無料で毎日もらえる仮想通貨「Swift Demandコイン」が目指すのは「ベーシックインカム」

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、毎日100Swift(単位)もらえる仮想通貨(トークン)「Swift Demand(スウィフト・デマンド)」を紹介します。

現時点、上場もしてないので無価値と思いきや、日本にはこの通貨を使えるお店があるみたいなんですよ。

というわけで、どんな通貨か書いておきます。

有利な税率で億り人を目指すために知っておきたいこと

なお、今の税制だと仮想通貨で儲けた場合、最高で55%も税金がかかり、利益のほとんどが持っていかれます。

しかし、株であればどれだけ利益を出しても、税率は20%と仮想通貨より有利なので、こちらで稼ぐのが賢いです。

そして、株式投資で利益を出したい方は、投資のプロが「これから上がる銘柄」を教えてくれる無料メルマガを知っておくといいです

ぼくも購読してますが、的中率がすごいんですよ


過去には、1ヶ月で4倍になった銘柄も紹介してます

>>無料メルマガで投資の勉強をする

もちろん、あとで課金されることもなく、ずっと無料で、いつでも配信停止できます

登録も1分で終わるので、今すぐお得な情報を手に入れておくといいです。

>>【実績あり】1ヶ月で4倍になる銘柄を知れる無料メルマガに申し込んだら、予想以上に有益だった話

【本題の前に】他にも仮想通貨を無料でもらえる方法がある

あと、仮想通貨は以下の方法でも無料でゲットできます。

>>【まとめ】ビットコインを無料でもらう方法4つ

気軽なのは、「ビットポイント」、「GMOコイン」での口座開設、「bitFlyer(ビットフライヤー)」での無料体験によるビットコインゲットですね。

というわけで、興味ある方はぜひ。

ビットコインをもらう>>GMOコインのサイト

一番多くもらえます>>ビットフライヤーのサイト

【では本題へ】無料登録だけでもらえる

「スウィフト デマンド」が他のICOをやってる仮想通貨(トークン)と違うのは、無料で得られること。

他の仮想通貨は、ビットコイン建て、イーサリアム建てでお金を払って得るんですが、これは全くの無料なのです。

やるべきは、サイトから登録して、毎日「Clamボタン」を押すだけ。

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 44  1

これだけで、毎日100Swiftもらえるのです。

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(35銘柄を購入中)

「スウィフト デマンド」より信頼できるコインを買うなら

ただ、「無料でもらえる」と言っても、このコインが無価値になる可能性は十分あります。

なので、これから価値が上がる可能性のあるコインを保有したいなら、以下の選択肢も知っておきましょう。(どの取引所も口座開設無料です)

仮想通貨の取引所「Zaif(ザイフ)」で買えるコイン:
ビットコイン(積立てあり)、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナーコイン、NEM/XEM

>>GMOコイン
ライトコイン、リップル(GMOコインだと、口座開設すると400円ほどのビットコインがもらえます)

アルトコインは手数料が安い取引所で買う

アルトコインは、売買手数料が無料(もしくは、ほぼゼロ)で、売買金額の差(スプレッド)が小さい取引所で買うとコストを抑えられます。

あと、今だと以下のようなお得なキャンペーンもやってます

>>【2月まで延長】3000円分のビットコインがもらえる!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

こちらも覚えておきましょう。

関連記事:【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

ベーシックインカム的な思想

では本題に戻ります。

なぜ無料で(今はほぼ無価値の)コインがもらえるかというと、Swiftの開発者がベーシックインカム的なものを目指しているから。

以下、サイトからの引用。「スウィフト デマンド」はベーシックインカム的な試みです、と書かれています。

ーーWhat is Swift Demand?

Swift Demand is an attempt at basic income.

Each user who is signed up for the service receives 100 swifts each day.

人間が本来やるべきことをやれるようにする思想?

ベーシックインカムは、人々に無償でお金を配る制度。

これによって、人間は「やる必要のない仕事をやらなくてよくなり、本当にやりたいことだけやれるように」なります。

実際、海外では以下のような事例が出てきています。

「スウィフト デマンド」はこういった状態を目指すために作られた仮想通貨なのかなと思いました。

Swiftの使い道

なお、これまで「スウィフト デマンド」は、ほぼ無価値と言ってきましたが、日本の飲食店では使えるところも出てきています。

参照:【大阪/月イチ開催BAR】「最初の1杯+おつまみ」を1000Swiftで! – Swift Demand Fun

あとは、以下のような事例もありますね。

・バンコクのバー。500Swiftで、生ビールが1杯のめる

・1000Swiftで、似顔絵を描いてくれる人がいる

・100swiftで広告記事を書いてくれる人もいる(拡散も)

・6000Swiftで、Tシャツ販売

このように、特定のコミュニティでは「価値ある通貨」と認めるようになってるわけですね。

Swiftの公式ショップもできる予定

あと、公式Twitterでは「Swift」を使ったオンラインストアもリリース予定と発表しています。

リリースは、12月9日だそうです。

公式では、みんながモノをSwiftを介して売りやすくなるよ〜、とアナウンスしてますね。

このように、どんなレベルのショップが出てくるかわかりませんが、価値を媒介するものとして、どんどん進化していくかもしれません。

「スウィフト デマンド」の登録方法

なお、登録は他のサービスと同じで、情報入力、メールなどでの認証をしていきます。

まずは、サイトから、名前、「スウィフト デマンド」サイトで使うID、電話番号などを入力していきます。

スクリーンショット 2017 12 05 11 01 57

なお、電話番号(Phone Number)は日本で使ってる番号なら、冒頭に「+81」を入れます。

「090」なら「+8190」ですね。

あとは、電話番号認証でショートメッセージが送られてきて、そこに書いてあるコードを「スウィフト デマンド」側で入力します。

次に、メールアドレスを登録して、いつも通りの認証URLをクリックすると、「スウィフト デマンド」のマイページにログインできるようになります。

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 34

なお、冒頭で書いたように、「Claim」を押すと、100Swiftもらえます。

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 56  1

と、こんな感じで毎日仮想通貨をゲットできるわけです。

というわけで、興味ある方は「スウィフト デマンド」のサイトからどうぞ。

「スウィフト デマンド」より信頼できるコインを買うなら

先ほども書きましたが、ビットコイン以外の仮想通貨を買うなら以下の取引所がおすすめ。

>>Zaif(ザイフ)
ビットコイン(積立てあり)、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナーコイン、NEM/XEM

>>GMOコイン
ライトコイン、リップル

【追記】ストアができてました

予告されていた、公式ストアができてました。

スクリーンショット 2017 12 10 16 58 04

まだ立派とは言えませんが、swift demandという通貨がやりとりされる場ができたのは、大きな一歩。

ここには、誰でも出品可能。(sellボタンから。BASEみたいな感じ)

スクリーンショット 2017 12 10 16 58 15

商品設定では、実体あるもの、ないもの(デジタルコンテンツ)、限定販売、定期購読(サブスクリプション)などが可能。

というわけで、今後に期待です。

料理のレシピも売ってる

他だと、煮卵のレシピや電子書籍のようなものが売られてましたね。

BASEなどのように自分ができること、スキルを販売していくストアとしても使われていきそうですね。

というわけで、これからの動向も追記していきます。

テレグラムの運用も始まってました。(2018年2月4日に確認)

登録者が10万円を超えた!

あと、登録者が10万円を超えたというニュースも。

最近だと、ショップ(ストア)の出品数が500を超え、カテゴリーも追加されてます。

こんな感じで、どんどん進化してるプロジェクト(コイン)です。

ポイント交換やエアドロップも効果的

あと、ポイントサイトのポイントをビットコインに交換できます。

>>Pexポイントをビットコインに交換!ビットコインを無料で得る他の方法も紹介(動画サービスの無料お試し利用でも付与)

他だと、エアドロップという仕組みでも仮想通貨がもらえます。

これは、一般企業がプロモーションの一環で割引とか、ティッシュを無料で配るようなものですね。

マーケティングの一環で無料でコインを配布してる感じ。

貸し出し、ウォレットに入れておくだけでもトークンが手にはいる

このように、タダ(0円)で仮想通貨は手に入ります。

あと、ウォレットを活用して増やす方法も覚えておきましょう。

>>$WAVES を貸し出して(リース)報酬(配当)をもらう方法【エアドロップ】

>>NEOをウォレット「Neon Wallet」で管理する方法(理想はハードウェアウォレットのLedgerで)

関連記事

>>【千円からOK】Zaifでの仮想通貨(ビットコイン)積立は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>手数料無料でライトコインを買う方法 @仮想通貨の取引所「ビットバンク」

仮想通貨のおすすめ投資法

>>仮想通貨でおすすめの投資方法を紹介!リスクを抑えて稼ぐには「ビットコイン積立」が便利

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

【さらに追記】iPhoneが販売されてたが、今は無くなった

[追記]以降で、iPhoneが販売されていたと書いてますが、いつのまにかなくなってましたね。

最近、ストアにiPhoneが販売されていましたw

スクリーンショット 2017 12 20 16 52 46  1
(iPhone X (シルバー, 256GB) が560000swift)

販売元は、Apple iZenicaといって公式かわかりませんが、Apple製品を売ってるところだそうです。

スクリーンショット 2017 12 20 17 00 04  1

本当に買えるかわかりませんが、他にも以下のApple製品がありました。(数字の単位はswift)

・Apple iPhone X (シルバー, 64GB) :490000
・Apple iPhone SE (ゴールド, 32GB) :113950
・Apple Watch 3 – 42mm スペースグレイ:134000

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【お得】無料で儲かる銘柄を知る方法

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ