>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

GMOクリック証券CFDの評判とデメリット!両建てのやり方も解説

この記事では、GMOクリック証券のCFDのメリット・デメリットや口コミを紹介します。

CFDの特徴やGMOのメリットをを知りたい、少額からハイリターンを狙いたいと思っている方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・GMOクリック証券のCFDはユーザー数がトップクラスで人気

・130以上の銘柄があり、米国株や株価指数、金、原油などで利益を狙える

・レバレッジは最大20倍で、少額からもハイリターンを狙える

GMOクリック証券のCFDでは、ほぼ24時間取引でき、売りから注文し値下がり時も利益も狙えます

デモトレードも可能で、スプレッド最狭で低コストで有利に取引できます

上場企業グループの運営で安心ですし、お得なキャンペーンもあるので、ぜひチェックしましょう!

\ まずは無料で口座を作る /

CFDとは?仕組みを解説

GMOクリック証券の評判、口コミ

CFDとは「Contract For Difference」と呼ばれる金融商品で、差金決済取引といいます。

FXと同じ仕組みであり、レバレッジをかけた取引ができます

CFD銘柄は株、株価指数、金、原油などの価格に連動されるよう設計されており、その値動きで投資家は利益を得られます

ネット証券などで普通にインデックスファンド、ETFなどを買う場合と違って(商品)現物の受け渡しをしないのがCFDの特徴です。

CFDの特徴

CFDには以下の特徴があります。

・休日もOK!ほぼ24時間取引できる
・商品の値が1動くだけで、10円儲かる
・商品の値段が下がった時も儲かる
・世界中のあらゆる資産を1つの口座で売買できる

それぞれ解説します。

GMOクリック証券CFDのデメリット

休日もOK!ほぼ24時間取引できる

CFDでは商品をいつでも売買できます

米国のETFをネット証券で買おうとすると、売買時間が限られ、好きな時に手に入りません。

しかし、CFDだと海外のETF銘柄(厳密には価格が連動するようにつくられたもの)がすぐ売買できます

GMOクリック証券では、最長で月曜〜金曜の8:00〜翌7:00まで取引できます

休日も取引できるcfd
(ほぼ24時間取引でき、休日もやれるため平日忙しい人にもぴったり)

商品の値が1動くと、10円儲かる

さらに、CFD取引では「CFD独自の商品の値段が1動くと、約10円の利益を得るチャンスが生まれる」という特徴もあります。

CFD取引で売買される商品は、こんな感じで値段が上下します。

スクリーンショット 2018 10 23 16 24 26

CFD取引の商品例(日経225や金)

例えば、日経225に連動するCFD銘柄(日本225)の場合、

スクリーンショット 2018 10 23 16 25 03

商品の値段が1上がると10円の利益を得られます

スクリーンショット 2018 10 23 16 25 13

空売り注文の場合、1下がると10円の利益が得られます

これは、金スポットなどの銘柄でも同じです。

スクリーンショット 2018 10 23 16 25 25
取引手数料は無料

株などの現物取引より、大きな利益を得られる

GMOクリック証券のCFD取引に上場してる「金スポット」は1値が上がると、10円の利益を得られます

スクリーンショット 2018 10 23 16 25 33
(通常は、1動いたら1円しか利益は得られませんよね)

このように、ちょっとの値動きで大きなリターンが得られるのが特徴です。(その分、リスクも高いということ)

少ない資金で利益を狙える

また、CFDは少額から取引できるのも特徴。

例えば、原油であれば4000円以内で買えます。(1単位買うことを「1枚買う」と表現します)

スクリーンショット 2018 10 23 16 21 09

恐怖指数に連動した米国VIは4000円ちょっとで買えます。(宝くじ銘柄として人気があります

スクリーンショット 2018 10 23 16 20 55

少額でやれてCFD独自の商品の値段が1上がるたびに10円の利益を得られるため、他の投資と比べて資金効率が高いのです。

少額でハイリターンを狙いたい方は人気銘柄などをチェックしておきましょう。

\ まずは無料で口座を作る /

【ショート】商品の値段が下がった時も儲かる

FXなどと同様にショート(空売り)でも儲けられるのも特徴です。

GMOのCFD両建てのメリット

「安く買って高く売る」が投資で利益を出す方法としてなじみ深いですが、

その逆の「高い値段で売って、下がったら買い戻す」でも利益を出せるのです。

世界中の資産を1つの口座で売買できる(両建てOK)

このように、あらゆる投資商品(株、ETF、債券、現物、不動産)に少額で投資でき、

ショートでもロングでも利益を出せるため、ハイリターンを狙う投資家から人気です。

GMOクリック証券ならレバレッジ20倍でも取引できるのでチェックしておきましょう。

\ 無料で口座を作る /

GMOクリック証券のCFDのメリット

GMOクリック証券のCFDには以下のメリットがあります。

・CFD以外にもいろんな商品に分散投資できる
・取引ツールが使いやすい
・ロスカットラインの設定が自由にできる
・デモトレードできる
・業界最安の低コスト

それぞれ解説します。

CFD以外にいろんなな商品に分散投資できる

GMOクリック証券では、CFD以外に現物の株口座、投資信託、FX、バイナリーオプション口座などがあります。

gmoクリック証券のメリット

CFDで利益を狙いづらい時でもいろんな投資で利益を狙えるのが特徴です。

株価指数バイナリーオプションもあり、値動きのない時でも資産を増やしやすいです。(50円からOK)

取引ツールが使いやすい

GMOクリック証券ではFXを筆頭に「はっちゅうくん」「プラチナチャート」など高機能ツールが充実しています。

gmoクリック証券のアプリ

スマホアプリからもかんたんに取引でき、いつでもどこでも好条件でトレードできます

ロスカットラインの設定が自由にできる

GMOクリック証券のCFDでは自分でロスカットラインを設定でき、自由な資金管理ができます

Gmoクリック証券のロスカット

他のCFD業者では、ロスカットラインが証拠金維持率100%以下のように決められており、しばりがあります。

しかし、GMOであれば早めにロスカットすることも、ギリギリまで含み損に耐えることも可能です。

じぶんの戦略に応じた資金管理ができるのもメリット。

デモトレードできる

GMOクリック証券ではデモトレードでき、自分のお金を使わず擬似資金でお試しができます

まずCFDに慣れたい、資金を減らさずに練習したい方にとってメリットです。

業界最安の低コスト

GMOでは取引手数料がゼロで、スプレッドも業界最狭です。

他の業者よりも圧倒的に低コストで有利にトレードできるのも人気の理由です。

\ まずは無料で口座を作る /

GMOクリック証券のデメリット

・商品によっては最大レバレッジが低め
・配当金の再投資は決済前にできない

商品によっては最大レバレッジが低め

GMOクリック証券のCFDでは、最大レバレッジ20倍までですが、商品ごとに倍率は異なります。

・株価指数CFD:レバレッジ10倍
・商品CFD:レバレッジ20倍
・株式CFD:レバレッジ5倍
・バラエティCFD:レバレッジ5倍

Amazon、Appleなどの個別株はレバレッジ5倍までしか設定できず、不満を感じる人もいるかもしれません。

レバレッジ25倍でやりたい人におすすめのCFD

株などでもレバレッジ25倍でやりたいなら、インヴァスト証券のCFDがおすすめです。

トライオートetfの自動売買セレクト

こちらでは、人気の米国株などにレバレッジ1倍〜25倍で投資でき、ハイリターンを狙えます

便利な自動売買もあり、ほったらかし運用もできる、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です。

まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。(動画で解説してます)

\ 限定!5.3万円もらう /

配当金の再投資は決済前にできない

GMOクリック証券では、配当金の再投資がしづらいです。

受け取った配当金はポジションを決済しないと、再投資できません

効率的に運用したい人にとってデメリットとなります。

GMOクリック証券のCFDの評判・口コミ

GMOクリック証券のCFDユーザーからは以下の評価がありました。

DMMなどよりも取扱い銘柄がずっと多い
ナスダック、S&P500、ダウなどのアメリカ株価指数を買っていると配当ももらえて、長期で積立もしやすい。
VIX指数の商品もあり、株価の下落時でも利益をとりやすい。

低コストで有利に取引できるため、人気のサイトとなっています。

\ まず無料で口座を作る /

GMOクリック証券のCFDがおすすめな人

GMOのCFDは以下の人におすすめです。

・ロスカットライン自由に決めて資金管理したい
・使いやすいツールでトレードしたい

GMOクリック証券のCFDは使い方もわかりやすく、初心者の方にもおすすめです。

上場企業グループのサポートも丁寧で、すぐ質問できるので、まずは無料で口座を作りましょう!

\ まず無料で口座を作る /

GMOクリック証券のCFDをおすすめできない人

GMOのCFDは以下の人におすすめできません。

・米国株などあらゆる銘柄でハイレバレッジで取引したい
・配当金を再投資したい

ハイレバレッジで少額からハイリターンを狙いたいなら、インヴァスト証券のCFDがおすすめです。

米国株の伸び

ここならFXもでき、自動売買でのほったらかし運用もできます

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう。

\ 5.3万円と特別レポートもらえる /

GMOクリック証券のCFDまとめ

GMOクリック証券のCFDでは、ほぼ24時間取引でき、売りから注文し値下がり時も利益も狙えます

デモトレードも可能で、スプレッド最狭で低コストで有利に取引できます

上場企業グループの運営で安心ですし、お得なキャンペーンもあるので、ぜひチェックしましょう!

ユーザー数も国内トップクラスで人気です!

\ まずは無料で口座を作る /

【補足】米国VIの両建てのやり方

GMOでは、米国VIという銘柄で両建てしながら利益を狙えます。

米国VIは15〜22の間で上下をくりかえし動きますから、買いでも売りでも利益を狙いやすいです。

auz/nzdのチャート

レート15あたりで買い注文をして、22あたりで売り注文をすれば、上下の動きで利益をとりやすいです。

こちらも穴場投資として覚えておきましょう。

関連記事