>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

コロナの影響は?ソーシャルレンディングで失敗しないために問題点を解説

この記事では、ソーシャルレンディングの問題点とコロナの影響について解説します。

SBIの1件で不安になっている方、値動きなしの放置投資で損したくない方は参考にしてください。

※SBIソーシャルレンディングでは融資先に問題があり、投資家に迷惑をかけたということで、事業を撤退しました

ソーシャルレンディングとは何か?を知りたい方は、以下の記事をチェックしてください。

記事の要点まとめ
1番の問題点は融資先の情報が不明瞭なこと(運営者を信じる必要がある)

・大手の運営でも問題が起きることもある

コロナウイルスの影響はホテル系の観光ファンド、海外ファンドの為替である

結論、ソーシャルレンディングで損したくないから、これまで投資家の損失ゼロで、為替の影響を受けない円建てファンドがおすすめです。

特に、クラウドバンクとファンズがおすすめです。

クラウドバンクでは利回り実績が+7%と高く、ファンズでは1円から投資でき、お得なキャンペーンも開催中です。

ぜひ公式サイトで詳細をチェックしましょう!

\ 最新実績を知る /
\ キャンペーンを見てみる /

ソーシャルレンディングの問題点

ソーシャルレンディングの問題点は、以下の通り。

・融資先の情報が不明確
・運営者を信じる必要がある
・損をする可能性もある
・新しいサービスで、ルールに不整備な部分がある
・過去に行政処分を受けたところも
・現金化できない期間がある
・FXなどに比べると利回りが低い

それぞれ解説します。

融資先の情報が不明確

融資を通じて利益を狙うソーシャルレンディングでは、融資先の情報が完全に公開されない場合があります

ビットコインの注意点

融資先の企業名や財務状況がわからない案件もあり、他の投資型クラウドファンディングと比べると不安な部分はあります。

ただ、Funds(ファンズ)では融資先がすべて公開されており、上場企業なので信頼できます

信頼できる企業への融資でお金を増やしたい方はファンズを使いましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

運営者を信じる必要がある

ソーシャルレンディングでは融資先がしっかりしているのか、運営企業を信頼する必要があります。

ビットコインで儲からない人

こういった点で問題を起こしてしまったのがSBIソーシャルレンディングです。

大手の運営であり、融資先も問題ないと思われましたが、報道の通り投資家に迷惑をかけてしまいました

損をする可能性もある

すべての投資に共通することですが、ソーシャルレンディングでも元本保証はありません。

融資先が倒産しお金が返ってこないときは元本割れのリスクがあります

他の投資のように運営会社の破産など信用リスクもあるので、危険性も理解しておきましょう。

損失への備えはあるので、そちらが気になる方は以下の記事をチェックしてください

過去に行政処分を受けたところも

過去の話ですが、みんなのクレジットなど行政処分を受け、サービス停止したサービスもあります。

他には、マネオ(maneo)やラッキーバンクといった事業者が問題を起こしており、投資家の資金の返済も滞っています

分配金が遅延する場合もあり、もしものことを想定することも大切です。

ビットコインの注意点

新しいサービスで、ルールに不整備な部分がある

株やFXと違い、新しい投資サービスなので、ルールが不整備という面もあります。

SBIが示したように、投資家が想定できない問題が起きる場合もあります

FXがたどってきたように、問題のたびの規制で健全化されていくはずですが、新しさゆえの不安点もあります。

現金化できない期間がある

ソーシャルレンディングでは運用期間が「3ヶ月」「半年」「1年」などと決まっており、その間は解約できません。

株などは流動性が高く、好みのタイミングで現金化できますが、それができません。

当分は使わないお金で投資する必要があります

FXなどに比べると年利が低い

ソーシャルレンディングでは最大利回りが+13%であり、FXのようなハイリターンは狙えません。

少額からハイリターンを狙いたいなら、FXをやるのもおすすめです。

ぴたコインの評判

ほったらかしで低リスクFXをやる方法

ソーシャルレンディングのようにほったらかしで利益を狙うなら、自動売買FXがおすすめです。

ぼくはトライオートFXというサービスで利益を出せており、上場企業によって運営され安心できます

やり方やコツは特別レポートで公開中で、以下のリンクから口座を作るともらえます

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

融資型クラウドファンディングのコロナでの影響

以下のように、コロナウイルスがソーシャルレンディングに与えた影響も紹介します。

・ホテル系の観光ファンドで運用が延長
・海外ファンドの為替で損失が発生

以降で補足します。

ホテル系の観光ファンドで運用が延長

オーナーズブックでは、ホテル事業者に融資するファンドで運用の延長が発生しました

融資先がコロナの影響で、借りたお金を返せるか不安なので、念のため伸ばしたそうです。

担保もあるので元本割れはないと思っていますが、こういった想定外のことが起きる可能性はあります。

コロナの影響を受けていない案件がおすすめ

こういった影響が怖いなら、不況などでも影響を受けない住宅への投資がおすすめです。

個人向けのマンションなどは景気に影響されづらく、手堅い投資として知られています。

不動産型のジョイントアルファであれば、コロナの影響もなく、順調に運用されています。

上場企業の運営で安心でき、今ならお得なキャンペーンで1000円もらえます

まずは無料で口座だけでも作っておきましょう

\ キャンペーンを見てみる /

不動産型クラウドファンディングにも同様のリスクあり

ホテル系の投資先ですと、不動産型のクラウドファンディング「クリアル」でも似た影響が出ました。

ちくらつなぐホテルという案件があり、コロナの影響で最後の売却(出口)が心配されています。

毎月の収入はマスターリース契約により必ず入ってきますが、売却で元本が戻ってくるかは不明です。

ただ、売却の契約は締結済みであり、無事に運用が終了するのではないかと個人的には思っています。

Ok woman

海外ファンドの為替で損失が発生

クラウドクレジットでは、海外企業への融資で、コロナにより元本割れが発生しました。

融資先からは問題なく返済されましたが、為替で損が出ました

他のファンドでは投資家の損を回避するために、運用期間の延長も発生しています。

為替リスクなしのファンドでは問題なく運用されているので、そういったファンドへの投資がおすすめです。

今なら口座開設だけで、1000円もらえるキャンペーン中なので、まずは無料で作っておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

【まとめ】失敗・大損しないための対策

ソーシャルレンディングで失敗しないためにもこれまで損失を出してないサービスを使うのがおすすめです。

また、円建てで為替リスクがないファンドもおすすめです。

仮想通貨で儲けた人

これを満たすものだと、以下のサービスがあるので、ぜひ登録して利益のチャンスを増やしましょう

損ゼロのおすすめ投資
クラウドバンクの太陽光ファンド:運営8年で損失ゼロ!利回り+7%

ファンズ1円投資!お得なキャンペーン中

ジョイントアルファ上場企業が運営!キャンペーンで1000円もらえる

オーナーズブック:上場企業が運営!担保付きで損失ゼロ

CRE Funding:上場企業が運営!手堅さが人気

関連記事