資産運用で必要!リスクに応じた9つのアセットアロケーションまとめ

これまで投資におけるアセットアロケーションの重要性や金融商品の説明を行ってきました。前提知識はだいたい伝えられたので、これからは具体的な資産配分など投資のための実践的知識を紹介していきます。

ということで、第一回目は具体的なアセットアロケーションの例を説明していきます。

資産運用のベースは株式と債券

前回の記事でも紹介したように、アセットアロケーションは商品を6つに分類して考えることが重要です。以下の表のように。

アセットクラス 価格リスク 金利リスク 為替リスク
①流動性資産
②日本株式
③日本債券
④外国株式
⑤外国債券
⑥その他 モノに依る モノに依る モノに依る

参照:投資のリスクを考える上で重要なアセットクラスを知っておこう

そして、自分がどれくらいのリスクを取れるかに応じて、それぞれの配分を変えていく必要があるのです。

ちなみに、下記は『内藤忍の資産設計塾【第3版】』にて20~40代が資産形成していくことを考えて提示された例です。

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

他にも、堅実な資産運用を目指す人向けの名著『しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!』にてアセットアロケーションの例が提示されていたので、紹介します。

なお、これから紹介するアセットアロケーションは「同じリスクならより大きなリターンを得られる組み合わせ」「同じリターンならよりリスクを小さくできる組み合わせ」を算出したものです。

この考え方はモダンポートフォリオ理論(言葉は覚えておくくらいで大丈夫)と呼ばれます。

ちなみに、今後登場するリターンは得られるものという意味。リスクはそのリターンを基準にしてどれくらい上下に値動きするかを表すものです。

例えば、リターン6%、リスク12.2%なら、
6 – 12.2 = -6.2
6 + 12.2 = 18.2%
リターンがほぼ「-6.2% 〜 18.2%」の範囲で値動きすることを意味します。

また、期待リターン、リスクは以下のデータを参照しています。

期待リターン リスク 相関係数
日本株式 日本債券 外国株式 外国債券
日本株式 7.00% 22.15% 1.000
日本債券 2.00% 5.40% 0.160 1.000
外国株式 8.00% 19.59% 0.270 -0.050 1.000
外国債券 3.00% 13.25% -0.250 -0.060 0.560 1.000

積極運用型(リターン6.0%、リスク12.2%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

こちらはリスクを覚悟の上で、大きなリターンを目的とする場合のアセットアロケーションです。若い20代の方に向きそうな配分です。

均等運用型(リターン5.0%、リスク9.6%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

こちらは文字通り、4つにバランス良く投資するアセットアロケーションです。先ほどの積極運用型よりはリスク低めです。

日本株大好き型(リターン6.2%、リスク16.1%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

日本株重視のアセットアロケーションです。バランスが良いとは言えない配分です。それ故、積極運用型よりもリスクが高くなっています。

外国株大好き型(リターン6.8%、リスク15.2%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

こちらも極端なアセットアロケーションです。なお、外国株式には価格リスクと為替リスクがあることを復習しておきましょう。

安定運用型(リターン4.0%、リスク7.6%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

安全性の高い金融商品である債券に重視したアセットアロケーションです。慎重に資産運用したい方に向きそうな配分ですね。

慎重運用型(リターン3.2%、リスク5.5%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

信頼性の高い日本債券に偏重したアセットアロケーションです。本当に慎重に資産運用したい方はこちらをどうぞ。石橋を叩きすぎているような気もしますが。

関連記事:金利変動がキモに!個人向け国債のメリットとリスクについて考えよう
関連記事:銀行預金よりも個人向け国債を購入した方が得だと思う

外国債券大好き型(リターン3.8%、リスク10.4%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

こちらは外国債券を重視したアセットアロケーション。為替リスク、信用リスクがある分、日本債券のそれよりもリスクは高めですね。

日本債券大好き型(リターン2.6%、リスク5.0%)

資産運用ではリスクに応じたアセットアロケーションを設定していこう

本当に本当に安全に資産運用したい方が組むべきアセットアロケーションです。それにしてもこれはスゴいですね。笑

アセットアロケーションは目的に応じて組む

紹介してきたように、資産運用では多様なアセットアロケーションが考えられます。株好きを多めにして大きなリターンを狙うものや堅実にリターンを狙うものなど様々です。

これらは、どれが良い悪いではなく、自分の目的に応じて設定する必要があります。20代が早めにリタイアできるよう大きく稼ぎたいのであれば、株式の配分を増やせば良いですし、50代が老後の資産を堅実に築きたいなら、債券を増やせば良いのです。

そんな風にして自分に合ったアセットアロケーションを組んでみて下さい。

また会いましょう!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ