【評判】CRE Funding(FUELオンラインファンド)に投資!メリット・デメリットや物流不動産を解説

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、融資型クラウドファンディング「CRE Funding(シーアールイー ファンディング)」を紹介します。

個人投資家でも「1万円から安定感のある物流不動産に投資できる」といったメリットなども解説するので、参考にしてください。

※とりあえず10万円投資してみました(キャッシュバックキャンペーン中です

cre fundingで投資

安心!上場企業グループがファンド運営

以下、記事に書く内容。

・CRE Fundingとは?(仕組みを解説)

・このサービスの肝となる物流不動産とは?

・メリット・デメリット

では、それぞれ説明していきます。

>>儲かる?投資型クラウドファンディングのメリットやおすすめを紹介(比較あり)

CRE Fundingとは?(仕組みを解説)

CRE Fundingの仕組みは、ざっくりオーナーズブックの仕組みに似てます。

cre fundingの仕組み

東証一部上場企業(CRE)のグループ会社を通じて、(物流)不動産事業者に融資し、その利息で投資家は利益を得られます。

※間接的な物流不動産投資という感じです

>CRE Fundingのサイトを見てみる
CRE Funding

不動産を売却し、投資家に資金を返す

なお、ぼくが投資した「物流ファンド4号 厚木愛川」の場合、資金使途は「既存メザニンローンのリファイナンス(借換え)」。

そして、出口としては不動産を売却し、その売却資金により借入金の返済を行います。

※売却先は、CRE(シーアールイー)グループが運用する別ファンドを予定。(株式会社シーアールイーへ譲渡する可能性も)

creアライアンスで貸付
(株式会社CREアライアンスを通じて貸付を行います)

CREの肝となる物流不動産とは?

ちなみに、物流不動産とは、倉庫・物流センターなどの建物です。

creの物流不動産

物流業務を行うための施設として事業者に貸し出され、借りてる側は賃料を払います。(一般的な不動産と仕組みは同じ)

物流はインフラであり、よっぽどのことがない限り需要はありますから、手堅い投資先として注目されているのです。

スクリーンショット 2020 05 13 8 24 12

CREグループの圧倒的な実績

また、CREグループは物流不動産分野に特化したビジネスを行なっており、目利きもしっかりしています。(その道のプロ)

creグループの実績

なので、ファンドを介して投資できる不動産も信頼できる可能性が高いのです。(マスターリース契約で安定した賃料が見込めるのも魅力)

>CRE Fundingのサイトをチェックする
CRE Funding

FUELが審査した上で投資家に提供

また、CRE Fundingには、「投資家として嬉しいポイント」もあります。

それが、第三者であるFUEL株式会社によって審査された上で投資家向けにファンドが提供されていること

スクリーンショット 2020 05 13 8 23 02
(FUEL株式会社は、第二種金融商品取引業者)

※FUELの審査(財務健全性、ファンド対象事業の実績など)を通過した企業だけが「CRE Funding」でファンドを提供します。

FUEL株式会社とは?信頼できる?

なお、FUEL株式会社は細澤 聡希さんが代表で、細澤さんはドイツ証券投資銀行本部で、IT、金融、不動産業界を長年担当された方。

他にも金融のプロが車内に揃っており、審査体制としては十分と判断し、投資しました。

cre fundingで投資申し込み

※FUELが第三者の立場で信頼性、安全性、収益性などについて審査する

>CRE Fundingのサイトを見てみる
cre fundingでファンド成立

FUELでの審査内容

FUEL側(審査部門)でやる審査内容は以下の通り。

○第一次審査:事業者などに対する審査

【内容】
・上場会社グループに属しているか、もしくは事業者等のグループ会社が監査法人との間で監査契約を締結しているかの確認を行う

・そのいずれにも該当しない場合には、ファンドの取り扱いを行わない

第五次審査まで厳しくチェック

○第ニ次審査:事業者などに対する審査で、基礎分析、収益性分析、安全性分析、成長性分析、活動分析の5カテゴリについて、審査

・5カテゴリとも問題ないと判断された場合のみ、次の審査に進む

○第三次審査:貸付先及びファンドに対する審査を行う

・所定の項目に該当しないか審査(複数の項目について審査し、1項目でも該当する場合には、ファンドの取り扱いをしない)

○第四次審査:貸付先及びファンドに対する審査を行う

・基礎分析、収益性分析、安全性分析、成長性分析、活動分析、事業分析の6カテゴリについて、カテゴリごとに審査を行う

・6カテゴリとも問題ないと判断された場合のみ、次の審査に進む

外部の専門家も交えて最終審査

○第五次審査:審査委員会において、第一次審査から第四次審査までの審査結果をもとに審査を行う

・審査委員会は外部の専門家も交えて、全員の一致をもってファンドの取扱いを決定

・1名でも反対者がいる場合には、ファンドの取扱いは行わない

このように厳格に審査されてから、投資家にファンドが公開されます。

>CRE Fundingのサイトをチェックする
CRE Funding

デメリット(損失リスク)あり

このようにメリットもありますが、デメリットもあり、それが他の投資と同様に損するリスクがあること。

CRE Fundingは元本保証がなく、貸し倒れの可能性があります。

なので、そういったことも理解しながら投資しましょう。

保証付ファンドもあり大丈夫と判断

とは言っても、ファンドの内容を見て、ぼくは大丈夫と思い10万円を投資しました。(以下、ファンドの条件)

・予定利回り:3.0%、予定運用期間:約9ヶ月

・担保なし、上場企業である株式会社CRE(シーアールイー)の保証つき

・利益配当は3か月ごとで、元本はファンド運用終了時に一括返済

>CRE Fundingのサイトをチェックする
cre fundingで投資

1分で3500万円が集まった

CRE Fundingはぼく以外の投資家からも人気で、最新ファンドは1分で3500万円集まりました。

中には、人気すぎて投資できなかった人も。

このように、デメリット以上のメリットがあると判断した人から好評なのが、「CRE Funding」なのです。

cre fundingのファンド

最新の提携やファンド情報

複数のファンドに投資してる人もいました。

最近だと、海外展開も発表されました。

というわけで、良さそうと思った人は無料の口座開設だけでもやっておくといいですよ。(すぐ簡単に終わります)

>CRE Fundingのサイトをチェックする
cre fundingで投資

コロナの影響も大丈夫そう

あと、コロナの影響について出資先である株式会社CREアライアンスから、以下のコメントが届いてます。

短期的には世界的な新型コロナウイルス問題の収束時期が明確には⾒通せないため、金融情勢や経済状況の不安定な推移が続くと思われます。

しかしながら、運用中の物流倉庫はCREと賃料保証型のマスターリース契約を締結しており、

賃料収入の安定性を確保しているため、今後も安定的な運用ができると考えております。

なお、運用中のファンドにおいて、利益分配や元本償還に影響を与える事項は確認されていないそうです。

また、「遅延や期失などが発生する可能性が明らかになった場合には、速やかに投資家にお知らせする」とのこと。

なので、ぼくはあまり心配してないです。

>CRE Fundingをチェックする
cre fundingで投資

口座開設は20歳以上75歳未満の人が対象

では、補足情報をまとめていきます。

・口座開設の条件:以下の条件を全て満たしている場合に、口座を開設できる

・申請者本人であること

・20歳以上75歳未満の方(※対象年齢であっても学生は口座開設できません)

・日本に居住している

※投資家の利回り3%ながら、融資先への貸付金利は3.3%で良心的なことも気に入ってる点

(通常、手数料として1.5%くらいとるのですが、たったの0.3%。手数料= 貸付金利 – 投資家の利回り)

ファンドの募集期間中であればキャンセル可能

マイページの「投資申込中ファンド」からキャンセル可能。

なお、募集期間終了または募集期間終了前に募集総額の満額達成により募集が終了した場合は、キャンセルできません。

※キャンセルするなら、募集金額が集まる前にぜひ(今のような1分で集まる状況だと、キャンセルは難しいと思った方がいいです)

>CRE Fundingのサイトを見てみる
CRE Funding

信用リスクについて

FUELオンラインファンドの運営会社(FUEL株式会社)が倒産した場合、預けてる資産に以下のような損害を与える可能性があります。

・投資口座に残高がある場合、全額返ってこない可能性がある

・ファンドに投資している場合、ファンドはFUELの状況に関係なく運用継続されますが、分配手続き等の事務面に滞りが発生する可能性あり

※ファンド事業者やその親会社が倒産した場合、ファンド事業に影響がでる可能性があり、元本割れもありえます。

ログインはマメにしておこう

あと、CRE Fundingで投資口座に残高がある場合、運営会社が投資意思の確認を行います。

投資意思は、サイトへのログインをもって確認し、最終ログイン日から3か月ログインがない場合、投資口座の残高が自動的に出金口座へ返金されます。

こうならないように、定期的にログインしておくことをおすすめします。

>CRE Fundingをチェックする
cre fundingで投資

FUEL株式会社の登録・加入協会

運営会社の情報は以下の通り。

所在地:東京都渋谷区道玄坂1-22-9 AD-O渋谷道玄坂2階

役員:代表取締役細澤 聡希さん、代表取締役徳毛 雄一さん、取締役小川 喜之さん

・取締役CTO恵比澤 賢さん、社外取締役織井 渉さん、社外取締役林 昇平さん、監査役太田 諭哉さん

第二種金融商品取引業[関東財務局長(金商)第2123号]
(加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会)

リスクを抑えたFXで寝てる間もお金を増やしてます

ユーザーの80%が儲かってる「手間なしFX」

お得なタイアップで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今ならキャンペーンで3,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

サブコンテンツ