>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXで10万円から億を稼げる?6億円を達成した人の手法やコツを紹介

この記事では以下の疑問を解決します。

・FXって元手10万でも1億円を目指せる?
・10万円から効率的に増やす方法とは?
・1億円稼げた人はどんな手法を使ったの?

記事を読むことで、少ない元手から大きく稼ぐ方法を知れます。

結論、10万円から1億円は難しいですが、レバレッジを使い値動きの大きい時にトレードすればハイリターンを狙えます

得た利益を次のトレードに再投資し、複利運用すれば効率的に資産を増やしていけます

少額から稼ぐ方法や、うまいレバレッジの使い方は「みんなのFX」というサイトで無料で学べます

みんなのfxのセミナー

ここでは、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは口座を無料で作っておくといいですよ。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

元手10万から1億円を目指すのは難しい

10万円から1億円の利益を出すのは難しく、それを達成できた人はほぼいません。

ネットにはそういった体験談も載ってますが、ほぼ怪しい商材の宣伝文句であり、本当の話かわかりません

そもそも、10万円から1億円を達成するには、年利+100%(2倍)で10年も複利運用していく必要があります

fxで10万から1億円の計算

年利+100%を達成するのはかなり難しいですし、計算通りに10年もトレードで成功するのも難しいです。

正直、元手10万円から1億円というのは非現実的です。

実際に1億円を達成した珍しい事例

ただ、10万円から1億円を達成した人がおり、その方は「GFF(グフフ)さん」というトレーダーです。

GFFさんは、2008年にFXを始め2年で400万円を失った後、2010年5月に元手10万円からFXを再開。

一時期、含み益は6億円にまで達しました

再開後は、1ヶ月で2億4000万まで資産を増やし、2ヶ月後には3億、4億とさらに増やしました。(含み益は6億円)

しかし、直後に3億円のロスカットに遭い、4ヶ月後には資産は1億円までに減少し、最終的には30万円だけが残りました

このように、一瞬ですが10万円から億万長者になった人はいます。

短期で10万円で億越えできた理由

GFFさんが短期で億り人になれた理由はこちら。

・ハイレバレッジで取引できたから
・取引手法がたまたまうまくいったから

2010年は金融庁からの規制がゆるく、日本でも400倍までのレバレッジ取引が可能でした。(今は最大25倍)

そのため、10万の資金でも4000万円分の取引ができハイリターンを狙えました

GFFさんはこうした恩恵を受け、含み益で6億円までいけました。

たまたまうまくいったのも億越えの理由

さらに、当時のGFFさんの手法「RSIのブレイクアウト」と「窓埋めトレード」もうまくいきました。

ちなみに、RSI手法はRSIにトレンドラインをひいてブレイクを狙う手法です。

これがどの相場でも成功するわけではありませんが、当時はこれがうまくいき、紹介した通りの成果を出せたのです。

※今も上手くいく保証はないので、参考程度に

FXで10万から億へ効率的に増やす方法

手法で「これ」というのはありませんが、効率的に稼ぐための考え方は参考にできます。

以下の3つを実践すれば、少ない元手でも大きな利益を狙えます

・高いレバレッジで取引する
・値動きが大きいタイミングで取引する
・利益を再投資し複利運用する

それぞれ解説します。

fxで10万から1億円の計算

高いレバレッジで取引する

レバレッジ倍率を大きくすれば、少ない元手でもハイリターンを狙えます。(株などにはないFX特有のメリット)

日本では最大レバレッジ25倍ですから、資金10万円なら250万円もの資金を動かせて、1日で100万円ほど儲かる可能性もあります

1日100万円の利益の計算例
・ポンド/円のような値動きの激しい通貨ペアなら1日で2円動くこともある

・資金250万円ならポンド/円で46万通貨を取引でき、2円の値動きがあれば92万円ほどの利益に

他にも取引すれば1日で100万円の利益も可能

ハイリスクではありますが、こういった手法もあります。

値動きが大きいタイミングで取引する

FXでは値動きが大きくなるタイミングがあり、ここで取引するハイリターンを得やすいです。

値動きが大きくなるタイミング
15時〜21時:欧州時間
22時〜2時:ニューヨーク・ロンドン市場が重る時間

①と②の時間では、マーケットが活発に動き、相場変動も大きくなり、予想通りに相場が動けば大きく稼げます

利益を再投資し複利運用する

レバレッジをかけつつ大きく値が動くタイミングで取引し、大きな利益を出せたら、それを再投資しましょう。

再投資することで複利運用でき、効率的に資産を増やせます

fxで10万から1億円の計算

利益を再投資しないと単利運用となり、それほど大きな利益は狙えません

「10万円から億」のような爆益を狙いたいなら、この3つが必要です。

短期で稼ぐトレードのデメリットも知ろう

紹介した流れで短期で稼ぐことも可能ですが、以下のデメリットもありリスクは高いです。

・いつか大損する可能性が高い
・ロスカットがうまくいかず、借金する場合も
・ギャンブル感覚で注文してしまう
・値動きが大きく、メンタルコントロールが難しい

損しないためにも、それぞれの詳細を知りましょう。

いつか大損する可能性が高い

25倍のようにかなりレバレッジをかけて取引していると、ロスカットされ大損する可能性があります

特にレバレッジ25倍では、ちょっとの含み損でロスカットされますから注意が必要です。

※ロスカット、レバレッジについては以下の動画で解説してます

※大損しないために以下の記事も見ておきましょう

ロスカットがうまくいかず、借金する場合も

ロスカットについては、元手以上に損する可能性があることも理解しておきましょう。

システム不具合などで正常に執行されない場合、ロスカットが遅れて残高がマイナス(借金)になることもあります。

特に「証拠金維持率が20%」と低めのロスカットルールのFX会社だと、借金を抱えやすいので注意が必要です。

※ハイレバレッジで損しないために以下の記事も読みましょう

ギャンブル感覚で注文してしまう

レバレッジをかけてハイリスク・ハイリターンな取引をしていると、ギャンブル感覚で注文してしまうことがあります。

初心者あるあるで、ビギナーズラックで大儲けした後、油断して大損してしまいます

たまたま儲かり「上がるか下がるか予想すればいいから簡単」ということで、適当にトレードしてしまうんですね。

こんなことをしてると儲かりませんし、一度負けると「取り返そう」という気持ちが働き、無茶なトレードをしがちです。

FXでは冷静な判断が必要で、ムキになると冷静に判断できず損しやすいです。

この症状には気をつけましょう。

値動きが大きく、メンタルコントロールが難しい

ハイレバレッジで取引していると、ちょっと値が動くたびに大きな額で含み損と含み益を行ったり来たりします

含み益50万円だったものが、相場の急変で含み損50万円になったりして、ストレスがたまり平常心でいられなくなります

こうなるとメンタルコントロールが難しくなり、変な判断をして損することがあります。

大きく稼ぐ前に絶対守るべきこと

紹介したような怖い状況にならないためには、損切りを絶対にやりましょう。

予想と相場が逆に動いたときに、早めに損切りすれば損失を小さくでき、資金を守れます

残った資金で損した以上の利益を狙えます

損切りせずにいると、ロスカットで大損し巻き返すのも難しくなるので、稼ぎたいなら資金を守ることをまず優先しましょう。

海外FXは絶対に使ってはいけない

レバレッジを25倍以上かけられるという理由で海外FXを使う人がいますが、これは絶対にNGです。

レバレッジ1000倍近い取引も可能ですが、ほぼ損しますし、出金できないなどのリスクもあり危険です。

海外FXはスプレッドが広くロスカットされやすい

ゼロカットという仕組みでロスカットされても口座残高がマイナスにならず借金しませんが、それ以上のデメリットがあります。

海外FXはスプレッドも広く、取引した瞬間にかなりの含み損を抱えて、ハイレバだとロスカットされやすいです。

構造上、儲からない仕組みになってるので絶対に使わないほうがいいです。

【まとめ】まずはFXで10万円から100万円目指そう

最後に要点をまとめます。

・10万円から1億円を目指すのは難しい
・狙うならハイレバレッジで値動きの大きい時を狙う
・利益を再投資し複利運用する
・ハイレバレッジは損する可能性が高い
・レバレッジは最大でも5倍まで!
・メンタル管理も大変

少額から大きく稼ごうとすると損しやすいので、まずは10万円から100万円に増やすのを目標にしましょう

これなら現実的で、低リスクで稼ぐ方法は「みんなのFX」の無料講座で学べます。(オンラインあり!)

みんなのfxのセミナー

みんなのFXでは当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

少額から低リスクで始めたいなら、SBI FXトレードもおすすめで、ここは4円からFXができます

今なら、無料の口座開設をするだけで500円もらえるので、このチャンスを生かしましょう。

\ キャンペーンを見てみる /
関連記事