>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人が解説!FXのスキャルピングで勝てるテクニカル分析6つ

この記事では、「FXでのスキャルピング」に必要なテクニカル分析について解説します。

FXのスキャルピングで利益を出したい、有効なテクニカル分析を知りたいと思っている方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
スキャルピングで有効なテクニカルは、ボリンジャーバンド、移動平均線

・日足などの長期足を見た後に、そのトレンド通りに1分足を見て取引する

・ローソク足がレジスタンスラインやサポートラインにぶつかった時に逆張りでエントリーする

スキャルピングをやるなら、テクニカル指標が充実していて、スプレッド最狭水準のみんなのFXがおすすめです。

約定力も高く、有利にトレードでき人気です。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

テクニカル分析については以下の動画でもチェックしてください。

スキャルピングについては以下の動画でもチェックしてください。

【基本】スキャルピング向きのテクニカル分析3つ

まず、スキャルピングで必要なテクニカル分析3つを紹介していきます。

テクニカル分析
・移動平均線

・ライン分析

・RSI

基本的なものであり、スキャルピング以外でも活用できるので、ぜひチェックしましょう!

移動平均線

fxのスキャルピングのテクニカル分析

スキャルピングのテクニカル分析では、移動平均線を活用できます。

特にわかりやすいのは「短期の移動平均線(オレンジ)」と「長期の移動平均線(緑)」を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

fxで移動平均線で利確

「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を下抜けたら売りサインでデッドクロスと言います。

逆に、「短期のオレンジ線」が「長期の緑線」を上抜けたら買いサインでゴールデンクロスと言います。

デッドクロスは新規注文なら売りタイミング、利確なら買った後の売り決済のタイミング。

ゴールデンクロスは新規注文なら買いタイミング、利確なら売った後の買い決済のタイミングです。

fxで移動平均線で利確

これを知っておくと、スキャルピングで利益を狙えます。

ライン分析でトレンドを知る

fxのライントレードとは

ライン分析もスキャルピングで活用でき、ラインの種類には以下のものがあります。

ラインの種類 ラインの説明
サポートライン 過去の最安値を結んだライン。底値になりやすい
レジスタンスライン 過去の最高値を結んだライン。天井になりやすい
三角保ち合い線 レンジ相場での最高値と最安値を結んだ線

それぞれ解説します。

サポートライン

サポートライン

サポートラインとは、下値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれ以上下落しにくいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、底値になりやすいポイントです。

過去に何度も安値として反発しているポイントで、今後も反発の可能性があるので、ラインまで押した時に買う戦略があります。

サポートライン

ただ、サポートラインでローソク足が止まらず、そのまま下落してしまうこともあります。

その場合は、ローソク足がサポートラインを割ったタイミングで「売り(ショート)」というのが1つの戦略です。

サポートラインを割った後は、その線(もともとサポートだった線)がレジスタンスラインに変わります。

a

レジスタンスライン

fxのレジスタンスライン

レジスタンスラインは、上値抵抗線とも呼ばれ、価格がそれより上昇しづらいラインのことです。

ラインのある価格帯でローソク足が止まりやすく、天井になりやすいポイントです。

このポイントでは売り勢の勢いが強く、買っていた人たちが利益確定するポイントでもあります

ただ、買いの強いニュース(上昇材料)があれば、買い勢が優勢となり、レジスタンスラインを突き抜けることもあります。

突き抜けた後は、強い上昇トレンドになるので、影響を与えそうなニュースなども見ておきましょう!

三角保ち合い線

三角保ち合い線

三角保ち合い線は、トライアングルともいい、三角形を形成し、値動きが小さくなった後に、大きく動く特徴があります。

値動きが小さくなっていき、収束しきった時がエントリーポイントです

三角保ち合い線

この線を見ていれば、「長い間続いたレンジ相場が終わり、強いトレンドが発生するタイミング」がわかります。

価格が収束するほど、相場が大きなエネルギーを溜め込んで、最終的に一方向に大きく動きやすくなります

こちらも参考にしましょう。

RSIで買い・売りの勢いがわかる

スキャルピングでは、RSIも活用できます。

RSIでは買われ過ぎ、売られ過ぎの目安がわかり、逆張りトレードで参考にできます。

RSIは数値化されており、70以上で買われ過ぎ、30以下で売られ過ぎの目安です。

「70以上は買われ過ぎなので売る」「30以下は売られ過ぎなので買う」というのが戦略です。

RSIは初心者の方でもわかりやすいので、覚えておきましょう。

【上級】スキャルピング向きのテクニカル分析3つ

次に、少し上級者向けのテクニカル指標と分析方法を紹介します。

これから紹介するものを知れば、より高度な分析ができ、予想で役立つので、ぜひ参考にしてください。

テクニカル
・ボリンジャーバンド

・MACD

・フィボナッチ

ボリンジャーバンド

スキャルピングでは、ボリンジャーバンドを活用できます。

これは中心の移動平均線と、上下の±1σライン、±2σラインを使って分析します。

ボリンジャーバンド、移動平均線.png

±2σラインにローソク足(値動き)がおさまる確率は約99.5%で、±2σラインに達したら売買のタイミングとなります

下の方の-2σラインに達したら逆張りで買い、上の+2σラインに達したら売りのエントリーをします。

こちらも逆張りトレードで活用できます。

MACD

fxのスキャルピングでのテクニカル指標

MACDでは、2つのライン「MACDライン(青)」と「シグナルライン(オレンジ)」を使って、買い時・売り時を判断します。

MACDラインは、短期EMAと中長期EMAの差を線で表したもので、シグナルラインは、単純移動平均線です。

MACDライン(青)がシグナルライン(オレンジ)と交差して上回れば「買いサイン」。下回れば「売りサイン」となります。

fxのスキャルピングでのテクニカル指標

これもシンプルなので、覚えておきましょう。

フィボナッチ

他には、フィボナッチ・リトレースメントもスキャルピングで活用できます。

フィボナッチ・リトレースメントとは、ローソク足が止まりやすい線を表し、それぞれの線がエントリーポイント、利確ポイントになります

fxのテクニカル指標での利確方法

過去の値動きを見て、そこで止まっている回数が多ければ、より確度の高いポイントになります。

23.6%、38.2%、61.8%のラインで反発して下落(上昇)する可能性が高いので、そのポイントが買い時・売り時の目安になります。

スキャルピングのテクニカル分析でのコツ

次に、スキャルピングでのテクニカル分析のコツを紹介します。

逆張りトレードと順張りトレードで大事なことをまとめるので、ぜひ参考にしてください。

逆張りでは1分足を使う

a

まず、逆張りでは1分足チャートを使い、トレンドの中での逆張りを狙います。

たとえば、上昇相場の場合は、上昇中にレジスタンスラインにぶつかって一旦下落する局面があります

fxのレジスタンスライン

その下落ポイントでの売りが1つのエントリーポイントです。

逆に、下落相場の場合は、下落中にサポートラインにぶつかって一旦上昇する局面があります。

a

この場面が1つの買いタイミングです。

ボリンジャーバンドでの逆張り

FXのスキャルピングでのボリンジャーバンド分析

逆張りだと、ボリンジャーバンドの各ラインでの反発でエントリーする方法もあります。

これは、数pips~10pipsくらいを抜いてポジションを閉じるという手法です。

ローソク足は、日足、1時間足、5分足と長い足から見ていき、1分足を見ながら取引します

反発点は、前日高値・安値や、ボリンジャーバンドの各ラインを狙うことになります。

FXのスキャルピングでのボリンジャーバンド分析

スキャルピングでの順張り手法

スキャルピングでは順張り手法もあります。

ローソク足が、「ボリンジャーバンドの中心の移動平均線」を超える時に注文します。(以下の○印の部分にて注文)

FXのスキャルピングでのテクニカル分析のコツ

利益確定ポイントは、ボリンジャーバンドの次のラインが一つの目安です。

下の図であれば、中心線を上抜いた後の+1σラインが利益確定のポイントです。

FXのスキャルピングでのテクニカル分析のコツ

損切りラインは、抵抗線だと思ったラインが崩れたところです。

順張りでは、以下のようにサポートライン、レジスタンスラインから反発した点もエントリーポイントになるので覚えておきましょう。

a

上の図であれば、赤丸が売りのエントリーポイント。青丸が買いのエントリーポイントです。

\ 限定!405,000円もらう /

【為替】スキャルピングでの注意点

次に、FXでスキャルピングをする際の注意点を解説します。

以下の2点を覚えておきましょう。

注意点
・損切りを必ず行う

・大きなトレンドに乗る

損切りを必ず行う

fxのマージンコールを防ぐ方法

スキャルピングでトレードする際は必ず損切りをしましょう。

損切りすることで損失を最小にとどめ、次のトレードで利益を狙えます。

スキャルピングは数pips〜10pipsと小さな値動きで利益を積み上げていきます

損切りせず、損失が膨らんでいくとコツコツ小さく積み上げた利益が消えることもあります。

必ずこまめに損切りして資金を守りましょう。

大きなトレンドに乗る

fxスキャルピングでの注意点

スキャルピングでは、長期足のトレンド通りにトレードしましょう。(逆らうのはNG)

スキャルピングと言えど、長い足である日足・時間足・5分足を確認の上、1分足を見るのが基本です。

長い時間足の影響を「短い時間足」が受けるので、必ず日足も見る必要があります

スキャルピングをやっていると、一時間足や日足のトレンドが、頭から消えがちですが、これは失敗の原因になります。

基本的に、大きなトレンドを意識して逆らわない方向で取引をするのが定石です。

勝率の高いトレードをやる

バイナリーオプションで上達する方法

相場が自分のポジションと逆に動いてしまったときには、すぐに逃げることも大切。

なるべく含み損を少なくし、小さな利益幅を積み上げ勝率を高くするトレードがスキャルピングでは大切です。

スキャルピングにおすすめなFX会社

次に、スキャルピングにおすすめなFX会社「みんなのFX」を紹介します。

トレイダーズ証券 みんなのFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント
(ドル円)
85円
スプレッド
(ドル円)
0.2銭

みんなのFXではスプレッドが最狭水準なので、スキャルピングに向いています。

スキャルピングは数秒〜数分単位でひんぱんに何度も短期売買をするので、スプレッドが大事です。

スプレッドが広いと実質的な手数料が高くなり、不利なトレードとなります。

みんなのFXではスプレッドが最狭水準なので、手数料を抑えてお得にトレードできます

また、テクニカル分析をするためのツールも十分そろっており、スマホアプリからも取引ができます。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!405,000円もらう /

▼スキャルピングに最適なFX会社は以下の記事で詳しく解説しています!

【まとめ】FXでは秒スキャルピングも可能

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
初心者向けのテクニカル指標:移動平均線、ライン分析、RSI

・上級者向けのテクニカル指標:ボリジャーバンド、MACD、フィボナッチ

・スキャルピングで勝率を上げるためのコツ:順張り、逆張りどちらかで損小利大

・日足など長期足のトレンドに逆らわずトレードする

スキャルピングをするならトライオートFXもおすすめです。

こちらもスプレッドが最狭水準で、当サイト限定のキャンペーンで53,000円と特別レポートをもらえてお得です。

トライオートFXタイアップ

まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /
関連記事