>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

スプレッド狭く取引量多い?ビットポイントの評判や口座開設方法まとめ

この記事では、ビットコインなどの暗号資産を取り扱うビットポイント(BITPOINT)を紹介します。

上場企業グループが運営しており、運営元がしっかりしていますし、手数料が安いので、興味がある方は参考にしてください。

※運営会社の株式会社ビットポイントジャパンは、上場企業である株式会社リミックスポイントの100%グループ会社です

ビットポイントのメリット

ビットポイントには以下のメリットがあります。

・手数料が安い(スプレッドが狭い)

・板が厚め

・国内最大級の取引量(BTC、XRP、ETHにて)

1つずつ解説します。

手数料が安い

ビットポイントでは以下の手数料がすべて無料です。

・口座管理料、取引手数料

・法定通貨(JPY)の入金手数料(即時入金サービスに限り)

・暗号資産の入金手数料(預入)、暗号資産の出金手数料(送付)

このようにお得に取引できます。

スプレッドが狭い

ビットポイントではスプレッドの狭さもユーザーから評価されてます。

企業努力の姿勢が見えます。

板が厚くなっており、取引高も増えている

以前は板についてデメリットもありましたが、最近のシステム改善で板が厚くなってきてます。

取引量も増えており、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)においては国内最大規模に迫る勢いです。

あまり知名度はないかもしれませんが、システム改善により、紹介したスペックがこれから注目されそうですね。

無料で口座を作る

>>ビットポイントのサイトを見てみる

ビットポイントでの口座開設方法

ビットポイントの口座開設はかんたんにできます。

まず専用ページから「今すぐ口座開設」というボタンを押し、作業を進めていきます。(5分ほどで作業は終わります)

ビットポイントでの口座開設

基本情報の入力、本人確認書類アップロード(免許証とか)でOK。

他の取引所より、口座開設が簡単でした

ビットポイントは申し込み手続きをスムーズにしようとする姿勢がよかったです。

口座申し込みの際はまずメールアドレスなどを登録します。

スクリーンショット 2020 09 07 15 14 08

その後は住所、名前などの個人情報を入力します。

個人情報入力(取引用パスワード入力はなし)後はQRが発行され、QRを読み込むと外部サイト(審査用のサイト)へ遷移します。

その後、端末のカメラが起動し以下の作業を進めます。

①免許証やパスポートの内容と上部から(厚みがわかるように)の撮影
②本人撮影による同一人物を審査
(顔写真付き身分証と同一人物かと、首の動きを指示し撮影⇒審査)

本人確認は免許証の場合、以下のやり方で進めます。

1.上から表面撮影(厚みがわかるように撮影)
2.表裏撮影
⇒上から表面と実際の表面の整合性チェック
3.本人顔撮影(向きを指示)

これが終われば、審査され、審査に通れば取引を始められるようになります。

というわけで以上です。

無料で口座を作る

>>ビットポイントのサイトを見てみる