>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

トライオートFXで失敗しないやめ方とは?稼働停止し手動決済もアリ

この記事ではトライオートFXでのやめ方、ポジションを手動決済し、システムを停止する方法をまとめます。

トライオートFXを安全にやめたい、損を最小にして勝ち逃げしたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
やめる際は含み損益と実現損益の合計をみる

・含み損の方が多いならやめないほうがいい

・自動売買だけ止めて、その後にポジションが自動決済されるのを待つのもあり

自動売買を止めて、じぶんで手動決済するのもあり

トライオートFXの基本的な仕組みは以下の記事でチェックしてください。

結論、トライオートFXでは以下のように利益を出せており、コアレンジャーでは自動システムを止めて、手動決済しました。

それによって、実現利益が含み損を超えてトータルで利益を出せました

好きなタイミングで利益確定でき、今ならお得なキャンペーンで53,000円もらえるのでチェックしましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

NZドルが暴落して、含み損が出た

ある日、NZドルが急落しトライオートFXの成績が悪くなりました。

スクリーンショット 2018 08 10 19 23 20

取引してる通貨ペアは上から、ユーロ/米ドル(EUR/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)。

スクリーンショット 2018 08 10 19 22 43

ニュージーランドで政策金利が据え置きされ、売られてしまいました。

大きな動きが一気に来たこともあり、1日で含み損が増えてしまいました。

慌てる必要はないけど、事前に回避はできた

この件でぼくは、長くても2週間もすれば戻ると思っているので、落ち着いて見ています。

なぜならば、一時的な売りが為替に与える影響は一時的で、その後に戻る場合が多いからです。

過去に慌てて損切りし後悔したこともあり、今回はガチホしようと誓いました。

早めの利益確定もおすすめ

ただ後悔してるのは、含み損が膨らむ前に、利益確定して逃げ切れたな、ということ。

急落前に、「NZドル下がるかも」のニュースが出ていたので、そこで利益確定しておけば9万円くらいの利益がとれたんですよね。

この件で、国の中央銀行の発表はかなり大事と学びました。今後は利益が出ているなら、発表前に利確して逃げ切ることも検討します。

政策金利の発表前はノーポジションの方が安心できます

トライオートFXでは為替ニュースも見よう

NZドルの急落後は、含み損が実現利益と同じくらいなので、ポジションを全決済したら、ちょっとしか利益が出ません。

しかし、ここまでくる前に全決済していたら、利益を得て逃げ切れました

あと、トライオートFXにはセーフティ設定という機能があり、勝ち逃げも可能です。

なので、ある程度利益があるうちに終わらせる戦略も必要です。

気になる方は機能の詳細や、当サイト限定の53,000円もらえるキャンペーンをチェックしておきましょう。(お得です)

\ キャンペーンを見てみる /

「今日の含み損は明日の利確」も確かに

含み損というのは、損失が確定したわけではありません。

一時的な下げからまた上がれば、利確のチャンスになります。

トライオートFXでは、今日の含み損が明日の利益になりますから、まったり待つのがおすすめです。

\ まず5.3万円もらう /

ハイリターンに惑わされないように

あと、直近1ヶ月・3ヶ月の成績が良いからと言って、ハイリターンのペア(プラン)を選ぶのも危険と判断しました。

トライオートFXのハーフ

過去の成績がこれからも続く保証はないですし、成績はあくまでバックテストです。

参考程度にして、リスクを抑えて運用できる「ハーフの豪ドル/NZドル」あたりがおすすめです。

ロスカットにならないように資金は十分に

トライオートFXで損しないために資金管理も大事です。ユーロとnzドルが暴落して、証拠金の維持率(有効比率)が下がりました。

このタイミングでロスカットされてしまうと、全ポジション決済で損失確定するので注意です。

トライオートFXでは推奨証拠金の2倍〜3倍は用意し、有効比率は700%〜1000%を維持するようにしましょう

通貨ペア、見直しも検討するといい

トライオートFXでは、今の為替レートが自動売買システムのカバーする範囲を外れる場合もあります。

スクリーンショット 2021 04 20 15 44 40

その場合は手動(マニュアル)で注文するというのもありです。

スクリーンショット 2021 04 20 15 44 52

たとえば、上の図のように現在レートが注文範囲より上に来てしまったら、売りの新規注文をします。

下がった時に買い決済すれば、利益のチャンスを増やせます

自動と手動の組み合わせも覚えておきましょう。(当サイト限定のお得キャンペーンもぜひチェックを

\ キャンペーンを見てみる /

トライオートFXのやめ方(稼動停止の方法)

トライオートFXでほどほどに利益が出たら、やめ時(出口戦略)を考えるのも大切です。

最近のシステムだと、注文される範囲が広くなっており、長期運用に向いています。

しかし、途中で利益確定したくなる時もあるはず。

そんな時は、自動売買システムを停止し、残りのポジションが自動決済されるのを待つのが定石です。

手動でポジションを決済するのもあり

自動決済を待つのがイヤで、もっと早く現金化したい方は手動決済するのもありです。

少し含み益、もしくは許せるくらいの含み損になったらポジションを決済します

最終的なリターンに影響のない範囲で手動決済する選択肢も知りましょう。

【まとめ】トライオートFXは解約・退会も可能

トライオートFXでは、ある程度の含み益が出たら利益確定するのも大事です。

急落などで含み益から含み損に変わることもありますから、ニュースチェックをして、含み損になる前に決済するのも大事です。

ほどよく利益が出たら、自動売買システムを停止する方法もあるので覚えておきましょう。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、そちらもぜひチェックを!

\ キャンペーンを見てみる /
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です