上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(運用実績あり)

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

上場企業が運営するインヴァスト証券の「シストレ24」でFXの自動売買を始めたので、その概要や設定方法を書いておきます。

※今だと、以下のようなキャッシュバックキャンペーンもやってます

口座開設は簡単です(無料)

なお、口座開設については詳しく解説しませんが、これまでの投資サービスと同じ要領で進めていけばOKです。

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

以下、インヴァスト証券の他のサービス。

>>【元手ゼロ】「マネーハッチ」はクレカのポイントを積立投資に回せる!リスク、手数料などと共に評価してみる

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

シストレ24とは何か?

「シストレ24」については、公式サイトのマニュアルでこのように説明されてます。

シストレ24は選択型のFX自動売買サービスです。

世界中の投資のプロが考案した「ストラテジー」と呼ばれる「自動売買プログラム」が買いや売りのタイミングを判断し、自動的にFX取引を行います

このように、人が裁量で取引せず、優秀な機械(アルゴリズム)が取引してくれるんですね。

これまでの投資で人間でなく、機械が投資した方がいいと学んだ

これまで、ロボアドバイザーウェルスナビ投資信託の積立仮想通貨など、いろいろな投資をしてきましたが、

人間は投資に向いてないと痛感しました

特に仮想通貨では、投資の鉄則である「値下がり時に買って、上がったら売る」を守れず、盛り上がってる時に買ってしまいました。

こんな感じで人間は「感情」でトレードしてしまうので、投資に向いてないんですよね。

機械の方が投資でパフォーマンスを出せている

一方、機械はこうした感情がなく、合理的に判断できるので、投資の鉄則通りトレードできるのです。

そして実際、こうした機械的な投資手法である「投信積立」「ロボアド」「仮想通貨積立」は裁量よりも成績がいいんですよね。

なので、ぼくは今回、機械が自動でFX投資してくれる「シストレ24」を使ってみることにしたのでした。

※以前から積立FXをやっていて、FXの仕組みは理解してました

肝心の運用実績

以下、運用成績です。

・2018年5月10日:32万円で運用開始
・5月10日:880円の実現損(損切り)

スクリーンショット 2018 05 10 16 33 50

まだまだ始まったばかりなので、今後も追記していきます。(この程度の損は許容範囲。挽回に期待です)

入金から注文まで

というわけで、実際に「シストレ24」でFXの注文依頼をしてみました。

まずやったのは、入金です。

シストレ24もそうですが、インヴァスト証券が提供しているサービスでは、クイック(即時)入金が使えます。

スクリーンショット 2018 05 03 18 57 07

これにより、土日・祝日でも24時間すぐに入金できて取引を始められます。

クイック入金の対応銀行はたくさん

クイック入金対応の銀行は以下。

みずほ、三井住友、楽天、ゆうちょ、住信SBI、ジャパンネット、UFJ。

スクリーンショット 2018 05 03 18 57 15

画面では金額を入力して、それぞれの銀行にログインします。

ぼくはまず20万円入金してみました。

スクリーンショット 2018 05 03 18 57 52
(この後、追加で12万円入金しました。ロスカット対策で30万円は入れておいた方がいいです)

こんな感じでシストレ24の画面に即反映されました。

スクリーンショット 2018 05 03 18 58 37

初心者なら、フルオートだけでOK

なお、シストレ24の画面はこんな感じ。

スクリーンショット 2018 05 03 18 58 44

どれを使ったらいいか迷いますが、初心者で放置で運用したい人であれば、「フルオート」だけ使えばOK。

スクリーンショット 2018 05 03 19 00 29
(「フルオートをはじめる」から「自動売買プログラム」を選んでいく)

ストラテジーを自動で入れ替える「フルオートをはじめる」機能

P1 img

フルオートについては、公式マニュアルの説明が詳しいので、引用します。

フルオートとは、予め設定した条件に合わせて投資判断をするストラテジー(自動売買プログラム)の選択と稼動を自動的に行う機能です。

例:「週1回、1ヶ月の成績がもっとも良いものを1つ選択して稼動する」

シストレ24で運用成績を向上させるためにもっとも重要なことは、相場に合わせてタイミング良くストラテジーを選び、入れ替える作業。

ですが、“定期的なストラテジーの選択と入れ替え”は、シストレ24の運用が慣れないうちは大変なことでしょう。

フルオートは、シストレ24の運用をサポートしてくれる心強い存在です

フルオートならば、1週間に1度や2週間に1度など、設定した頻度や条件に基づいて自動的に入れ替えを行ってくれます

つまり、その時その時の相場状況にフィットしたストラテジーを選び続けることができるのです。

こんな感じで、初心者でも放置OKでFX運用ができるようになるのです。

フルオートを選ぶコツ

なお、フルオートを選ぶ際は以下のことを意識しましょう。

・初心者は12ヶ月の最大リスクが小さいものから

・損益グラフをチェック

あと、フルオートは複数でなく、1つだけ選択して運用していくのがオススメだそうです。

St24guid gragh
(上のようなグラフのフルオートを選びましょう)

実際にフルオートを選んで注文してみた

というわけで、実際にフルオートを選んでみました。

フルオートを探す際は、「最大リスク」を降順で絞るといいです。(リスク低いものが選べます)

スクリーンショット 2018 05 03 19 00 55

ぼくはその中から、「初心者一発」というのを選びました。

これは、損益グラフがプラスで安定していたんですよ。

スクリーンショット 2018 05 03 19 01 23
(それぞれのフルオートをクリックすると、別ウインドウで詳細が見れます)

フルオートの取引履歴などもみれる

別ウインドウで開く「詳細」では以下のような情報や、取引履歴などを確認できます。

スクリーンショット 2018 05 03 19 01 52

これでOKと思えば、フルオートリスト画面右の「再生マーク」を選んで注文していきます。

スクリーンショット 2018 05 03 19 00 55

「フルオート開始」画面では、投資金額を入力していきます。

ぼくが選んだのは「最低必要金額」が20万円で、20万円単位で注文量を増やせました。

スクリーンショット 2018 05 03 19 02 21

40万円、60万円、、という感じですね。

スクリーンショット 2018 05 03 19 02 33

金額を決めたら、「開始する(確認画面へ)」をクリック。

以下のように、「これでいい?」の画面が出るので、OKなら「フルオートを開始」を選択。

スクリーンショット 2018 05 03 19 02 44

以下、設定完了画面。

スクリーンショット 2018 05 03 19 02 55
(注文したのは、5/3でした。その2日後に入れ替えがあるそう)

設定完了すると、先ほどの「再生マーク」が「一時停止マーク」に切り替わっています。

スクリーンショット 2018 05 03 19 04 32
(フルオートを設定した後、停止もできる)

安全に取引するために

なお、シストレ24では余裕を持って運用する資金の目安として推奨証拠金(運用資金)や証拠金メーターを表示しています。

最初は、証拠金メーターが50%程度になる運用が推奨されてます。

スクリーンショット 2018 05 03 19 03 29
(ぼくの場合だと、50ちょうど)

メーター100以上は危険

なお、上のメーターは、「推奨証拠金額÷証拠金預託額×100」の数値を示してるそうです。

選択したストラテジーの稼動のみであれば、この数値が100以内であれば、ロスカット等は発生しにくくある程度安心して取引可能

余裕を持っていただくためには50程度を目安にご利用いただくことをおすすめします。

100を超えると、預けている証拠金に対してストラテジーを多く稼動し過ぎている可能性が高いため、資金を追加するか、ストラテジーの取引額または稼動数を減らす必要があります。

僕の場合、メーター数値が50で適正でしたが、これを読んでもっと下げようと12万円追加入金しました。

スクリーンショット 2018 05 03 19 16 00
(40弱まで下がりました)

これでひと安心ですね。(シストレ24で余裕をもって運用するために、30万円は入れておきたいところ)

というわけで、こちらも意識して運用するようにしましょう。

ほったらかしの自動FXを始める>>シストレ24のサイト

【追記】運用成績の推移

・2日後の成績は数百円の含み損(まだ損失は確定してません。売りポジションの状態です)

・開始から1週間後に900円ほど決済(損失確定)

・運用開始から3週間ほどで2件注文入り、5000円ほどの含み益

スクリーンショット 2018 05 22 20 27 00

2件で2500円くらいの評価益ですね。

スクリーンショット 2018 05 22 20 27 31

【追記2】含み益が数千円でていたら、利確しよう

・5000円の含み益の翌日、200円ほどの含み損に。この結果からわかったのは、数千円の含み益があったら利確すべきということ

というわけで、今後は利確もしっかりやっていきます(2500円ほど含み益が出たタイミングで「決済」ボタンから利確しました)

というわけで、今後も成績の変化を書いていきます。

自動取引を始める>>シストレ24のサイト

【追記】入れ替えできたメール

2018/5/5に入れ替えがあり、以下のメールが届きました。

ポートフォリオの入れ替えを行いました。

[フルオート設定名]
加仏英円_初心者一発↑1実

[変更後ポートフォリオ]

[変更前ポートフォリオ]
TidalWave CADJPY 5k

[証拠金預託額]
319,970円
[評価損益]
-765円

[必要証拠金]※
17,000円
[有効証拠金]
319,205円

[現在推奨証拠金]※
0円

推奨証拠金額が有効証拠金額を超える場合、ストラテジーの稼働後にロスカットとなる可能性が高まりますので、ご注意ください。

※必要証拠金と現在推奨証拠金はレバレッジ25倍(個人口座)での金額を元に計算しています。

ロスカットについて

>>【ロスカット防止】トライオートETFでプレアラートメールが来てたのでクイック入金で対処!その方法を紹介

>>【くりっく株365】証拠金基準額が引上げに!株式市場も不安定だし、いま手を出すのは危険! #株価指数CFD

>>【保存版】+16.6%と好成績!仮想通貨以外のおすすめ投資法まとめ(ほったらかしでOK)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ