>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【プロが違い解説】テクニカル分析とファンダメンタルズ分析どっちが有利?

本サイトは広告費から運営されております。

この記事では、以下の疑問を解決します。

こんな疑問を解決
・テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いは?

・テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どっちが有効?

・初心者にはどっちがおすすめ?

これから投資におけるテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の特徴をまとめます。

それぞれの長所・短所も解説し、どちらが優れているかも紹介します。

2つの分析手法の違いや使い分けについて知りたい方は参考にしてください。

FXはスプレッドが狭く、有利に取引できるみんなのFXがおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで1,010,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!1,010,000円もらう /

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い

まず、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いをまとめます。

テクニカル分析
テクニカル分析は、チャートを元に今後を予想する分析で、移動平均線などを使う
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析は、CPIや雇用統計など重要指標やニュースを使って今後を予想する手法。

では、それぞれについて詳しく解説します。

※2つの分析は以下の動画でも解説してるのでチェックしてください

テクニカル分析を解説

テクニカル分析は、チャートを元に今後を予想する分析で、チャートの形でトレンドなどを判断します。

テクニカル分析には2種類の分析方法があります。

1つは相場の方向性を把握する「トレンド系」、もう1つは買われ過ぎや売られ過ぎを判断する「オシレーター系」です。

それぞれの分類は以下の通りです。

トレンド系
移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表
オシレーター系
RSI、MACD

例えば、以下の画像はテクニカル分析で有名な移動平均線です。

移動平均線とは、一定期間の価格の平均を結んだ線になります。

5日分を結んだ移動平均線であれば、5日移動平均線と呼びます。

移動平均線は動きや方向、角度などからトレンドを把握できます

おすすめのFXテクニカル分析手法の詳細は以下の記事をチェックしてください。

ファンダメンタルズ分析の解説

次に、ファンダメンタルズ分析を解説します。

ファンダメンタルズ分析は、CPIや雇用統計など重要指標やニュースを使って今後を予想します。

要人発言や世界的な大事な出来事で相場が動くので、ニュースを使って今後の展開を読みます。

長期の大局を読むのに活用され、初心者の方でも始めやすいです。

ファンダメンタルズ分析の詳細は以下の記事をチェックしてください。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどっちが有利か?

次に、この点を解説します。

この記事を読むのは個人投資家さんが多いと思うので、個人投資家で見たときにどっちが有利か解説します。

大口などの機関投資家とは別の視点で見ていきます。

為替相場の大局を決めるのはファンダメンタルズ

まず大事なのは、為替でトレンドを決めるのは、ファンダメンタルズという点です。

例えば、日米の金利差など、明確な差があれば2022年のようにドル円では大きくトレンドが発生します。

個人としてこうした材料を見ておけば、大局でのトレンドは把握できます。

大きなファンダメンタルズ要因は、テクニカルより大事になることが多いです。

\ 限定!1,010,000円もらう /

ファンダメンタルズは枝、テクニカルは葉っぱ

ファンダメンタルズは枝、テクニカルは葉っぱと覚えておくといいかもしれません。

ファンダメンタルズで長期のトレンドを決め、テクニカルでエントリーポイントや決済のタイミングを決めていきます。

また、ヘッジファンドなどの大口投資家が巨額のマネーを動かすのは大きなファンダメンタルズがあるときです。

ビットコインETFの承認など、大きな材料がある時のみ、巨額の資金を投じます。

ファンダメンタルズ分析で個人が戦うのは難しい

では、個人投資家もファンダメンタルズを元に投資すればいいかと言われると、そうでもありません。

個人投資家に入ってくる情報というのは、大口に比べて少なく、重要な情報も入って来づらいです。

金融機関は業界にしか届いていない噂や一次情報もチェックでき、個人よりも有利な情報を得られます。

結果、ファンダメンタルズを主体として取引をしていきます。

一方で、情報不足の個人投資家がこうした取引をするのは難しく、別のやり方でトレードしていく必要があります。

テクニカルとファンダメンタルズを併用する

では、個人投資家はどうすればいいのでしょうか?

結論、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を併用すればいいです。

例えば、ファンダメンタルズで大きなトレンドを押さえ、テクニカル分析を元に注文タイミングを決める、といったように。

具体的には、2022年のように日米の金利差拡大から「今後はドル高・円安」だと判断し、注文タイミングをテクニカルで決めます。

この場合、ポジション保有期間の長いトレードが主な戦略となります。

なので、スイングや長期のポジショントレードでは、ファンダメンタルズをより重視します

\ 限定!1,010,000円もらう /

短期売買ならテクニカルを重視

一方で、数秒から数分で新規〜決済注文を繰り返すスキャルピングでは、テクニカルを強く重視します。

スキャルピングくらいの超短期売買では、ファンダメンタルズがほぼ役に立ちません。

なので、短期売買であるほどテクニカルを重視し、ファンダメンタルズの比率は小さくします

どの手法でも「ファンダメンタルズだけ」「テクニカルだけ」という偏りは無くした方がいいです。

2つの分析とも一長一短があるので、それぞれ使い分けましょう。

各トレードスタイルについて以下で解説しているので、チェックしてください。

【まとめ】テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の比較

相場を予想する方法として、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つがあります。

テクニカル分析
テクニカル分析は、チャートを元に今後を予想する分析で、移動平均線などを使う
ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析は、CPIや雇用統計など重要指標やニュースを使って今後を予想する手法。

これらは併用し、それぞれの弱みを補いながら、独自の強みを活用していきましょう。

また、短期、長期のトレードスタイルごとに2つの分析の比率を変えることも大切です。

うまく2つの分析を活用すれば、利益も狙えるので参考にしてみてください。

\ 限定!1,010,000円もらう /
関連記事