>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

【仮想通貨】スイフトデマンドが上場?SwiftDemandの現在価格は?

どうも。8500万円を資産運用に回しているタクスズキです。

毎日100Swift(単位)もらえる仮想通貨(トークン)「Swift Demand(スウィフト・デマンド)」を紹介します。

現時点、上場もしてないので無価値と思いきや、日本にはこの通貨を使えるお店があるみたいなんですよ。

【大事な追記】公式Twitterの更新が2018年9月で終わっていて、開発も進んでないです。(諦めたほうがいいですね)

GitHubも更新されてないですし、ブームに乗ったプロジェクトなのだと思います。

スイフトデマンドよりは他の仮想通貨をもらったり、現金をもらったりした方がお得です。

今ならマネーパートナーズで1000円もらえてお得なので、受け取っておきましょう。

マネーパートナーズタイアップ

\ まず1000円もらう /

仮想通貨、現金をもらう方法

他にも仮想通貨や現金などを無料で受け取る方法があるので、チェックを。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、こちらも活用しましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【では本題へ】無料登録だけでもらえる(怪しいのか?)

「スウィフト デマンド」が他のICOをやってる仮想通貨(トークン)と違うのは、無料で得られること。

他の仮想通貨は、ビットコイン建て、イーサリアム建てでお金を払って得るんですが、これは全くの無料なのです。

やるべきは、サイトから登録して、毎日「Clamボタン」を押すだけ

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 44  1

これだけで、毎日100Swiftもらえるのです。(別に怪しくはないです)

「スウィフト デマンド」より信頼できるコインを買うなら

「無料でもらえる」と言っても、このコインが無価値になる可能性は十分あります。(大事な追記:実際なりました

なので、価値が上がりそうなコインを保有したいなら、以下の選択肢も知っておきましょう。

ビットコインやリップルはコインチェックで買えて、ここでは仮想通貨で不労所得を得られます

Liskという仮想通貨を持っているだけで、毎週報酬がもらえます。(少額でもOK)

コインチェックでのliskステーキング

他には、コインチェック電気があり、家の電気をコインチェックに変えるだけで毎月ビットコインがもらえます

コインチェック電気の実績

これはお得なので、ぜひチェックしておきましょう

\ 詳細を知る /

Swiftは価値がないので換金できない

では本題に戻ります。

なぜ無料で(今はほぼ無価値の)コインがもらえるかというと、Swiftの開発者がベーシックインカム的なものを目指しているから

「スウィフト デマンド」はベーシックインカム的な試みです、と公式サイトで書かれています。

人間が本来やるべきことをやれるようにする思想?

ベーシックインカムは、人々に無償でお金を配る制度。

これによって、人間は「やる必要のない仕事をやらなくてよくなり、本当にやりたいことだけやれるように」なります。

ベーシックインカムは実現する?

実際、海外では以下のような事例が出てきています。

「スウィフト デマンド」はこういった状態を目指すために作られた仮想通貨なのかなと思いました。

Swiftの使い道・使い方

なお、これまで「スウィフト デマンド」は、ほぼ無価値と言ってきましたが、日本の飲食店では使えるところも出てきています。

以下のような事例も
・バンコクのバー。500Swiftで、生ビールが1杯のめる

・1000Swiftで、似顔絵を描いてくれる人がいる

100swiftで広告記事を書いてくれる人もいる(拡散も)

・6000Swiftで、Tシャツ販売

このように、特定のコミュニティでは「価値ある通貨」と認めるようになってるわけですね。

Swiftの公式ショップもできる予定

あと、公式Twitterでは「Swift」を使ったオンラインストアもリリース予定と発表しています。

リリースは、2017年12月9日だそうです。

公式では、みんながモノをSwiftを介して売りやすくなるよ〜、とアナウンスしてますね。

このように、どんなレベルのショップが出てくるかわかりませんが、価値を媒介するものとして、どんどん進化していくかもしれません。

「スウィフト デマンド」の登録方法

登録は他のサービスと同じで、情報入力、メールなどでの認証をしていきます。

まずは、サイトから名前、「スウィフト デマンド」サイトで使うID、電話番号などを入力していきます

スクリーンショット 2017 12 05 11 01 57

なお、電話番号(Phone Number)は日本で使ってる番号なら、冒頭に「+81」を入れます。

「090」なら「+8190」ですね。

あとは、電話番号認証でショートメッセージが送られてきて、そこに書いてあるコードを「スウィフト デマンド」側で入力します

認証でログインできるように

次に、メールアドレスを登録して、いつも通りの認証URLをクリックすると、「スウィフト デマンド」のマイページにログインできるようになります。

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 34

なお、冒頭で書いたように、「Claim」を押すと、100Swiftもらえます。

スクリーンショット 2017 12 05 11 03 56  1

と、こんな感じで毎日仮想通貨をゲットできるわけです。

というわけで、興味ある方は「スウィフト デマンド」のサイトからどうぞ。

\ コインをもらう /

【追記】ストアができて価値が生まれました

予告されていた、公式ストアができてました。

スクリーンショット 2017 12 10 16 58 04

まだ立派とは言えませんが、swift demandという通貨がやりとりされる場ができたのは、大きな一歩。

ここには、誰でも出品可能。(sellボタンから。BASEみたいな感じ)

スクリーンショット 2017 12 10 16 58 15

商品設定では、実体あるもの、ないもの(デジタルコンテンツ)、限定販売、定期購読(サブスクリプション)などが可能。

というわけで、今後に期待です。

料理のレシピも売ってる

他だと、煮卵のレシピや電子書籍のようなものが売られてましたね。

BASEなどのように自分ができること、スキルを販売していくストアとしても使われていきそうですね。

というわけで、これからの動向も追記していきます。

テレグラムの運用も始まってました。(2018年2月4日に確認)

登録者数が10万人を超えた!

あと、登録者が10万人を超えたというニュースも。

ICOで価格がわかるようになった

最近だと、ショップ(ストア)の出品数が500を超え、カテゴリーも追加されてます。

こんな感じで、どんどん進化してるプロジェクト(コイン)です。

ICO、トークンセールも!そろそろチャートも登場?

ICOなどで少しづつ、値段がつきやすくなってるので、チャートもそのうちチェックできるようになりそう。

スイフトデマンドでiPhoneが販売されてたが、今は無くなった

[追記]以降で、iPhoneが販売されていたと書いてますが、いつのまにかなくなってましたね。

スクリーンショット 2017 12 20 16 52 46  1
(iPhone X (シルバー, 256GB) が560000swift)

販売元は、Apple iZenicaといって公式かわかりませんが、Apple製品を売ってるところだそうです。

スクリーンショット 2017 12 20 17 00 04  1

本当に買えるかわかりませんが、他にも以下のApple製品がありました。(数字の単位はswift)

・Apple iPhone X (シルバー, 64GB) :490000
・Apple iPhone SE (ゴールド, 32GB) :113950
・Apple Watch 3 – 42mm スペースグレイ:134000

Swift demandが上場したら税金かかる

まだ、上場予定はないですが、こういったことも理解しておきましょう。

毎日のコイン受け取りにはセルフィのアップロードが必要に

最近、毎日コインをもらうためには、セルフィー(自分の写真)のアップロードが必要になりました。

これはかなり簡単で、自分の顔がはっきり写った写真をアップロードすればOK

すると、審査されて(審査はすぐ承認される)、コインが毎日もらえるようになります。

別に本人確認書類のアップロード(免許証とか)は必要ないので、サクッとやりましょう。

【まとめ】スイフトデマンドは終わった

スイフトデマンドの開発は終了したので、草コインなど他の仮想通貨に期待した方がいいです。

当サイト限定のキャンペーンを利用するのもありなので、活用しましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

マネーパートナーズでも口座開設だけで1000円もらえてお得なので、サクッと作業しておきましょう。

マネーパートナーズタイアップ

\ まず1000円もらう /
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です