投資のリスクを考える上で重要なアセットクラスを知っておこう

前回紹介した、投資の際に知っておくべき「5つのリスク」。金融商品に潜むリスクを知る上で参考になります。しかし、投資初心者にとって、金融商品に潜むリスクを見つけるのは難しいです。

それを解決するために、今回はアセットクラスという分類方法で、それぞれの金融商品のリスクを可視化してみます。適切なアセットアロケーション作成に活かしてみて下さい。

今回も『内藤忍の資産設計塾【第3版】—-あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法 (資産設計塾シリーズ)』からです。

金融商品は6つに分類できる

金融商品は6つに分類できる事を知っておきましょう。以下が代表的な分類です。

1. 流動性資産
2. 日本株式
3. 日本債券
4. 外国株式
5. 外国債券
6. その他

では、これから1つ1つ説明しておきます。なお、今後の説明のわかりやすくするため、それぞれの投資対象商品のリスクを表で可視化しておきます。

アセットクラス 価格リスク 金利リスク 為替リスク
①流動性資産
②日本株式
③日本債券
④外国株式
⑤外国債券
⑥その他 モノに依る モノに依る モノに依る

①流動性資産「市場の変動に影響を受けにくく、現金化しやすい」

流動性資産とは、市場の変動による資産価値への影響が少なく、いつでも現金にする事ができる安全性の高い資産の事です。

銀行の普通預金やゆうちょ銀行の通常貯金、証券会社の総合口座で使う事ができるMRFなどがこれにあたります。

関連記事:MRFの金利に注目!初心者が資産を増やすなら銀行預金よりも優れてますよ

流動性資産には、上記のリスクがありません。ただし、その分リターンも低い事が特徴です。

②日本株式

株式は価格変動によって、その価値に影響が出ます。価格リスクを持っているんですね。これは、株式を含む投資信託やETFも同様です。

③日本債券

前回も紹介したように、債券は金利によって、その価値が変動します。

関連記事:【投資】株式、債券、REITなどの金融商品には5つのリスクがある事を知っておこう

金利が上がってしまうと、そちらに人々が価値を感じるようになるので、債券の需要が落ちるんです。そのため、債券の価値は下がってしまうんでした。

MMF(安全性の高い公社債を主な投資対象とする追加型公社債投資信託)、中期国債ファンド、日本国債や社債を入れた投資信託もこのグループに入ります。

なお、中期国債とは、国が発行する国債の中で、元本を償還するまでの期間が2年から5年のものです。国債で利子をもらうまでの期間が比較的短いものですね。

関連記事:銀行預金よりも個人向け国債を購入した方が得だと思う
関連記事:金利変動がキモに!個人向け国債のメリットとリスクについて考えよう

④外国株式

米国、ユーロなどの海外株式、他にも海外株式、それらに投資している投資信託がグループに属します。

株式ですから、価格リスク、外国ということで、為替が影響しますから、為替リスクを持っています。なお、過去のデータによると「為替」と「価格」のリスクはプラマイ0になるとのことで、日本株式よりもリスクは少ないそうです。

為替が下がれば、価格が上がるといった感じですね。

⑤外国債券

先進国の外債、外債ファンなどがこのグループに属します。債券ですから、金利リスク、為替が影響しますから為替リスクが伴います。また、金利の影響をあまり受けない、利子を受け取るまでの期間が短いものは金利リスクがあまりないです。

為替リスクだけの商品とも言えます。

⑥その他

その他にはここまで紹介してこなかった商品が分類されます。

バランス型ファンドと呼ばれる下部、債券、外貨資産に分散投資するファンド、REITのような不動産への投資、金・コモディティ(原油・貴金属)など、下部債券以外へ投資する商品などが含まれます。

6つのクラスに金融商品を当てはめてアセットアロケーションを作っていく

紹介したアセットクラス(6つの分類)に金融商品を当てはめていけば、それぞれのリスクを知る事ができ、資産運用の8割を決めるアセットアロケーション作成に役立ちます。

関連記事:投資信託のリスクはアセットアロケーションをベースに考える

ぜひ役立ててみて下さい。次回以降は、分類に当てはめるべき禁輸商品を説明していきますので、ご期待を。

また会いましょう!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

次回予告「投資信託って何だろな?」

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ