>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

豪ドル円が下落!大損しないために買い時や今後の長期見通しを知ろう

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

自動売買FXループイフダン」で初めて、利益チャンスのない日々が続いています。(豪ドル/円の下落が原因)

こういう時期に豪ドルの将来性について考え、短期では投資しないほうがいいと判断しました。(あとで詳しく解説します)

FXで利益が出なくて焦ってる人や、豪ドルについて不安になっている人は参考にしてください。

※「今すぐ、豪ドル運用でおすすめのFX会社を知りたい」という方は、「厳選したオススメの1社」を参考にしてください!

結論、直近5年は上がらなそうだから買い増しせず、2020年は他の通貨で取引し、儲かってます。

みんなのシストレは「みんなのFX」で口座を持っているとやれて、ここはスプレッドが最狭でおすすめの会社です。

豪ドルを筆頭にスワップポイントの受け取りが最高なので、高金利通貨でスワップ運用をやりたい人にもおすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておくといいですよ。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

※これから豪ドル円で稼ぐなら、売り(ショート)の方が可能性あると思います

以降では、今後の豪ドルの予想を具体的に書きます。

豪ドルの今後は?ポジティブ・ネガティブ要因

今後の豪ドル/円の価格予想では、以下の点に注目しましょう。

豪ドル予想で大事な要因
政策金利の動向(当面は据え置くかもしれないが、低下もあり得る)

・豪州の森林火災による被害(2020年後半は復興特需も期待されるが)

中東をめぐる緊張緩和や中国景気の底打ち期待(ポジティブ要因)

豪ドルは中国経済に影響され、中国がコロナウイルスで大変なことになっている

・豪州経済は約30年振りに景気後退入り

ちなみに、野村証券は向こう1年間の豪ドルの対円相場レンジを1豪ドル=73.0~81.0円と予想してます。(2020/07/27時点

リスク分散で「豪ドル/NZドル」がおすすめ!

ぼくはこういった要因を考え、リスク分散の一環で、他の通貨ペア「豪ドル/NZドル」でも運用し稼げてます

トライオートFX実績gif

▼トライオートFXについては以下の記事で詳しく解説してます。

「豪ドル/NZドル」は豪ドル円よりも値動きが小さく、安定してるので、低リスクでやりたい人はこちらをどうぞ。


(公式サイトにはトライオートFXの実績なども載ってます)

当サイト限定のキャンペーンで123,456円もらえてお得なので、まずはサイトをチェックしましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

重要な「雇用統計」「政策金利」もチェックできる

トライオートFXの口座があると、豪ドル価格に影響を与える「オーストラリアの雇用統計」「RBA政策金利発表」、

「中国のGDP成長率」「中国の消費者物価指数」などの情報もチェックでき、便利です

まずは口座だけでも作っておくといいですよ。(数分で終わり、簡単です)

\ キャンペーンで123,456円もらう /

買い時?長期なら豪ドル買いもあり

これから数年の豪ドルには期待してませんが、10年〜20年で考えたら、また円に対して上がっていく可能性があります。

なので、それくらいガマンできるなら投資するのもアリです。(ただ、スワップポイントも微妙だし、おすすめではない)

コロナショックで暴落した後に回復し、底値で買っていた人は2020年8月くらいに儲かりましたが、今後上がるかは読めません

コロナの影響や中国経済の不安のほうが大きいため、豪ドル安に動く可能性のほうが高いです。

なので、短期で見れば売り(ショート)なのではないかと個人的に思っています。

50円台を予測する人もいるので、売買は慎重にしたほうがいいです。

利上げ、利下げのニュースには今後も注目しましょう。

豪ドル運用でおすすめ!厳選した1社

このように上がったり下がったりする豪ドルを取引する際は、買いでも売りでも有利なFX会社を使いましょう

みんなのFXであればスプレッド最狭水準で、短期売買を低コストでやれて利益を最大化できます

みんなのfxのスプレッド

スワップポイントの受け取りも最高水準ですから、スワップポイントで利益を出すのにも役立ちます

また、情報も充実しており、プロによる相場予想もあり、豪ドルの将来性を知るのでも便利です

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得ですから、口座だけでも無料でつくるといいですよ。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【2019年の話へ】運用通貨ペアが急落。。

以降、2019年に書いた内容です

2019年に起こっていた問題は、「豪ドル円(AUD/JPY)」の予想以上の下落です。

これまで、77円〜80円くらいの間を上がったり下がったりしており、以下の戦略で利益をとりやすかったのですが、

2019年の4月末くらいからおかしくなり、75円台まで行ってしまいました

豪ドルの急変

下がりっぱなしだと、「買い(B)」で利益をとりづらいし、

想定したレンジから外れて新規注文もされなくなってしまいます。(78円〜80円くらいで仕掛けていました)

こんな状況なので、「どうしようかな。また新たにループイフダンを稼働させようかな」と考えていたのですが、やめることにしました。

その理由は、投資の鉄則を思い出したからです。

休むも相場。損を防ぐことが一番大切

その鉄則というのが、「休むも相場」というもの。

利益が出ずに焦り、無理してトレードして損するのはかなりもったいないですからね。

投資では損しないのが一番ですから、ダメそうならトレードしないのも戦略の1つなのです。

無理にポジションを増やしてロスカットになるのは怖いですからね。

2020年も低リスクで稼ぐ方法がオススメ

豪ドル円は2020年以降も下落が想定されますが、豪ドル/NZドルであれば、また狭い範囲でレンジ相場になり安定してます

aud/nzdの値動き

実際、ぼくはこの通貨ペアでほったらかし運用し稼げてます。(トライオートFXにて)

トライオートFXでは当サイト限定のお得なキャンペーンもやってるので、興味がある人はぜひチェックしてください。

トライオートFXとタイアップ

\ キャンペーンで123,456円もらう /

やり方、仕組みなどは動画でも解説してます。

ポジションを増やさない。裁量の売りもあり

「休むも相場」の話に戻ります。

しっかり利益が出ていた頃と今の状況を比べてしまうと、焦って変にポジションを取りたくなってしまいますが、

こういった下降トレンドで新たなループイフダンを稼働させるのは危険なので、やめたほうがいいです。

※裁量のショート(空売り)ならアリですが

豪ドル円の「買い」ですでに運用してるのであれば、こういった場面はスワップポイントを得られるので、「スワップ貯金のターン」と割り切って静観するのもいいですね。

他の通貨ペアで取引するのもあり

豪ドルに執着せず、可能性のある他の通貨ペアで利益を狙うのもありで、ぼくは「ノキア/円」で利益を出せてます。

みんなのFXの自動売買(シストレ)では、成績ランキングからおすすめの通貨ペアがわかり、利益を狙えます。

自動売買だけでなく、手動トレードでも儲かり、有利に取引できるので、口座を持っておくのはおすすめです

当サイト限定のキャンペーンもお得なので、活用するといいですよ。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

豪ドルをレバレッジ1倍で長期運用もあり

2020年10月時点、ぼくは外貨預金(貯蓄)だと思ってガチホしており、2021年以降もそうします。

ロスカットにならないために、口座維持率を2600%以上にしてます(これだとレバレッジ1倍以下なので、どれだけ下がってもロスカットにはなりません)

自動FXの含み損も気にしなくていい

含み損も抱えてますが、気にしてません。(損切りしないのも戦略の1つ)

将来的には豪ドル/円がまた80円くらいにはなると思っているので、それまではスワップポイントを淡々と受け取ります

また上がり始めたなと思ったら、裁量で買ってそれを持ちっぱなしにしようかなとも考えてます。

2020年のコロナショックは豪ドル円の売り時

ネットには「短期FXギャンブラーの9割が退場」とありましたが、まさにそうですね。

長期投資で豪ドル80円〜85円くらいで利確したいところ。

豪ドルの将来性は有望?おすすめ戦略は?

「今後は見通しはフラットですが、豪ドルは弱そうな気配」という予想もありました。

※かなり長期なら豪ドル100円もありかなと(2020年は短期では空売り・ショートが良さそうです)

鉄鉱石など資源価格がやばい?

野村証券のレポートでは以下の点にも注目したいですね。

豪ドルは、経済活動の再開に対する期待と主力輸出品である鉄鉱石など資源価格の上昇を追い風として、足元にかけて上昇基調を強めています。

ただし、一段の豪ドル高には、政府の景気対策とRBAの低金利・量的緩和政策によって豪州経済が持ち直し、


金融緩和政策の解除期待が高まる必要があるとみられます。

豪ドル債の魅力を金利水準、資源価格の推移、格付けの観点から語って、がっつり投資してしまった人もいるようなので、この辺は反面教師にしたいところ。

豪ドル円の史上最安値は55.02円(2008年10月)

2020/10/12、野村証券は以下の見通しを発表しました。

・11月3日の会合において政策金利が0.10%へ引き下げられると予想
・向こう1年間の豪ドルの対円相場レンジを1豪ドル=73.0~81.0円と予想

豪ドルは終わった?大損話まとめ

最後に要点をまとめます。

・2020年3月は豪ドルの買い時だった
・2020年10月時点、短期では売りの方が儲かりそう
・豪ドルを10年保有できるなら、買いもあり
・予想できないなら、豪ドル/NZドルの両建てがおすすめ

豪ドルの予想は難しいので、トライオートFXで豪ドル/NZドルを運用するのがおすすめです。

キャンペーンで123,456円もらえてお得です!

\ キャンペーンを見てみる /

また、豪ドルなどを売りでも買いでも有利に取引できる「みんなのFX」もおすすめなので、ぜひ活用しましょう。

みんなのFXの特徴
・スプレッド最狭水準
受け取りスワップポイントが最高
・相場予想で役立つプロの解説などがある
当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえる

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /
関連記事