>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

なぜ稼げない?FXで必ず負ける人の特徴まとめ!損しない対策も解説

この記事では、以下の疑問を解決します。

・FXで負けないためにはどうすればいい?
・FXで負ける人の特徴を教えて

記事を読むことで、FXで損しない方法と手堅く稼ぐ方法がわかります。

結論、損しないためには知識をつけ、過度にレバレッジをかけずリスク管理をして、ルールを守ってトレードすることが必要です。

こういった知識は「みんなのFX」で学べて、他にも初心者の方向けの学習コンテンツが充実してます

みんなのfxのセミナー

これらは無料で口座を作るだけでチェックでき、当サイト限定で53,000円もらえるキャンペーンもやってます

お得なので、まずは口座を作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

※FXの基本的な仕組み、利益を出す方法などは以下の動画でもチェックしてください

FXで負ける人の特徴を知り反面教師に

FXで負ける人の特徴を知れば、それを反面教師にして損失回避できます。

これから紹介することは必ず覚えておきましょう。

FXで負ける人は知識不足

バイナリーオプションで儲からない人

FXで負ける人は以下のことに関して知識がなく、そもそも勉強してません。

・相場予想で必要な分析
・注文方法
・根拠を持ったエントリータイミング
・損切り、利確の基準
・リスク管理、資産管理
・トレードの種類
・通貨ペアごとの特徴

FXをギャンブルと勘違いして、「上がるか下がるか予想すればいい」と思っています。

これでは勝てるわけがないですよね。

FXで損する人は分析をしない

バイナリーオプションの稼ぎ方

FXで負ける人は、大事な2つの分析をしません。

大事な分析2つ
・テクニカル分析:チャートの形や重要な指標から今後の値動きを予想する分析手法

・ファンダメンタルズ分析:経済指標や要人発言から為替の値動きを予想する分析手法

FXの裁量トレードで利益を出したいなら、2つの習得は必須です。

分析によって根拠あるトレードができるようになるので、以下のアプリを参考にして理解するようにしましょう。

注文の基準がない(タイミングが不適切)

スクリーンショット 2021 09 18 11 24 53
FXで負ける人は注文する際に根拠がなく、適当に注文してます。

FXで勝ちたいなら、必ず根拠を持ってトレードする必要があります

その根拠というのは、たとえば以下のようなものです。

・トレンドのシグナルであるゴールデンクロスが観測されたので新規注文した

※ゴールデンクロスは短期線が長期線を下から上へ突き抜ける状態で、上昇トレンド入りを表し、買いのシグナルとなる

このようにチャート分析した上で注文する必要があるので、分析への理解は必須です。

損切り、利確ができない

FX専業成功者の儲け方

新規注文した後に正しく損切りや利益確定の決済注文ができないと勝てません。

FXで裁量トレードをするなら損切りは必須で、損失を小さくしながら残ったお金でそれ以上の利益を狙うのが定石です。

※損切りは以下の動画で詳しく解説してるので、チェックしてください

利益確定のタイミングも決めておく

利益確定もタイミングを逃さぬように、あらかじめ「これだけ動いたら決済する」と決めておきましょう。

含み益が出ているのに「もっと儲かってから決済する」と欲を出して、相場が逆に動き含み損を抱えてしまうこともあります

こういったことをなくすために、厳格に利益確定の基準も決めましょう。

損切りルールを事前に決めるのが大事

損切りについては「2%ルール」が有名なので、覚えておきましょう。

含み損が投資額の2%まで達した時に損切りをするというものです。

fxで損切りしながら稼ぐ方法

2%ルールでは、投資額が10万円であれば2000円の含み損を抱えたら損切りします。

2000円損しても次の注文で3000円儲かれば、トータルの成績は+1000円です。

損を小さくしながら利益を大きくするトレードで利益を出しましょう

プロスペクト理論に注意

スクリーンショット 2021 08 30 19 14 52

FXでは、プロスペクト理論について知ることで損切りしやすくなります。

これは人間が持つ「早く利益を確定したい」「損をできるだけ回避したい」という心理のことで、

この心理があることで人間はなかなか損切りができなくなってしまいます

しかし、損失を増やさないために損切りは必須ですので、心理(感情)に惑わされず淡々と損切りしましょう

メンタルコントロールできない(熱くなる)

スクリーンショット 2021 09 08 11 10 31

FXで勝つにはメンタルコントロールが必須です。

人間は投資に向いておらず、暴落などでパニックになると正しい判断ができなくなります

結果、正しくないトレードをして損します。

そうならないためには、冷静でいることを心がけ、すぐ熱くならないようにしましょう。

負けを取り返そうと熱くなってガンガン注文してしまうのは大損の元です。

レバレッジを過剰にかけてリスク管理を忘れる

fxで低リスク手法で稼ぐ

少額でハイリターンを出そうと、ハイレバレッジで取引すると損しやすいです。

レバレッジをかけすぎると含み損を抱えた時にロスカットされやすくなり、損失確定してしまいます。

FXでは年始の「〜ショック」のように大きく相場が急変する時があり、こういった時に特にロスカットで損する人が増えます

FXでは儲かるよりも、まず損しないことが大切ですから、必ずリスク管理はしましょう。

その一環として、レバレッジは最大でも3倍までにし「負けないFX」を心がけましょう

レバレッジとロスカットなど大事な用語を解説してるので、必ずチェックしてください

資金がない・少ない

FXは初心者でも稼げるのか

レバレッジをかけすぎる原因に「資金不足」があります。

1万円しかないのに、25万円分のトレードをしようとしてレバレッジ25倍でやる人がおり、だいたいが損してます

少ない資金でハイリターンを狙うのは難しいので、諦めてコツコツ増やすことを目指しましょう。

1%ルールに従わない

FXで儲かるコツ

「1回あたりの注文額は、投資資金の1%以内に収める」1%ルールがあります。

これを守ることで、大損を回避できます。

例:100万円の資金なら、1本あたりの注文では1万円が上限となる。

1%ルールを守ることで、一気に資金を失わずに済みます

コツコツ増やせるように覚えておきましょう。

ほかにもルールを決めない

スクリーンショット 2021 08 30 19 18 02

1%ルールや損切りルールの他にもFXでは事前に決めるべきルールがあります。

たとえば、「取引時間を決める」「週明けの急変で損しないために週末はポジションを決済しておく」などです。

これをらを決めて守らないと、予想外の損をすることがあるので、必ず守りましょう。

トレードの種類を知らない

スクリーンショット 2021 08 30 19 04 13

FXには大きく4つのトレードの種類があります。

・スキャルピング:数秒〜数分単位で利益を狙う
・デイトレード:数時間〜1日単位で利益を狙う
・スイングトレード:数日〜数週間で
・中期〜長期トレード:1ヶ月以上の期間で
・自動売買:システムに運用を任せる(ほったらかしOK)

それぞれ適性があり、ぼくはスキャルピングとデイトレードが合わなかったので、二度とやらないと誓いました。

それよりはまったり安全にやれる「中期〜長期トレード」「自動売買」が合っており、それで利益を出せています。

損しないために、自分に合うトレードを見つけましょう。

みんなのシストレや中期トレードで使ってる「みんなのFX」は、キャンペーンで53,000円もらえてお得なので活用しましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ キャンペーンで53,000円もらう /

通貨ペアごとの特徴を知らない

fxおすすめ通貨ペアランキング

通貨ペアごとの特徴を知らないと、変な値動きをする通貨でトレードして損することがあります。

以下の特徴は必ず覚えておきましょう。

通貨ペアの特徴
取引量が1位の通貨ペア:ユーロ/米ドル

・情報収集しやすく値動きが安定して取引量2位:米ドル/円

値動きの大きい通貨。ハイリターンを狙える:ポンド/円

日々受け取れるスワップポイントが多く、金利収入をられる:メキシコペソ/円

以下の動画で紹介してる通り、初心者の方にもおすすめできる通貨ペアは「米ドル/円」です。

市場のニュースを無視する

fxで儲からない人の特徴

ニュースを見ずに短期トレードするのは失敗の元です。

特に重要な経済指標の発表や要人発言があるときは、値動きが急変しますから、必ずチェックしてからトレードしましょう

ぼくは経済指標の発表をチェックせずに後悔したことがあるので、こういった体験談も反面教師にしてください。

通貨ペアを変えすぎる

スクリーンショット 2021 09 18 12 11 07

FXで負ける人の多くは、通貨ペアを変えすぎます

通貨には値動きの大きいもの・小さいもの、トレンドが出やすいもの・出ないもの、と色々あります。

それぞれ特徴が異なり、いろんな通貨ペアを見ていると分析が薄くなり、正しい判断ができなくなります

しっかりした分析をするためにも、通貨ペアは絞り相場を理解した上でトレードするようにしましょう。

戦略を変えすぎ

スクリーンショット 2021 09 18 12 11 07

戦略や手法をコロコロ変えて、振り返りをしない人もずっと負け続けます。

まずは1つの手法を試したら、損してもすぐ辞めず仮説検証を繰り返してトレードの精度を上げていきましょう

改善していけば、勝つヒントが見つかり儲かるようになります。

FXで損する人はトレードの記録をつけていない

FXで必ず負ける人の特徴

仮説検証と改善をするためには、トレードのたびに記録することが必要になります

FXで損する人は記録をつけないため、振り返りができず、いつまで経っても上達しません。

逆に、記録をつける人は上達し、勝てるようになります

トレードの際は「エントリーした理由・根拠」「その時の相場状況」などを細かく記録しましょう

そうすれば、振り返りをして改善できるようになり、どんどんFXのスキルが高まっていきます。

忍耐力がない

スクリーンショット 2021 09 18 12 11 07

戦略をすぐ変えるのもそうですが、失敗してすぐやめてしまう人は損したままで終わります

いま勝ってるトレーダーもかつては負けて、反省しながら改善をして勝てるようになりました。

儲かるまで続ければ、いつか勝率が上がり資産を増やせるようになるかも知れません

向いてないことをやり続けるのはダメですが、ある程度のガマンが必要であることも覚えておきましょう。

有効だった手法をいつまでも信じている

スクリーンショット 2021 09 18 12 16 06

FXでは、都度利益を出しやすい手法が生まれます。

最初は稼げて旨みがありますが、手法が広まって多くのトレーダーが活用するようになると、稼ぎづらくなります

逆のポジションを取って利益を出そうとするトレーダーも増えてきて、損もするようになります。

生まれてから時間が経ち、通用しなくなった手法を信じるのも危険です

FXで負け続ける人は全ての相場で取引しようとする

スクリーンショット 2021 09 08 11 05 16

FXで負ける人は、自分の得意な相場や不得意な相場の見極めができておらず、すべての相場で取引しようとします

これはやめたほうがいいです。

仕事などでもそうですが、自分が不得意なことをやっても成果は出しづらいです

同じ時間をかけるなら得意なことをやったほうが成果は出ます

FXでも得意な相場を見極めて、そこだけでトレードするようにしましょう。

手数料(スプレッド)を理解していない

スキャルピング公認のfx会社

投資では「手数料負け」という言葉があり、手数料で利益が大きく削られることを指します

いま国内のFX会社のほとんどが取引手数料0ですが、スプレッドで手数料をとっています。

中には米ドル/円のスプレッドが2銭のところもあり、10,000通貨あたりの取引で200円も利益が削られます

こうならないためにも、スプレッド最狭の会社でコスト最安取引をしましょう。

スプレッド最狭の会社は「みんなのFX」で、当サイト限定のキャンペーンで53,000円プレゼント中です!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ キャンペーンで53,000円もらう /

使う指標やインジケーターが多すぎる

fxで負ける人、負けない人

FXで負ける人の多くは、チャートで多くのテクニカル指標やインジケーターを使用しています。

同じチャートに多くの指標やインジケーターがあると、売買のタイミングを決めるのが難しくなります

MACDでは「買いのタイミング」となっており、ボリンジャーバンドでは「売り」である時があります。

判断材料が多すぎると迷うので、シンプルに判断できるように、使うものは絞りましょう

専門家の意見を鵜呑みにする

fxで勝てない人の特徴

有名トレーダーなど、専門家の意見通りにトレードしたり、情報を鵜呑みにする人もFXで負け続けます。

有名トレーダーといえど、予想を外すこともあります

また、テレビに出ているような専門家の中には、実際にトレードしてない人もいますし、知識だけあり、実践が伴わない人もいます。

そういった人の意見を参考にしても、勝てるようにはなりません

コピートレードも損する

スクリーンショット 2021 09 18 11 24 53

Twitterなどでポジションを公開するトレーダーもいますが、彼らの真似をして注文しても勝てません。(経験談)

そもそも注文する時間を完璧に真似するのは無理ですし、

トレードスタイル(短期〜長期)によって利確タイミングも変わるのでエントリーポイントを同じにするのはあまり意味がないです。

自分で考えてトレードしないと時間と労力のムダになるので、これもやめましょう。

資金力の差での有利・不利を理解してない

FXは初心者でも稼げるのか

FXでは機関投資家のような大口の動向を理解することも大切です。

大口は、大量の資金を投入して「だまし」の売買サインを出し、個人投資家を損させます

一気にチャートが上昇したタイミングで個人投資家は「上昇トレンド」ということで買ってしまいます。

しかし、それはだましで、買い集めていた大口は売りで利益確定して、個人投資家は高値づかみをして終わります

こういったことがあるので、ただしくチャート分析する力も必要になります。

FXで損しないための対策

FXで負けない対策としては、勉強することと手堅い手法を使うことです

※手堅い手法のスワップポイント投資について以下の動画で解説してます

勉強については紹介した通りで、最低限の基礎は必ず学びましょう。

利益を出すのにおすすめのFX会社

勉強はSBI FXトレードがおすすめで、初心者向けのわかりやすい情報源が充実しています

手堅い手法は「みんなのFX」でやるのがおすすめで、手数料が安く、スワップポイントの条件も良くて有利に取引できます

両方でおトクなキャンペーンをやっているので、チェックしましょう!

\ 限定!5.3万円もらえる /
\ 3円からFXでき、5万円もらえる /

勝つことよりも負けないことを優先する

スクリーンショット 2021 08 23 13 59 27

損しないために、勝つことよりもまず負けないことを優先して、以下のことを守りましょう。

・ハイレバレッジで無理な注文をしない
・資金管理とリスク管理を徹底する
・根拠のない注文をしない
・短期でハイリターンを狙わない
・年利10%目標でコツコツ増やす
・出金拒否などのリスクがある海外FXを使わない

これを実践すれば、資金が減らず儲かるようになりますよ。

負けたくない人はまずデモトレードをやろう

負けて損するのが嫌な人は、自己資金を使わずにデモトレードをやるのもありです。

こちらであれば損しても実際のお金は減らず、FXの練習ができ、いろんな取引に挑戦できるため、自分の得意な相場も見つけやすいです。

損切りもちゅうちょなくやれて、正しいトレード方法を身につけられます。

デモトレードで基礎を身につけてから本番口座に移行するのもおすすめ

デモトレードできる「みんなのFX」も活用しましょう。

\ 限定!5.3万円もらえる /

FXでずっと負け続ける人まとめ

最後に要点をまとめます。

・FXでは勉強しないと損する
・テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析の理解が必要
・根拠あるトレードをすれば負けづらい
・損切り・利確のタイミングも学ぼう
・通貨ペアの特徴を知ることで損しづらくなる
・感情で損しないためにルールを守る

FXの勉強をするなら、学習コンテンツが充実してるみんなのFXとSBI FXトレードがおすすめです。

SBI FXトレードは4円から少額でやれますし、レバレッジを最大3倍に設定してリスクFXをやれます

口座を作るだけで500円もらえるキャンペーンもあるので、活用しましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

自動売買ならチャート分析、ニュースチェックなど不要で楽なので、みんなのシストレも活用しましょう。

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ キャンペーンで53,000円もらう /
関連記事