>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

国内FX業者のレバレッジは1000倍?最大で取引できる会社はどこ?

この記事では、FXの最大レバレッジについて解説します。

FXでは最大何倍までレバレッジをかけられるか、レバレッジによりどれくらいの額でFXを始められるかを説明します。

国内や海外FXのレバレッジについて知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
国内FX業者の最大レバレッジは25倍

・海外FX業者なら3000倍のレバレッジでの取引も可能

・ただ、海外は危険であり、資産保護もなく損しやすいので、国内業者で取引するのがおすすめ

・国内業者のレバレッジ25倍でも十分な利益が期待でき、金融庁に認可を受けていて安心

結論、スプレッドが狭く、1000円以下でも少額で取引ができる国内業者の「みんなのFX」がおすすめです

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

FXの最大のレバレッジは?

まず、FXのレバレッジという仕組みを説明します。

リップルのレバレッジ取引

これは手元の資金以上のお金を使って、より大きな取引ができる仕組みです。

たとえば、手持ち資金が10万円でも、レバレッジをかけることで250万円分の取引ができます

詳細については、以下の動画でチェックしてください。

国内FX会社の最大レバレッジ

国内FX会社の最大レバレッジは25倍

次に、国内FX会社の最大レバレッジを紹介します。

国内では、最大レバレッジが25倍に設定されています。

金融庁が上限を決めて規制しており、国内FX業者ではどこもレバレッジが最大25倍になっています

国内FX会社の最大レバレッジは25倍

レバレッジ25倍だと、FXは以下の証拠金で始められます。(ドル円での計算)

必要な証拠金
1000通貨:5600円〜

・10,000通貨:56,000円〜

レバレッジ25倍のメリット

次に、レバレッジ25倍のメリットも説明します。

国内におけるレバレッジ25倍のメリットは、海外のような大損をしづらいところです。

海外だと、最大レバレッジが3000倍になっているところもあり、大損し一瞬でお金がなくなることもあります。

しかし、レバレッジ25倍なら、大きく損をする前にロスカットされ、資金を守れます

お金が安全に守られる.png

ユーザーの資産を守れるという点ではメリットがあります。

レバレッジ25倍のデメリット

一方で、レバレッジ25倍にはデメリットもあります。

レバレッジ25倍のデメリットは、少額からとても大きな利益を狙いづらいことです。

海外FXでは、レバレッジ1000倍で人生一発逆転のような成功エピソードもあり、うまくいけば大きく増やしやすいです。

ループイフダンを少額で

一方で、レバレッジ25倍ですと、そこまで大きな利益は狙えません

日本でのレバレッジ規制の歴史

以前は日本でも、レバレッジ25倍以上で取引ができました。

しかし、2010年にレバレッジ規制が入り、レバレッジが最大50倍までに引き下げられ、2011年には最大25倍までになりました

最近はレバレッジを10倍以下に規制されるという噂もあり、国内での最大レバレッジは引き下げられるかもしれません。

日本での最大レバレッジが低い理由

次に、日本での最大レバレッジが低い理由を紹介します。

以下3つの理由があります。

レバ25倍の理由
ユーザーの資産を守るため

FX業者の倒産を防ぐため

・ギャンブル性を低くするため

それぞれ解説します。

ユーザーの資産を守るため

日本でレバレッジを25倍と他の国に比べて低くしている理由は、FXユーザーを守るためです。

お金が安全に守られる.png

低めのレバレッジならロスカットによって、ユーザーの資産をいくらか残せます。

また、ロスカットが正常に発動しない場合でも、レバレッジを低めに制限しておけば、損失額は小さく留められます

ユーザーの資産の保護という観点から、日本ではレバレッジ25倍になっています。

FX業者の倒産を防ぐため

FXサービスの運営会社を守るという意味で、日本のレバレッジは25倍になっています。

過去にはスイスフランショックでロスカットが間に合わず、ユーザが損するだけでなく、FX会社が損をして倒産した会社もありました

そういった被害をなくすためにも、日本のレバレッジは低めに設定されています。

ギャンブル性を低くするため

また、ギャンブル感覚で取引して損するユーザーをなくすためにも、日本ではレバレッジが25倍になっています。

以前はレバレッジが100倍までいけましたら、ギャンブル感覚で適当にトレードしている人もいました。

ギャンブル.png

こういった人たちが大損しないためにも、金融庁は規制しレバレッジを25倍にしました

このように、日本では安全性を重視しているため、他の国と比べ最大レバレッジが低くなっています。

海外FXの最大レバレッジ

海外fxの最大レバレッジ

次に、海外FXの最大レバレッジを紹介します。

海外FXではレバレッジの上限がなく、レバレッジ500倍、888倍、1000倍、3000倍といろんな業者があります

海外FX口座のレバレッジが高い理由

このように大きくレバレッジをかけられる理由は、海外業者が日本の金融庁のチェックを受けていないからです。

日本国内でサービスを提供するなら、金融庁のチェックを受け、ルール通りレバレッジは最大25倍にする必要があります。

しかし、海外でFXサービスを提供するなら、日本の規制を受けることはありません

海外FXを使うべきでない理由

海外はレバレッジが高いと聞くと、そのサービスを使いたくなるかもしれません。

しかし、海外のFXはおすすめしません。

なぜなら危険が多いからです。

スクリーンショット 2021 10 19 12 02 07

たとえば、海外のFXサービスでは日本のような信託保全がないため、運営会社が倒産した場合、ユーザーの資産が守られません。

また、利益が出ても出金拒否になることもあり、日本語サポートなどもありません

他にはスプレッドの急拡大など、不利な取引となることもあり、リスクが高いです。

ハイレバレッジのメリット・デメリット

海外のようなハイレバレッジであれば、少額から大きな利益を狙える可能性もあります。

ただ、その場合はリスクも高まり、損する可能性も高まります。

ハイレバレッジで大損.png

たとえば、レバレッジ3000倍でやった場合、予想と少しでも違う方向に動くだけでロスカットで損します

ハイレバレッジでのギャンブルトレードはおすすめしません。

国内FX個人口座の最大レバレッジ

国内FX会社の最大レバレッジは25倍

では次に、国内FX会社であっても、個人と法人でレバレッジが異なるので、そちらを紹介します。

国内FX会社であれば、個人口座ならレバレッジは最大25倍です。

国内FX法人口座の最大レバレッジ

国内FX会社での法人口座でのレバレッジ

一方で、国内FX会社であっても、法人口座ならレバレッジが25倍以上になります

法人口座のレバレッジは、各通貨ペアの毎営業日の終値に対し、「為替リスク想定比率」を加味した金額で決まります。

法人口座のレバレッジ
例:米ドル円で、1万米ドルを新規で買う場合(1ドル=100円で計算)

取引の額(想定元本)は、100円×1万=100万円

米ドル円の為替リスク想定比率が1.5%の場合、必要証拠金額は、100万円×1.5%=1万5千円 となります

この場合のレバレッジは66.6倍であり、日によってもっと高いこともあります。

このように、法人口座ではレバレッジを高められます。

FXで最大25倍のレバレッジは低いの?

次に、国内FX会社のレバレッジ25倍というのは高いのか、それとも低いのかをいろんな人の意見を参考にチェックしていきます。

ではまず、プロトレーダーなどからよくいわれる「証拠金維持率の目安」から、日本のレバレッジが適正かを考えていきます。

証拠金維持率と実効レバレッジとは?

そもそも、証拠金維持率とは、「FXユーザーが口座に入れている額」/「必要証拠金」で計算され、実効レバレッジを示します

維持率2500%でレバレッジ1倍.png

実効レバレッジとは、実際に運用されているレバレッジ倍率のことです。

最大レバレッジが25倍の会社で、実際には10倍でFXをやっている場合、実効レバレッジは10倍になります。

維持率と実効レバレッジの関係

そして、証拠金維持率と実効レバレッジは以下のような関係になっています。

レバレッジと維持率
維持率2500%=レバレッジ1倍

・維持率1250%=レバレッジ2倍

維持率500%=レバレッジ5倍

・維持率250%=レバレッジ10倍

維持率100%=レバレッジ25倍

5倍、証拠金維持率500%.png

一般的に「安全にFXをやるためには、レバレッジ5倍以下」と言われますから、維持率は500%以上を目指したいところ。

「安全にやるためにはレバレッジ5倍以下」なわけですから、国内FX会社のレバレッジ25倍というのは十分高い水準と言えそうです。

一発逆転を狙いたい人に25倍は低い

ただ、安全さより、一発での利益の大きさ、つまりギャンブル性を求める人にとって「レバレッジ25倍」は低いと言えそうです。

とはいえ、レバレッジ25倍というのはとても危険で、少しの値動きでロスカットされ損をします。

こう考えると、最大レバレッジ25倍というのはまだ高く、今後、国内FX会社の最大レバレッジは10倍になったほうがいいのかもしれません。

ギャンブル性の高いFXについては以下の記事と動画で解説しているので、チェックしましょう!

おすすめの日本のFX会社

次に、安全にFXの取引ができる「おすすめのFX会社」をまとめます。

金融庁の厳しい審査に通った「信頼できる会社」をぜひチェックしましょう!

トライオートFX

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
取引通貨単位 1000通貨
通貨ペア数 20種類
スワップポイント
(ドル円)
70円
スプレッド
(ドル円)
0.2銭
キャンペーン 5.3万円と特別レポート
プレゼント

国内のFX業者では、トライオートFXがおすすめです。

上場企業グループの運営で信頼でき、スプレッドやスワップポイントの条件が最高水準

低コストで有利に取引でき、スマホからも簡単に注文できます。

放置OKの自動売買もあり、初心者の方でも利益を出せている実績もあります。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【まとめ】FXの最大レバレッジは500倍?3000倍?

国内FX会社での法人口座でのレバレッジ

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・国内のFX会社の個人口座のレバレッジは25倍まで、法人口座は100倍も

海外FXではレバレッジ3000倍も可能だが、危険なのでおすすめしない

・レバレッジ25倍でも十分高いので、25倍でのギャンブルトレードはやめよう

リスクを抑えてFXをやるなら、レバレッジは5倍以下でやるのがおすすめです。

また、有利に取引するためにもスプレッドが狭く、約定力の高い会社を使いましょう

おすすめはみんなのFXで、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です。

トレイダーズ証券 みんなのFX

まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!55,000円もらう /
関連記事