>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【無料で便利】通貨強弱が一目でわかるインジケータ―とアプリ、サイト

本サイトは広告費から運営されております。

この記事で解決する疑問
「FXの通貨強弱が一目でわかるインジケーターは?」

「無料で通貨強弱がわかるオススメのインジケーターが欲しい!」

「通貨強弱がわかるスマホアプリはある?」

FXの通貨強弱を参考にトレードしたい人は、上記のような悩みはないでしょうか。

通貨強弱は各通貨のチャートを表示すれば確認できますが、複数の通貨の強弱を一目で見たい場合は都度チャートを開いて確認する手間がかかります。

そこで通貨強弱がわかるインジケーターやアプリを使えば簡単に比較できます。

今回はFXの通貨強弱がすぐにわかるインジケーターやアプリにサイトまで忖度なしで紹介しました。

最後まで記事の内容を読み終えれば、自身に適した通貨強弱のツールがわかり、参考にしたトレードを始められるでしょう。

\ 限定!1,010,000円もらう /

通貨強弱のインジケーターとは

FXの通貨強弱のインジケーターとは、各FX通貨ペアの通貨強弱がわかるツールです。

通貨強弱のインジケーターには、有料と無料の種類がありますが、無料でも充分性能が優れているため、あえて有料にこだわる必要はありません。

一般的にインジケーターとして通貨強弱を確認する場合は、【MT4(メタトレーダー)】

または【FX業者の独自チャートツール(例:LIGHT FXのチャート)】に表示します。

fxの通貨強弱インジケータ

これから、MT4で使えるインジケーターとLIGHT FXで使えるインジケーターそれぞれを紹介します。

使いやすいと感じるものを利用しましょう。

MT4で使える通貨強弱がわかるインジケーター3選

MT4は世界中のトレーダーが導入する大人気のチャートソフトです。

ただし、すべてのFX業者で使えるわけではありません。

利用するFX業者で使えるか事前に確認しておきましょう。

また、MT4は通貨強弱を示すインジケーターの数が非常に多いものの、見づらかったり使いづらかったりするケースも多め。

そのため今回はMT4で本当に使える通貨強弱インジケーターを3つに絞って紹介します。

インジケータ
FXTF_Symbol_Kyojaku

Currency Score

CCFp

いずれも無料で使えるうえに一目で通貨強弱を比較できるのでオススメです。

FXTF_Symbol_Kyojaku

FXTF_Symbol_Kyojakuは、ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)のMT4に標準で導入されているインジケーターです。

ローソク足チャートのオシレーター部分に通貨強弱のインジケーターが表示されます。

そのため、ローソク足チャートで分析を行いつつ、過去から現在の通貨強弱の情報による分析も可能。

また、比較できる通貨は以下の8種類です。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

線の色や太さを各通貨ごとに変更できるため、シンプルで直感的に通貨強弱が判別できるのも【FXTF_Symbol_Kyojaku】の使いやすさの魅力と言えるでしょう。

FXTFでのMT4の使い方、ダウンロード方法は以下の記事でチェックしてください。

\ 限定!30.3万円もらう /

Currency Score

通貨強弱インジケータのCurrency Score

Currency Scoreは、各通貨の通貨強弱を数値で比較できます。

数値の大きさで簡単に通貨強弱がわかるため一目見るだけで確認可能です。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

FX初心者でも【Currency Score】は使いやすいインジケーターになり、現在の通貨強弱を知りたい場合は一発でわかる魅力があります。

CCFp

通貨強弱インジケータのCCFp

CCFpはローソク足チャートのオシレーター部分に通貨強弱のインジケーターを折れ線グラフで表示します。

CCFpには【CCFp 5.01】と【old CCFp & alerts】の2種類ありますが、どちらを導入しても問題ありません。

各通貨の折れ線グラフが乖離していた場合はトレンド相場、近い場合はレンジ相場と判断可能です。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

最初に紹介した【FXTF_Symbol_Kyojaku】と基本的に同じ性能のため、どちらか一方をMT4に導入しておけば充分です。

LIGHT FXのチャートツールは通貨強弱がわかる

MT4にこだわらなければ、LIGHT FXの無料のチャートツールでも通貨強弱がわかります。

LIGHT FXは東証スタンダード市場に上場するトレイダーズ証券が運営するFX業者。

管理面や信頼度は非常に高く、安心して使えるFX業者の一社です。

LIGHT FXのチャートツールによる通貨強弱の比較は、各通貨の強弱を折れ線グラフで示し、画面の右側に各通貨の銘柄まで表示しています。

上の画像のとおりMT4のインジケーターよりも非常に見やすく誰でも使いやすいでしょう。

MT4の通貨強弱インジケーターは基本的に導入する手間がかかりますが、LIGHT FXのチャートツールは標準で使えるため初心者でも簡単です。

LIGHT FXのチャートツールの利用には、LIGHT FXの口座開設が必須です。

口座開設は無料、最短翌日にはトレードを始められ、当サイト限定のキャンペーンで403,000円をもらえます

お得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう

\ 限定!1,003,000円もらう /

通貨強弱がわかるオススメのサイト

次に、通貨強弱がわかるオススメのサイトを2つ紹介します。

以下のサイトを覚えておきましょう。

通貨強弱がわかる
Currency Strength Chart

mataf

いずれのサイトも当然インジケーターやアプリを導入する必要がなく、インターネットに接続できる環境下であればいつでも確認できます。

Currency Strength Chart

Currency Strength Chartは折れ線グラフで各通貨の強弱を確認できます。

各通貨の通貨強弱を確認できるのは【昨日】と【今日】の2日間です。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

おおまかに通貨強弱がわかれば充分という人は、【Currency Strength Chart】でも満足できるのではないでしょうか。

mataf

matafは折れ線グラフで通貨強弱を確認できます。

基本的に【Currency Strength Chart】と同じ仕組みですが、チャート表示が行えるためもう少し細かい設定や分析が行えるでしょう。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

MT4にインジケーターを導入したくない場合は、

【Currency Strength Chart】や【mataf】といったサイトで通貨強弱を判断してみてはいかがでしょうか。

通貨強弱がわかるオススメのアプリ

みんなのFXの通貨強弱インジケータ

通貨強弱はスマホアプリでも確認できます。

これまで通貨強弱のスマホアプリは有料版が中心でしたが、現在はFX業者を筆頭に無料で使えるようになってきました。

ここでは以下の2種類の通貨強弱がわかるスマホアプリを紹介します。

アプリ
Easy Currency Strength

みんなのFX

それでは通貨強弱のスマホアプリについて個別に解説していきます。

Easy Currency Strength

Easy Currency Strengthは時間足ごとに通貨強弱が見えるのが特徴です。

通貨強弱を確認したい時間足をタップすれば各通貨の通貨強弱を示した棒グラフが表示されます。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

おおまかに通貨強弱を知りたい場合は【Easy Currency Strength】のスマホアプリで充分満足できるでしょう。

みんなのFX

国内FX業者のスマホアプリで通貨強弱を確認する場合は、みんなのFXの通貨強弱の機能が非常に使いやすいです。

折れ線グラフで各通貨の通貨強弱が表示され、一目でわかるのが特徴的です。

また、比較できる通貨は以下の8種類。

比較できる通貨
USD

EUR

GBP

AUD

JPY

CAD

NZD

CHF

みんなのFXは東証スタンダード市場に上場するトレイダーズ証券が運営するFX業者です。

安心感や信頼度は充分高く、初めてFXデビューする人もサブ口座で利用する人にも選ばれています。

みんなのFXの通貨強弱を確認できるスマホアプリを利用するためには、口座開設を完了させなければいけません。

みんなのFXは口座開設手数料や維持手数料は無料、数日以内にトレードを始められます。

\ 限定!1,010,000円もらう /

【まとめ】通貨強弱ツールでトレンドを見極める!

今回は通貨強弱がわかるインジケーター・アプリ・サイトを紹介しました。

いずれも無料で使えるうえFX初心者から上級者まで簡単に通貨強弱を確認できます

上記の中でも特に見やすく使いやすいのは、【LIGHT FXのチャートツール】【みんなのFXのスマホアプリ】です。

各通貨の通貨強弱を判別できればトレンド相場やレンジ相場の有無がわかり、チャート分析の幅が広がるでしょう。

トレード戦略が増えればより成績が向上して収益に直結していきます。

今回紹介したインジケーターを積極的に活用して、通貨強弱を基準にしたトレード戦略を検討してみてはいかがでしょうか。

\ 限定!1,010,000円もらう /
関連記事