投資信託を買うタイミングが難しい!今は買い時か?と迷った時に読む記事

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。(2017年から投資開始)

今回は、投資信託の買い時について答えを書いておきます。

ぼくも初めて購入する際は、「いつ買えばいいのか?」と迷っていたのですが、実はシンプルに考えれば簡単なことなんですよね。

なので、今回はこれから投資を考えてる方向けに、その辺の大事なことを書いておきます。

自動積立で購入せよ!それなら、買い時を気にしなくていいから

結論はこれです。

初心者が投資信託を買うなら一括でなく、定期の自動積立にしましょう。

これなら、値段や買い時を気にせず、淡々と買っていけるんですよ。

>>100円からの投信積立、つみたてNISA、確定拠出年金を始めたい人はこの1つをやればいいのです

積立投資ならドルコスト平均法で買っていける

積立投資であれば買うタイミングを気にせず買っていける理由は、ドルコスト平均法により買い付けの平均単価を抑えられるからです。

その辺の理由や、ドルコスト平均法の説明は以下の記事に書いたとおり。

詳しく知る>>投資信託を買う際の注意点「一括でなく積立で」「値段を気にせずドルコスト平均法で買っていく」

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

>>【1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>投資信託の積立にはドルコスト平均法が向いている!おすすめの商品も紹介

初心者が「今は買い時か」と判断するのは難しい

投資信託限らず、仮想通貨、株など一括投資してみて痛感しましたが、初心者がスポット購入のタイミングを見極めるのは無理です。

そもそも、人間の脳は投資に向いておらず、「上がったら買ってしまい」「下がったら売ってしまいます」。

本来はその逆でなければならないんですが、感情がジャマして投資の鉄則通りに売買できません

つまり、買い時も売り時も正しく判断できないのです。

>>投資信託の短期売買はおすすめじゃないし禁止レベル!長い期間で積み立てていくのが正解

感情に惑わされず機械的に買っていこう

なので、投資で利益を出すにはこうした感情を排除し、機械的に自動積立していくのがいいのです。

実際、仮想通貨や投資信託では自動積立の方が運用成績はいいです。

なので、これから投資信託を買おうと思ってる方は必ず定期的な自動積立で買いましょう

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

おすすめのネット証券はSBIと楽天

投資信託を買う際は、低コストでその商品数が豊富な楽天証券とSBI証券がオススメです。

上で載せた2つの比較記事でも買いたとおり、それぞれに強みがあるので、2つで口座を作っておくといいです。(無料ですし)

>>楽天証券のサイト

>>SBI証券のサイト

投資信託のおすすめ銘柄(2017年、2018年版)

なお、おすすめ銘柄は以下の記事を参考にしてください。

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

一括投資するなら数千円

どうしても一括投資で買うなら、楽天スーパーポイントを使って数千円単位で買いましょう

それなら、大きな損失を出すリスクも抑えられますので。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

というわけで、低リスクで一括購入したい方は、「楽天証券」で口座開設しておきましょう。(無料です)

アクティブファンド投資でインデックス以上のリターンを

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

積立投資の売り時について

なお、積立の長期投資で投資信託を買い込み、「いつ売るか?」と迷った際は以下の名言を思い出してください。

積立投資は、以下の式で損益が決まるため、都度買うときの値段は気にしなくていいのです。(口数と売るときの値段だけ気にすればOK

投資の評価=買い込んだ口数(A)×投資終了時の価格(B)

積立投資を始めるタイミングとは、この仕組みを理解したときだ。つまり「今」である

さっさと始めて、どんどん口数を貯めていったほうが得策だ。早く始めたほうが確実に口数を貯め込むことができる。  

積立投資は、その特徴を理解したら、あとは「投資開始のタイミングが早ければ早いほどよい投資」なのだ。

参照:投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット・デメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

約定のタイミング、購入反映、決算日について

投資信託の細かいルールについては以下の記事をどうぞ。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【まとめ】SBI証券でバランス型投資信託の積み立て申し込みから引き落とし〜買い付けまでに知っておきたいこと

ネット証券ごとの買い付け日、約定の違い

>>【投資信託を10万円注文】セゾン投信で口座開設と入金する方法&それにかかる日数まとめ(最短1週間)

>>【投資】おすすめされていた「SPDR ダウ工業株平均ETF(米国株)」:運用実績を元に感想書いてくぞ!

>>【初心者向け】資産運用ブログ運営者が1万円、5万、10万、20万、50万、100万円の投資プランを考えてみた

初心者向けのほったらかし投資について

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

「暴落時の対応」など、初心者が知っておきたいこと

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

>>投資の勉強はあまり意味ないけど、いくらか必要だからその方法とおすすめ本まとめとく

>>【初心者向け】投資とは何か?その定義や、やり方、失敗しないための知識をまとめとく

株式投資(個別銘柄)について詳しく知る

>>「ワンタップバイ」をネットの評判、口コミと自分の感想を元に評価!「買える株少ないし、正直微妙」

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ