リップルとは?XRPの将来性や今後の見通し、下落後の価格を予想!

どうも。1000万円以上を資産運用に回しつつ、リップル積立投資を行ってるタクスズキです。

>>ブログでリップル投資の成績公開!毎日1万円のXRP積立で利益出してます(今後の予想、将来性もまとめ)

今回は、これから爆上がりが期待できるリップルについて解説していきます。

「リップルって何?」「XRPとの違いは?」「上がると思ってる根拠は?」と思ってる方は参考にしてみてください。

参考書:「これから仮想通貨の大躍進が始まる!」(SBI北尾社長の名著)

リップルとは、厳密には会社の名前

よく、仮想通貨投資では「リップルに投資した」といった感じで使われますが、厳密には正しくないです。

正しくは、「XRPに投資した」です。(XRPが通貨を表します)

そして、リップルとは会社の名前です。(もちろん、XRPと深い関わりがあります)

あと、リップル社が開発するもの全体を「リップル」と総称する場合があります(ややこしいと思ったら、「リップル」とだけ覚えておけばOKです)

リップル社は、国際送金ネットワークを開発

では、リップル社がどんな会社かというと、「価値のインターネット(Internet of Value:IoV)」の実現を目指す会社です。

現在、インターネットを通じて情報やデータ(noteの有料記事とか)が価値に変わっているのと同じように、

金融資産など、あらゆる「価値があると思われる資産(例:SNSのフォロワー)」を換金化、もしくは「別の資産と交換できる世界」を目指しているのです。

>>【2018年末】仮想通貨が上がるのか、もう上がらないのか今後や将来性を予想!

リップルを日本、XRPをJPYで例えてみる

そして、その世界を実現するために、開発しているのが国際送金ネットワークです。(価値の交換で使います)

また、XRPはこのネットワークの中で使われる通貨の名前です。

こうした関係性は、「日本」という国とその通貨「JPY」とのそれに似ています

XRPはネットワークの中で使われる通貨

日本には、「日本経済」というネットワークが構築され、そこでお金や価値がグルグル回っています。

そして、その中では「JPY」という通貨が価値交換をするために使われています

スクリーンショット 2018 11 11 14 21 43

一方、リップル社は独自のネットワークをつくり、そこでXRPという通貨を流通させています

スクリーンショット 2018 11 11 14 22 46

なので、簡単にこういった関係性があることは理解しておきましょう。

>>3000円分のビットコインをプレゼント!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

XRPは時価総額がTOP3の仮想通貨

なお、XRPは数多くある仮想通貨の中で、時価総額がビットコイン、イーサリアムに次いで3位(2.1兆円)です。  

発行枚数は1000億XRPで、これ以上追加発行されることはありません。(ビットコイン同様、上限があるのです)

※XRPには、リップル社の創設以前から、オープンソースプロジェクトとしてコア開発者によって開発された経緯があります

>>【リップル購入】おすすめ取引所の比較とランキング、買い方まとめ

リップル社のネットワークで国際送金問題も解決する

先ほど、リップル社は価値のインターネットを目指すために独自のネットワークを構築していると書きました。

そして、このネットワークは国際送金の問題を解決するためにも使われるのです。

※グローバル送金ネットワークですね

ネットワークには世界中の金融機関が参加

2012年から本格的にスタートしたこのネットワークは、2016年に以下の主要な金融機関が参加したことで、一気に注目度が高まりました

バンクオブアメリカ

・スタンダード・チャータード、バークレイズ(イギリス)

・サンタンデール(スペイン)

・ロイヤル・バンク・オブ・カナダ

三菱UFJ銀行やみずほ銀行など(国内のメガバンクも参加)

そして今では、全世界で100以上の銀行・金融機関が加わり、数々の実証実験を経て、一部ではすでに実用化されています

>>【5日で2万円の利益】仮想通貨の取引所「ビットポイント」でリップルを10万円分買ったのでその方法を紹介(指値と成行で注文) #XRP

リップル社の技術で銀行同士を直接むすび、送金をラクに

また、リップル社のグローバル送金ネットワークでは、SWIFTを経由することなく、参加している銀行同士を直接ネットワークで結びます。

なお、SWIFTとは海外送金の際に使われている仕組みのことです。

これがあることで、世界中で国や通貨をまたいで送金ができるのですが、SWIFTを使うことで以下のような問題が生じるのです。

・手数料高い、遅い

そして、こうした問題を解消していくれるのが、リップルの送金ネットワークです。

リップル社のネットワークのおかげで送金コストが激安に

リップル社のネットワークではSWIFTを経由しないので、送金手数料を大幅に引き下げられるのです。

ちなみに、現状では、 従来の手数料を約60%も削減できるようになっています。  

しかも、2日~3日はかかっていた送金にかかる時間が、数秒で済むようにもなっているのです。

>>【仮想通貨】ブログで大損した体験談まとめ!ビットコイン暴落で借金するのはなぜ?終わりなの?

リップル社の送金サービス「ILP」が便利

また、リップル社が開発する効率的な送金サービスとして、「インター・レジャー・プロトコル」(ILP)があります。

※ILPでは仮想通貨「XRP」が使われます

そして、この仕組みは、金融機関の現行システムと接続がしやすいものになっていて、多くの金融機関で利用されることが明らかなのです。

なお、ILPによって仮想通貨用のウォレットから、銀行口座への送金が可能になり、送金先の通貨に両替して送れてかなり便利なのです。

>>3000円分のビットコインをプレゼント!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

XRPはネットワークの中で基軸通貨になっている

そして、こうしたネットワークにおいて、XRPは基軸通貨のような役目を果たします。  

例えば、円からドルに両替する場合は「円→XRP→ドル」、ルピアからクローネに両替する場合は「ルピア→XRP→クローネ」といったように。

従来の国際送金では、送金を受ける銀行は、基軸通貨のドルを準備しておく必要がありましたが、

XRPをブリッジ通貨として使えば、ドルを準備するよりもはるかにコストが安くなるのです。

>>取引所「ビットポイント」のチャートの見方、スマホアプリ「ライト」の使い方(操作方法)まとめ

リップルの重要なファンダ、大手機関との提携情報

以下、リップルのすごさを示す大手機関との提携、出資情報。

イングランド銀行がリップルをパートナーとして選出

マッキンゼー社がリップルを高く評価

>>ブログでリップル投資の成績公開!毎日1万円のXRP積立で利益出してます(今後の予想、将来性もまとめ)

投げ銭など実需もあり

>>3000円分のビットコインをプレゼント!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

リップルがサウジアラビア通貨庁と提携

他にも有名機関との提携がたくさん。

※リップル社は、Googleからも出資を受けています(それほど期待されてるわけです)

>>ブログでリップル投資の成績公開!毎日1万円のXRP積立で利益出してます(今後の予想、将来性もまとめ)

リップルの情報はツイッターで確認しよう

このように、かなり将来有望なリップル社(とXRP)。

情報はTwitterが一番線度高いので、ぜひそちらでチェックを。

正確性では、Ripple公式はもちろん、SBIの北尾社長がかなりRTしてくれるので、フォローして情報をおいましょう。

>>【リップル購入】おすすめ取引所の比較と買い方まとめ(ビットポイント、ビットバンクなど)

2018年のリップルコインは下落しっぱなし

なお、2018年2月の大暴落後(仮想通貨全体)、XRPの価格は上がってませんが、ぼくは今後上がっていくと思うので買っています

2018年1月につけた300円とまではいかなくても、200円はいくのでは?と思っています。

これは今から4倍ほど上の価格です。

なので、こういったことも理解して投資してみてください。

>>3000円分のビットコインをプレゼント!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

リップルを安く、お得に買えるサイト

>>上場企業が運営する「ビットポイント」がおすすめ

他のアルトコインの価格予想:将来いくら?

>>ブログでモナコイン投資の成績公開!毎日1万円のMONA積立(今後の予想、将来性もまとめ)

>>【ランキング】仮想通貨のおすすめ取引所!金融庁から認可されたサイトの手数料などを比較

リップルの今後の見通し:将来性

>>ビットコインで月10万円の利益を得る方法:1万円分投資や仮想通貨FXチャレンジも紹介

>>イーサリアムの今後の価格予想、将来性、実用化ニュース、購入できる取引所まとめ

リップルの2020年AI価格予想、将来性ないの?

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ