー数もウェルスナビよりずっと多く人気なので、ぜひチェックしておきましょう。

\ 1万円とウェルスナビより少額でOK /

売却依頼から出金・解約までの作業まとめ

では次に、ウェルスナビで売却してから全額出金するまでの流れを紹介します。

作業は、以下の記事の通り「出金」メニューから進めます。

ウェルスナビで全額出金

まずは額を入力。(全額出金にチェックを入れればOK)

ウェルスナビでの出金額

平日20時までに出金依頼すると、その日の夜間にETFが売却され、3営業日後に自分の口座へ資金を振り込んでもらえます。

ウェルスナビで出金から振込みまで

「出金依頼時と実際に振り込まれる額は違う」という重要なことも覚えておきましょう。

ウェルスナビの注意点

内容を確認。

スクリーンショット 2020 01 23 9 44 06

2020年1月23日に依頼して「取り消し期限は23日の20時、出金予定日は1月28日」と表示されました。

ウェルスナビの出金予定日

「出金を依頼する」のボタンをクリックすると、処理が完了します。

ロボアド で出金完了

儲かってます!出金後はこの投資がおすすめ

ウェルスナビで出金後は、値動きで損しない投資「クラウドバンク」に資金を入れ、安定して儲かってます

クラウドバンクの20年12月の分配金
(クラウドバンクでの毎月もらえてる分配金)

国の厳しい審査をクリアした証券会社によって運営されており信頼できるので、興味があればサイトをチェックしましょう。

\ 仕組みや儲かる額を知る /

【追記】売却後の額にそれほど差はなかった(安心)

最初に売却したときは失敗して損しましたが、2回目の売却では失敗しませんでした。

売却依頼時の利益は27,980円で、売却後にでた現金は27,683円でした。(これが出金される)

ウェルスナビ売却後の出金額

実際に売買で儲かったのは1209円。(その差の7000円くらいはキャンペーンとかの収益と思われます)

ウェルスナビの利益への税金

これ7000円くらい損してるわけではないので、ご安心を。(27,683円はしっかり出金されます)

ウェルスナビの利益には税金がかかる

※売却後に利益があれば20%の税金がかかることをお忘れなく

こういった点も理解しておきましょう。

積立の停止も忘れずに

全額出金して、ウェルスナビの運用をやめるなら積立額も0円にしておきましょう

ウェルスナビ積立を0円に

こうして入力すれば、毎月の積立はされないので、ぜひ。

ウェルスナビの積立停止

ウェルスナビで出金後にもっと安定した投資をやりたい方はクラウドバンクをどうぞ。(値動きでの損なし!)

運営8年で投資家の損失ゼロであり、1万円からやれて分配金を毎月安定してもらえます

ほったらかしOKで簡単なので、おすすめです!

\ 仕組みや最新実績を知る /

念のため自動積立も解除しておく

一応、自動積立の解除もしておきました。

ウェルスナビで積立解除

1月23日に積立解除して、「2月24日まで解除の取り消しができます」と表示されました。

ウェルスナビで積立解除の取消

積立が解除されるのは、2月14日だそうです。

ウェルスナビ積立解除予定日

口座解約でなく休止でOK

なお、WealthNaviで口座から全額出金すれば、自動運用を休止できます。

休止中は手数料は発生せず、口座が無効となることもありません

運用休止ではなく口座解約を希望する場合はお問い合わせフォームから口座解約を希望する旨を連絡します。

口座解約に関する注意事項

以下のことも覚えておきましょう。

解約の注意点
氏名、住所、電話番号、出金時振込先口座などの登録情報に変更がある場合は、事前に登録情報の変更手続きが必要です。

PC、スマートフォンのブラウザよりお手続きください。

特定口座を解約した場合は、同年内はWealthNavi(提携先サービスを含む)で特定口座を開設することはできません

WealthNavi口座に預かり資産がある場合、事前に出金メニューより全額出金を行ってください。

自動積立をご利用の場合、事前に積立メニューより自動積立の解除を行ってください。

出金申し込み時の各資産の損益

円建てでの各資産の成績は以下の通り。(2020年1月23日時点)

ウェルスナビの資産ごとの成績

ドル建ての運用実績は以下の通り。(ドル円レートは、1ドル=109.91円)

ドル建てのウェルスナビ成績

※外貨建ての投資では、為替リスクにも注意です(ドル円レートも考慮しましょう)

分配金は手数料よりもらえました

分配金はトータルで7.4万円もらえて、手数料の4.9万円を上回ってプラスです。

ウェルスナビの手数料と分配金

手数料は年率1%で、分配金利回りは+1.5%でした。

もっと分配金が欲しい方は、毎月安定してもらえるクラウドバンクをどうぞ。

運営8年で投資家の損失ゼロで、ほったらかしで1万円からやれておすすめです!

クラウドバンクの20年12月の分配金

\ 仕組みや儲かる額を知る /

利益への税金や円貨決済について

譲渡益税(住民税と所得税)は240円くらい。

ウェルスナビの譲渡益税

あと、売却時は円貨決済です。(ウェルスナビの独自レートっぽいですね)

ウェルスナビの為替コスト

※おそらくスプレッド分(コスト)もウェルスナビがもらってるはずです

※ウェルスナビはドルで出金できません

関連記事