>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

元本保証のおすすめ資産運用!1000万円の低リスクポートフォリオを解説

この記事では、以下の疑問を解決します。

・貯金1,000万円で資産運用はできる?
・減らさずに運用して増やせる?
・リスクを抑えて運用するとどれくらい儲かる?

記事を読むことで低リスクな増やし方や、資産運用を始める際に必要な知識がわかります。

結論、資産運用ではまず1000万円も使わず少額から始めるのがおすすめで、SBI FXトレードなら4円から外貨積立できます

今なら無料で口座開設するだけで500円もらえるキャンペーンもやってるので、まずは口座を作っておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

1000万円の資産運用の前に目標を決める

資産運用をする際は、必ず額や利回りなどの目標を決めましょう

そうすることでどんな運用をすべきかわかります。

年齢に応じて目標も変わってくると思うので、以下の表を参考にして、ざっくりでもいいので目標を立てましょう

年代ごとに必要なお金
20代 一人暮らしの生活費、就職などでの上京費用
30代 結婚式、出産、住宅購入のお金、育児費用
40代 子供の教育・進学費用、塾や習い事への資金
50代 大学受験の費用、ローン返済、リフォーム資金、老後への備え
60代 子供の結婚費用、退職金での資産運用

特に、30代では必要なお金が増えそうなので、早めから運用し用意しておきましょう

1000万円の資産運用で増える額を把握する

運用の前に増える額を把握しておくことでモチベーションも上がると思うので、計算結果をまとめます。

リスクに応じて年利1%、5%、10%で計算してみました。(利益を再投資し複利運用した場合の結果です)

利回り 1年後 5年後 10年後 20年後
1% 1010万円 1051万円 1104万円 1220万円
5% 1050万円 1276万円 1628万円 2653万円
10% 1100万円 1610万円 2593万円 6727万円

利回りが高いとリスクも高まりますが、参考程度に覚えておきましょう。

貯金1000万円の資産運用ではポートフォリオを組もう

投資(運用)では、「卵を1つのカゴに盛るな」という言葉があるように複数の資産に分散投資する必要があります

資産の例
・株式、債券、不動産、金、ドルなどの外貨、仮想通貨(ビットコイン)など

1つの資産(例:株)に投資していると、株価が下落した時に損してしまいます

しかし、株以外の資産にも投資していれば、株と逆の値動きをするものが値上がりし損失を補ってくれるかも知れません。

資産運用1000万円のポートフォリオ

こういったリスク分散はとても大事です。

資産配分も成績に大きく影響する

ポートフォリオを組む際は、資産配分も大事で、それぞれの資産に投資する比率も決めます。

line投資の資産配分

ハイリターンを狙う場合は、ハイリターンを狙える株の比率を高めます。(この場合、リスクも高まる)

ローリターンを狙う際は、債券などの比率を高めます。(リスクとリターンは比例し、この場合はローリスク

自分のとれるリスク許容度に応じて、資産配分を考えましょう。

バランスのいい資産配分の例
株30%、債券30%、不動産15%、金15%、現金10%

低リスク〜高リスクの投資(資産運用)を知ろう

自分にあったポートフォリオを組むために、投資ごとのリスクの高さを知りましょう。

まずは、以下の手堅いローリスク投資から紹介します。

・預金
・債券

それぞれ解説します。

預金(貯金)

短期ですぐお金を増やす
預金は元本保証があり安全ですが、利率は0.001%で定期預金でも0.02%とかなり低いです。

運用となると微妙な商品なので、もっと増やしたい方は外貨預金も検討しましょう。

外貨で運用すれば年利5%も狙えます。(元本保証ではなくなりますが)

外貨預金で元本保証の運用

外貨を低コストで運用する方法

外貨で運用する際は、銀行の外貨預金でなく、FXサイトを使うことで手数料を1/1000以下にでき、おすすめです。

レバレッジ1倍でやれば、外貨預金と同じ運用ができます(レバレッジについては以下の動画で解説中!)

SBI FXトレードでは4円からドルなどの外貨運用ができ、簡単にレバレッジ1倍の設定ができます。

無料で口座開設するだけで500円もらえるキャンペーンもあり、お得なのでまずは無料で口座を作っておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

債券(個人向け国債など)

債券は国や会社が資金調達をするために発行するもので、発行元が破綻しない限り元本割れしません

クラウドファンディング

日本の個人向け国債に投資する場合、日本という国が破綻しない限り損しません

ただ、金利が0.05%と低く、大きく増やす商品には向きませんし、決まった期間の保有が必要で、その間は現金化できません。

個人向け国債では年2回利息がもらえて、変動金利型10年、固定金利型5年、固定金利型3年の3種類があります

バイトで確実にお金を増やす

個人向け国債はSBI証券で買えて、キャッシュバックキャンペーンもやってる時期がありお得です

\ キャンペーンを見てみる /

利回りを高くするなら米国債を

円建ての個人向け国債だと低利回りですが、外貨建てでドル建ての米国債だと利回り1%も狙えます。

この場合、ドル建てではアメリカという国が破綻しない限り損しませんが、

ドルから円に戻す際に為替リスクがあり、不利なレートで交換すると損してしまいます。

外貨建ての商品ではこういった損失リスクがあるので注意しましょう。

ミドルリスク・ミドルリターンの投資(資産運用)

ミドルリターンの投資は以下の通り。

・株式投資
・FX(外貨運用)
・投資信託
・不動産投資

1つずつ補足します。

株式投資

米国株の伸び

株式投資は、上場企業の株式に投資して値上がり益や配当金を得るもので、

配当金は利回り2%~6%、値上げ利益なら10%〜の利回りを狙えます。

業績アップなど企業にとってポジティブな情報があるときは株価が上がりやすく、その逆だと株価が下がりやすくなります

コロナショックなど企業にとってピンチがあると配当利回りの減少、配当ストップなどがあるので注意が必要です。

※株式投資は「ネオモバ」を使うとTポイントだけでもやれて、1株から100円ほどで買っていけます

ネオモバで少額投資

\ キャンペーンでTポイントをもらう /

FX(外貨運用)

FXはドルなどの外貨を売買する投資で、レバレッジを1倍〜2倍でやればリスクを抑えて以下のように利益を出せます

値動きだけでなく、トルコリラなどの高金利通貨を保有することでスワップポイントという金利収入も得られます

1万円でスワップポイント投資

これは配当金と同じで、外貨を保有してるだけでOKです。

※スワップポイント投資などFXの基礎は以下の動画でも解説してます

FXでは値下がり時も儲かる!

FXは値上がり時だけでなく、値下がり時も儲かるのでチャンスが多いです。(20%以上の利回りも可能)

※SBI FXトレードなら4円からやれて、無料で口座開設するだけで500円もらえてお得です!

\ キャンペーンを見てみる /

FXで損するリスクも知ろう

FXでは、予想と逆に外貨の値段が動くと損する可能性があります

mt4のインジケータ

また、スワップポイントを毎日もらっていても値動きでそれ以上に損したら、トータルでマイナスになります。

こういった点にも注意しましょう。

投資信託

投資信託は、プロ(ファンドマネージャー)に投資先の商品や運用を任せられて楽です。

100万円を確実に増やす

自分でポートフォリオを組まなくても、株や債券などにバランスよく投資できる商品もあります。

コツコツ積み立てすることで2%~15%の利回りを狙えます

投資信託での注意点

投資信託では、プロに運用を任せるため手間賃として信託報酬(運用コスト)がかかり、毎月払うことになります。

少額おすすめ投資の手数料

優良な商品だと、預かり額に対して0.1%だけかかりますが、中には1%も手数料として取られる場合があります。

また、売買手数料や解約手数料のかかる商品もあります。


有利に取引するためにこういった手数料のないものを選びましょう

信託報酬は0.3%以下がおすすめ!(投資信託もSBI証券で買えます)

\ キャンペーンを見てみる /

NISA、iDeCoを活用することでお得に運用できる

投資信託のつみたてではお得な制度のNISA、iDeCoも活用でき、利益への税金がゼロになります

iDeCoの場合、毎月の掛け金が控除対象となって節税でき、その分で年30%の実質リターンを得られます

iDeCoは原則60歳まで現金化できないデメリットもありますが、お得な制度なので、活用を検討しましょう。

※NISA、iDeCoもSBI証券で始められます

不動産投資

不動産投資は都内のワンルームマンションや地方のアパート一棟などに投資し、3%~15%の利回りを狙えます

短期ですぐお金を増やす

大企業や上場企業の会社員、士業、医者であればローンを組んで自己資金ゼロでも始められます

初年度の節税分でも実質的なリターンを得られて、こちらをメインに運用する人もいます。

築15年以上と価値がある程度下がった物件であれば、売値も毎月の家賃も下がりづらく、株などよりはハラハラせず運用できます

※不動産投資の収入目安は上場企業が運営する無料診断でわかります

\ 無料で診断する /

マンション、アパート投資のリスク・デメリット

マンションなどへの投資では空室リスクに注意で、その間は家賃収入が入ってこなくなります

貧乏人が一瞬でお金を増やす

また、新築のマンションだとすぐ価値が下がり、買値よりも安い値段で売る可能性が高くなります。

また、20年〜35年と長期でやる場合、東京などの都市の事情が変わっている可能性もあり危険です。

今は単身でワンルームマンションに住む人が多いですが、将来はそうなってないかもしれません。

35年ローンを組んでマンション投資をするのは危険です。

REIT(リート)

不動産投資信託のREITであれば、100円から不動産投資できます

日本の不動産に投資する「J-REIT」であれば、収益の90%以上を分配するなど一定の条件を満たすと、法人税が免除されます。

そのため、会社の株と比べて配当利回りが高いというメリットがあります。(配当込みの利回りは4%~15%ほど)

ただ、株のように大きな値動きがあり、現物と比べると値動きで損しやすいです。
一瞬で安全にお金を増やすために

配当は多めですが、値下がりでそれ以上に損したら意味がないことも覚えておきましょう。

ハイリスク・ハイリターン投資は仮想通貨

ハイリスクながらも資産を大きく増やしたい人が、ポートフォリオに組み入れたいのが仮想通貨です。

ビットコインを代表として値動きが大きく、1年で億万長者が生まれたようにハイリターンを狙いやすいですが、損失額も大きくなりがちです。

こちらは短期で儲けるというより、コツコツ積立して1年〜3年くらいで利益を狙うのがいいですね。(想定利回りは5%~500%

コインチェックではビットコインの積立ができますし、値動きで損しない投資もできます

興味がある方は無料で口座を作っておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

1000万円を運用する際の手法と利回りまとめ

以下、紹介してきた投資と参考利回りのまとめです。

手法 特徴 利回り 始め方
普通預金 元本保証あり 0.001% 銀行口座を作る
外貨預金 普通預金以上の利回りを狙える +5%~10% FX口座を作る
国債 国が破綻しない限り元本割れしない +0.0%~2% 証券口座を作る
株式投資 値動きと配当金で儲かる +5%~15% 証券口座を作る
FX 4円からOK!投資先を選びやすく自動売買もある +5%~30% FX口座を作る
投資信託 プロに投資を任せられる +2%~15% 証券口座を作る
不動産投資 自己資金ゼロでも始められる +3%~15% 不動産会社で申し込む
仮想通貨 1年で億万長者も狙える 5%~500% コインチェックで口座を作る

それぞれの投資をしたい人は必要な口座を無料で作っておきましょう

4円からFXを始められる「SBI FXトレード」などでは、お得なキャンペーンもやってますので。

\ キャンペーンで500円もらう /
\ 不動産での収入目安を知る /
\ キャンペーンを見てみる /

元本保証でおすすめ?低リスクな資産運用まとめ

最後に要点をまとめます。

・1,000万円の運用で減らさずに増やせる
・リスクを抑えて運用すると1年で10万円は儲かる
・複利運用で10年で2倍以上になる
・ポートフォリオを組んで分散投資しよう
・リスクに応じた投資をやろう
・投資が怖いなら4円から始める

1000万円の資産を減らすのが怖いけど、投資はしたいと思っているなら、まず4円から低リスクで始めましょう

SBI FXトレードなら4円だけで外貨運用でき、キャンペーンで500円もらえてお得ですので。

\ キャンペーンで500円もらう /
関連記事