>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

【実績】コインチェックでビットコイン積立する方法!毎日はおすすめ? #Coincheck #仮想通貨

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

仮想通貨取引所の「コインチェック」でビットコインの自動積立ができるようになったので、始めました

coincheckでビットコイン積立

この記事では、つみたてのやり方を紹介します。(個人的には、これから爆上げすると思い、仮想通貨を大量に保有してます

※ビットコインのほったらかし投資で利益を出したい人は参考にしてください(月1万円からやれます)

コインチェックの仮想通貨積立

【結論】つみたて額16万円で約19万円まで増えました。半年で+3万円(+18.7%)の成績

ビットコイン積立の運用実績

【2020年6月22日の追記】19万円の積立で資産は20.2万円になりました。(利益は+1.2万円)

ビットコイン積立の成績

このように変化はありますが、長期で見たらもっと上がると個人的に思っているので、今後も積立を続けます。

>>コインチェックのサイトを見てみる
コインチェック

積立投資だと買い付け単価を抑えられる

ちなみに、2018年の10月からビットコインを積み立てしていたら、1年後には元本と比べて約1.8倍になったそうです。

ビットコイン積立の成績

この結果や過去の積立投資の実績が示すように、つみたてだと買い付け単価を抑えられるため、中期〜長期の投資に向いてるんですね。

スクリーンショット 2019 11 06 18 57 57

なので、ぼくも「コインチェック」での積立をすることしました。

仮想通貨でドルコスト平均法

手数料は無料です! (銀行からの口座振替手数料、積立サービス手数料などすべて0円)

コインチェックとは?手数料やデメリットは?

そもそもですが、コインチェックは仮想通貨の取引所で、ビットコイン、モナーコイン、イーサリアムなどを売買できます。

FXや株などの投資(取引)では、証券会社を通さないといけませんが、仮想通貨の場合、それをコインチェックが担っています

ビットコイン積立とは?儲かるの?

ビットコイン積立とは、仮想通貨(暗号資産)のビットコインを毎月一定額、積み立てできる機能。(アルトコインも対応)

定期的な積立は、すでに投資信託ロボアドで行なっていますね。(その度にメリットも書いてきました)

こうした積立は、ドルコスト平均法を用いるため、一括購入よりもリスクを抑えられるのでしたね。

メリット:買うときの値段を気にしなくていい

ドルコスト平均法とは、定期的に決まった「額」で金融商品を買うこと。(数量を指定するのではありません)

スクリーンショット 2017 08 07 20 48 57  1

こうした買い方をすることによって、定期的に1万円分買えばよくなり、購入時の値段で一喜一憂することがなくなるのです。

値下がりはたくさん買い込むチャンス

通常、投資対象の商品が値下がりしてしまったら、落ち込んでしまいますが、

ドルコスト平均法であれば、商品をたくさん買い込めるチャンスになるわけです。

ビットコイン積立の成績

このようにして買っていけば、気にするべきは「購入口数」と「売るときの値段」です。


ひたすら口数をためて、あとは売るときさえミスらなければ、運用益を得られるのです。

なので、僕はドルコスト平均法を用いた投資をあらゆる金融商品で試し、ビットコイン積立もしてます。

>>ビットコイン以外で積立可能な銘柄を知る
コインチェック

コインチェック積立はアルトコインも対応

そして、コインチェックではビットコイン(BTC)以外に以下の通貨も積立できます。

・ETH(イーサリアム)、ETC(イーサクラシック)、LSK(リスク)、XRP(リップル)

・LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)XLM(ステラルーメン)

積立金額は月々1万円~10万円の範囲で、1,000円単位で調整可能。

CoinChcekのつみたてプランは2つ

つみたてでは、以下のプランがあります。

・月イチつみたてプラン:月に一度だけの買い付けを行う(毎日に比べ損益の幅が増える可能性あり)

・毎日つみたてプラン:従来の積立に比べリスクを抑え、安定した収益を狙える

「毎日」のように高頻度で買ったほうが取得価格がより平均化され、高値づかみもしづらくなるので低リスクでやりたい人は後者をどうぞ。

ビットコイン(BTC)積立のデメリット・リスク

コインチェックでのビットコイン積立のデメリットは以下の通り。

・値下がりした時などにすぐ買えない(買い付けスケジュールが決まっている)

・損するリスクがある(元本保証なし)

・短期間で大きなリターンは得にくい

・預けた仮想通貨が流出するリスクもある

では、1つずつ解説します。

値下がりした時などにすぐ買えない

コインチェック積立では、以下のように買い付けスケジュールが決まっているので、自分の好きなタイミングで買えません。

btc積立スケジュール

とは言っても、安くなった時は積立でなく手動で都度買えばいいですから、これはそれほど問題じゃないですね。

>>コインチェックで買える銘柄(仮想通貨)を知る
コインチェック

損するリスクがある(元本保証なし)

ビットコイン限らずですが、投資では元本保証がなく損する可能性があります

特に暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しいですから、注意が必要です。(※投資は必ず余剰資金で行ってください)

>値動きでの損がなく、毎月儲かってる投資もおすすめ!
クラウドバンクの分配金

短期間で大きなリターンは得にくい

積立はビットコインFXのように短期で利益を狙うものではありません。

日々の値動きに一喜一憂せず、中期〜長期で資産を増やすものです。

なので、短期で稼ごうとしている人は別の投資を検討しましょう。

>ほったらかしで儲かってる投資を知る
トライオートFXの運用成績

預けた仮想通貨が流出するリスクもある

以前、コインチェックでは仮想通貨の流出事件が起きました。(ユーザーの資産はすべて返却されたので、損した人はいなかった)

当時はセキュリティ対策が甘く、こういった事件が起きました。

しかし、今は上場企業マネックスグループに入ったことでセキュリティが強化され、以前のような問題は起きないと思い、ぼくは積立をしてます。

なので、こういった流出が怖い人は、積立されたタイミングでハードウェアウォレットに移して保管するようにしましょう。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でリップル(XRP)を管理する方法

【失敗して学んだ】仮想通貨投資は絶対に積立で!

あと、これも知っておきましょう。

以前、積立ではなく「ここが買い時だ!」と思った時に仮想通貨を買い、かなり後悔したことがありました。

【投資生活1年の流れ】
・必要以上に貯金しとくのはもったいないと気づき、積立投信、ロボアド開始

・好調に増え続けたけど、+7%ほどの成長を退屈に感じ仮想通貨へ
・バブル期は含み益2倍になるなどしてどハマり

・暴落して利確の重要性とコツコツ積立の魅力を再認識

※結論、積立投信とロボアド推奨

タクスズキ@仮想通貨 (@TwinTKchan) 2018年2月24日

こうした体験をして、割安で買って利益を出すには、積立がベストだと学びました。

「人間は投資に向いてない」の言葉通り、感情を持つ人間が買い時を正しく判断するのは難しいので、積立をおすすめします。

積立開始までの流れ

なお、積立までにやることは以下の通り。(1~6まで、最短で1日で終わります)

1 サイトで登録&申し込み
2 個人証明書(マイナンバーとか免許証)のアップロード
3 本人確認&審査

4 審査に通って、封筒が送られてくる
5 そこに書いてある確認コードをサイトで入力して登録完了
6 積立するための設定、作業

ビットコインつみたてのやり方は簡単

ビットコインつみたてを始める際は、専用ページの「申し込む」をクリック。

coincheckでビットコイン積立

次に、規約に同意し、「引き落とし口座の設定をする」をクリック。

コインチェックで口座設定

外部ページに移動するので、振替などの設定をしていきます。

コインチェックでの積立振替

まず銀行口座の設定。(都市銀行、地方銀行、郵貯、ネットバンクなどを選べます)

btc積立の対応銀行

ネット銀行は、ジャパンネット、セブン、ソニー、楽天、SBI、じぶん銀行、イオン、GMO青空ネット、新生銀行が対応。

自分の銀行口座の情報を入力

ビットコイン積立の資金は自分の銀行口座から引き落としされるので、その口座の情報を入力します。

スクリーンショット 2019 11 06 18 27 21

入力したら確認後、それぞれの銀行ページへ行き、ログインします。

スクリーンショット 2019 11 06 18 27 41

その際は、規定に同意します。

btc積立で口座振替の同意

ぼくの場合、積立の支払い先が「アプラス」となっており、調べたら決済系の一部上場企業(新生銀行グループ)でした。

btc積立の支払先はアプラス

積立額を設定していく

そして、引き落としの設定が終わると、以下のような画面が表示されます。

ビットコイン積立の設定

次は積立金額の設定。(ぼくは1万円で設定)

ビットコイン積立は1万円
(1000円からと書いてありますが、最低額は1万円です)

その後、「つみたてを申請する」をクリックします。

coincheckで積立申請

これによって設定が完了し、積立の状況がチェックできるようになります。

ビットコイン積立状況

設定が完了すると、その旨を告げるメールも来ます。

ビットコイン積立完了メール

>>コインチェックで積立を始める
コインチェック

積立の予定と履歴もわかる

以下、積立の予定と履歴。

ビットコイン積立の履歴

なお、積立は簡単に停止できます。

ビットコイン積立の停止

こんな感じで、簡単にコインチェックでビットコインの積立設定ができます。

>>コインチェックで積立を始める
コインチェック

コインチェックでは都度キャンペーン中

ちなみに、コインチェックでは口座を持ってる人向けに都度キャンペーンを開催してます。

コインチェックでのキャンペーン

ぼくも過去にキャンペーンで現金をもらいましたので、この機会にまずは口座を作るといいですよ。

>>コインチェックの口座を作る
コインチェック

積立スケジュールなどもチェックする

こぼれ話ですが、ビットコイン積立のスケジュールはこんな感じ。

btc積立スケジュール

毎月10日くらいに積立されるかどうかが決まり(購入申請や変更期限)、27日に銀行口座から引き落としされ、買付は翌月の8日くらいにされます。

メールで引き落とし日などがわかり安心

あと、振替や積立設定が完了すると、以下のように2通のメールが来ました。

スクリーンショット 2019 11 06 18 31 51

というわけで、こちらも覚えておきましょう。

>>コインチェックのサイトを見てみる
コインチェック

定期購入(積み立て)をやめる方法

「Coincheckつみたて」ページから設定を停止できます。

コインチェック積立を停止

なお、締切日(毎月10日くらい)を過ぎてから停止すると、その月の買い付けはされて翌月からの停止となります。

btc積立スケジュール

これを防ぐためには、月の1週目には積立停止をしましょう。

過去の仮想通貨の積立実績・運用成績まとめ

・2017/9/10〜10/9の成績:ビットコインを1万円分買って、1万8449円の時価総額に。

・2017/10/10〜11/9の成績:
ービットコインを1万円分買って、1万2295円の時価総額に。
ーXEMを1万円分買って、1万1329円の時価総額に。

・2017/11/10〜12/9の成績:(時価総額は、2017年12月30日時点)
ービットコインを1万円分買って、1万6542円の時価総額に。
ーXEMを1万円分買って、4万6874円の時価総額に。

2017年12月12日:最初の2ヶ月分を見ると、BTCは+240%、XEMは+256%。

2018年1月8日:NEM+493%、ビットコイン:+184%、イーサリアム:+167%

声掛けて頂いてコインチェック始めてみたけど資金倍になりました。
1週間位で資金倍です…..

もっと早くコインチェック始めたかった後悔で始まります最初

Yuuya (@isitu_jitugyou) May 22, 2017

SBI、楽天では積立不可!シミュレーションもなし

SBI VCトレードや楽天、ビットフライヤー、DMM、ビットバンク、GMOの取引所では積立(自動買い付け)できません。

なお、コインチェックでは積立レートはチェックできず、公式のシミュレーションも過去の実績に基づくものなのでご注意を。

以前はZaifでもビットコインやアルトコイン積立がありましたが、今は停止中です。

スプレッド、税金、引き出し方法はどう?

コインチェックの販売所で暗号資産を買うとスプレッドが実質的なコストとなりますが、積立の場合、それがあるかは公表されてません。

とは言っても、すぐ売却するわけじゃないですし、手間賃と考えれば、少額のスプレッドがあっても許容できます。

あと、実現益が出た場合、確定申告をして税金を払う必要があることも覚えておきましょう。

ビットコインの積立額

※引き出しする際は通常通りに出金すればOK

>>コインチェックのサイトを見てみる
コインチェック