>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

LENDEX社長交代の理由は?貸し倒れや延滞リスクは?高利回りは危険でデメリット?を独自取材 #レンデックス

どうも。5600万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

高利回り案件が人気の「LENDEX(レンデックス)」に独自取材しました。

lendexオフィス
(移転後の渋谷オフィス)

ここで大事な話を聞けたので、まとめておきます。

高利回りのソーシャルレンディング損したくない人は参考にしてください

オフィスの移転理由(ポジティブ)

まず、オフィスを渋谷に移した理由を聞きました。

これは、「事業拡大のため」。

それまでは3名くらいしか入らない雑居ビルにいたが、セミナーもできるように広い渋谷のオフィスに引っ越してきた。

※LENDEXの社員は8名

>>【利回り9%で2万円からOK】不動産担保&保証付きファンドに投資できる「LENDEX」に10万円投資!

代表の深澤さんや経営陣について

以下、新社長である深澤さんの略歴。

1968年生まれ。東京大学教養学部基礎科学科第2(システム基礎科学)卒業

1992年4月 第一勧業銀行(現:みずほ銀行) 入行

2005年3月 みずほ信託銀行に転籍 資産管理サービス信託銀行出向

2018年2月 みずほ信託銀行退職

LENDEX社の他の偉い人については以下の通り。

見田さん:三菱UFJ信託銀行の常務をやっていた人。

柴田さん:元東京リバブル。

特徴:担保付き、保証付き

不動産事業者に融資するにあたり不動産に担保を設定

①LENDEX独自の査定額と②第三者の調査価格とを比較して、低い方の80%を上限にファンドを組成しています。

たとえば、①の担保評価額が1億円で、②が8000万円であった場合、融資額はマックスで②の80%である6400万円。

なお、第三者では東急リバブルなどがいて、LENDEXにも不動産鑑定士がいる。

早期償還も多い(これはいいこと)

融資先から元本と利息が早めに返ってきて、予定より早く運用が終わることもある。

早期償還はいいこと。

投資家としては早めに安全に利益と元本が返ってくるわけだから。

借り手としても、払う利息が減るのでポジティブ。

融資先は不動産の転売業社が多い

なお、融資先としては不動産の転売業社が多い。

その場合、「物件を6000万円で買って3ヶ月後に7000万円で売る」といった感じ。

3ヶ月での利益は1000万円でリターンは+67%。年利だと16.6%なので、投資家として年利+13%のファンドは成立しうる。

LENDEXが2%の中間報酬をもらうので、融資先としては15%の利息を払う。

13%のファンドは無茶苦茶なわけではない

こうした事情を理解して、+13%といっても「めっちゃ危険」というわけではないと理解しました。

ちなみに、不動産の転売業社としては確実にリターンを得るために売り急ぐんだそうです。(常に売却チャンスを狙っている)

このように早めに売れてしまうと、投資家としては予定されていた利息が入ってこなくなりますが、

ちゃんと利益付きでお金が入ってくるのでいいことなのです。(延滞や貸し倒れが1番の問題)

リスクに応じて利回りもアップする

利回りの高い案件だと、抵当権が第三順位だったり無担保だったりします。

最近多くて人気なのだと、無担保・保証あり・公正証書ありで利回り+13%の案件。(4ヶ月運用)

「公正証書」の説明は以下の通り。(万が一の際、回収速度が速くなるのです。無担保の代わりにこれを用いています)

「公正証書」には証明力があり、執行力を有しており、安全性や信頼性に優れています

金銭債務においては、「強制執行認諾条項」を定めておくことで、支払いが滞った場合に、

本来であれば裁判で確定判決を受けなければ行うことの出来ない、給与や口座の差押などの「強制執行」の申立が直ちに行えます

>>公正証書とは?

今後も7%~13%くらいのファンド中心でいく

最近人気の「ファンズ」のようなリターン3~5%くらいの案件も作るか質問したところ、以下の回答が得られました。

・その方向にはいかない。これまでどおり、+7%~13%くらいのリターンのファンドを作っていく

・なぜなら、中小企業での資金ニーズがあるから(なので、ミドルリスクをとれる人に投資してほしい。リスクをしっかり理解してほしい)

不動産で儲かるのに、銀行が貸し渋る事情がある

知らなかったんですが、さっき紹介したような短期売買でハイリターンをとれる不動産業者は意外とあるそうです。

そういった業者は物件を仕入れるために融資を狙っているのですが、いま銀行が不動産業者への融資を絞っているのです。

その理由は、スルガ銀行などの問題で、国が厳しく指導しているから。

つまり、利益を出せそうな優良な業者があるにも関わらず、銀行からそこに資金が渡らない事情があるのです。

そして、そういった稼げる不動産業者にお金を貸してるのが、LENDEXというわけ。

社長の深澤さんは銀行で不動産融資をやっていた

ちなみに、不動産について知見があるのは、代表の深澤さんが銀行時代に不動産融資をやっていたから。

中小企業が銀行からお金を借りる場合、「保証協会をつけないといけない」などハードルが高いそうです。

しかも、今は国からの監視や指導があるという事情があり、より一層融資のハードルが上がっているのです。

そういった中でLENDEXでは、不動産の目利きある業者に融資して、投資家にリターンを返せるようにしています。

※LENDEXはこれまで貸し倒れ(デフォルト)0件!

銀行は短期融資をしたがらない

あと、LENDEXの短期案件(リターン13%で運用3ヶ月)ができた背景も聞いてきました。

銀行は3ヶ月のような短期融資はしたがらないんだそうです。

その理由は、返済利息であまり儲からないから。(利息をたくさんもらえる長期融資をしたがる。これはノンバンクも同じだそうです)

銀行がやれないことをLENDEXがやっている

しかし、しっかりお金を返してくれる目利き力の高い事業者はいますから、銀行からお金を借りられない人にLENDEXで融資するのです。

実際、1ヶ月で物件が転売でき、運用が1ヶ月で無事成功した時がありました。

その際は、お金を借りた企業からも喜ばれたそうです。(払う利息が1ヶ月で済んだから)

このような話を聞いて、LENDEXへの信頼度が高まりましたね。

Lendexに追加投資
(信頼できると判断し、取材後に追加投資しました)

不動産業者からの問い合わせがすごい

ちなみに、融資先を探す流れは以下の通り。

・FAXやメールで「LENDEXでお金を借りませんか?」と送る

・LENDEXに魅力を感じた事業者から物件情報つきで問い合わせをもらう

※銀行は短期融資を嫌がるので、お金を借りたい業者さんからの問い合わせがすごいそうです

※短期の資金繰り(つなぎ融資)のニーズも多いそう

公正証書をつけてる案件での資金回収について

公正証書ありの短期・高利回り案件で倒産・デフォルトした場合、強制執行(資金の回収)はLENDEXがやる。

倒産した会社だと資産がないので、代表を保証人にして回収する。

財務諸表などをもとにした融資先のステータスは、貸金業としてみている。仕入れ業者のステータスは融資利率に加味されてない。

利率に大きく影響するのは、「担保や保証があるかどうか」。

無担保の場合は、一律15%。LENDEXで2%とって、13%が投資家に渡る。

2%の手数料は正直低い。

あと、LENDEXが中間業社として受け取る2%の仲介料についても話が。

1%のソシャレン事業者もありますが、2%でも安い方だそうです。

大規模だと1%も可能だそうですが、LENDEXの規模なら3%くらいが妥当だそうです。

>>ソーシャルレンディングで借りたい人は個人間融資でのデフォルト実績などを知ろう(借りるの難しい)

銀行で1ヶ月かかる審査をレンデックスでは2日でやれる

不動産業者などが13%と高い金利を払ってでもLENDEXから借りる理由、つまり銀行などから借りない理由は、審査のスピードも影響しています。

銀行だと、審査にかなり時間がかかるそうです。(たとえば、担保評価だけで2週間。すべてだと1ヶ月かかってしまう)

審査に1ヶ月もかかってしまうと、ほしい物件の買い時を逃すことがあるんだとか。

レンデックスのスピード感が評価されてる

LENDEXは金利が高いかもしれませんが、スピード感があるため、いろんな会社から選ばれているのです。

なんと銀行が1ヶ月かける審査を2~3日で終えることもあるんだとか。(もちろん手を抜いてるわけではありません)

貸し倒れや延滞をさせないように口すっぱく言ってる

あと、「お金を借りたい」とくる会社に対して、「貸し倒れや延滞」がないように口すっぱく説明してるという話も聞けました。

いろんな業者から借り入れのいろんな提案をもらうそうですが、前例のない提案だと「延長は絶対にダメですよ」と言ってるそうです。

そういった説明をすると、提案を諦めて安全にお金を返せる案を採用する会社もあるんだとか。

このように、貸し倒れが出ないように、融資条件を厳しくしてるのもLENDEXの特徴です。

初月の分配金について知りたいこと

あと、初めて分配金がもらえる日についても注意点が。(月末で締めて翌月の4日に支払い)

10月に運用が始まったファンドで11月4日に分配金が出るのでなく、12月4日に出ます。

10月分は11月分と一緒に支払われるのです。(スタート日から利息が加算。日割り計算で支払われる。初月の途中の分+翌月の30日分)

個人投資家の投資額の上限はまだ考えてない

あと、利回り12%の案件で、以前1人が300万円だしていた事例がありました。

この件について、「上限を設けるかはまだ考えていない」という回答が得られました。

案件のペースは増やせそうにない

あと、「人員が足りてないから、案件(ペース)は増やせそうにない(できるっちゃできるけど)」との回答も。

社長交代の理由について

2度目に社長交代の理由が「一身上の都合」で不安だったのですが、これについても聞けました。

詳しくは個人情報が関わるので聞けませんが、ポジティブな理由でした。

そして、もっと適任な深沢さんが社長になったこともかなりポジティブだと思っていますし、

この話を聞いてぼくは信頼し、LENDEXに追加投資しました。

倒産しそうもない会社を選んでいる

あと、「倒産しそうも無い会社を選んで融資している」という話も聞きました。

また、他のソシャレン「サムライ」だと、「保証会社の保証あり案件」がありますが、こういった案件の予定はないそうです。

※「今の所、LENDEXで法的な紛争は1件もない」という話も聞けました

>>【口コミ】中小企業の資金調達術のファクタリング!会社設立後にネット完結型を使っても大丈夫か調査

主要で取引してるのは10社

ちなみに、LENDEXがメインで取引してるのは10社ほど。

中には、1度融資した後にリピートして使ってもらってる会社もあります。

取引先を増やすのも可能ですが、社員8名であれば10社がベストだそうです。(増やしすぎると、管理が行き届かなくなる)

というわけで、以上がLENDEXへの独自取材で聞けたことです。

信頼できる業者かチェックしよう

あと、他の投資家にも最近話を聞いて、以下の注意点もわかりました。

・過去に問題起こしたソシャレン業社は、融資先に社長の名前などが載っていた

・なので、これを反面教師に、そういった名前が載ってない業者が信頼できる

というわけで、これも覚えておきましょう。

>>【310万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

>>毎月配当(分配金)をもらえるソーシャルレンディングの利回り(成績)まとめ #投資型クラウドファンディング

儲かる?投資型クラウドファンディングのメリット

>>儲かる?投資型クラウドファンディングのメリットやおすすめを紹介(比較あり)

>>最新版!ソーシャルレンディングの利益で月1万、5万、10万円は可能?いくらから投資できるの?

>>【比較】ソーシャルレンディング業者を格付け!基準は大手(運営の信頼度)、少額OK、安全性など

>>ソーシャルレンディング生活の実践結果!初心者におすすめの会社や掲示板での評価もまとめ

>>ソーシャルレンディングで失敗しないために事業者の選び方、利回りなどまとめとく

不動産担保、保証ありのソシャレンも

>>【不労所得】ソーシャルレンディングの投資記録、人気はどこ?分配日はいつ?勉強は何を?に回答

>>ソーシャルレンディングで撤退した危ない業者や今後の予測、安心・安全の会社まとめ

>>ソーシャルレンディングの危険性、大損回避&儲かるには分散大事、キャンセルの可能性などまとめ

>>【デメリットまとめ】投資型クラウドファンディングのリスクや問題点(株式、融資、不動産型において)

>>不動産担保ありのソーシャルレンディングを比較(SBIの担保ローンや不動産以外のおすすめも紹介)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です