>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXのレバレッジのリスクを億り人が解説!ロスカットで損を防ぐ方法

本サイトは広告費から運営されております。

この記事では、FXのレバレッジのリスクについて解説します。

レバレッジをかける際にリスクを抑える方法やレバレッジの活用方法も紹介します。

FXでレバレッジを有効活用し、取引に役立てたい方は参考にしてください

記事の要点まとめ
・レバレッジを使うことで、手持ち資金以上の大きな資金で取引できる

・ただし、ハイレバレッジの取引はリスクが大きくなるので注意

特に初心者はレバレッジを3倍以下におさえるのがおすすめ

レバレッジは便利ですが、かけるとしても最大5倍までに抑える方がいいです。

特に初心者の方であれば、レバレッジ3倍以下でリスクを抑えて取引しましょう

トライオートFXではレバレッジを抑えながら1000円から少額取引できます。

当サイト限定のキャンペーンで73,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!7.3万円とレポートもらう /

※レバレッジの用語説明は以下の動画でも解説してるのでチェックしてください

FXのレバレッジとは?

まず、FXのレバレッジを説明します。

FXのレバレッジとは、手持ちの資金以上に大きなお金を動かせる仕組みのことです。

レバレッジをかけなければ、手持ちの資金が10万円なら10万円分の取引しかできません

しかし、レバレッジ2倍にすれば、手持ちが10万円でもその2倍の20万円分の取引ができます。

国内の最大レバレッジは25倍であり、手持ちが10万円なら250万円分の取引ができます

手持ち資金10万円での取引量
・レバレッジ1倍:10万円分の取引ができる

・レバレッジ5倍:50万円分の取引ができる

レバレッジ10倍:100万円分の取引ができる

これがレバレッジの魅力であり、少額でも大きな利益を狙えるようになっています。

少額から取引量を増やしたい人がレバレッジを活用しています。

FXのレバレッジのリスク

ただ、レバレッジにはリスクがあるので、こちらを紹介します。

損しないためにデメリットは必ず知った方がいいので参考にしてください。

ハイレバレッジだと大損することも

FXのレバレッジのリスク

まず、6倍以上のハイレバレッジ取引をしていると大損をすることもあるので注意です。

レバレッジでは取引量を増やせますが、取引量が増えるということは損した際の額も大きくなるということです。

レバレッジ1倍での損失額が1000円の場合、レバレッジ10倍であれば10,000円と10倍損することになります

レバレッジではリターンも増えやすい分、リスクも増えるため、この点に注意しましょう。

特に、最大のレバレッジ25倍で取引すると、ほぼ損をするのでやめたほうがいいです。

危険なハイレバレッジ 取引については、以下の動画をチェックしてください。

ロスカットの可能性が高まる

6倍以上でハイレバレッジで取引をしていると、ロスカットで強制決済され損をすることもあります。

特に、レバレッジ10倍以上で取引していると、ポジションが強制決済される可能性は高まります。

ロスカットでポジションを強制決済されてしまうと損失が実現してしまいます

その後、為替レートが有利な方向に動くかもしれないのに、そこでトレードが終わってしまうのです。

これはもったいないので、ロスカットでの損を防ぐように、レバレッジはかけすぎないほうがいいです。

追証や投資額以上の損失も

レバレッジを大きくかけていると、急な暴落で追証になる可能性もあります。

追証とは、追加で証拠金の入金を求められることで、想定以上に資金が必要になる場合もあります。

また、ハイレバレッジな取引中に相場の大きな急変があると、FX会社でロスカットが追いつかない可能性もあります

そうなると、投資額以上の損失、つまり借金が発生することもあります。

ハイレバレッジ取引は危険なので、注意してください。

FXのレバレッジのリスクを抑える方法

次に、レバレッジのリスクを抑える方法を紹介します。

レバレッジはルールを守れば、FXでの武器にもなるので、これから紹介することを知っておきましょう。

リスクを抑える方法
低レバレッジで運用する

・ロスカットを防ぐために適切に損切りする

最大の取引量を決めておく

・デモトレードで練習して、レバレッジに慣れる

それぞれ解説します。

低レバレッジで運用する

まず、リスクを抑えるために低レバレッジで運用していきましょう。

理想はレバレッジ3倍以下で、かけたとしてもレバレッジは5倍以下にしたほうがいいです。

5倍より大きなレバレッジで取引していると、危険性も高まっていきます

レバレッジを高めすぎると、ギャンブルトレードにもなりやすいので注意です。

ロスカットを防ぐために適切に損切りする

レバレッジでのリスクを抑える方法として「損切りなどでポジションを決済し減らす」もあります。

ポジションを減らせば、必要な証拠金は減りますから、ロスカットも回避しやすくなります。

理想は含み益が出ているポジションで利益確定することですが、損切りでポジションを減らしても大丈夫です。

ポジション数が多い場合は、ロスカットにならないために不要なものを決済しておきましょう。

損切りルールを事前に決めておく

レバレッジをかけすぎてのロスカットを防ぐためには、新規注文の際に損切り注文もしておくといいです。

ポジションがたまり含み損が増えていくと、ロスカットされやすくなります

これを防ぐためにも、予想と逆に動いたらすぐ損切りできるように注文しておきましょう。

損切り・決済のルールを決めて、忠実に守っていくことが大事です。

最大の取引量を決めておく

FXでレバレッジを使う際は、取引量にも注意で、資金に見合った取引量にしましょう。

レバレッジを使えるからといって、ムチャに取引量を増やすとロスカットの原因になります。

特に熱くなってくると、注文せずにはいられなくなるポジポジ病にもなりがちです。

レバレッジをかけすぎて、資金に合わない量で取引してしまうと損失の原因になるので注意です。

デモトレードで練習して、レバレッジに慣れる

本番取引でのレバレッジでのリスクを抑えるには、事前にデモトレードで練習していくことも大事です。

デモトレードであれば自分のお金を使わず、擬似資金を使うため、損をしても痛みがありません。

なので、デモトレードでレバレッジをかけた取引をし、練習し慣れておくことが重要です。

デモトレードでハイレバレッジ取引も経験しておけば、その危険さもわかり本番でやることはなくなるはずです。

デモ取引ならみんなのFXがすぐ始められておすすめです。

当サイト限定のキャンペーンで1,010,000円をもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!1,010,000円もらう /

FXのレバレッジのリスクまとめ

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・レバレッジを使うことで、手持ち資金以上の大きな資金で取引できる

・ただし、ハイレバレッジの取引はリスクが大きくなるので注意

特に初心者はレバレッジを3倍以下におさえるのがおすすめ

レバレッジは便利ですが、かけるとしても最大5倍までに抑える方がいいです。

特に初心者の方であれば、レバレッジ3倍以下でリスクを抑えて取引しましょう

トライオートFXではレバレッジを抑えながら、1000通貨で1000円から少額取引できます。

当サイト限定のキャンペーンで73,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!7.3万円とレポートもらう /
関連記事