【ブログで評判を検証】トラリピの実績、設定方法、リスクや手数料をまとめたよ

どうも。2000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

6つめのFX自動売買サービス「トラリピ」を使ってみました

この記事では、設定方法や実績を書いていきます。

ほったらかしOKのFXでどれくらい利益がでるか知りたい方は参考にしてみてください。(必要な最低資金は1600円くらいです)

FX自動売買(リピート発注)とは?

トラリピは、いわゆる「FX自動売買」と呼ばれるサービスで、人間に変わって機械がFXの取引をしてくれます

これだと、1度設定すれば放置で利益を出していけるので、サラリーマンの副業にもいいのです。

なお、FX自動売買の仕組みについてはこれまで何度も書いてきたので、その辺は以下の記事をどうぞ。

>>【自動売買FX】リピート系発注の手数料、実績を比較!無料アプリ、ソフトもまとめ

トラリピはリピート発注(指定した注文を繰り返す)

また、トラリピは自動売買の中でも「リピート発注」という部類に分けられます。

同じものだと、ループイフダンなどがあるので、その辺の理解も記事で深めてください。

おすすめ>>【評判&検証】ループイフダンの設定、実績、必要資金、ログイン方法まとめ

>>【評判&検証】トラッキングトレードの設定、実績、失敗しないための知識まとめ

トラリピの設定方法、おすすめ通貨

トラリピの設定方法は他の自動売買と同じで、以下の通りに進めていけばOK。(クイック入金で15万円いれておきました)

・通貨ペアと「買いか売りか」を決める

・想定値幅(通貨の値動きの範囲)を決める

・ポジション数、通貨単位(1000通貨から)、1本あたりの注文の利益を決める

これを決めれば、トラリピ側で「どれくらいの幅で注文していけばいいか」と「必要資金」を決めてくれるので、あとは「注文」を選択するだけ。

というわけで、具体的な注文方法をまとめていきます。

通貨ペアを決める(豪ドル円、NZドル円がおすすめ)

まず、通貨ペアを決めます。

なお、こういったリピート系発注では、レンジ相場をくりかえす豪ドル円やNZドル円で、以下の必勝法を使うのがおすすめです。

なので、今回トラリピでは豪ドル円(AUD/JPY)を選びました。(もちろん「買い」)

スクリーンショット 2018 11 08 18 29 01
らくトラの「クイック」で注文していくと簡単で楽です)

値動きの幅と注文数などを決めていく

次は、注文を出す幅を決めていきます。

通常は、豪ドル円が過去半年、1年でどれくらい動いたかをチェックしてからその範囲で設定するのがセオリーですが、

今回はテストなので範囲せまめで設定しました。(初期設定の幅で4円に)

スクリーンショット 2018 11 08 18 30 15

次はしかける注文の本数と取引単位(1000通貨から)、注文1本で狙う利益を決めます。

スクリーンショット 2018 11 08 18 32 39

そして、これを決めると注文感覚と必要資金(証拠金)が自動で算出されます。

スクリーンショット 2018 11 08 18 32 56

ここでは3.3万円の資金が必要と表示されました。

トラリピはレバレッジ25倍の場合の資金を提示してくる

ただ、これはレバレッジ25倍の場合の必要資金。

この資金で運用し、チャートが予想と反対の下にいった場合、ロスカットになる可能性がありますので、トラリピの口座にはもっと資金を入れておきましょう。

なお、低リスクのレバ1倍でやる場合の資金は、3.3万円の25倍で82.5万円です。

必要資金を減らしたいなら、注文本数などを減らす

また、ぼくが15万円で提案されたプランで運用した場合、レバレッジ5.5倍になります。

これでも安全に運用できそうですが、念のため必要資金を減らすことにしました。

※必要資金を減らす場合、注文本数、想定の変動幅、1本あたりの利益のどれかを少なくしましょう

レバレッジ4倍で運用することに

そして、僕は注文本数を「10本」から「8本」に減らしました。

結果、注文の幅や必要資金は以下のようになりました。

スクリーンショット 2018 11 08 18 35 28

これだとレバレッジ4.4倍で、さっきより安全に運用できそうなので、この設定で注文することにしました。

【追記】1本目の新規注文が入った段階での維持率などは、以下の通り。


(おそらく、維持率100%でロスカットなので、300%くらいを保っておきたいですね)

決済トレールは「なし」にしました

この後は、トラリピの独自機能「決済トレールのあり、なし」を決めていきます。

ちなみに、トレール機能とは利益を最大化できる機能です。(トレールは、追いかけるという意味)

これについては、トラリピの本来の利益をだす仕組みを紹介するとわかりやすいので、そちらを説明します。

トラリピは上がり下がりを繰り返して、利益を出す

以下、トラリピの基本的な利益を出す仕組み。

スクリーンショット 2018 11 08 20 30 10

「下の方で買って、上がったら売り」、「また下がったら買って、上がったら売り」で利益を積み上げていきます

しかし、この仕組みだと上昇トレンドの場合、本来とれたはずの値幅分の利益を逃してしまいます。

スクリーンショット 2018 11 08 20 30 33

こうした「もったいない現象」をなくしてくれるのが、決済トレールです。

上昇トレンドを追いかけて、いいところで利確してくれる

決済トレールをありにすると、本来設定していた利確ポイントを超えて、以下のようにトレンドを追いかけてくれます。

スクリーンショット 2018 11 08 20 30 57

そして、上昇トレンドが終わったところで、自動で決済して利益を出してくれます

スクリーンショット 2018 11 08 20 31 15

結果、「トレールなし」のときよりも利益を増やせるのです。

スクリーンショット 2018 11 08 20 31 27

そして、決済後は次に設定している値段で、また新規注文してくれます。

スクリーンショット 2018 11 08 20 31 38
(他の自動売買サービスのようにクソポジをつかむことがなくなります)

決済トレール機能のデメリット「利確を逃す」

ただ、トレール機能はメリットだけでなく、デメリットもあります。

それが「利確のチャンスを逃すこともある」というもの。

スクリーンショット 2018 11 08 20 31 27

画像のオレンジの点はそれぞれ、決済レートから0.2円ごとに設定されています。

そして、「トレール機能あり」にした場合、設定しているレートから0.2円上にいかないと決済されないのです。

確実に利確したいなら「トレールはなし」でOK

つまり、決済レートから0.1円だけ上がってそのあとに、決済レートより下に動いてしまったら、決済できず利確チャンスを逃すことになるのです。

※また上がるのを待ち、含み損を抱えることもあるわけですね

なので、こうした利確チャンスを逃したくないなら、「決済とレール機能」は「なし」にしましょう

ぼくもチャンスを逃すのはイヤなので、今回は「なし」にしました。

損切りあり、なしも設定

「トレール機能のあり、なし」を決めたら、次は損切りするかどうかを決めます。

僕のやり方は、損切りしないでまったり運用するものなので、損切りなしにしました。

この辺はスタイルによって変わるので、以下の記事を参考にして、判断してください。

>>ループイフダンで失敗しないために「損切りのあり・なしやタイミング」「ロスカット」を理解しよう

設定完了したら、あとは放置で待つだけ

そして、これらを決めたら、あとは設定を確認して注文すればOK。

スクリーンショット 2018 11 08 18 43 16
(新規注文と決済のペアがわかりやすく表示されます)

注文するをクリックすれば、自動運用がスタートします。

スクリーンショット 2018 11 08 18 44 00

注文を確定させると、注文内容を確認できるようになります。

スクリーンショット 2018 11 08 18 44 58

【ブログで検証】トラリピの運用実績、利回り

トラリピの成績(利益)は随時更新していきますので、楽しみにしていてください。

>>初心者がブログで実践中のFX収支をまとめていきます!主婦、会社員でもできるか検証

>>【ブログで儲かるか検証】FX自動売買ランキングやおすすめを紹介しておく

FX自動取引で失敗して損失を出さないために

あと、自動売買で失敗しないために以下の記事も読んでおきましょう。

>>FX自動売買のメリット・デメリット!大損する(負ける)人の特徴もまとめ

>>【まとめ】FXで大損・失敗しないために2ch体験談や理由から学ぼう

>>【FX自動売買を比較】初心者におすすすめの価格無料ソフト(プログラム)、アプリの選び方まとめ

初心者向け!1万円からの少額FX

自動売買からは離れますが、以下のような少額FXもあるので、注目を

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

>>FXで月1万円稼ぐ方法、証拠金10万円を増やす方法はあるのか?

>>1万円からの少額投資で1万円増やすアイデア(3000円からでもOK)

トラリピの手数料(取引コストなど)

トラリピの取引手数料はループイフダンと同じで無料です。

スプレッドは、以下の通り。

・米ドル円:4銭、ユーロ円:4銭、ユーロ米ドル:4銭、豪ドル円:5銭、NZドル円:6銭

・カナダドル円:1銭、英ポンド円:6銭、トルコリラ円:7銭、南アフリカランド円:2銭

こんな感じで、総合的な手数料ではループイフダンの方が安く、有利ですね。

>>【評判&検証】ループイフダンの設定、実績、必要資金、ログイン方法まとめ

ループイフダンでは利用者の80%以上が勝っている

なお、ループイフダンではユーザーの80%以上で利益を出して資産を増やせているので、非常におすすめです。

スクリーンショット 2018 11 04 15 17 19

>>【評判&検証】ループイフダンの設定、実績、必要資金、ログイン方法まとめ

対応通貨ペア(トルコリラあり)

以下、トラリピで使える通貨。

・米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/米ドル(EUR/USD)、ユーロ/円(EUR/JPY)

・NZドル/米ドル(NZD/USD)、NZドル/円(NZD/JPY)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、豪ドル/円(AUD/JPY)

・南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、トルコリラ/円(TRY/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)、カナダドル/円(CAD/JPY)

トラリピのキャンペーン

過去に以下のようなキャンペーンをやってました。

エントリー&初回入金で『実践 FX トラリピの教科書』をプレゼント!

さらに、新規成立50万通貨ごとに10,000M2Jポイント(最大50,000M2Jポイント)をプレゼント

なので、こういった機会を逃さないようにしましょう。

トラリピの評判、口コミ

なお、ユーザーからは以下のような意見が。

このように、利益を出せてる人はいるので、興味あれば始めてみてください。

FXのシステムトレードの評価(感想)、実績

「FX自動売買」の1つシステムトレードについては以下の記事をどうぞ。

>>上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(実績は随時追記)

>>【評判】シストレ24のフルオートで勝てないという口コミは本当か検証(ストラテジーの感想あり)

ほったらかしOKのトライオートFXのメリット・デメリット

>>【評判&検証】トライオートFXの実績、レンジ追尾設定、自動売買ランキングからの選び方まとめ

>>【評価】iサイクル注文は儲かるか?設定方法、必要資金などを書いてみる

>>【徹底比較】FX会社の選び方:信頼できるランキングと一覧をまとめたよ

自動売買で儲かる(成功する)ために知るべきこと

>>【FX】トラッキングトレードを始める時期(上昇・下降トレンド)を見極める方法 #リピート系注文

>>【終わった】トルコリラ・スワップポイント生活の推移:大損する前にやめような @SBI FX

>>【ブログで実績公開】トルコリラのスワップポイント投資!ヒロセFXでロスカットにならず運用中

ログイン方法、登録方法はかなり簡単

>>【利回り+160%】スワップポイントのサヤ取りで失敗しないためにリスク(デメリット)などまとめてみた

>>【豪ドル円】スワップポイント生活の推移まとめ(マイナスにならないよう計算済み)

>>【米ドル、NZドル】スワップポイント生活の推移まとめ(年利は11%!他とも比較)

【比較】FX業者のスワップポイント、スプレッドの違い

>>【FX会社一覧】スプレッド、手数料など比較!会社選び、投資で大事なこと、評判もまとめ

>>【比較】FXのスワップポイントまとめ!通貨はトルコリラ、メキシコペソ、ランド、ドル(買いと売り)

>>【評判、口コミ】FX取扱業者の2chなどでの評価(悪評)、ランキング、スプレッドまとめ

ロスカット、追証についても知る

>>【ブログで実績公開】トルコリラのスワップポイント投資!ヒロセFXでロスカットにならず運用中

>>【ロスカット防止】トライオートETFでプレアラートメールが来てたのでクイック入金で対処!その方法を紹介

>>【体験談】FXで儲かる方法やその仕組み、絶対儲からない人の割合もまとめたよ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ