【騙されるな】生命保険は掛け捨てで!代理店への相談で騙された人を反面教師に

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

28歳の男性(既婚者)からお金に関する質問がきたので、答えておきます。

相談内容「生命保険は入った。老後資金をどうしよう?」

相談者の話は以下の通り。

・最近、結婚。生命保険未加入だったため、ライフプランナーへ相談。

・相談して、積立型の生命保険に入った。老後資金を得る目的もある。

・退職金のない会社で働いており、退職金の代わりとなるお金を用意したい

・そのための手段として、ロボアドの「ウェルスナビ」を知ったが、投資すべきか?(するのであれば、いくらが妥当か?)

というわけで、それぞれについて意見を書いていきます。

保険は、子供が成人するまでの定期保険で十分

まず、これについては「生命保険のウラ側 (朝日新書)」が参考になるので、引用してみます。(必読)

掛け捨ての定期保険だけでいい

保険に頼るほうがいいのはどういう場合なのでしょうか。これも答えは簡単で、ポイントはたった一つしかありません。

貯金では対応しにくい金額、要するに大金が調達できる」  

このポイントに当てはまる保険は、どんな保険だと思われますか。

「貯金で対応しにくい大金」を保険で調達できるのは、死亡した場合に大きな保障が得られる「掛け捨ての定期保険」しかありません

そして、それは「いつ」必要になるのでしょうか。

そうですね、子供が自立するまで、世帯主に万が一のことがあった場合に必要なのですね。  

つまり、生命保険で損をしたくないと思ったら、「一定期間の死亡保障を確保する定期保険」だけの利用にとどめればいい

この件については、以下の記事も参考にするといいです。

生命保険が唯一必要なのは、貯金も頼れる身内もない夫婦に子供が生まれた時に、10年かせいぜい20年間加入する、

掛け捨ての死亡保障保険だけだ(ネット生保の商品が良い)。

無駄な保険をやめると人生は随分豊かになる。

保険に入ったつもりで保険金分を貯蓄しておくのが、概ね正解なのだと覚えておこう。

引用元:山崎元の「なっ得!オヤジのためのマネー講座」 -生命保険には入らず貯蓄にまわせ!-

というわけで、保険はこれだけでOKと覚えておきましょう。

自分で用意できないまとまったお金を保険に頼る

あと、これも大事なので「生命保険のウラ側 (朝日新書)」から引用。

断っておきますが、「掛け捨て」という仕組みには何の問題もありません

「『掛け捨て』は損だ」という人がいたら、私は「保険の本質は掛け捨てです。

保険は貯蓄も兼ねる、といった認識は過去のものとして捨ててください」と言うことにしています。  

保険は、加入者が払うお金で「共有財産」を作り、それが不幸があった人または遺族に届けられる

つまり不幸がなかった人が払ったお金は結果的に戻ってこないこと(「掛け捨て」ですね)により成り立っているからです。

お金を用意できないと考えてるなら、互助システムを頼ろう

仮に、子供が自立する前、例えば、お子さんが10歳の時に40歳で亡くなった場合、

おそらく家族がそのあとに生活していく資金を用意しておくことは、多くの人にとって難しいこと。

そうした場合、保険のような互助システムを使うのはアリだと思います。

なので、保険はこのように使えばいいのだと理解しておきましょう。

老後資金は、じぶんで運用しよう

相談者の方は、老後資金のために保険に入ってらっしゃるようですが、

ぼくは「老後資金は自分で用意した方がいい」と思ってる派です。

その辺の背景は以下の記事と本を参考にしてみてください。

参照:「みんながそうしてるら」で家を買う、保険に入るのはもうやめよう

参照:片道1時間のきつくて辛い電車通勤をやめれば月に12万円も得をする

参照:将来の「何となく不安」ばかりにコストをかけて今を楽しめない人たち

参考書:普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話 (扶桑社新書)

というわけで、自分で老後資金を用意する方法

相談者の「退職金の代わり(老後資金)をどう準備するか」について。

これは、「ウェルスナビ」や「つみたてNISA」、「iDeCo」「投資信託の積み立て」を活用していくといいですね。

長期積立でプラス数%の運用益を目指し、分散投資していけば数十年後には十分なお金が用意できてるはずなので。

「長期投資」などの詳細は過去記事を読んでください

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

貯金をいくらまで投資に回せばいい?毎月の積み立て額は?

あとは、以下のような質問もされました。

貯金(200万円弱)から投資にいくら回すべきか

一般的には、半年〜1年分くらいの生活資金を残しておけばOKと言われてますよね。

ただ、投資初心者であれば、このどっちかをやればいいと思います。

・「ウェルスナビ」に10万円初期投資して、毎月1万円くらいを積立

・利回り5~6%になりそうな投資信託に毎月5000円くらい積立

これらにまず少額投資してみて、勉強しつつ、どんな感じかわかってきたら、投資額を増やすといいですね。

必読記事まとめ

大事なのは、「最初はまず少額から」です。

>>20代後半の同世代から投資について聞かれた時にしてる話をまとめてみる(100円からの積立投信、ロボアド、仮想通貨)

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>【投資信託】相場が荒れてわかったバランス型ファンドのメリット、株式特化型のデメリット

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

少額から優良ファンドを買うのもあり

あと、以下の質問にも回答しておきます。

投資関係はブログを見て興味を持ったばかりなので、ほぼ知識がありません。

楽天スーパーポイントで始められる投資信託をまず試すべきでしょうか?

そうですね。「まず少額から」の原則にのっとり、気軽なポイント投資をやってみてください。(元本割れのリスクもしっかり把握して)

投資家に大人気で、成績のいい「ひふみ」も100円から買えますので。

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

というわけで、以上です。

[追記]こういったことも教えてもらいました。

生命保険に騙されるな(騙された人を反面教師に)

あと代理店に相談に行く前にこれもチェック

ライフステージ別おすすめ保険リスト

・独身:就業不能保険

・パートナーが専業主婦、子供なし:稼ぎのある方に就業不能保険+死亡保険

・共働きカップル、子供なし:ふたりに就業不能保険

・パートナーが専業主婦・子供あり:就業不能保険+死亡保険

・共働きのカップル、子供あり:ふたりに就業不能保険+収入が多い方に死亡保険

カードローンで借金はダメ絶対

>>【まとめ】FXで大損・失敗しないために2ch体験談や理由から学ぼう

>>【保存版】初心者向け!ビットコインFXの勝ち方、スマホでのおすすめ手法や取引所まとめ

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

利息収入で堅実に稼ぐ

>>【終わった】トルコリラ・スワップポイント生活の推移:大損する前にやめような @SBI FX

>>FXで月1万円稼ぐ方法、証拠金10万円を増やす方法はあるのか?

>>1万円からの少額投資で1万円増やすアイデア(3000円からでもOK)

定期預金の1万倍以上儲かる資産運用

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

>>初心者がブログで実践中のFX収支をまとめていきます!主婦、会社員でもできるか検証

>>【ブログで儲かるか検証】FX自動売買ランキングやおすすめを紹介しておく

>>投資の失敗談をブログにまとめたよ!サラリーマン、主婦は大損する前にチェック

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ