家計の節約では生活費の固定費を見直す!この項目を削減する方法、節約術まとめ

※この記事は外部ライターからの投稿です。(金融業界歴10年。FP資格2級のライター

家計の見直しをするうえでもっとも大切なポイントは、無理なく節約することです。

多くの人は日常生活で我慢したり、神経を使ったりする節約方法はストレスがたまるものですよね。

たとえば、何を買うにも底値を徹底的に調べてスーパーをはしごしたり、家電製品の電源を小まめに消したりと。

>>【節約術まとめ】サラリーマン、主婦、一人暮らしの大学生はこれをやって貯金しよう!

ストレスをためずに家計管理を

ストレスがたまる状態で家計の見直しをしても、節約状態を維持することはできません。

ストレスを感じずに節約状態を維持するためには、家計の見直しを「固定費」からすることが重要なのです。

>>貯金できない人にコツを紹介!20代で1000万円以上の貯金がある僕がオススメするのはこの方法

■固定費ってそもそも何?

固定費とは、生活費の中で毎月一定額発生する支出のことです。(例えば、以下のように)

・住宅ローン
・賃貸住宅の家賃
・光熱費(電気・ガス)

・水道代
・通信費(インターネットやスマホの使用料)
・固定電話代

>>【無料で】3000円分のビットコインをプレゼント!上場企業が運営する仮想通貨の取引所で口座開設する方法

保険などにも目を向けよう

あとは以下も固定費です。

・保険代(生命保険、医療保険など)
・教育費(保育園代や学校費用など)

・車など各種ローン代
・新聞の定期購読代

>>貯金がない20代前半の頃から数年でゼロから1000万円以上にしたよ!やったことまとめとく

<変動費とは>

対して食費や日用品代、交際費などはその月の生活度合いやイベントの有無によって費用が左右されるため、「変動費」という支出に区分されます。

・食費
・日用品代
・交際費

・レジャー費
・娯楽費
・美容費

・被服費
・医療費

・雑費
・特別支出(冠婚葬祭など)

>>楽天スーパーポイントでおすすめの投資信託を100円から買えて現金化できる!その方法、ポイントを賢く貯めるコツを紹介

なぜ固定費から見直した方が節約に良いのか

固定費のほとんどは生活していくうえで毎月必ず支払わなければいけないものであり、

その多くはサービスを提供している運営事業者などと契約して支払う「契約払い」のため、節約する余地はないように感じます。

しかし、毎月一定額の支出が発生する「契約払い」こそ、プランそのものを見直しすれば大幅に削減できるのです。

>>お金がないフリーター時代にやっててよかったと思ってること(不安な時の過ごし方)

固定費を削る方がカンタンでストレス少ない

食費などの変動費には、こうした「契約払い」がないため、毎日の生活度合いが支出に直結してしまいます。

そのため変動費を節約しようとすると日常的に我慢や無理が生じやすく、節約そのものを続けることが難しくなってしまいます

しかし、固定費は「契約払い」だからこそ、契約を見直すという無理のない節約方法が可能になるのです。

一度見直しすれば、その費用削減効果は毎月継続し、年間で見るとより大きな節約効果を生み出してくれるのが固定費なのです。

固定費を無理なく節約する!おすすめの固定費見直し方法

では次に、無理なく節約できるおすすめの固定費見直し方法についてご案内します。

おすすめの固定費見直し方法は以下。

・住宅ローン:住宅ローンの金利を見直す

借り換えでローンの適用金利を引き下げます

史上最低金利が続いている今、うまく借り換えしてローン金利を引き下げることができれば大きな節約になりますよ。

>>100円投資のメリット・デメリット(SBI、楽天証券の投資信託で可能)

住宅ローン残高が1000万円以上あるなら借り換えを検討

なお、借り換えが有利になる条件は以下の通り。

・現在の住宅ローン残高が1000万円以上ある

・現在のローン金利と借り換え後のローン金利差が1%以上ある

・ローン返済期間が10年以上残っている

こういった条件に当てはまれば、借り換えを検討してみてください。

>>35年ローンとかお得すぎて笑えるww 他人のお金で家建てられて資産形成もできるとかww

賃貸住宅の家賃:家賃が安い物件に引っ越す

あと、これも節約につながります。

生活費の中でも大きな割合を占める家賃は、1か月1万円安くできれば年間12万円もの節約になり、長い年数で見れば節約効果が高いのです。

光熱費(電気・都市ガス):供給会社や契約プランを見直す

これも有効です。

電気や都市ガスの供給会社や契約プランを今の住居や生活スタイルに合ったものに変えて基本料金を引き下げる

セットプランなどが用意されている会社も多く、数多くの会社やプランを比較してみるのがおすすめです。

>>お金持ちになる人の生活習慣や法則まとめ:その1つは「好きなことを仕事にしている」

通信費(インターネットやスマホの使用料)

インターネットやスマホの提供事業者や契約プランを見直して、契約料金を引き下げます。

インターネットは持ち運びできるモバイルWi-Fiに切り替えれば、スマホのデータ使用量を少なくできます。

>>WiMAX2+の通信速度制限(3日で3GB使った場合)のスピードは4Mbps弱!ただし今後は3日で10GBに

格安SIMを使わないのはマジで損

また、スマホのキャリアを格安SIM(MVNO)に変えるだけでも大幅な節約になります。

自分の生活スタイルに適した事業者や契約プランを選びましょう。

>>【評判、口コミ】ポケットWiFiを比較したらおすすめはアレと判明(感想あり)

保険代(生命保険、医療保険など):契約プランを見直し、時には解約か減額

加入している保険はそもそも本当に必要なのか考え、必要ない保険は解約するか保障を減額して保険料を削減します

どうしても必要な保障は定期的に各保険会社のプランと比較検討し、より安い保険料のプランに見直しして保険料を安くします。

保険は子どもの成長などさまざまな要因で必要額も必要度合いも変化します

>>生命保険は掛け捨てで、養う家族がいる人だけが入ればいい!老後資金は自分で用意しよう

独身なら保険は不要です

また、十分な貯蓄がある人であれば医療保険などの必要性は少なくなります

定期的に必要性や必要額を考えて見直しすることが大切です。

新聞の定期購読代:夕刊をやめる、定期購読をやめて時々購入に変更する

新聞は夕刊をやめるだけで月約1000円の節約になります。

また、定期購読をやめて時々駅の売店で購入するだけでも、1000円以上の節約になります。

図書館に行けばバックナンバーなども読めます。定期購読は本当に必要かを考え、読み方を見直すのも大切でしょう。

固定費の見直しをするときは 利用をやめることも選択肢に入れておこう

固定費は一度見直せば、見直しによる節約効果はずっと続きます。

毎月3000円の節約でも、1年継続すれば3万6000円、10年で36万円です。

毎月の支払いが積み重なるとどれだけ費用にインパクトがあるのかわかりますよね。

だからこそ、固定費を見直す際には「この支出は本当に必要なのか?」と考えることも大切です。

生きるのに不要な支出を削る

固定費の中でも、以下の支出があります

・住宅ローンや家賃などの住居費、光熱費などといった「生きるために絶対に必要な支出」

・インターネット代や新聞代、保険代など「なくても生きていける支出」

「なくても生きていける支出」については、今の生活に本当に必要かを考える必要があります。

格安SIMにするだけで人生変わります

格安SIMにすれば、毎月数千円は浮きます。

十分な貯蓄があれば、保険で病気やケガのリスクに備える必要はなくなります。

なので、こういったコストカットに目を向けましょう。

基本は「無理しない」

いずれにしても、無理なく、ストレスなく続けられるかどうかが家計の見直しを成功させるポイントです。

普段の生活スタイルを無理に変えるのではなく、普段の生活スタイルをできるだけ維持できるように最適な契約プランや事業者を選択しましょう。

節約して浮いたお金を投資に向ける

節約に加えて、副業などで収入を増やすことも大事なので、覚えておきましょう。

参照:【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

>>【副業に】サラリーマン向けおすすめ投資まとめ(失敗しにくい資産運用の方法も紹介)

資産運用をはじめれば資産の増え方が加速する

そして、節約と副業で増えたお金を使って資産運用をはじめましょう。

そうすれば、効率的に資産が増えていきますから。

>>【初心者向け】投資とは何か?その定義や、やり方、失敗しないための知識をまとめとく

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

関連記事

>>【まとめ】FXで大損・失敗しないために2ch体験談や理由から学ぼう

>>【保存版】初心者向け!ビットコインFXの勝ち方、スマホでのおすすめ手法や取引所まとめ

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ