【株式】3月の暴落でひふみ投信、ウェルスナビ、THEOの成績はどう変動したのか?

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

以下の記事で書いたような株式市場の暴落が3月も起きたので、今回もひふみ、ウェルスナビ、THEOの実績変化を書いておきます。

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の運用実績変化まとめ

3月の株式市場の暴落での反応

以下の通り、米国と日本の株式市場全体で大きな影響を受けました。

参照:米国株、3日続落 ダウ424ドル安で4カ月ぶり安値、ナスダックは7000割れ

では、評判のいい3サービスがどう変わったか観ていきましょう。

ひふみ投信の成績(2018/3/23)

ひふみ投信も市場の影響を受けて、値下がりしましたが、マイナスにはなってません。

スクリーンショット 2018 03 23 21 33 09

元本10万円で、1492円のプラス(+1.49%)。

ひふみについては運用担当者からのレポートも出ていました。

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

対応を共有してくれて信頼できる

以下、要点の引用。

ひふみは今回の状況に対して、以下のように対応をしています。

1) 現金の比率を事前に若干上昇させていた(3.2%→7%程度)

2) 外国株の比率を引き上げた(→Facebook ショックの影響を受けたが、日本株の大型株を保有するよりはよかった。)

3) 日本の大型株の比率を引き下げて現金化した

4) 日本の中小型株のなかで強い成長性がある、市場の影響で急落したものを拾った

(短期的にはファンドにはややマイナスの影響があるが、相場回復時には劇的な効果がある)

下がった銘柄の中からよい会社に「投資」

ひとつひとつの対応が正解か失敗かは時間がたたないと判断できません。

とはいえ、過去の経験則上よく機能したことをしっかりやり続けることが長期的に成果を出す方法だと考えています。

今回の急落局面も、下がった銘柄の中からよい会社に「投資」をし、変動する市場にあわせて「運用」をしています。

こんな感じで対応と今後の方針も明示してくれる姿勢にはかなり信頼が持てましたね。

資料請求してみる>>ひふみ投信のサイト

ウェルスナビの成績(3/23)

ウェルスナビも落ちてましたが、まだしっかりプラスです。

スクリーンショット 2018 03 23 21 30 32

円建てだと+2.39%、ドル建てだと+7.65%。

ひふみ同様、信頼しているのでこれからも積立していきます。(こっちは10万円積立)

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

THEOの変化(3/23)

THEOは円建ての成績がマイナスになってしまいましたね。

スクリーンショット 2018 03 23 21 31 03
(-1.31%)

ドル建てだとまだプラス。

スクリーンショット 2018 03 23 21 31 10
(+3.97%)

ロボアドバイザーの成績は今回もウェルスナビの勝ちですね。

なお、THEOはメールで今回の件について以下のように言及していました。

THEOの、グロース・ポートフォリオ、インカム・ポートフォリオ、インフレヘッジ・ポートフォリオ、はそれぞれ以下のような変動となりました。

ポートフォリオ:  変化率
グロース(円)  -3.86%
グロース(ドル)  -0.14%
インカム(円)  -3.78%
インカム(ドル)  -0.06%
インフレヘッジ(円)  -2.95%
インフレヘッジ(ドル)  0.80%

>>【運用実績】THEO(テオ)の積立機能、手数料を元に評価してみる(口コミあり)

楽天証券で買ってる商品の成績(3/24)

楽天証券のバランス型投資信託「資産形成ファンド」は以下の通りプラス。

スクリーンショット 2018 03 24 11 19 12
(+2.1%)

この商品はかなり安定してますね。

楽ラップの成績(3/24)

楽ラップは、+1.4%ほどのプラス。

スクリーンショット 2018 03 24 11 25 38

初めてTHEOの成績を上回りましたね。

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

こんな感じで楽天証券はいい商品があるので、興味ある方は口座を作っておくといいですよ。

100円から楽天ポイントで投資できますし。

無料で申し込む>>楽天証券のサイト

というわけで、こんな感じで変化してました。

関連記事

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

おすすめの証券会社

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ