つみたてNISAのおすすめ商品(銘柄)まとめ:楽天でインデックスファンド積立しましょう

どうも。2000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、つみたてNISAのおすすめ商品を書いていきます。

これからお得な投資制度を使って利益を出していきたい方は参考にしてみてください。

※「つみたてNISAとは?」などの詳しい話は以下の記事でどうぞ

>>【初心者向け】つみたてNISAの儲けをブログで公開!メリット、おすすめか?、申し込み方法などもまとめ

【断言】つみたてNISAは楽天がお得

商品紹介の前に、つみたてNISAを始めるのにおすすめの証券会社を紹介します。

絶対に楽天証券で始めた方がいいです。

その理由は、以下の記事に書いた通り、楽天ポイントを積立に回せてお得にポイントも貯まるようになったからです。

楽天ポイントでつみたてNISA対象の投資信託も買えますし、優良商品のラインナップも他と比べてダントツです

>>【お得】楽天ポイントで投資信託を買うと楽天での買い物時、ポイント還元率が倍に!(通常1倍なら2倍、2倍の人は3倍へ。1ポイントからOK)

>>【朗報】楽天ポイントで1円から積立投資が可能になりました!楽天証券で気軽にAppleなどの株をもてますよ

楽天で始めたかったと激しく後悔

ぼくはこういった機能が出る前からSBI証券でつみたてNISAやってますが、今は「楽天で始めたかった」と強く思っています。

それくらい、楽天の新機能はすごいです。

なので、つみたてNISAを始めようと思ってる方は楽天でどうぞ。(お得な制度「iDeCo」とかも楽天証券から申し込めます)

※以下のツイートのように、楽天証券だとチャリンチャリンと資産を増やしていけてオススメです

気軽なポイント投資などで資産を増やす>>楽天証券のサイト

楽天証券を使うと得する理由

楽天証券のすごさは以下の記事も参考にしてみてください。

>>楽天スーパーポイントでおすすめの投資信託を100円から買えて現金化できる!その方法、ポイントを賢く貯めるコツを紹介

>>【比較】ポイント投資のおすすめやデメリット、税金まとめ(Tポイントにも言及)

>>「100円からOKの楽天ポイント投資で多くのユーザーは何を買ってる?」「金利14%のすごい運用」を中の人に聞いてきた

つみたてNISAのおすすめ商品

では、本題であるおすすめ商品の紹介に移ります。

まず、ぼくもつみたてNISAで買ってる「ニッセイ外国株式インデックスファンド」がおすすめです。

スクリーンショット 2018 09 25 21 13 04

現時点で、利回り+8%弱の好成績

アップルなどの有望銘柄にバランスよく投資できます

これは主要先進国の株式に分散投資できる商品です。

上位銘柄は、アルファベット(グーグル)、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、アップルなど

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

大和-iFree S&P500インデックスもおすすめ

あと、これもおすすめです。

スクリーンショット 2018 09 25 21 22 30

トータルリターンが+11%以上とかなりの好成績

こちらは、優秀な米国株に投資できる商品です。20代、30代など投資にかける時間を長くとれる人なら、これもいいですね。

>>【実績&平均利回り】おすすめされてたインデックスファンドを積立購入!

楽天・全米株式インデックス・ファンドも好成績

あとは、こちらもおすすめ。

スクリーンショット 2018 09 25 21 22 37

運用コストも低く、投資家からも好評で人気の銘柄

>>つみたてNISA、iDeCoの始め方を知らない人が意外といることに気づいたので、その方法書いとく

投資が怖い人にはバランス型ファンドがおすすめ

投資に抵抗のある初心者や低リスクで運用していきたい方には以下のバランス型ファンドもおすすめ。

・楽天資産形成ファンド(楽天525)

・SBI資産設計オープン(資産成長型)

成績は以下のとおり。(この2つは、市場全体が暴落した時もプラスを保ってました)

スクリーンショット 2018 09 25 21 22 50

ただ、バランス型には懸念点もあります

運用益が非課税のNISAでバランス型はもったいない

バランス型は株式特化のインデックスファンドに比べると、損しにくい商品です。(その分リターンも小さい)

なので、初心者や損したくない人にはおすすめできます

しかし、これで運用するとリターンも小さくなり、運用益が非課税になるNISAのメリットがいくらか殺されてしまいます

ぼくはこれがイヤなので、つみたてNISAでは株式型のインデックス1本で積立してますね。

※できるなら、紹介したS&P500に連動するインデックスファンドなどで積立した方がいいです

楽天ポイントでつみたてNISAを始める>>楽天証券のサイト

アクティブファンドは微妙

一時期、日本に人投資家から人気になった「ひふみ投信(ひふみプラス)」ですが、最近は成績がよくないです。

※原因として、「ファンドの規模が大きくなり、運用方針を大きく変えた」というものがあります

なので、ぼくはつみたてNISAで「ひふみ」を買っていくのは微妙だと思っています。(信託報酬も高いですしね)

アクティブファンドよりインデックスファンドの方が成績いいよ

あと、上のツイートでも紹介したように、「アクティブよりインデックスの方が成績がいい」という事実があるので、

つみたてNISAでは紹介してきたインデックスファンドで運用していくのがおすすめです。

>>【評判】ひふみ投信・年金の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

といわけで、紹介したおすすめ商品を楽天証券で買ってみてください。

つみたてNISAを始める>>楽天証券のサイト

楽天証券で投資デビューした人たち

なお、楽天ポイント投資の気軽さがウケて、投資を始めるビギナーがどんどん増えてます。

>>【100円投資の利益公開】楽天ポイントで買える成績のいい投資信託まとめ @楽天証券

>>楽天スーパーポイントでおすすめの投資信託を100円から買えて現金化できる!その方法、ポイントを賢く貯めるコツを紹介

素人でも億万長者になれるインデックス投資

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

>>【初心者向け】投資信託の選び方と賢い買い方(SBI、楽天証券がおすすめ)

>>100円投資のメリット・デメリット(SBI、楽天証券の投資信託で可能)

積立NISAでのファンド選びの条件

なお、長期積立投資の場合、以下の条件を満たすファンドを選びましょう。

「運用資金が増え続けているもの。純資産残高は30億円以上がベスト」

低コスト「購入手数料がかからないノーロード型の投資信託を」

分配金を再投資に回してくれるもの

「信託期限が無制限のもの」

銀行口座から自動積立可能なもの

国内株は微妙(米国株にリターンでかなり劣る)

あと、国内株よりも米国株に投資した方が儲かるので、米国株式のインデックスファンドをおすすめします。

過去20年で米国株(ダウ平均)は3・5倍にもなっている(日経平均はたったの+7%)

米国の平均に投資するだけでもこれだけのリターンが得られるのだ

ダウ平均株価は、P&GやGE、マイクロソフト、コカ・コーラ、アメックス、ボーイングなど、

世界のマーケットでビジネスをしている米国オリジンのグローバル企業30社の株価の平均値を取ったものだ。

ダウ平均株価指数に投資していれば、普通の人でも過去30年間で資産が12倍になっていた

>>【ダウとの比較あり】指数「S&P500」に連動する投資信託の構成銘柄やチャートを確認し購入!

>>【投資】おすすめされていた「SPDR ダウ工業株平均ETF(米国株)」:運用実績を元に感想書いてくぞ!

「銀行(ゆうちょ)と証券会社どっち?」と思ってる人へ

銀行の店舗でNISAを申し込もうと思ってる方は、迷わずネット証券を選びましょう。

なぜなら、ネット証券が一番コストが安く、変な営業もかけられないからです。

逆に銀行だと、手数料がバカ高いし、儲からない(金融機関だけが得する)商品をおすすめされ損します

銀行でつみたてNISAを始めるとか情弱

投資の世界では「新商品、銀行員のおすすめを購入してはいけない」が鉄則です。

銀行員は自分たちだけが儲かる商品を売りつけるのが仕事ですからね。

なので、つみたてNISAは必ずネット証券で申し込みましょう。

>>【100円投資の利益公開】楽天ポイントで買える成績のいい投資信託まとめ @楽天証券

楽天銀行と合わせてお得な裏ワザを使おう

>>【お得な裏技】3000円あれば資産を3%増やしつつ、銀行の振込・ATM手数料をタダにして、楽天ポイントもお得に貯められるのです!

>>【最大10万円もらえてお得】楽天証券と楽天銀行のキャンペーンまとめ(現金、ポイントの大量プレゼント)

長期・分散の積立投資で資産を増やそう

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>まだデフレなので、確定拠出年金は「元本確保型の定期預金」にして節税メリットを享受するという手段もアリ

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

会社員や主婦がカンタンにお金を増やす方法

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

>>【副業に】サラリーマン向けおすすめ投資まとめ(失敗しにくい資産運用の方法も紹介)

>>投資の勉強はあまり意味ないけど、いくらか必要だからその方法とおすすめ本まとめとく

つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?

>>【初心者向け】投資とは何か?その定義や、やり方、失敗しないための知識をまとめとく

>>【評判、口コミ】おつり投資「トラノコ」の実績、評価、手数料、口座開設方法まとめ(資産運用アプリあり)

>>【評判、口コミ】おつり投資アプリ「マメタス」はおすすめ!100円単位で「ウェルスナビ」の積立額を増やせます

キャンペーンを利用してNISAを始めるのもあり

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

>>【お得】SBI証券でNISA、つみたてNISAを申し込むと抽選で2000円プレゼントキャンペーン実施中

>>【朗報】楽天でポイントの疑似運用サービスがスタート!円で資産運用をはじめるのが不安な人におすすめです

>>【100円からの投資】楽天証券でのポイント自動積立の設定方法(やり方はかなりカンタンです)

おすすめ証券会社の比較(楽天がダントツ一番)

※つみたてNISAでは、毎年40万円を上限に最長20年間も運用益が非課税になり、お得です

>>【評判】セゾン投信の利回り、手数料、解約方法、2chなどの口コミまとめ
>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

イオン銀行とかよりも楽天がおすすめ

>>【評判、口コミ】FX取扱業者の2chなどでの評価(悪評)、ランキング、スプレッドまとめ

>>楽天銀行のメリットまとめ「①ATM、振込手数料が無料、②ポイント貯まる、③預金金利が高い」

>>楽天銀行で口座開設!申し込み方法とATM・振込手数料(無料の条件)について書いとく

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ