>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

【違いを比較】テーマ株投資FOLIOとS株Now(テーマキラー)どっちがおすすめ?

今回は、テーマで株が買えるサービス「FOLIO(フォリオ)」とSBI証券の「S株Now!(テーマキラー)」の違いを比較していきます。

どっちがおすすめか、必要資金、利益の出しやすさの違いなどを知りたい方は参考にしてください。

結論、どっちも同じようなサービスで10万円からとハードルが高く、利益も同じくらいです。

この2つよりは、200円から株を買えて、11万円の利益を出せたサービスの方がおすすめです

Gmoのcfdで11万円の利益

これはGMOクリック証券でやれるので、ぜひチェックしましょう!

\ 人気商品や口コミなどを知る /

GMOの投資の仕組みなどは動画で解説してるのでチェックしましょう!

【まずは結論】FOLIOの方がおすすめ

S株nowで買った全株を短期で売った経験を通して、FOLIOの方が安心して保有できるし、資産を増やせそうだなと感じました。

※S株の利益は数千円

こう思った理由は、FOLIOの売買ルールにあります

FOLIOは個別で売れないのがミソ(初心者向け)

FOLIOは個別で売れず、テーマ全体でしか売れないのは非常に大きいです。

S株nowの場合、個別で売れて流動性高く、メリットあると思っていたのですが、

これだと、それぞれの銘柄の値動きを日々気にしてしまって、適切に売買できなくなってしまうんですよ

実際、一時的に値下がりした銘柄を見て、僕は損切りしてしまいました。(将来上がるかもしれないのに)

FOLIOなら安心して長期投資できる

一方、FOLIOは全体の収支しかわからないので個別銘柄の株価を見ることがなくなります

実際、FOLIOで買ってる銘柄の株価をチェックしてことはないし、ぶっちゃけどの銘柄を買ってるかも忘れてましたw

こういった「将来上がると思われる銘柄をガチホして、

1年後〜数年後に売却して利益を得る」というほったらかし投資がFOLIOでは可能です。

※本業のあるに人は、日々の値動きに一喜一憂しないほったらかし投資がオススメ

個別でもすぐ売りたい人にはSBIがおすすめ

逆に、個別株単位で流動性高くすぐ売買したい人には、SBIのS株NOWがおすすめです。

SBI証券ではお得なキャンペーンも開催中で、手数料も安いのでぜひチェックしましょう!

\ キャンペーンなどを知る /

FOLIOの実績(暴落時はさすがに含み損)

では、まったりと投資できるFOLIOの実績も見ていきましょう。

以下は執筆の3週間前の成績。(現時点、2月12日)

ただ、今は株式市場全体が暴落したため、含み損益-5,718円(-4.42%)になってます。

これは一時的なもので、また上がってくると思ってるのでぼくは心配してません。

FOLIOの銘柄選定は人力とAI

※銘柄は独自のアルゴリズムで選ばれています(天才集団が開発してるので、アルゴリズムも信頼してます)

FOLIO運営会社はLINEから大型の出資を受けたので、期待してます。

投資家は「ドローン」「VR」といったテーマをえらぶだけで、複数の企業にかんたんに投資できます

コストは同じ。違いは「流動性」と「株の数を変更可能か」

なお、FOLIOとs株nowの手数料(売買時)は同じで0.5%。

違いは、先ほども書いたような「流動性(個別で売れるか)」と、「購入時、買う株数を変更できるか」ですね。

S株NOWは、購入時、提案された株数を自分で変えて購入できます

S株nowは銘柄の価値を知ってる玄人(中級者)向き

こうした違いがあるため、S株NOWは自分で銘柄の価値を理解できる中級者以上向きのサービスと感じました。

一方、FOLIOは自分で銘柄を選べない初心者向きですね。(投資信託みたいな感じ)

あと、FOLIOでは3ヶ月に1回リバランスを提案してもらえるので、知識なしで株式投資をしたい人にも向いてます。

\ キャンペーンなどを知る /

テーマごとに銘柄は異なるのか?

というわけで、こちらも比較してみます。

まずは、「働き方改革」というテーマにおける銘柄の違い。

FOLIOとS株の「働き方改革」に入ってる銘柄

以下、FOLIOに入っているもの。(10万円)

・アマノ 17.55% 5株
・ダイキン工業 15.37% 1株
・リクルートHLDG 12.40% 4株
・ヤフー 12.19% 19株
・KDDI 9.92% 3株
・カルビー 9.09% 2株
・ユニ・チャーム 7.24% 2株
・ヤマトHLDG 7.00% 2株
・SCSK 5.51% 1株
・スタートトゥデイ 3.72% 1株

以下、S株NOW!に入ってる銘柄(10万円)

・リクルートホールディングス 10株 30.15%
・パソナグループ 8株 22.54%
・パーソルホールディングス 4株 12.08%
・フルキャストホールディングス 4株 11.38%
・エン・ジャパン 1株 6.39%
・アウトソーシング 1,877 2株 4.71%
・アルバイトタイムス 22株 7.24%
・ディップ 1株 3.99%
・夢真ホールディングス 1株 1.52%

このように、かなり違うわけですね。

FOLIOは「副業OK、時短」など「働き方改革を推進している企業」

S株は「働き方改革で恩恵を受ける人材事業をやってる企業」という感じ。

選定される銘柄は、どのような基準ですか?

なお、S株NOWの銘柄選定基準は以下の通り。

テーマごとに情報提供元である、みんかぶ(エムサーフ社) による独自の市場、銘柄分析に基づき、関連度の高い10社が選定されます

これはアルゴリズムと人力ということなんでしょうね。

こういったハイブリッドな選定方法もFOLIOと同じですね。

【大事な追記】FOLIOで「おまかせ投資」がスタート

最近FOLIOで、ほったらかしでお金を増やせる「おまかせ投資」が始まりました

これは知識ゼロでも始められて、無料で投資によって増える金額もわかります

スクリーンショット 2018 12 27 15 48 01

ぼくの最新成績だと、しっかりプラスになっています

スクリーンショット 2019 01 19 13 47 25

「おまかせ投資」はテーマ株より安定してます

【まとめ】フォリオとテーマキラーの評判、口コミ

フォリオとS株NOWはどっちも同じようなサービスで10万円からとハードルが高く、利益も同じくらいです。

この2つよりは、200円から株を買えて、11万円の利益を出せたサービスの方がおすすめです

Gmoのcfdで11万円の利益

これはGMOクリック証券でやれるので、ぜひチェックしましょう!

\ 人気商品や口コミなどを知る /
関連記事