>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

外為オンラインの評判と実績!iサイクル2注文の儲かる自動取引設定とは?

どうも。10以上の自動取引FXを検証してきたタクスズキです。

今回は、外為オンラインのiサイクル2取引(注文)の設定方法などを紹介しています。(必要資金は最低4000円からです

ほったらかしの自動FXで利益を出したい方は、参考にしてみてください。

先に大事な結論:微妙なのでiサイクル注文はやめました

いま注力中でおすすめの自動FXは、トライオートFXループイフダンです。


(トライオートFXの利益の一部!お得キャンペーンも開催中!)

このようにiサイクルより優れている自動売買を見つけて、今はこっちで稼いでいます。

>>おすすめ自動売買でのお得なキャンペーンなどを知る
トライオートFXとタイアップ

FX自動取引の仕組み:ブログで検証しました

iサイクル注文のようなFXの自動取引の仕組みは、以下の記事や動画にまとめているので、そちらをどうぞ。

>>【FX自動売買を比較】初心者におすすすめのサービスを厳選したよ

上がっても下がっても儲かる「ほったらかしFX」

要は、頭のいいプログラムに利益が出るよう自動注文してもらうだけです。

About15
(上がっても下がっても儲かる仕組みなのです。それは動画で解説してます↓)

FXの自動取引は初心者でも勝てる仕組み

怪しいSNSアカウントのせいで「自動売買」という言葉に怪しいイメージがあるかもしれませんが、とても理にかなった仕組みなのです。

実際、そのしっかりしたシステムを活用して「ループイフダン」という自動売買FXでは、ユーザーの80%が儲かってるのです。

スクリーンショット 2018 11 13 10 52 14

また、トライオートFXでも「ユーザーが儲かってる」という実績があります。

トライオートFXの運用実績

>当ブログ限定のキャンペーンでお金をもらえてお得です
トライオートFXとタイアップ

iサイクル2取引の運用実績(デモ口座)

なお、iサイクル注文は手数料が高く、使い方も複雑で運用はしませんでしたが、デモ取引は遊びでやってみました。

この辺の実績も参考程度にどうぞ。(擬似取引なので、本番でもこうなる保証はまったくありません

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

以下、デモでの取引結果。(元本は300万円。目安程度にどうぞ)

・2018年6月4日:通貨ペアはUSD/JPYで運用開始
・6月〜9月:取引の利益310万円ほど、スワップポイントの利益13,400円

・2019年も継続中。トータルの成績はプラス

FXの必勝法で運用するのがおすすめ

そして今はiサイクル以外の自動売買FX「ループイフダン」をやってます(こっちの方がカンタンに儲かるので)

あと、トライオートFXでもほったらかしで利益を出せてます

そして、この2つでは今、現金やAmazonギフト券がもらえるキャンペーンをやっておりお得です。(このブログ限定)

>>もらえる額をチェックする
トライオートFX

【iサイクル注文の使い方へ】口座開設から設定〜取引まで

iサイクル注文を始めるには、外為オンラインのサイトから口座開設する必要があります

口座申し込みから取引までは数日でいけます。その辺の流れは以下の記事をどうぞ。

>>【無料でかんたん】トライオートFXの口座開設のやり方(すぐ終わります)

クイック入金可能(資金は余裕を持って)

取引サイトにログインできるようになったら、資金を入金しましょう。(最低4000円から始められますが、10万円はあった方がいいです

クイック入金があり、対応銀行は楽天、イオン、三井住友など主要ネット銀行です。

ぼくは住信SBI経由で、30万円入金しました

スクリーンショット 2018 06 03 9 36 40

>>【自動FX】外為オンラインのiサイクル注文で出金依頼する方法(銀行口座を先に登録しておく)

追記:定期的なパスワード変更がめんどうだった

iサイクル注文を使っていて、不便で怖いなと思ったのが、都度パスワード変更を求められるところです。

一度、「明日までにパスワード変更しないと、ログイン時ロックします」という怖い表示がされ、このサイトを使うのは危険だなと思いました。

なので、自動売買FXなら、そういったことがなく、安心して使えるサービスがおすすめです。

※中には、1日で資産を11%増やせたものもあり、初心者でも稼ぎやすいです

>>トライオートFXのキャンペーンなどを知る
トライオートFXとタイアップ

自動売買FXの必勝法を使おう!

これまで9つの自動売買FXにチャレンジしてきて、以下のコツに気づきました

このコツを使ってループイフダンでは利益を積み上げられています

大事なので、覚えておきましょう。

>>ループイフダンで80%が儲かってる実績を知る
ループイフダンで80%が利益

3種類の注文方法がある

話を戻します。

iサイクル注文の特徴は、注文方法が多様であること。

以下、3つの方法があります。

・ランキング、マトリクス、ボラリティ

では、それぞれを紹介していきます。

【ランキング】過去の運用成績から設定を決められる

こちらは、ループイフダンにもある設定方法ですね。

過去の実績(シミュレーションに基づく)から成績いいものを選んで注文できます

スクリーンショット 2018 06 03 9 38 32
(決済損益順で見ると損益ランキングになります)

純粋に成績のいいものを選ぶ場合、値幅(注文感覚)、想定変動幅、ポジション数などを自分で決めずに取引を開始できます

【自動売買ランキング】設定されたプランを選ぶだけ

損益順で並べてものの上位をみるとこんな感じに設定されてます。

スクリーンショット 2018 06 03 9 42 50
必要資金[目安]がわかるのもありがたいですね。数量も増やせます)

ポジション方向を「トレンド」にしている場合、トレンドの判断基準となっている指数も表示されます。(「トレンド」は、あとで説明します)

あとは新規注文レート、決済(約定)レートも確認できます。

スクリーンショット 2018 06 03 9 43 06

こんな感じで成績の良いプランを使って簡単に注文できるのが、ランキングのいいところです。

「トレンド」は自動でトレンドを判断してもらえるが

なお、ランキングではポジションを買いか売りか自分で決めず、機械にポジションを予想してもらって自動売買してもらうことも可能です。

つまり、自分で為替予想する必要がないのです。(それを機械に任せる)

これはトライオートFXのような感じですが、iサイクル注文の「トレンド」は微妙だなと個人的に思っています。

トレンド転換で損失も確定する

その理由は、トレンドが「上昇(買いポジション)」から「下降(売りポジション)」に変わった際、

保有ポジションがすべて決済されてしまうからです。

つまり、含み損がある場合、損失確定してしまうんですね。

含み損は将来の利益のタネ

含み損は将来の利益のタネですから、勝手に決済されるのは好ましくないです。

含み損は時間が経てば、利益になる可能性があるので、じっくち長期運用しようと思ってる人にも「トレンド」の設定は向かないですね。

スクリーンショット 2018 06 03 9 38 19
(ポジションは、買い、売り、トレンドの3つから選べます)

と、こんな感じで、ポジションを機械に決めてもらう「トレンド」は微妙と判断しました。

↓以下、他社の自動売買FXの動画ですが、仕組みは同じなので理解を深めるためにチェックするといいです↓

マトリクスは低リスクで投資したい人におすすめ

注文方法の2つめは、マトリクスを使って注文するもの。

スクリーンショット 2018 06 03 9 59 22

これは、ループイフダンの設定方法と似てますね。

想定変動幅と注文間隔の目安を決めて、それらが交わっているところで注文していく方法です。

この方法のメリットは、自分でリスク許容度を決められること

低リスクで運用したいなら、マトリクスを

以下の図だと、証拠金少なめでハイリスク・ハイリターンを狙うなら、注文間隔を狭めればいいとわかります。

スクリーンショット 2018 06 03 9 59 22

例えば、「想定変動幅:500」「pips:10」の組み合わせとか。(ポジションをたくさん持って利確チャンスを増やす手法

逆に、低リスクで運用したいなら、想定変動幅を広げて(余裕ある資金が必要)、注文間隔も広めるにする必要があるとわかります。

例えば、「レンジ:2000」「pips:100」という感じで。(pips広めだと、利確チャンスは減ります)

なので、リスク度合いから設定を決めたいなら、マトリクスをどうぞ。

【マトリクス】買い、売りの場合の損益状況もわかる

これまで表示してきたマトリクスにおける図は、ポジションが「トレンド」のものでしたが、「買い」と「売り」でも表示できます。

スクリーンショット 2018 06 03 10 00 42

それぞれで損益状況が異なるので、確認してみてください。

スクリーンショット 2018 06 03 10 00 55

他だと、以下の数値でのマトリクス状態も確認できます。

・利食い回数、損切り回数、レンジ内最大必要証拠金、レンジ内最大必要資金、レンジ内最大ポジション

ボラリティ方式は変動幅と資金を決めて注文できる

3つめの注文方法はボラリティ方式。

スクリーンショット 2018 06 03 10 03 32

これは想定変動幅、手元の資金、ポシションからどんな設定にすればいいかを決められます。(自動で計算してもらえます)

計算結果は、こんな感じ。

スクリーンショット 2018 06 03 10 03 46

これは、過去1年の変動幅から設定を決めたい人とかが使うとよさそうです。

スクリーンショット 2018 06 03 10 03 56
(新規注文レート、決済レートはこんな感じ)

このように、注文方法が3つあるので、好みのものを使ってみてください。

>>【ブログで儲かるか検証】FX自動売買ランキングやおすすめを紹介しておく

【無料】プロが通貨が上がるか予想してくれます

取引する通貨が今後上がるかチェックしたい人は、FX事業者「マネーパートナーズ」の会員になりましょう。

>>【お得】マネーパートナーズで1000円もらう方法!
10000y

ここは、会員向けに無料のオンラインセミナーを提供していて、

そこでトルコリラなどの見通し(展望)をプロが語ってくれるのです。(動画であとで何度も見返せます)

スクリーンショット 2018 10 26 17 01 17

しかも解説してくれるのは、投資家として有名でSNSのフォロワーが10万人近くいる広瀬さんです。

スクリーンショット 2018 10 26 17 36 21

動画は以下のようにして限定で公開されます。(マネーパートナーズ会員しか見れません)

スクリーンショット 2018 10 26 17 35 46
南アフリカランドの将来性なども無料で解説してもらえます

これだけの情報を無料でチェックできるのはかなりお得なので、FXで利益を得たいなら、必ずチェックしましょう

iサイクル注文の取引手数料とスプレッド

iサイクル注文でかかる取引手数料は以下の通り。(新規手数料+決済手数料)

1000通貨コース:片道20円(新規注文&決済のセットで40円)

スプレッドは以下の通り。

USD/JPY(米ドル/円):1銭、AUD/JPY(豪ドル/円):3銭、NZD/JPY(NZドル/円):6銭

※米ドルで1000通貨取引すると、10円の実質的なコストが発生します

スワップポイント

スワップポイントは以下の通り。(ポジションを持ち越した場合)

USD/JPY:売り:-80円、買い:50円

AUD/JPY:売り:-55円、買い:25円

NZD/JPY:売り:-65円、買い:35円

こちらも参考に。

iサイクル注文に必勝法はない(やりながら攻略していこう)

iサイクル注文のようなFXの自動取引は、感情に惑わされず、利確ポイントで確実に利確でき、利益を積み上げやすいです。

ただ、自動で放置して必ず儲かるわけではありません。

ちゃんと仕組みを理解して設定しないと損する(勝てない)可能性もあるので、その辺は勘違いしないようにしましょう。

>>トライオートFX利用者が儲かってる実績を知る

FX自動取引の鉄則

あと、4つのFX自動売買サービスに100万円以上投資し、運用して以下の鉄則を見つけました。

基本、買いで入る(売りで入ってスワップ支払いでマイナスにならないように)

最初は値幅広めで少額で(ポジション多いと、含み損も抱えやすくなるから)

ロスカットにならないように資金は余裕を持って(口座維持率100%を下回らないように)

短期で大きな利益を狙わない(月1万円~数万円くらいを狙っていく)

そして、この鉄則通りに楽に利益を出せるのがループイフダンなので、使ってみてください。

たまにお得なキャンペーンやってます

執筆時点で、チャートを見てエントリータイミングではないと判断しているため、まだ注文入れてません。

注文を入れて、実績が出てきたら追記します。(それまではデモ口座かな)

たまに、口座開設で現金キャッシュバックキャンペーンもやってます。

【追記】自動FXは、トライオートFXが儲かるからオススメ

なお、相場予想が不要で、ほったらかしで自動取引してくれる「トライオートFX」は1ヶ月で6万円もの利益を出してくれました

結果からわかるように、自動FXはトライオートFXの1人勝ちなので、FXに興味のある方はどうぞ。

>>トライオートFXのキャンペーンなどを知る
トライオートFXとタイアップ

注文する時期、自動売買を停止する時期の見極めは以下の記事を参考にしてください。

>>【FX】トラッキングトレードを始める時期(上昇・下降トレンド)を見極める方法 #リピート系注文

iサイクル2取引の評判、口コミ

ネット上には以下のような感想(評価)がありました。

「ループイフダンとiサイクル注文を一緒に試したい。スワップポイントはループイフダンの方が高め」

300万円から439万円に増やした人も(利回り+46%!)

1年前にデモを開始した外為オンラインの 「iサイクル注文」、元金300万円設定が大きく増えました~!

ユーロドル損切りしながらリピート(デモ口座)

ユーロドル売りでiサイクル注文(損切りあり)を回した結果、「300万円開始 → 439万円に増えた」人もいました。(デモ口座)

こういった意見もあるわけですね。

トレンド転換チェックのためにデモをやるのもあり

最近、デモ取引で通貨のトレンド転換を参考にするのがいいなと思いました。

これは、米ドル円で下降トレンドから上昇トレンドになった時に来たメール。

サイクル2トレンド取引において、トレンドの転換(移動平均 (SMA1=25, SMA2=75):日足)が発生したため、

以下のiサイクル2取引の運用を停止しました。停止時に保有していたポジションは自動的に決済されました。

通貨ペア : USDJPY
売買 : 売

トレンド転換を見るのに役立つ

そして、以下の新規注文が入るようになりました。

iサイクル2トレンド取引において、トレンドの転換(移動平均 (SMA1=25, SMA2=75):日足)が発生した為

以下のiサイクル2取引を開始しました。

通貨ペア : USDJPY
売買 : 買

こんな感じで、トレンドを見極めるのに、iサイクル注文が役立つわけですね。

iサイクル注文のデモ口座での擬似取引結果

※あくまで参考程度に

・2018年6月4日:通貨ペアはUSD/JPY、71万4000円で運用開始
・6月12日時点の実現利益は、15,350円

・6月29日:4万6000円の利益
・7月:41,155円の利益(トータル87,000円ほどプラス

・8月:取引の利益30,000円、スワップポイントの利益:2,165円
・9月:取引の利益34,900円、スワップポイントの利益13,400円

冒頭でiサイクル注文の必要資金は4000円と書きましたが、それだとロスカットで損失を出す可能性がありますので、10万円はあった方がいいです。

スワップ支払いで利益を削られるのはもったいない

ちなみに、他の自動売買で絶望したのが、売りポジションでなかなか決済されず日々のスワップ支払いで利益が減っていく現象。

これは心臓に良くないので、もう「売り(ショート)」は二度とやらないと決めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です