>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

トライオートFXでロスカット回避!有効比率を見よう(証拠金維持率)

この記事では、トライオートFXでロスカットされず、儲かって終えるために大事なことを書きます。

ぼくが損した体験談をもとに、マイナスで後悔しないために必要なことも書くので参考にしてください。

記事の要点まとめ
・おすすめ戦略は、実現利益が含み損を超えてるうちに自動売買を止めること

・ロスカットにならないために有効比率(証拠金の維持率)をチェック

損しないために有効比率800%以上を保つ

・おすすめ資金は10万円以上

結論、トライオートFXでは損しないコツを実践しており、以下のように利益を出せてます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なのでチェックしておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

証拠金維持率いくら?ロスカットを回避

ポジションを強制決済されて損失を確定させないために、ロスカットの回避方法を知りましょう。

ロスカットされないためには、証拠金(資金)を追加し、維持率を高めるのが大事です。(資金に余裕を持たせる)

トライオートFXの維持率
(証拠金維持率:7166%、発注可能額:709,946円)

ちなみに、ぼくは1200%~2500%でやっています。(最近は、維持率が有効比率と表示されるようになりました)

トライオートFXの有効比率

有効比率は2500%がレバレッジ1倍なので、安全に運用したいなら、それくらいにしておきましょう

個人的にはレバレッジ3倍までなら大丈夫だと思うので、800%くらいは維持したほうがいいと思います。

発注可能額もロスカットの参考にする

ロスカットを回避するには、発注可能額なども参考になります.

トライオートFXの発注可能額

発注可能額が数十万円あれば資金に余裕がある状態です。

逆に、数万円くらいしかないとかなりギリギリでトレードしており、ロスカットになりやすいです。

無理して損しないためにもいろんな情報をチェックするのが大事で、当サイト限定のレポートでもそれを書いてます

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひ活用しましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

トライオートFXでおすすめの出口戦略

トライオートFXで絶対に心がけたいのは、利益のあるうちに稼働してる自動売買プログラムを止めることです。

特に、上昇か下降トレンドを予想し、買いか売りのどちらかで動かしてる場合はそうしてください。

必ずトレンド転換がくるので、そのタイミング(その前が理想)で利益があるうちにやめたほうがいいです

実際、ぼくは利益が多いうちに全ポジション決済せずに後悔したことがあります

「もっと利益があったのに。。」と後悔しないように

以前、複数のプログラムで運用していた時、利益(実現利益 – 含み損)が最大で9万円くらいありました

しかし、トレンド転換があり、以下のように利益が減ってしまったのです。


(ピーク時の含み損。一番上がEUR/USD、2番目がAUD/USD、3番目がNZD/JPY)

こうした経験をして、「もっと稼げるはず」と欲張らずに、ほどほどの利益で運用を終えるべきと学びました

待てば成績が改善することも

当時は慌てずに待ったところ、EUR/USDが以下の状態まで回復しました。(2週間弱で)

そして、今後の動きが読めず、「また損失が増えたら怖い」ということで、1番目のEUR/USDと2番目のAUD/USDを決済しました。

この2つを決済し終わらせた理由は、トータルの成績がプラマイゼロくらいで損せず終われたからです。

稼げてるうちに取引をやめて次を狙おう

結果、その後は3番目の「NZD/JPY」だけで運用し、利益を出せました。

このように、利益(実現利益 – 含み損)があるうちに決済するのが「トライオートFXにおける重要な戦略」です。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円も資金がもらえてお得なので、ぜひ活用しましょう!

\ まず53,000円もらう /

【大事】定期的な見直しでやめ時をチェック

トライオートFXで失敗をして、以下の教訓も得ました。

運用の注意点
・動かしてるプログラムの想定変動幅が相場から離れてきたら、全ポジション決済して別のレートで動かすのも検討する

・頻繁な成績チェックは不要だが、1日1回は実現損益と評価損益、レートをチェックする

急激な相場変動があった場合、すぐに決済の判断をしない(すぐ戻る場合が多いから)

自動売買ロジックを選ぶ際の注意点

自動売買で動かすロジック(プログラム)を選ぶ際は、過去の実績を信用しすぎてはいけません

それは、あくまで過去の成績であり、これからの成績を保証するものではないからです。

ハイリターンはハイリスクでもある

また、ハイリターンのプログラムを選ぶのも危険です。(これも痛い目を見て経験済み)

ハイリターンには、ハイリターンの理由があり、それだけリスクもあります。

特に初心者が最初から、ハイリターンを狙うのは危険なので、まずは低リスクなもので始めることをおすすめします。

※低リスクなものやハイリターンなものは公式サイトでわかるのでチェックしましょう!

\ キャンペーンなどを知る /

いま稼働中のコアレンジャーの出口戦略

人気の自動システム「コアレンジャー」の出口戦略もまとめておきます。

※AUD/NZDが1.042〜1.09までの範囲で両建て(買い&売り)で注文していきます

※サブレンジの注文は削除し、細かい幅で短期で利益を出せるコアレンジの注文だけ残してます

サブレンジ注文の削除
(サブレンジの注文は赤いアイコンをクリックし取り消せます)

自動売買注文の削除

コアレンジを外れてスワップ支払いが多いなら終了

出口としてまず、AUD/NZDが1.042〜1.09から外れたら、終了を検討しようと思います。

そして、やめるかどうかは「スワップポイントの受け取り、支払いのどっちが多いか」で決めます。

※支払いが多いなら、終了(トライオートFXの両建てでは、日々のスワップ支払いで利益が削られて地味に痛い

ビットコインの注意点

※もちろん、ポジション全決済して利益が出ることが前提(損しそうなら、利益が出るタイミングまで待ちます)

豪ドル/NZドルは日々スワップ支払・受取が変わる

豪ドル/NZドルのペアでは、都度スワップポイントの支払い・受け取りが変わります。

※昨日まで買いポジションで「受け取り」だったのが、次の日から「支払い」になることがある

なので、そういった動向も見つつ、稼働停止して利確するかを判断します

ぴたコインの評判

【まとめ】トライオートFXで失敗しないために

記事の要点まとめ
・おすすめ戦略は、実現利益が含み損を超えてるうちに自動売買を止めること

・ロスカットにならないために有効比率(証拠金の維持率)をチェック

損しないために有効比率800%以上を保つ

・おすすめ資金は10万円以上

トライオートFXではリスク管理をしっかりして、ロスカットなどを回避できれば儲かりやすいです。(以下、ぼくの実績)

トライオートFXの21年4月の実績

大事なことはぼくの特別レポートでもわかるので、それとお得なキャンペーンをチェックしておきましょう

\ キャンペーンを見てみる /

トライオートFXのレポート 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です