【おすすめ銘柄、優待】ミニ株、単元未満株(S株、プチ株、ワン株)のメリット・デメリットまとめ

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、株を気軽に買える「ミニ株」と「単元未満株」についてまとめてみます。

【お得】ビットコインは3000円分も無料でもらえる

本題の前にまず、お得情報を書いておきます。

ビットコインはノーリスクで手に入るのです。(もらうだけなので、損することは絶対になし)

上場企業の子会社が運営する「ビットポイント」という取引所で口座開設などをするだけでもらえます

しかも、ビットポイントのイメージキャラクターは、あの本田選手です!(本田選手も認めた取引所というわけですね)

BITPOINT
(この取引所では、リップル投資レバレッジ取引などで利益を出せてます)

>>【お得なキャンペーン】3000円分のビットコインを無料でプレゼント!仮想通貨の取引所で口座開設する方法

このチャンスは今だけなので、ぜひゲットしてみてください。

無料で3000円分のビットコインをもらう>>ビットポイントのサイト

株の買い方についても知ろう

あと、買い方、売り方、注文の仕組み(成行)などは以下の記事を参考にしてください。

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>【比較】テーマ型株式投資の「FOLIO」と「S株Now!」はどちらがおすすめ?感想書いとくよ

【先に結論】単元未満株を買うならカブドットコムが手数料最安

あとで、詳しく比較しますが、少額で株を買うサービスでは、カブドットコム証券が手数料最安です。

なので、手数料で投資の利益を減らしたくない方はカブドットコムの「プチ株」を使うといいです。

あと、株(IPO)で儲けたいなら、エメラダもどうぞ。

>>【評判】エメラダ・エクイティの未上場株投資がおすすめか評価してみる(リスク、手数料などまとめ)

株取引で便利な無料アプリ

あと、株を買う場合、どの銘柄をいくら保有しているか(ポートフォリオ)がわかる無料アプリがあります

便利>>【評判】資産運用の管理ツール「マイトレード」が便利そう!ネット証券をまたいで資産割合を見たいので登録した

こちら、トレードで役立つレポートも見れますので、まず無料で使ってみてください

便利機能を使ってみる>>マイトレード(アプリストアへ)

単元未満株、ミニ株はNISA枠でどうぞ

あと、単元未満株とNISAは相性がいいので、株の取引はNISAの非課税枠で行うといいです。

>>【お得】SBI証券でNISA、つみたてNISAを申し込むと抽選で2000円プレゼントキャンペーン実施中

>>100円からの投信積立、つみたてNISA、確定拠出年金を始めたい人はこの1つをやればいいのです

>>つみたてNISA、iDeCoの始め方を知らない人が意外といることに気づいたので、その方法書いとく

ミニ株と単元未満株の比較

というわけで、まずこの2つの比較を。以下のような違いがあります。

ミニ株:単元株数の1/10単位での取引

単元未満株(S株):1株からお取引できる(ミニ株よりも買いやすい)

通常の株取引では、「1口100株から」、「1,000株から」と売買の最低単位が決まっています

こんな感じで、「買いやすさ」に大きな違いがあるのです。

>>【お得なキャンペーン】3000円分のビットコインを無料でプレゼント!仮想通貨の取引所で口座開設する方法

配当も受け取れる

ミニ株、単元未満株ともに配当は受け取れますが、株を保有しても議決権は得られません。

細かい話だと、ミニ株は1日1回の取引しかできませんが、単元未満株は1日に数回の取引ができます

こういったことも基礎知識として覚えておくといいです。

単元未満株は証券会社によって呼び名が異なる

単元未満株(ミニ株)の名称は、それぞれ以下の通り。

SBI証券:S株

マネックス証券:ワン株

カブドットコム証券:プチ株

というわけで、それぞれの特徴も比較してみます。

単元未満株の手数料比較

手数料の比較は以下の通り。わずかですが、「カブドットコム証券」が一番安いです。

・S株の手数料は、約定代金の0.5%。最低手数料:50円)

・ワン株の手数料は、約定代金の0.5%(最低手数料48円)

・プチ株の手数料は、約定代金2万円まで100円、以降の約定代金1万円増加ごとに67円加算。

以降は、手数料2万円、55,000円で計算していきます。(税抜きで比較)

>>【お得なキャンペーン】3000円分のビットコインを無料でプレゼント!仮想通貨の取引所で口座開設する方法

S株(SBI証券)の手数料

S株の手数料は、約定代金の0.5%。最低手数料:50円)。

2万円の場合、100円。

55,000円の約定代金の場合、275円。

ワン株(マネックス)の手数料

手数料は約定代金の0.5%(最低手数料48円)。

2万円の場合、100円。

55,000円の約定代金の場合、275円。

プチ株(カブドットコム)の手数料

プチ株の手数料は約定代金2万円まで100円、以降の約定代金1万円増加ごとに67円加算。

2万円の場合、100円。

55,000円の約定代金の場合、
20,000円までは100円

残り35,000円に対しては4(40,000円以下)×67円=268円、

合計368円(税抜)の手数料に。

というわけで、手数料最安で取引したい方は、カブドットコムをどうぞ。

単元未満株のメリット

では、次にメリット・デメリットをまとめていきます。

まずはメリットから。

メリット1「少額で気軽に買える」

これは大きいですね。

僕が知る限り、1株:37円で買えますから、かなり気軽です。

単元株だと、数十万円の資金が必要ですが、もっと少額で気軽に株主になれるのです。

>>【お得なキャンペーン】3000円分のビットコインを無料でプレゼント!仮想通貨の取引所で口座開設する方法

メリット2「複数の銘柄を持てる」

「卵は1つのカゴに盛るな」という鉄則がある通り、1つの銘柄に依存するのは危険です。

リスク分散するために、複数の銘柄に投資するのが鉄則です。

単元未満株だと、そうしたリスク分散がしやすくなるんですね。

1つの銘柄(単元株)で投資して、その怖さを実感しました。

まあ、株の分散投資なら、投資信託を買った方がいいわけですがw

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

単元未満株のデメリット

続いて、デメリットの紹介。

デメリット1「手数料が少し高い」

SBI証券のS株と単元株で見ると、単元未満株は手数料がやや高いとわかります。(税抜きで比較)

まず、スタンダードプランの場合。(1注文の約定代金に対して手数料がかかる)

1注文50円からになっています。詳しい手数料体系は以下の通り。

・5万円まで 50円
・10万円まで 90円
・20万円まで 105円

S株の場合、5万円投資した場合、250円かかりますから。200円も違いがあるんですね。

アクティブプランだと、単元株の取引手数料が無料になる

なお、アクティブプランだと手数料がもっと安くなります。(10万円以内の取引の場合)

※1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる

・10万円まで 0円
・20万円まで 191円

こんな感じなので、S株と比較すると5万円の取引で250円のコスト差になるわけです。

>>【お得なキャンペーン】3000円分のビットコインを無料でプレゼント!仮想通貨の取引所で口座開設する方法

デメリット2「流動性が低い。いつでも売れない」

この記事でも書いた通り、S株は売買できる時間が限られています。

一方、単元株の取引を使って売買でき、もっと流動性が高いです。

こんな感じで、単元株と比べて「買いたいときに買いにくい(売りも同情)」といったデメリットもあるのです。

【まとめ】気軽に株を買いたいなら、単元未満株をどうぞ

紹介してきたように、デメリットはありますが、単元未満株は少額でほしい株を買えます。

なので、投資のきっかけの1つとして検討してみてください。

関連記事:業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

便利>>【評判】資産運用の管理ツール「マイトレード」が便利そう!ネット証券をまたいで資産割合を見たいので登録した

>>マイトレード(アプリストアへ)

100円からOKの楽天ポイント投資を知る

あと、これも知っておくといいです。

投資家に大人気で、成績のいいファンドも100円から買えます。

>>楽天スーパーポイントでおすすめの投資信託を100円から買えて現金化できる!その方法、ポイントを賢く貯めるコツを紹介

なので、興味ある方は今のうちに楽天証券で口座を作っておくといいですよ。

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

単元未満株のおすすめ銘柄

名著「10万円から始める高配当株投資術」で紹介されていたおすすめ銘柄は以下の通り。

詳細は、本で確認してください

日本電技、アルトナー、平安レイサービス、キャリアデザインセンター、エフティグループ

ミューチュアル、ティーライフ(買い時?)、早稲田アカデミー(最近はめっちゃ上がってる。安くなったら買おうかな)。

イハラサイエンス、太陽工機(買いたい)、オーデリック、コンドーテック、沖縄セルラー電話、ステップ

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

株式投資の関連記事

>>【インカムゲイン】投資信託が出している安定的な収益を知る方法→「損益の状況」の「配当等収益金」を見る

>>【評判、口コミ】ワンタップバイを感想と共に評価!「買える株少ないし、正直微妙」

少額投資の関連記事

>>【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

>>投資初心者は株、FXなど何から勉強するべきか?(おすすめ本なども紹介)

端株(隠れ)優待もあり

>>【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

>>くりっく株365とは?使える証券会社とそれぞれの特徴を比較し、おすすめも紹介【株価指数CFD】

>>【実績あり】「株価指数」で資産運用する「CFD」のセミナーに参加して投資開始!評価も追記

>>「S株Now!」で20万円注文!「AI」「民泊」などのテーマ型投資の評判と感想、運用実績書いとく @SBI証券

株式投資について詳しく知る(テーマ型など)

>>【評判】「ロボット」などのテーマで株式投資できる「FOLIO(フォリオ)」の口座開設方法と評価(実績あり)

>>【1300万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ