>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

香港ドルはなくなる?為替相場どうなる?FX会社のスプレッド&スワップも比較

この記事では、香港の通貨「香港ドル」の特徴や香港ドル/円の今後の予想をしていきます。

「FXで香港ドル投資はおすすめ?」「為替相場はどうなる?」「なくなるリスクはあるの?」と思っている方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・香港ドルは相場が急変しづらく、値動きが安定している

・香港ドル/円は、ドル円などのメジャー通貨に比べて、スプレッドがやや広めというデメリットがある

香港ドルがFX会社から無くなる可能性はほぼない

・今後、香港ドル/円相場は香港ドル高(上昇)に進みそう

結論、香港ドルの取引には「みんなのFX」が1番おすすめです。

スプレッドが最も狭く、スワップポイントの受け取りも最大なのでお得に取引できます。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

香港ドルの特徴は動画でも解説してるので、ぜひチェックしましょう!

2022年の香港ドル円の為替相場

2022年ロシアルーブル円の予想

まず、これまでの「香港ドル/円」の為替相場を振り返り、今後の予想もします

以下の図はこれまでの香港ドル円のチャートです。

香港ドルの為替どうなる

2020年以降コロナショックで大暴落しましたが、その後は経済回復とともに上昇しています

香港ドルは基本的に米ドルと似た動きをしますから、今後もさらに高値を目指す展開かと思います。

心理的水準である15.0円の突破後は15.2円までの上昇もあり得ます

香港ドルを取引できるFX会社一覧

香港ドルの取り扱いFX会社一覧は以下の通りです。

人気FX会社
みんなのFX自動売買など利益を狙う方法が多い

SBI FXトレードスマホアプリが使いやすく、AI予想も役立つ

LIGHT FX:少額から取引できる

香港ドルを取り扱っている会社はあまり多くないですが、上記の会社は使いやすくて評判が高いです。

特に「みんなのFX」はユーザーが多く、上場企業の運営で信頼されているので、ぜひチェックしてみましょう。

\ 限定!53,000円もらう /

香港ドルのFXスプレッド比較表

ロシアルーブル円スプレッド比較

香港ドルの取り扱いFX会社のスプレッドは以下の通りです。

スプレッド
みんなのFX 1.8銭
SBI FXトレード 1.9銭
LIGHT FX 1.9銭

スプレッドを比較すると、トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」が1.8銭でお得に有利に取引できます

スマホアプリからも簡単に投資でき、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です。

まずは無料で口座だけでも作っておきましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

▼他の通貨のスプレッドについては以下の記事をご参考ください。

おすすめ?香港ドルのFX為替の特徴

次に、香港ドルの特徴を紹介します。

大きな特徴は、ドルペッグ制とカレンシーボード制です。

あまり聞きなじみのない言葉だと思うので詳しく説明していきます

ドルペッグ制とは?

香港ドルの見通しと予想

香港ドルでは、米ドルとのペッグ制が採用されています。

ペッグとは、通貨を固定させることです。

米ドルと自国通貨を連動させ交換比率を一定にする制度を米ドルペッグ制といいます。

ペッグ制により香港ドルは値動きが安定している

為替取引では、「マイナー通貨や値動きが安定しない通貨」の為替レートを「主要通貨」の為替レートに固定し連動させることがあります

米ドルやユーロなどの主要通貨と為替レートを連動させることによって、「流通量が少なく不安定な動きをしやすい通貨」が安定します

取引量の少ないマイナー通貨への投資では、 相場の急変があります。

しかし、主要通貨とのレート固定、つまり裏付けがあれば値動きが安定し、急変も避けやすいです。

米ドルと香港ドルの動きは全く同じにはならない

海外の投資家などが安心して取引をするためにペッグ制が採用されています

ただ、香港ドルは米ドルとペッグ制を結んでいますが、米ドルと全く同じ動きはしません

あくまで「似ている」というレベルです。

ドルペッグ制のデメリット

香港ドルの特徴と将来性

通貨の値動きが安定するというメリットのある「ドルペッグ制」。

「ペッグ先の国の影響を受ける」というデメリットもあるので、注意しましょう。

たとえば、世界的な不安があり米ドル安になれば、香港ドルもその影響を受けます

通貨ペアに与える要因が多くなり、リスクも増えてしまうので、この点には注意です。

香港ドルの特徴「カレンシーボード制」

香港ドルのスプレッド比較

香港ドルの他の特徴も紹介します。

香港ドルは、ドルペッグ制だけではなくカレンシーボード制というものを採用しています。

カレンシーボード制とは、自国通貨と同量の通貨を保有することを義務付ける制度のことです。

カレンシーボードで通貨への信頼も高まる

この制度で、香港の中央銀行は米ドルを香港ドルと同量保有する必要があります。

結果、香港ドルは中央銀行の保有する米ドルに100%バックアップされるため、信用力が高まります

中央銀行は香港ドルの流通量に見合った米ドルの保有を義務づけられるため、むやみに通貨発行ができなくなります

ジンバブエのようなハイパーインフレが起こりづらい点も評価ポイントです。

香港ドル/円の為替相場の動き

ちなみに、香港ドル/円の最近のチャートは以下の通り。

香港ドル円の為替チャート

ペッグしている米ドル円のチャートは以下の通り。

香港ドルと米ドル

香港ドル/円と米ドル/円のチャートを重ねて比較すると、似た値動きをしていることが一層わかると思います。(オレンジが米ドル/円

香港ドル円と米ドル円の比較

このように似た値動きをするので、米ドル/円での戦略が香港ドル/円でも使えることがあります。

香港ドルの価格に影響を与える要因

香港ドルの為替@2020

FXで損しないために、香港ドルに影響を与える要因も知っておきましょう。

米ドルとペッグ制を敷いていますから、米ドルの動きが最も大きい要因となります。

米ドルでは政策金利やインフレ率、米国債金利、大統領など要人の発言、米中問題などが値動きの要因です。

これらが飛び出す、雇用統計、FOMCなどは必ずチェックしましょう。(以下のFX会社で無料でチェックできます)

香港ドルのあるFX会社
みんなのFX当サイト限定で53,000円もらえてお得

SBI FXトレード限定!5万円もらえてお得

香港ドルFXのメリット

では次に、香港ドルでFX取引をするメリットを紹介します。

以下2つのメリットがあります。

・少額からでも投資できる
・米ドルの動きと似ており、予想しやすい

それぞれ解説します。

少額からでも投資できる

スクリーンショット 2021 09 20 11 24 38

2022年2月時点、香港ドルのレートは1HKD=14.75円であり、1通貨あたりの価格が安いです。

香港ドル/円なら1000通貨から取引でき、必要な資金は590円ほど

SBI FXトレードでは1通貨から取引できるため、10円ほどでも投資を始められます

こういった気軽さは、米ドル円にないメリットです。

米ドルの動きと似ており、予想しやすい

香港ドル円相場の予想

香港ドルは、紹介した通り米ドルと似た動きをします。

香港ドル/円相場でも、米ドル/円と似た値動きをし、テクニカル分析もしやすいです。

少額でやれる米ドル投資と考えてもいいかもしれないので、まずは口座だけでも作っておくのがおすすめです。

香港ドルのあるFX会社
みんなのFX当サイト限定で53,000円もらえてお得

SBI FXトレード1通貨から取引でき10円から始められる

香港ドルFXのデメリット

香港ドルFXには、以下のデメリットもあります。

・メジャー通貨に比べて情報を集めるのが難しい
・スワップポイント受け取りが少ない
・スプレッドが広め

それぞれ解説します。

メジャー通貨に比べて情報を集めるのが難しい

香港ドルfxの特徴

香港ドルはマイナー通貨であり、米ドルやユーロなどのメジャー通貨と比べると情報量が少ないです。

ファンダメンタルズなどの情報を知りたくても、関連情報を配信してくれるFX会社は少ないです。

情報を得たいなら現地ニュースを翻訳して得る必要があり、手間がかかるのもデメリットです。

スワップポイント受け取りが少ない

スクリーンショット 2021 10 06 8 17 46

香港の政策金利は0.86%であり、日本との差は約1%しかなく、香港ドル/円の買いで得られるスワップポイントは少ないです。

中国の人民元だとレバレッジ1倍でも年利4%のスワップポイント収入を狙えますが、そういったメリットがありません。

基本的には値動きで利益を狙うのが、香港ドルでの戦略になります。

スプレッドが広め

トルコリラロスカットで死亡

香港ドルはマイナー通貨であり、取引量も少ないことから、スプレッドが広めです

また、経済指標の発表時や窓開けの時などは、特にスプレッドが広がりやすくなります

ハイレバレッジでトレードをすると、すぐロスカットされやすくなるので、特に資金管理・リスク管理には気をつけましょう

※レバレッジ5倍までにおさえるのがおすすめです

香港ドルFXの注意点

次に、香港ドルFXの注意点2つを紹介します。

・スプレッドの狭いFX会社を選ぶ
・香港の情勢によってはドルペッグ制が崩れる場合も

それぞれ解説します。

スプレッドの狭いFX会社を選ぶ

mt4とmt5の違いを比較

香港ドルでは通常時のスプレッドが広めで、相場急変時などはもっと広がりやすくなります。

スプレッドの狭い会社でFXしないと不利なトレードとなり、手数料で損します

損しないためにも、必ずスプレッドの狭い会社を選び、有利にトレードしましょう

香港の情勢によってはドルペッグ制が崩れる場合も

ドルペッグ.png

香港ドルでは、ドルペッグ制が崩れることも想定しておきましょう。

アメリカと香港の関係悪化などがあれば、ドルペッグ制の廃止もありえます

廃止になった場合、大きな為替変動となる可能性が高く、その際に損してしまうかもしれません

最大のリスクも想定し、投資すべきか検討しましょう。

香港ドルを取引するのにおすすめなFX会社

次に、香港ドルを取引するのにおすすめなFX会社を紹介します。

香港ドルを取引するのにおすすめなFX会社は「みんなのFX」です。(上場企業が運営)

みんなのFX

トレイダーズ証券 みんなのFX

おすすめ度 ★★★★★
安全性 A+
使いやすさ A+
スワップポイント 1円(1万通貨あたり)
スプレッド 1.8銭
キャッシュバック 5.3万円
当サイト限定

みんなのFXはスプレッドが最も狭く、スワップポイント受け取りも最大で人気のサイトです。

自動売買などでも利益を狙えてチャンスが多いのも特徴です。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!53,000円もらう /

SBI FXトレード

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

おすすめ度 ★★★★
安全性 A
使いやすさ A
スワップポイント 1円(1万通貨あたり)
スプレッド 1.9銭
キャッシュバック 5万円

SBI FXトレードでは、1通貨から取引でき、香港ドル円なら10円以下でトレードできます

気軽に始められ、レバレッジを最大3倍におさえる機能もあり、安心して始めたい初心者の方からも人気です。

AI予想もあり、上場企業SBIグループの運営で信頼できます。

自動つみたて機能もあるので、少額でまず始めたい方は口座を無料で作っておきましょう!

\ 限定!5万円もらう /

LIGHT FX

ロシアルーブルのfx会社比較

おすすめ度 ★★★★
安全性 A
使いやすさ A
スワップポイント 1円(1万通貨あたり)
スプレッド 1.9銭
キャッシュバック 5.3万円
当サイト限定

LIGHT FXは香港ドルに加えて、他の新興国通貨でもスワップポイント受け取りが多いです。

南アフリカランド、メキシコペソのスワップに特化しており、2つでは受け取りが最大です。

約定力も強みで、相場の急変時も有利に約定します。

こちらでも当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう。

\ 限定!53,000円もらう /

【まとめ】香港ドルをFXで取引してみよう

スキャルピング公認のおすすめFX会社

香港ドルは、米ドルと値動きが似ており、新興国通貨の中では値動きが安定しています

米ドルの情報を追えば値動きも読みやすく、米ドルでの戦略も利用できます。

1通貨の価格が安いので、少額投資も可能で、以下のFX会社で取り扱いがあります。

香港ドルのあるFX会社
みんなのFX自動売買など利益を狙う方法が多い

SBI FXトレードスマホアプリが使いやすく、AI予想も役立つ

特に「みんなのFX」はユーザーが多く、上場企業の運営で信頼されているので、ぜひチェックしてみましょう。

\ 限定!53,000円もらう /
関連記事