>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

投資型クラウドファンディングのデメリットを解説(融資、不動産のリスクも)

この記事では、投資型クラウドファンディングのデメリットやリスクを紹介します。(投資家からの視点で)

始めたいけど、損しそうで怖い」「不動産型、融資型などのリスクも知りたい」と思ってる人は参考にしてください。

※融資・貸付型クラウドファンディングは、ソーシャルレンディングとも呼ばれます

記事の要点まとめ
・株式型などすべてで元本割れのリスクがある

・他の投資と同じリスクあり(運営会社の信用リスク、現金化できない流動性リスク)

海外への投資では為替リスクで損することも

結論、リスクはありますが、口座を作るだけで資金をもらえてお得なので、まずはキャンペーンを活用するのがおすすめです。

Fundsでは1万円もらえて、ジョイントアルファでは1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、チェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /
\ 1000円もらう /

投資型クラウドファンディングのデメリット

デメリットは以下のとおり。

要点まとめ
元本割れのリスクがある

・融資型では、融資先の情報を偽る業者がいる場合も

想定リターンを下回る可能性もある(分配金の低下など)

運用レポートがマメじゃない事業者もある

・流動性などいろんなリスクがある

・株式型の場合、イグジットや上場までの期間が不透明

・不動産では、コロナのような想定外のことが起きた時に影響を受ける(自然災害も

それぞれ説明していきます。

元本割れ(貸し倒れ)のリスクがある

投資ですから元本保証でなく、元本割れで損するリスクがあることをまず覚えておきましょう。

過去に個人向け融資ファンドなどで元本割れしていたサイトはあります。

そういったファンドやサイトには注意しましょう

ビットコインの注意点

融資先などの情報を偽る業者がいることも

融資型において、ファンド情報に事実と異なることを書いていた事業者もありまいた。

それがラッキーバンクとみんなのクレジット、トラストレンディング、グリーンインフラレンディングです。

なので、こういった信頼性の低いサイトは使わないようにしました。(サービスを停止したところもあります)

ビットコインで儲からない人

SBIソーシャルレンディングでも問題が起きた

2021年ですと、大手で上場グループのSBIソーシャルレンディングも問題を起こしました。

融資先の情報が不透明であり、投資家に迷惑をかけた、ということで事業を撤退しました

大手であっても問題を起こす場合があるので、過去に事件を起こしてるサービスには注意しましょう

おすすめはこれまで投資家の損失がゼロである「ファンズ」です。

1円から投資できてお得な優待もあり、1万円プレゼントのキャンペーンもあるので、ぜひチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

想定リターンを下回る可能性もある(分配金の低下、早期償還)

貸付(融資)型クラウドファンディングでは、融資先で事業が想定どおりにならず、分配金が予定通りもらえない可能性もあります。

運用期間が予定より早く終わり、想定よりはリターンが少なくなることもあります。(早期償還と言います)

この場合、「早めにお金が返ってくる」というメリットもありますが、

「想定通りのリターンがほしかったのに」と不満に思う人もいるので、こういったデメリットも理解しておくといいです。

ビットコインの注意点

損失ゼロ!証券会社の運営サービスがおすすめ

これまで損失ゼロのサービスを使いたいなら、クラウドバンクを知りましょう!

金融第1種の証券会社が運営しており、安心なのでチェックしましょう!

\ 利回りや実績を知る /

運用レポートがマメじゃない事業者もある

投資先の運用状況を細かく知りたい人だと、「情報をもっとほしい」と思うかもしれないです。

中には、定期レポートがないサービスもあるので、事前にその有無を調べておきましょう

不動産型のクラウドファンディングですと、マメに報告してくれます。

仮想通貨で儲けた人

不動産型は、上場企業の運営するジョイントアルファが人気、お得なキャンペーンも開催中です。

amazonギフト券1000円

ぜひチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

分配金の漏れなど、システムが微妙なサイトも

ネクストシフトファンドという融資型クラウドファンディングであったのが、分配金の配り漏れ。

ぼくが問い合わせなければマイページに分配金が反映されなかったわけで、こういったサイトは使わないようにしたいところ。

信用リスク、為替リスクがある

どの投資にもある為替リスクなども理解しておきましょう。

リスクまとめ
・信用リスク:運営会社の倒産などで損する可能性がある

株やFXのように信託保全がないため、預けている資産が全額守られない可能性もある

外貨建ての投資であれば、為替レートの変動で損をする可能性がある

為替での損を防ぎたいなら、円建ての投資がオススメで、以下のサービスで可能であり、損失ゼロです。

クラウドバンク:利回り+7%の実績で毎月分配
ファンズ1円から投資でき、今なら1万円プレゼント中

株式型だと、イグジットや上場までの期間が不透明

融資型クラウドファンディングであれば、「3ヶ月」のように運用期間が決まっており、投資の出口がわかります

しかし、株式型クラファンであれば、そういった期間が決まっておらず、不透明です。

株式型では、出資先がどこかに買収されるか、上場しないと利益が出ませんから、こういったデメリットも知っておきましょう。

ビットコインで儲からない人

不動産では、コロナのような想定外のことが起きた時に影響を受ける

不動産型クラウドファンディングにもデメリットがあります。

それは、コロナウイルスなど想定外の影響を受けること。

ホテルに出資するファンドでは、影響が出ており、運用期間の延長も発表されています

損失は出ていませんが、何が起こるかわかりませんので、いろんなファンドに分散しておくのがおすすめです。

台風、津波、地震などの地震災害もありえる

過去にクリアルというサービスのホテル系ファンドで、台風や大雨による影響も心配されました。

ビットコインの注意点

影響はありませんでしたが、自然災害で物件が倒壊するリスクもあります

こういった点も頭に入れながら投資すべきか検討しましょう。

【株、融資、不動産で】現金化できないリスクも

貸付型や不動産型クラウドファンディングのほとんどでは、運用期間が決まっており、その期間は現金化できません

※株式型は、数年かかると思った方がいいです

いつでも現金化したい方には、大家.comがおすすめです。

こちらでは独自の技術により、いつでも解約してお金を戻せるので、チェックしましょう!

\ 詳しく知る /

投資型クラウドファンディングのメリット

デメリットこそありますが、クラウドファンディングには値動きでの損がないというメリットもあります。

仮想通貨で儲けた人

株やFX、仮想通貨ですと、値動きがありハラハラしストレスもたまります。

しかし、クラウドファンディングではそれがなく、安心して運用できます

1円から投資でき簡単

また、1円からやれて他の投資よりも気軽です。

ほったらかしで簡単で楽ですし、初心者の方でも始めやすいです。

お得なキャンペーンもあるので、気になる方はおすすめのサービスに登録しておきましょう!

amazonギフト券1000円

ファンズ1円から投資でき、今なら1万円プレゼント中
ジョイントアルファ:上場企業の運営で安心!1000円プレゼント中

投資型クラウドファンディングがおすすめな人

以下の人には、投資型クラウドファンディングをおすすめできます。

・値動きなしで安心して投資がしたい
・分析など難しいことをせず、楽に運用したい
・ほったらかしで簡単に少額から運用したい

特におすすめは、運営8年で損失ゼロのクラウドバンクです。

運営元も信頼できるので、サイトをチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

クラウドファンディングをおすすめしない人

以下の人には、おすすめしません。

・+20以上のハイリターンを狙いたい
・いつでも現金化したい

こういった方には、自動売買FXをおすすめします。

こちらもほったらかしで数千円でやれますし、稼ぎ方やコツは特別レポートで解説中です。(無料でプレゼント!

トライオートFXのレポート 2

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /

【まとめ】クラウドファンディングのリスク・問題点

記事の要点まとめ
・株式型などすべてで元本割れのリスクがある

・他の投資と同じリスクあり(運営会社の信用リスク、現金化できない流動性リスク)

・海外への投資では為替リスクで損することも

リスクはありますが、口座を作るだけで資金をもらえてお得なので、まずはキャンペーンを活用するのがおすすめです。

Fundsでは1万円もらえて、ジョイントアルファでは1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、チェックしましょう!

\ キャンペーンを見てみる /
\ 1000円もらう /
関連記事