トライオートETFで証拠金の計算ミス!ロスカットにならないように銘柄の計算をし直した(スリーカードなどでも要対応)

この記事は以下記事の補足です。

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

>>【ロスカット防止】トライオートETFでプレアラートメールが来てたのでクイック入金で対処!その方法を紹介

>>トライオートETFの用語集(証拠金、先物取引、約定、建玉、確定申告)

【追記】まさかの証拠金の計算ミス。システム大丈夫か?

2017年11月17日、とんでもないことが起こりました。システムの不具合があったんですよ。

それが、証拠金の計算ミス。以下のようなメールでその不具合に気づきました。

2017年7月4日(火)以降、全銘柄の必要証拠金額が更新されておらず、6月30日終値を基準とした必要証拠金額が継続して適用されております。

お客様にはご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんでした。

※必要証拠金が増えると、ロスカットになる確率が高まります

11月17日(金)取引終了以後、通常どおり前日の終値を基準とした
必要証拠金を適用させていただきます。

必要証拠金が大幅に増額されロスカットとなる場合がございますので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

こんな感じでサラッと重大なことを伝えてくる姿勢に不信感を抱きましたね。

必要証拠金が大幅に増額されると、ロスカットの可能性も

続いて、こんなメールも送られてきました。

7月以降、価格が上昇している銘柄が多いため、適正な証拠金額を適用することにより、

必要証拠金が大幅に増額され、証拠金状況が悪くなる場合が予想されます。

ちなみに、20日以降の必要証拠金は現在適用されている必要証拠金に比べ、10%~15%増加する見込みだそうです。

というわけで、ロスカットにならないかどうか計算してみました。

有効証拠金額 ➗ 必要証拠金 = 100%以下ならロスカット

結果、上の計算式で算出される有効率は、100%以下にならなそうだったので、ロスカットの心配はなさそうです。

スクリーンショット 2017 11 18 9 17 56

今、176%なので、20日には160%くらいになると思います。

有効比率が150%以下でプレアラートメールがくる

以下の記事で紹介してる有効比率が125%以下になると、アラートメールが来て、100%以下だとロスカットになります。

>>【ロスカット防止】トライオートETFでプレアラートメールが来てたのでクイック入金で対処!その方法を紹介

なので、不安な方は入金なりして有効証拠金を増やすか、必要証拠金を減らすといいですね。

必要証拠金は、買いか売りのポジションで決済すると減らせます。

世界株ETFをすべて決済する予定です

計算の結果、ロスカットの心配はないとわかったわけですが、心配なので、世界株ETFですべて決済しようと思います。

スクリーンショット 2017 11 18 9 48 12

含み損もまだ20円くらいしかないわけですしね。

スクリーンショット 2017 11 18 9 48 56

というわけで、それぞれの注文の「バツ」ボタンをクリックして決済しようとしたんですが、

スクリーンショット 2017 11 18 9 49 24

営業時間外だったので、無理でした。

スクリーンショット 2017 11 18 9 49 41

なので、月曜日に再度決済をしようと思います。

これからは、MSCIワールドだけで運用していきます。

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ