【比較】テーマ株投資のFOLIOとS株Now(テーマキラー)はどちらがおすすめ?感想書いとくよ

どうも。1000万円近く運用に回している、運用男子のタクスズキです。

今回は、テーマで株が買えるサービス「FOLIO(フォリオ)」とSBI証券の「S株Now!(テーマキラー)」を比較していきます。

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

スクリーンショット 2019 01 09 20 41 52
(フォリオは松本さんがCMに出ていて話題になってます)

【大事な追記】FOLIOで「おまかせ投資」がスタート

最近FOLIOで、ほったらかしでお金を増やせる「おまかせ投資」が始まりました

>>【評判】FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資を開始!積立や運用実績、手数料、解約方法まとめ

これは知識ゼロでも始められて、無料で投資によって増える金額もわかります

スクリーンショット 2018 12 27 15 48 01

ぼくの最新成績だと、しっかりプラスになっています

スクリーンショット 2019 01 19 13 47 25

「おまかせ投資」はテーマ株より安定してるので、まずは無料の診断だけでもやってみてください。

(質問3問に答えるだけです)

投資で増えるお金を計算してみる

>>「フォリオ」の無料診断をやってみる

【まずは結論】FOLIOの方がおすすめ

S株nowで買った全株を短期で売った経験を通して、FOLIOの方が安心して保有できるし、資産を増やせそうだなと感じました。

※S株の利益は数千円

こう思った理由は、FOLIOの売買ルールにあります。

>>【評判】FOLIOのおまかせ投資を開始!無料診断で増えるお金をチェックできる

おすすめ!株の200円投資で稼げる

なお、株を200円とかなり少額で買う方法もあるので、そちらもチェックしてみてください。

>>ほったらかしで稼ぐ!アメリカの有望株を200円から買い、配当収入も得る方法

>>これは発明!1万円で株を買って貯金の何千倍もの配当をもらい、値上がり益もゲットしよう!

FOLIOは個別で売れないのがミソ(初心者向け)

個別で売れず、テーマ全体でしか売れないのは非常に大きいです。

S株nowの場合、個別で売れて流動性高く、メリットあると思っていたのですが、

これだと、それぞれの銘柄の値動きを日々気にしてしまって、適切に売買できなくなってしまうんですよ。

実際、一時的に値下がりした銘柄を見て、僕は損切りしてしまいました。(将来上がるかもしれないのに)

オススメのほったらかし投資>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。最低資金は10万円からで毎月積立も可能

FOLIOなら安心して長期投資できる

一方、FOLIOは全体の収支しかわからないので個別銘柄の株価を見ることがなくなります。

実際、FOLIOで買ってる銘柄の株価をチェックしてことはないし、ぶっちゃけどの銘柄を買ってるかも忘れてましたw

こういった「将来上がると思われる銘柄ガチホして、

1年後〜数年後に売却して利益を得る」というほったらかし投資がFOLIOでは可能なのです。

※本業のあるに人は、日々の値動きに一喜一憂しないほったらかし投資がオススメ

関連記事:【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

株取引で便利な無料アプリ

なお、株取引でどの銘柄をいくら保有しているか(ポートフォリオ)がわかる無料アプリがあります。

便利>>【評判】資産運用の管理ツール「マイトレード」が便利そう!ネット証券をまたいで資産割合を見たいので登録した

こちら、トレードで役立つレポートも見れますので、まず無料で使ってみてください。

FOLIOの実績(暴落時はさすがに含み損)

では、まったりと投資できるFOLIOの実績も見ていきましょう。

以下は執筆の3週間前の成績。(現時点、2月12日)

ただ、今は株式市場全体が暴落したため、含み損益-5,718円(-4.42%)になってます。

まあ、これは一時的なもので、また上がってくると思ってるのでぼくは心配してません。

FOLIOの銘柄選定を信頼してます

※銘柄は独自のアルゴリズムで選ばれています(天才集団が開発してるので、アルゴリズムも信頼してます)

知識なしのほったらかし投資>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

FOLIO自体、サービスの改善がされていくはず

あと、FOLIO運営会社はLINEから大型の出資を受けたので、かなり期待してます。

こちらもオススメ>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

コストは同じ。違いは「流動性」と「株の数を変更可能か」

なお、FOLIOとs株nowの手数料(売買時)は同じで0.5%。

違いは、先ほども書いたような「流動性(個別で売れるか)」と、「購入時、買う株数を変更できるか」ですね。

※S株NOWは、購入時、提案された株数を自分で変えて購入できます

S株nowは銘柄の価値を知ってる玄人(中級者)向き

こうした違いがあるため、S株NOWは自分で銘柄の価値を理解できる中級者以上向きのサービスと感じました。

一方、FOLIOは自分で銘柄を選べない初心者向きですね。(投資信託みたいな感じ)

あと、FOLIOでは3ヶ月に1回リバランスを提案してもらえるので、知識なしで株式投資をしたい人にも向いてます。

国内株ならこちらオススメ>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

テーマごとに銘柄は異なるのか?

というわけで、こちらも比較してみます。

まずは、「働き方改革」というテーマにおける銘柄の違い。

FOLIOとS株の「働き方改革」に入ってる銘柄

以下、FOLIOに入っているもの。(10万円)

・アマノ 17.55% 5株
・ダイキン工業 15.37% 1株

・リクルートHLDG 12.40% 4株
・ヤフー 12.19% 19株

・KDDI 9.92% 3株
・カルビー 9.09% 2株

・ユニ・チャーム 7.24% 2株
・ヤマトHLDG 7.00% 2株

・SCSK 5.51% 1株
・スタートトゥデイ 3.72% 1株

以下、S株NOW!に入ってる銘柄(10万円)

・リクルートホールディングス 10株 30.15%
・パソナグループ 8株 22.54%

・パーソルホールディングス 4株 12.08%
・フルキャストホールディングス 4株 11.38%

・エン・ジャパン 1株 6.39%
・アウトソーシング 1,877 2株 4.71%

・アルバイトタイムス 22株 7.24%
・ディップ 1株 3.99%
・夢真ホールディングス 1株 1.52%

このように、かなり違うわけですね。

FOLIOは「副業OK、時短」など「働き方改革を推進している企業」、

S株は「働き方改革で恩恵を受ける人材事業をやってる企業」という感じ。

S株nowの銘柄選定基準

なお、S株NOWの銘柄選定基準は以下の通り。

Q. S株 Now!(テーマ投資)で選定される銘柄は、どのような基準ですか?

A.
テーマごとに情報提供元である、みんかぶ(エムサーフ社) による独自の市場、銘柄分析に基づき、関連度の高い10社が選定されます

これはアルゴリズムと人力ということなんでしょうね。

こういったハイブリッドな選定方法もFOLIOと同じですね。

株を買いたいなら、ぼくはインデックス投信をオススメします

なお、国内株を買えるサービスを紹介してきましたが、ぼくは個別を買うよりインデックス投信をオススメします。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

やはり、市場平均は安心して投資できます。

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

また、最近は「楽天証券」で楽天ポイントを使って100円から優良なインデックス投信が買えるので、ぼくはそちらを推奨します。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

というわけで、以上です。

>>【おすすめ?】ミニ株、単元未満株(S株、プチ株、ワン株)のメリット・デメリットまとめ

IPO以外にもほったらかしでラクに稼げます

ほったらかしで株で稼ぎたい人には以下の記事もおすすめです。

>>【CFD】FTSE100で配当金生活の実績!リスクや金利、今後の見通しを考えて撤退しました

>>ブログで検証!1万円から年利40%の配当生活を目指す方法 @GMOクリック証券のイギリス株CFD

>>ループ株365の評判と実績!FTSEで必要な目安資金(証拠金)、損切り設定をまとめた

>>初心者が株を始めるための最低資金は?少額1万円で買える銘柄、スマホなど必要なものまとめ

寝てる間もお金が増える「ほったらかしFX」

【お得】カンタンに1,000円もらう方法

【人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ