>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

クラウドバンクで太陽光発電ファンドばかりの理由!担保は信頼できる?

どうも。ソーシャルレンディングで6000万円以上を投資してるタクスズキです。

この記事では、クラウドバンクで太陽光ファンドが多い理由や、それらは大丈夫なのか?ということを書きます。

「利回りがよく、数ヶ月の運用でOKだから投資したいけど、不安。。」という人は参考にしてください。

記事の内容まとめ
・クラウドバンクで太陽光が多い理由は手堅いから(貸付先を厳選してる)

【安定】太陽光設備は家賃を20年間保証されたマンションのようなもの

・クラウドバンクの太陽光ファンドの強みは利回りと審査体制

・担保は必須!(保証はおまけ)

では、それぞれ説明していきます。

クラウドバンクで太陽光が多い理由

この理由はクラウドバンクのセミナーで以下のように語られたそうです。

太陽光発電ファンドに注力することで専門性が増すため
・その結果、資金を回収するためのノウハウが増え、安全に運用できるようになる

また、どのファンドでもしっかり資金を回収できるくらいの担保をとっており、貸し倒れがないようにしてるんですね。

※実際、クラウドバンクでは運営8年で、貸し倒れ(デフォルト)が0件

実は太陽光ファンドは手堅い(貸し先も信頼できる)

あと、FITについてよく理解してない人が「太陽光は終わった」と言ってますが、全然そんなことはなく、

すでに固定料金で電力を買い取ってもらってる事業者は、これからも同じ値段で買い取ってもらえるので、過度な心配は不要なのです。

しかも、太陽光ファンドでの融資先は財務面も優秀なところが多いです。

運営ノウハウがしっかりしている会社もある

さらに、太陽光に関する事業を10年以上行なっており、ノウハウが蓄積されてる会社も融資先になっています

※以下、非会員でも見られる情報からの引用(融資先の紹介文)

融資先は、太陽光発電施設の開発事業を中心に実績を重ね、風力・水力発電事業の開発に取り組む再生可能エネルギー事業を展開しております。

再生可能エネルギー発電事業の開始前から取り組みを行っている

不動産開発などに関する豊富な経験と実績を基盤として、太陽光発電事業の開発を「一貫して自社で行える強み」を有しております

このように、融資しても事業がうまくいき、お金も返してもらえると思い、ぼくは投資してます。

Iクラウドバンク21年3月の分配金
これまで100万円以上の分配金を受け取れました

堅実な太陽光案件はもうすぐ終わってしまい、今後出てこない可能性もあるので、出るたびに申し込んでます。

損失ゼロのサービスが気になる方は、サイトをチェックしておきましょう。

\ 利回りや実績を知る /

太陽光ファンドが終わる!チャンスを逃すな

他だと、こういった情報も知っておきたいですね。

自然エネルギーの「固定での電力買い取り」がなくなるため(今後の新規参入者のみ)、

いま固定で買い取ってもらえてる事業者が「その希少性」を武器に施設などを転売してるんですね。

電力を固定で買い取ってもらえることが、今後もかなりの価値になる

太陽光の恩恵を今受けておこう

そして、こういった動きがあるのは今だけで、今後は太陽光で旨味を享受するのが難しくなるのです。

なので、手堅い太陽光ファンドがあるうちに投資しておこうとぼくは思いました

ローリスク・ミドルリターンを狙えるので、投資額は5000万円ほどになりました

ユーザーからの応募額1300億円を突破」などの実績をサイトでチェックしておきましょう。

\ 最新実績を知る /

クラウドバンクの太陽光ファンドの強み

また、太陽光に注力してるクラウドバンクゆえの強みも知っておきたいですね。

こういったことは業界の大手にしかできないですよね。

担保・保証についても詳しく知る

他だと、延滞(遅延)、元本割れを防ぐために、以下のことも知っておきましょう。

以下の記事でも聞いた通り、大事なのは担保であり、連帯保証はおまけです。

また、担保についてはノンリコースローンとリコースローンの違いも理解しましょう。

問題を起こしたmaneoではノンリコースローンでしたが、クラウドバンクはリコースローンです。

リコースローンとは?

わかりやすいように、5000万円の融資(担保あり)で考えます。

万が一、融資先が倒産し、担保を売却しても融資額の5000万円に満たない場合、差分の金額を借りた会社は返済する必要があります

これをリコースローンと言います。

ノンリコースローンは差分の返済が不要

一方、ノンリコースローンなら、担保を売却した時の額が5000万円に満たなくても、差分の返済は不要です。

お金を貸す側からすると、ノンリコースローンはリスクが高いです。

ソーシャルレンディングの場合、投資家にとってもリスクの高い融資となります。

ソーシャルレンディングではリコースローンの案件に投資しましょう。(クラウドバンクがそうです)

\ 投資先を見てみる /

【まとめ】太陽光ばかりのクラウドバンクの評判と実績

クラウドバンクで太陽光ファンドばかりの理由は手堅く、投資家にオススメできるからです。

しっかり担保がありますし、担保の評価も控えめにしており、担保評価額の80%以下を融資するようにしています。

審査などもしっかりしているため、これまで損失ゼロで、投資家からも人気です。

こういった人気サービスに興味がある方は、サイトをチェックしましょう。

\ 利回りや実績を知る /
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です