>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

仮想通貨のCEXとは?DEXとの違いを比較!メリット・デメリットも解説

この記事では、仮想通貨の取引所CEXとDEXを解説し、それぞれの違いもまとめます。

CEXとDEXのメリット・デメリット、おすすめの取引所を知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・CEXは中央集権型の取引所であり、管理者に重要な情報を預ける

・DEXは分散型の取引所であり、運営会社の倒産リスクを回避できる

簡単に取引したい初心者の方にはCEXがおすすめ

・自由に思い通りの取引をしたい方は、ハードル高めのDEXがおすすめ

CEXで人気なのは、コインチェックで、スマホアプリもあり操作も簡単です

ビットコインを無料でもらえるお得なサービスもあるので、サクッと口座を作っておきましょう

\ キャンペーンを見てみる /

投資の資金は当サイト限定のキャンペーンで5.3万円分もらえるので、こちらもチェックしましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

CEXとDEXの大きな違いは秘密鍵の管理

CEX(シー・イー・エックス)とは、中央集権型の取引所であり、Centralized Exchangeの略です。

DEX(デックス)とは、分散型の取引所であり、Decentralized Exchangeの略です。

この2つの大きな違いは、秘密鍵の管理方法です。

秘密鍵とは暗証番号のようなもの

仮想通貨の管理では、秘密鍵が必須であり、これは銀行口座の暗証番号のようなものです。

秘密鍵を持っている人だけが、仮想通貨の売買、送受信などの操作ができます

非常に大事なものであり、CEXでは運営が管理し、投資家が管理する必要はありません。

DEXでは秘密鍵を投資家自身が管理することになり、責任も伴います。

ビットコインで儲からない人

結論から言えば、秘密鍵の管理が難しいと思うのであればCEXを使い、自分で管理できるならDEXを使えばいいと思います。

集権型取引所(CEX)のメリット

CEXのメリットは以下の通り。

・かんたんに使える
・日本円などの法定通貨で取引できる
・秘密鍵をなくすリスクがない

それぞれ解説します。

かんたんに使える

CEXは取引などを簡単に行えます。

Ok woman

DEXはメタマスクなどのウォレットと接続する手間などがあり、初心者の方には難しいです。

一方、CEXであれば難しい手間がいらず、スマホアプリもあり、初心者の方でもかんたんに使えます

日本円などの法定通貨で取引できる

CEXでは銀行口座から日本円を入金して、ビットコインやイーサリアムなどを売買できます。

ぴたコインの評判

DEXでは法定通貨を使えず、イーサリアムなどを調達してから取引する必要があります。

株やFXのように、シンプルに取引したい人にはCEXがおすすめです。

CEXには、FXもビットコインも取引できるSBI FXトレードがあるのでチェックしましょう。

お得なキャンペーンも開催中ですので。

Sbi fxでビットコイン取引

\ キャンペーンを見てみる /

秘密鍵をなくすリスクがない

CEXでは明確な運営元に秘密鍵を管理してもらえて、なくす心配がありません

国内のCEXであれば、国(金融庁)の厳しい審査をクリアした会社によって運営されていますから安心できます

鍵をなくすと、自分の仮想通貨を失ってしまいます

ビットコインの注意点

そうしたリスクが怖い人にとってもCEXが向いています。

CEXのデメリット

CEXには以下のデメリットもあります。

・本人確認(KYC)が必要
・ハッキングリスクがある
・運営会社の倒産リスクがある

1つずつ解説します。

本人確認(KYC)が必要

CEXでは本人確認が必要であり、すぐ取引を始められません。

免許証などの書類のアップロードが必要であり、運営会社の審査に通る必要もあります

場合によっては取引できないこともあり、手間も発生します。

ハッキングリスクがある

バッキング被害は、国内のCEXでもこれまで何回か起きており、ぼくはZaif、ビットポイントの2つで経験しました。

どちらでも資産が補填されたので、大丈夫でしたが、セキュリティが甘いとハッキングされ仮想通貨を盗まれることもあります。

海外のCEXを使う場合、盗まれた分が戻ってこない可能性もあるので注意が必要です。

ビットコインで儲からない人

運営会社の倒産リスクがある

CEXの運営会社がつぶれた場合、投資家のお金が返ってこないこともあります。

仮想通貨で儲からない人

マウントゴックスという取引所で、そういった被害が起きており、こちらも警戒が必要です。

集権型取引所(CEX)がおすすめな人の特徴

CEXがおすすめなのは、以下のような人。

・かんたんに操作したい初心者の方
・秘密鍵の管理をしたくない方
・日本円で投資したい方
・あんしんして取引したい方

こういった方は、上場企業グループによって運営されているCEXのコインチェックを使いましょう。

コインチェックは人気サイトで、スマホアプリもあり操作も簡単です

ビットコインをもらえるお得なサービスもあるので、サクッと口座を作っておきましょう

\ キャンペーンを見てみる /

投資の資金は当サイト限定のキャンペーンで5.3万円分もらえるので、こちらもチェックしましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

DEX(分散型取引所)のメリット

DEXのメリットはこちら。

・本人確認がいらない
・ハッキングのリスクが低い
・倒産リスクがない

それぞれ補足します。

本人確認がいらない

DEXでは本人確認がいらず、本人書類アップロードなどの手間がいりません。

Uniswap(ユニスワップ)やパンケーキスワップなどのDEXでは、ウォレットを接続すればすぐ取引できます。

DEXではSushiswapなどいろいろあり、国内のCEXにはない仮想通貨を取引でき、ハイリターンも狙えます

ぴたコインの評判

また、イールドファーミングといった取引で、仮想通貨を預けるだけでも資産を増やせます。

ハッキングのリスクが低い

DEXではハッキングのリスクがほぼありません

特定の組織が運営しているわけではないため、CEXのように1箇所にアタックされて被害が出ることがありません。

こういった点から倒産リスクなどもありません

ただ、個人を対象にしたハッキングリスクはありますし、ウイルス感染による被害の可能性もあるので注意は必要です。

DEX(分散型取引所)のデメリット

DEXには以下のデメリットもあります。

・秘密鍵の管理は自分で行うため、責任が必要
・法定通貨が使えない
・流動性が低い
・ハードルが高い
・手数料(ガス代)が高い

それぞれ解説します。

秘密鍵の管理は自分で行うため、責任が必要

DEXでは秘密鍵を自分で管理する必要があり、なくしたら終わりです。

資産を失いたくないのであれば、DEXは使わない方がいいと思います。

ビットコインの注意点

安全に利益を出したい人におすすめのサイト

安全に取引したいなら、CEXがおすすめで、SBI FXトレードであれば、レバレッジをかけた取引も簡単にできます

Sbi fxでビットコイン取引

手元資金が10万円でも20万円分の取引ができ、ハイリターンを狙えます

お得なキャンペーンも開催中なので、チェックしましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

法定通貨が使えない

DEXでは日本円(JPY)とのペアがなく、取引するには以下の手間が発生します。

・国内のCEXで口座解説し、銀行口座から入金

・日本円でイーサリアムなどの仮想通貨を購入

・CEXからDEXに仮想通貨を送金

・DEXで受け取り、トレードする

CEXから送金する際に、アドレスなどを間違えて仮想通貨を失うリスクもあるので、初心者の方にはおすすめしません

ビットコインで儲からない人

ハードルが高い

紹介した通り、いろんな手間やリスクがあるため、DEXを使うまでのハードルが高いです。

他にはメタマスクなどの理解も必要であり、資産管理について学ぶことも多く、大変です。

流動性が低い

DEXでは、CEXほど売買するユーザーが多くないです。

そのため、売りたいタイミングで売れず、買いたいタイミングで買えないといった問題もあります

含み益があっても実現利益にできないこともあり、難易度は高いです。

※税金計算が大変という問題もあります

手数料(ガス代)が高い

イーサリアムが高騰した時、UniswapなどのDEXでは、手数料についても問題がありました。

DEXで仮想通貨を交換する際、イーサリアムが必要であり、交換する際の手数料が高くなります

手数料はガス代とも呼ばれ、交換にかかるスピードも変わることがあり、いろんな問題を考慮する必要もあります。

DEX(分散型取引所)がおすすめな人

DEXがおすすなのは、以下のような人。

・国内CEXにない仮想通貨を取引したい
・イールドファーミングなどで年利100%以上を狙いたい
・KYCなしですぐに取引を始めたい

DEXを始めるために必要なイーサリアムなどは、コインチェックで手に入るので使っておきましょう

\ キャンペーンを見てみる /

人気のDEX「パンケーキスワップ」では、BNBという仮想通貨が必要です。

BNBはバイナンスというサイトで手に入るので、気になる方はチェックしておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

【比較まとめ】DEXとCEXの違いと特徴

記事の要点まとめ
・CEXは集権型取引所であり、管理者に重要な情報を預ける

・DEXは分散型取引所であり、運営会社の倒産リスクを回避できる

簡単に取引したい初心者の方にはCEXがおすすめ

・CEXは「SBI FXトレード」と「ビットフライヤー」もおすすめ

投資の資金は当サイト限定のキャンペーンで5.3万円分もらえるので、こちらもチェックしましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です