>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【億り人が解説】おすすめのFXテクニカル分析手法!レベル別に紹介

この記事では、「FXにおすすめなテクニカル分析」についてまとめていきます。

FXのテクニカル分析について知りたい、テクニカル分析をマスターし予想をしたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
テクニカル分析とは、チャートを使って予想すること

・テクニカル分析には、トレンドライン系、オシレーター系、トレンド系がある

おすすめのテクニカル分析は、移動平均線やボリンジャーバンド

・テクニカル分析の注意点は、1つの指標だけを信用しないこと

テクニカル分析ができると、今後の予想もでき、トレードでも役立ちます。

テクニカル分析は、テクニカル指標などが充実しているトライオートFXがしやすいです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

FXのテクニカル分析とは?

まず、テクニカル分析について説明します。

テクニカル分析とはチャートの形を見て、今後を予想する分析方法です。

チャートには上がりやすい形と下がりやすい形があり、それらを見て今後の動きを判断していきます

テクニカル分析では短期の動きも予想でき、短期トレードをする際に特に役立ちます。

テクニカル分析は、金利などの経済指標で分析するファンダメンタルズ分析とは違います。

ファンダメンタルズ分析で長期の強いトレンドを把握し、テクニカル分析では短期でのエントリーポイントを見つけます。

トレンドラインでのテクニカル分析

では次に、テクニカル分析の種類を紹介します。

まず、ラインを使ったテクニカル分析から解説します。

fxのライントレードとは

ラインを使った分析は、以下の3種類があります。

ラインの種類 ラインの説明
サポートライン 過去の最安値を結んだライン。底値になりやすい
レジスタンスライン 過去の最高値を結んだライン。天井になりやすい
三角保ち合い線 レンジ相場での最高値と最安値を結んだ線

それぞれ解説します。

サポートライン

サポートライン

サポートラインとは、下値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれ以上下落しにくいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、底値になりやすいポイントです。

過去に何度も安値として反発しているポイントで、今後も反発の可能性があるので、ラインまで押した時に買う戦略があります。

サポートライン

ただ、サポートラインでローソク足が止まらず、そのまま下落してしまうこともあります。

その場合は、ローソク足がサポートラインを割ったタイミングで「売り(ショート)」というのが1つの戦略です。

サポートラインを割った後は、その線(もともとサポートだった線)がレジスタンスラインに変わります。

レジスタンスライン

fxのレジスタンスライン

レジスタンスラインは、上値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれより上昇しづらいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、天井になりやすいポイントです。

このポイントでは売り勢の勢いが強く、買っていた人たちが利益確定するポイントでもあります

ただ、買いの強いニュース(上昇材料)があれば、買い勢が優勢となり、レジスタンスラインを突き抜けることもあります。

突き抜けた後は、強い上昇トレンドになるので、影響を与えそうなニュースなども見ておきましょう!

三角保ち合い線

三角保ち合い線は、トライアングルともいい、三角形を形成し、値動きが小さくなった後に、大きく動く特徴があります。

値動きが小さくなっていき、収束しきった時がエントリーポイントです

この線を見ていれば、「長い間続いたレンジ相場が終わり、強いトレンドが発生するタイミング」がわかります。

価格が収束するほど、相場が大きなエネルギーを溜め込んで、最終的に一方向に大きく動きやすくなります

こちらも参考にしましょう。

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

トレンド系のテクニカル分析手法

次に、テクニカル分析の種類でトレンド系を紹介します。

トレンド系では相場のトレンドがわかり、以下の指標が主に使われます。

トレンド系
移動平均線

・ボリンジャーバンド

GMMA(複合型の移動平均線)

それぞれ解説します。

※ボリンジャーバンド、移動平均線などは以下の動画でもチェックしてください

移動平均線

トレンド系のテクニカル分析で使えるものとして、まず移動平均線があります。

移動平均線では、一定期間における終値の平均値の変化をチャート上にグラフで表しています。

今の相場が上昇トレンドにあるのか、下落なのかを把握しやすく

移動平均線の傾き(向きとその角度)でトレンドの勢いなどもわかります

※移動平均線の傾きが特に大事です

向きでトレンド継続を把握する

ここからは詳しく、移動平均線の向きについても説明します。

移動平均線が上向きの場合は上昇トレンドを表し、下向きの場合は下降トレンドを表します

どちらか判断しづらい横ばいの場合はレンジ相場を表します。

その時の移動平均線の角度が急であるほど勢いが強く、トレンドが継続する可能性が高いとわかります。

移動平均線での売買サイン

移動平均線を使った分析で特にわかりやすいのは、

「短期の移動平均線(オレンジ)」と「長期の移動平均線(緑)」を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を下抜けたら売りサインでデッドクロスと言います。

逆に、「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を上抜けたら買いサインでゴールデンクロスと言います。

デッドクロスは新規注文なら売りタイミング、利確なら買った後の売り決済のタイミング。

ゴールデンクロスは新規注文なら買いタイミング、利確なら売った後の買い決済のタイミングです。

これを知っておくと、エントリーポイントの目安がわかります。

ボリンジャーバンド

トレンド系のテクニカル分析では、ボリンジャーバンドもあります。

これは中心の移動平均線と、上下の±1σライン、±2σラインを使って分析します。

±2σラインにローソク足(値動き)がおさまる確率は約99.5%で、±2σラインに達したら売買のタイミングとなります

下の方の-2σラインに達したら逆張りで買い、上の+2σラインに達したら売りのエントリーをします。

逆張りトレードで活用でき、-2σラインで買った後、-1σラインまで上がったら売りでの利益確定の目安です。

上の+2σで新規の売り注文をした場合、+1σラインまできたら利益確定のポイントになります。

GMMA(複合型の移動平均線)

GMMAチャートとは、短期と長期の移動平均線をそれぞれ6本一度に表示して、価格やトレンドを知れるものです。

GMMA(複合型の移動平均線)

長期線が上向いて6本の線がそろっていれば、上昇トレンドなので買い、下がっていれば下落トレンドなので売りと考えられます。

オシレータ系でテクニカル分析

次に、オシレーター系のテクニカル分析を紹介します。

オシレーター系では今の相場の過熱ぶりを知れて、「買われすぎ」や「売られすぎ」がわかります。

買われすぎであれば「逆張りの売り注文」、売られすぎであれば「逆張りの買い注文」をするのが王道です。

使いやすいオシレーター系のインジケータは以下の3つ。

オシレーター系
・RSI

・MACD

・TD Sequential

それぞれ解説します。

RSI(買い・売りの勢いがわかる)

RSIは「Relative Strength Index (相対力指数)」の略で、ある期間内での値上がり幅の比率を表しています。

RSIでは買われ過ぎ、売られ過ぎの目安がわかり、逆張りトレードで参考にできます。

RSIは数値化されており、70以上で買われ過ぎ、30以下で売られ過ぎの目安です。

「70以上は買われ過ぎなので売る」「30以下は売られ過ぎなので買う」というのが戦略です。

RSIは初心者の方でもわかりやすいので、覚えておきましょう。

MACD(マックディー)

fxのスキャルピングでのテクニカル指標

MACDでは、2つのライン「MACDライン(青)」と「シグナルライン(オレンジ)」を使って、買い時・売り時を判断します。

MACDラインは、短期EMAと中長期EMAの差を線で表したもので、シグナルラインは、単純移動平均線です。

MACDライン(青)がシグナルライン(オレンジ)と交差して上回れば「買いサイン」。下回れば「売りサイン」となります。

fxのスキャルピングでのテクニカル指標

これもシンプルなので、覚えておきましょう。

TD Sequential

TDシーケンシャルは、チャートの天井と底を取るのが目的のインジケーター。

mt4最強の無料インジケータ

テクニカル分析で、変動する価格の転換点を捉えるような目的で利用します。

9が出たら小反発を期待、13が出たら強めのトレンド転換を示唆して逆張りするというのが一般的。

9が出だしたらエントリーの目安になります。

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

おすすめのテクニカル分析手法

次に、初心者の方や中級者以上の方におすすめのテクニカル分析もまとめます。

大事なので、こちらも覚えておきましょう。

初心者の方におすすめなテクニカル分析

fx初心者におすすめのテクニカル分析手法

初心者の方におすすめのテクニカル分析は、移動平均線とRSIです。

特に、RSIは数字で今買われ過ぎか売られ過ぎかがわかり、視覚的にもわかりやすいです。

あくまで目安でしかないですが、逆張りのタイミングがわかります。

移動平均線では、短期足と長期足を見ることで、トレンドとその勢いがぱっと見でわかります

FXのおすすめインジケーター

また、ゴールデンクロスやデッドクロスを見れば、買い時や売り時も判断しやすいです。

パッとみて、今の相場の状況を判断しやすいこの2つが、初心者の方にはおすすめです。

中級者〜におすすめなテクニカル分析

FX中級者、上級者におすすめのテクニカル分析

FX中級者や上級者におすすめのテクニカル分析手法は、ライン分析やボリンジャーバンドです。

ライン分析は線の引き方や引く基準が明確に決まっておらず難しいです。

トレーダーによって引く線の決め方が異なり、経験が必要なので、中級者以上の方におすすめです。

ラインを引き、反発(反転)ポイントがわかれば、逆張りトレードもしやすいです。

今のトレンドを把握しつつ、他のテクニカル指標を使えば、ベストなエントリーポイントも見つけやすいです。

その際は、ボリンジャーバンドを使うことで、売買のタイミングを判断しやすくなります。

ボリンジャーバンドで順張りをしたいなら、ローソク足が±2σ線を推移し始めた時に狙います

逆張りトレードをするなら、±2σラインにローソク足が達したときに狙います。

複数の分析を組み合わせることで、予想の精度も高まるので参考にしてください。

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

テクニカル分析をするときの注意点

次に、FXでテクニカル分析をするときの注意点を紹介します。

以下の点を覚えておきましょう。

注意点まとめ
雇用統計などファンダメンタルズも大事にする

・主要な市場が開く時間帯に注意

それぞれ解説します。

雇用統計などファンダメンタルズも大事にする

FXで相場予想をする際は、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析もやりましょう。

ファンダメンタルズの部分はチャートに織り込まれているため、テクニカル分析は不要という人もいますが、

念のため、雇用統計やFOCMなどの重要イベント、金利などの重要指標は見ておいたほうがいいです。

これらの重要イベントで思わぬ発表があり、チェックしていないと損をすることもあります。

ファンダメンタルズも大事なので、重要ニュースのチェックも欠かさないようにしましょう。

主要な市場が開く時間帯に注意

a

また、ロンドン市場やNY市場、アジア市場が開いたり・閉じたりする時間帯にも注意が必要です。

そういった時間帯には値動きが変わりやすく、急変で損をする可能性もあるからです。

例えば、アジア時間からロンドン時間に切り替わる時間帯(日本時間15~17時)がそうです。

ロンドン勢は、最初はアジア時間の流れを引き継ぐかのように売買しますが、数分後に急に反対方向に価格を動かし、

アジア時間と同じ流れでトレードしていたトレーダーのポジションをふるい落とすことがあります

また、ニューヨーク時間が始まる日本時間21時にも値動きが変わることもあります。

ロンドン勢の抜ける日本時間24時以降からも流れが変わることがあります。

こういったタイミングでは、テクニカル分析が難しくなるので注意しましょう

テクニカル分析におすすめなFX会社

次に、テクニカル分析におすすめなFX会社を紹介します。

おすすめはトライオートFXです。

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
約定力 A
通貨ペア 20種類
最低取引単位 1000通貨

トライオートFXではテクニカル分析で便利なツール「Trading View」が使えて、豊富な指標・インジケータがそろっています。

スマホアプリでもテクニカル分析ができ、ニュースなどの情報配信も充実しています。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】初心者にもおすすめの為替テクニカル分析

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
テクニカル分析とは、チャートを使って予想すること

・テクニカル分析には、トレンドライン系、オシレーター系、トレンド系がある

おすすめのテクニカル分析は、移動平均線やボリンジャーバンド

・テクニカル分析の注意点は、1つの指標だけを信用しないこと

テクニカル分析ができると、今後の予想もでき、トレードでも役立ちます。

テクニカル分析は、テクニカル指標などが充実しているトライオートFXがしやすいです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /
関連記事