>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人がユーロドルのスプレッドを比較!EURUSDの国内FX会社ランキング

この記事では、「ユーロドルのスプレッド」について詳しくまとめます。(価格推移や予想も紹介します)

ユーロドルは、世界で最も多く取引されている通貨ペアです。

日本人だと円絡みの通貨ペアに注目しがちですが、値動きが安定しており、初心者にもおすすめなのがユーロ/米ドル

しかし、実際に取引するとなると気になるのが、取引コストとなるスプレッドですよね?

ここでは、そんなユーロドルのスプレッドについて、国内FX会社を徹底的に比較し、おすすめランキングを紹介していきます!

記事の要点まとめ
平均的なスプレッドは0.3pips前後

・スプレッドが狭く約定力の高いFX会社がおすすめ

おすすめのFX会社は「トライオートFX」と「みんなのFX

・ユーロ/ドルは、値動きが安定している

・今後はロシアとウクライナの戦争の影響で、ユーロ安で下落の予想

結論、ユーロドルを取引するなら、「トライオートFX」と「みんなのFX」がおすすめです!

いずれもスプレッドは業界最狭水準、約定力も高く安定していて、低コストで取引できます

取引ツールが使いやすいと評判で、情報コンテンツ、キャンペーンなども充実しているので、ぜひ利用してみてください!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /

ユーロドルのスプレッド比較・一覧

ロシアルーブル円スプレッド比較

まず、各FX会社のユーロドルのスプレッドを一覧表で比較しました。

スプレッドの狭い順に並んでるので、参考にしてください

FX会社 スプレッド
FXTF 0.2pips
トライオートFX 0.3pips
みんなのFX 0.3pips
SBI FXトレード 0.3pips
マネーパートナーズ 0.3pips
LIGHT FX 0.3pips
ヒロセ通商 0.3pips
セントラル短資FX 0.3pips
トラッキングトレード 0.3pips
GMOクリック証券 0.4pips
LINE FX 0.4pips※
外為どっとコム 0.4pips※
DMM FX 0.4pips
外為ジャパン 0.5pips
外貨ex byGMO 0.5pips
楽天FX 0.5pips
OANDA Japan 0.5pips
FXプライムbyGMO スプレッド
原則固定を
休止している
外為オンライン 1.4pips

※注釈のないスプレッドは全て「原則固定・例外あり」

比較すると、国内のFX会社の多くがユーロドルのスプレッドを0.2〜0.4pipsの範囲内に設定していることが分かります。

ですので、0.3pips以下のFX会社を選ぶのがおすすめです。

では次に、スプレッドの狭い会社の中でも、「キャンペーンがお得」などで特におすすめの会社も紹介します。

ユーロ/米ドルでおすすめの会社を選ぶポイント

ユーロドルのスプレッドが狭く、お得でおすすめのFX会社を選ぶには、以下の4つをチェックするといいです。

FX会社を選ぶポイント
・スプレッドが最狭水準

スプレッドが固定制

・約定力が高い(すべりにくい)

スプレッド縮小キャンペーンがある

スプレッドが最狭水準

mt4とmt5の違いを比較

紹介してきたFX会社では取引手数料が0円ですが、スプレッドがあり、これが実質的な手数料となります。

スプレッドが広いと不利な取引になるので、必ず0.3pips以下で最狭水準の会社を使いましょう

スプレッドなどの用語は以下の動画でも解説してるのでチェックしましょう!

スプレッドが固定制

ユーロドルのスプレッドおすすめ会社の選び方

スプレッドには、固定制と変動制の2種類があります。

ユーロドルの取引を行う際には、必ず固定制を選びましょう。

変動制の場合、都度スプレッドが変わり、取引コストの計算が難しいですし、不利な取引になりがちです。

スプレッドはほとんどの会社で原則固定

また、ほとんどのFX会社でスプレッドは「原則固定・例外あり」となっています。

例えば、価格が大きく変動しやすい以下のような時にスプレッドが広がりやすくなります。

広がりやすい時
流動性の少ない早朝や年末年始、祝日

・重要な経済指標の発表時や災害・テロなどのアクシデントがあるとき(例:コロナショック)

FX会社によっては、通貨ペアや時間帯によって例外を設け、スプレッドが広がるところもあるので、チェックしましょう。

約定力が高い(すべりにくい)

スキャルピング公認のおすすめFX会社

おすすめのFX会社を選ぶ際には、約定力の高さにも注目しておく必要があります。

約定とは、注文が通ることを意味します。(詳しくは先ほどの動画でどうぞ)

FXでは、投資家が発注してから業者のサーバーで処理されるまでに、わずかなタイムラグが生じます

そのため、自分の希望する価格からズレた価格で約定されたり、約定がそもそもしない「約定拒否」が起こったりすることもあります

約定力はシステムの安定度でわかる

ちなみに、価格がズレることを「すべる」、「スリッページ」ともいい、不利な取引になります。

スプレッドが狭くても、不利な価格で約定すれば、スプレッド以上に損をすることもあります

不利な取引で損しないためにも、約定力も重視してFX会社を選びましょう。

「約定率〜%」のようにシステムの安定度をアピールする会社もあるので、そういった会社がおすすめです。

スプレッド縮小キャンペーンがあるか

キャンペーンがお得な会社.png

FX会社によっては、キャンペーンでスプレッドを縮小することもあります。

スプレッドがより狭くなれば、もっと有利に取引できます。

お得なキャッシュバックキャンペーンを開催する会社もあるので、ぜひチェックしましょう。

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

【ユーロ/米ドルのスプレッド】おすすめ業者ランキング

次に、ユーロドルのスプレッドでおすすめのFX会社をランキング形式で紹介していきます!

ユーロドルは比較的スプレッドが似ているので、ほかのサービス内容も比べて選んでいきましょう。

※各FX会社のスペックは2022年6月21日時点のものです

トライオートFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スプレッド 0.3pips
スワップポイント 買い:-91円
売り:13円
通貨ペア 17種類
最小取引単位 1000通貨

ユーロ/ドルの取引でまずおすすめは、トライオートFXです。

スプレッド最狭水準でシステムも安定しており、約定力が高いです。

上場企業グループの運営で安心であり、手動FXに加えて自動売買でも利益を狙えます。

利益の出し方などは当サイト限定の特別レポートで解説しており、口座開設すれば無料でもらえます

トライオートFXのレポート 2

他に、53,000円のキャッシュバックもありお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

みんなのFX

トレイダーズ証券 みんなのFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A
安全性 A+
スプレッド 0.3pips
スワップポイント 買い:-90円
売り:82円
通貨ペア 30種類
最小取引単位 1000通貨

ユーロドルの取引をするなら、みんなのFXもおすすめです。

スプレッドが0.3pipsと最狭水準で、約定力も99.9%ととても高いです。

システムも安定しており、早朝などでもスプレッドが広がりづらい会社として知られています。

さらに、スワップポイントも優れており、長期トレードにも向いています

取引ツールも好評で、スマホアプリからも気軽に少額でFXを始められます。

こちらでも当サイト限定のキャンペーンでがあり、53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /

SBI FXトレード

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スプレッド 0.3pips
スワップポイント 買い:-80円
売り:75円
通貨ペア 30種類
最小取引単位 1通貨

SBI FXトレードもスプレッドが最狭水準であり、1通貨から3円で少額FXを始められておすすめです。

AIによる予想も参考にでき、スワップ受け取りも多めで、まったり長期運用したい人にも向いています。

FX以外にビットコインなどの仮想通貨、オプション取引もでき、利益のチャンスが多いです。

高機能チャートやお得なキャンペーンもあるので、ぜひチェックしましょう!

\ 限定!5万円もらう /

マネーパートナーズ

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スプレッド 0.3pips
スワップポイント 買い:-90円
売り:6円
通貨ペア 30種類
最小取引単位 1000通貨

マネーパートナーズは、ユーロ/ドル含めいろんな通貨ペアでスプレッド最狭水準なのが、一番の特徴。

時間帯によってはドル円などのスプレッドが0銭で、お得に取引できます。

約定力も高く、外部機関の調査でスリッページがなかったという実績も発表されています。

スマホアプリもあり、こちらでも当サイト限定のお得なキャンペーンがあるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

LIGHT FX

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
安全性 A
スプレッド 0.3pips
スワップポイント 買い:-92円
売り:80円
通貨ペア 30種類
最小取引単位 1000通貨

LIGHT FXもユーロドルのスプレッド最狭水準で、いろんな通貨ペアでもスプレッドが狭く、有利に取引できます

初心者向けのスマホアプリや上級者向けの高機能ツール、チャートもあり、幅広い人が使っています。

スワップポイントの受け取りも最高水準で、メキシコペソやトルコリラ、南アフリカランドで取引したい人にも向いています。

こちらでも当サイト限定のキャンペーンがありお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

ユーロドルの特徴

では次に、ユーロドルの特徴も紹介します。(以下の動画でも解説してるので、ぜひチェックを)

ユーロドルの特徴を知っておくと、損も防ぎやすいので、必ず把握しておきましょう。

特徴
・安定した値動き

長期トレンドが出やすい

・欧米時間に取引が活発化

ドイツ経済の影響が大きい

それぞれ解説します。

安定した値動き

値動きが小さく低リスク.png

ユーロドルは一番メジャーな通貨ペアで取引量も1位です。

FX全体で25%もの取引量を占め、変な値動きをしないため、初心者にもオススメの通貨ペアです。

安定した値動きをしており、コロナショックなどのショック相場でも激しい動きでの損を防ぎやすいです。

長期トレンドが出やすい

ユーロドルの特徴

ユーロ/ドルは基本的にレンジで横ばいに動きますが、トレンド相場になることもあります。

そうなると、トレンドが長く続き、トレードで利益を出すチャンスとなります。

以下は、中央銀行のECBがマイナス金利を導入した後のチャート。

ユーロドルの価格推移

長い下落トレンドが2014年5月から2017年1月まで続き、売り・ショートで利益を狙えたタイミングとなります。

このような点も覚えておき、チャンスを狙いましょう。

欧米時間に取引が活発化

欧米時間で活発化.png

ユーロドルの取引は、ロンドン市場がオープンとなる日本時間の午後4頃から活発化します

その後、ニューヨーク市場がクローズとなる午前6時まで取引は続き、その間が値動きしやすい時間帯となります。

市場の時間帯
・ロンドン市場:PM4:00〜AM2:00

・ニューヨーク市場:PM9:00〜AM:7:00

特に、2つの市場がオープンしている午後9時〜午前2時まではより大きく動きやすいので、初心者の方は注意してください。

午後9時〜午前2時で大きく.png

なお、以下のサマータイム期間中は、それぞれの時間帯が1時間ずつ遅くなります

サーマータイムの期間
・ロンドン:3月最終日曜日〜10月最終日曜日

・ニューヨーク:3月第2日曜日〜11月第1日曜日

ドイツ経済の影響が大きい

ドイツeu.png

ユーロドルの価格予想では、ドイツ経済の動向がとても大切なので、必ずチェックしましょう。

EU加盟国は27ヵ国ありますが、EUのGDPのうち約3割をドイツが占めています。

EU経済にドイツは大きな影響を与え、ドイツで不安材料があると、ユーロ安の原因になります

中央銀行ECBの政策も大切

ユーロドルでは、欧州中央銀行のECBの金融政策も大切です。

先ほど、マイナス金利導入での長期下落トレンドを紹介した通り、政策金利が値動きの要因になります

ユーロドルの価格推移

基本的に利上げはポジティブでユーロ高の要因となり、2022年7月からECBは連続利上げの予定です。

利上げで2022年9月からは、8年続いたマイナス金利が終わる予定であり、ユーロ/ドルで買いのチャンスがくるかもしれません。

米ドルでは雇用統計、FOMCをチェック

ユーロドルで取引するなら、ドルの値動き要因である雇用統計やFOMCをチェックしましょう。

FOMCでは、FRBの金融政策や政策金利も発表され、値動きの大きな影響を与えます。

ドルでも利上げは上昇要因であり、今後はECB以上の利上げが予想されており、2022年の後半まではユーロ/ドルで下落となりやすいです。

ユーロドルの価格推移と予想

こうした予想はFX会社でも無料でチェックできるので、キャンペーンがお得な会社で無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

ユーロドルの価格推移と今後の見通し

では次に、ユーロドルの価格推移と今後の予想をしていきます。

詳しい価格推移は以下の動画でチェックしてください。(記事では大事な点だけを紹介します)

ではまず、価格推移からまとめていきます。

2022年まで10年で1.0~1.4を推移

2012年からこれまでの10年でユーロドルでは、1.03から1.4を推移してきました。

ユーロドルのスプレッド比較とランキング

EUで不安があれば下落、アメリカで不安があれば上昇といった感じで、シンプルに動いてきました。

たとえば、EUで政策金利が下がればユーロ/ドルで下落、米中関係で不安があればドル安となり、ユーロドルで上昇してきました。

このようにわかりやすく動くのがユーロ/ドルです。

EUR/USDの今後の見通し

ユーロドルの価格推移と予想

コロナショックの2020年からユーロドルでは上昇後、2021年からトレンド転換し下落してきました。

ではこれからどうなるか。

結論、2022年は9月くらいまで下落し、その上昇に転じそうです。

ぴたコインの評判

というわけで、これから予想の根拠をまとめます。

2022年は9月くらいまで下落

まず、9月くらいまでは、EUとアメリカの金利差からユーロドルで下落と予想します。

今後アメリカではEUよりも大幅な利上げを予定しており、2022年6月には27年ぶりの水準となる0.75%の利上げをしました

今後も40年ぶりの水準のインフレ抑制のために、積極的に利上げすることが予想されており、再度0.75%幅の利上げも想定されます。

一方で、EUでの今後の利上げ幅は0.25%と予想されており、アメリカに及びません。

こうした政策の差からドルの方が買われやすくなり、ユーロ/ドルでは下落しそうです。

仮想通貨で儲からない人

こうした予想はFX会社でも無料でチェックできるので、キャンペーンがお得な会社で無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

世界的な金融機関もユーロドルの下落を予想

下落は世界的な金融機関IIFも予想していることであり、ユーロドルで1.0ドルまでの下落もあり得ます

他には、EUの景気後退やロシアのウクライナ侵攻もユーロドルの下落要因です。

とりあえず、2022年9月あたりまではユーロ安となりそうです。

仮想通貨で儲からない人

9月から2023年に向けて上昇

ただ、EUでのマイナス金利が解消される予定の2022年9月からは、ユーロドルで上昇するかもしれません。

モルガン・スタンレーは、2022年の第4四半期から2023年にかけて緩やかに反発し始めると予想しています。

ぴたコインの評判

また、野村証券はユーロドルで、2022年12月に1.14ドル、2023年12月に1.20ドルと上昇の予想をしています。

複数のプロが上昇と予想していますから、2022年の後半からはユーロ高も期待できるかもしれません。

ユーロドルのスワップポイント

ループイフダンで失敗と損失

次に、ユーロドルのFX会社ごとのスワップポイントも比較します。

ユーロドルでは買いで支払い、売りで受け取りとなるので注意しましょう。

以下、2022年6月21日時点のスワップポイント表です。

FX会社 買い 売り
FXTF -39円 +23円
トライオートFX -91円 +13円
みんなのFX -90円 +82円
SBI FXトレード -80円 +75円
マネーパートナーズ -90円 +6円
LIGHT FX -92円 +80円
ヒロセ通商 -27円 +15円
セントラル短資FX -22円 +1円
トラッキングトレード -22円 +2円
GMOクリック証券 -53円 +50円
LINE FX -25円 +21円
外為どっとコム -41円 +29円
DMM FX -55円 +52円
外為ジャパン -55円 +52円
外貨ex byGMO -35円 +20円
楽天FX -41円 +7円
OANDA Japan -39円 +27円
FXプライムbyGMO -47円 +36円
外為オンライン -85円 +25円

※ドル表示の場合は1ドル=130円で換算、少数以下は切り捨て

売りで長期保有も1つの戦略

ユーロドルでは、買いでスワップの支払いが日々発生するので気をつけましょう。

今後は、2022年9月くらいまでの下落も想定されるので、売りで長期保有も戦略の1つです。

日々スワップポイントを受け取りながら、値動きでも利益を狙いたい方は参考にしてください。

ユーロドルのスプレッドまとめ

最後に大事な点をまとめます。

ユーロドルはFXで1番取引量が多い通貨ペアであり、値動きが安定しており、初心者の方にもおすすめです。

スプレッドの最狭水準は0.3pipsで、他の通貨ペアと比べても狭めです。

以下のFX会社で低コストで有利に取引でき、当サイト限定のキャンペーンもお得なので、まずは無料で口座を作りましょう。

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!53,000円もらう /
関連記事