【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「春から楽天ポイントでの積立開始!」なども紹介

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

以下の記事でも紹介している「つみたてNISA」について補足記事を書いておきます。

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

楽天証券」と「SBI証券」ではどちらで始めるのがいいの?というお話。

(どちらも100円から積み立てられます)

つみたてNISAを始めるなら楽天かSBI!この2択

なお、つみたてNISAを始めるなら、この2つのどちらかがいいです。(対象商品数、手数料などの点から)

ぼくは「SBI証券」でつみたてNISAを使っていますが、今から(春から)使うのであれば「楽天証券」がいいなと思っています

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

というわけで、そういった詳しい話をこれからしていきます。

現状の違いは「ポイント還元率」と「その有用性」

楽天とSBIの違いは、「ポイント還元率」と「その有用性」です。他の要素(手数料、商品数など)は違いがありません。

なので、これからはまず「ポイント還元率」で比較してみます。

※両証券会社とも、投資信託を保有しているだけでポイントがたまるのです

保有によるポイント還元ではSBIが有利だが、、

なお、SBI証券でたまるのはSBIの独自ポイント。

>>【SBI証券】投資信託を保有してるだけでポイントが貯まる「投信マイレージ」がいい感じ!実質的に手数料を減らせます!

楽天証券の場合は、楽天のスーパーポイント。

結論から書くと、「保有によるポイント還元率」だけで見ると「SBI証券」の方が有利ですが、有用性も踏まえて考えると総合的には「楽天証券」の方が優れています

SBIは保有金額に関係なくポイントがもらえる

SBIでのポイント還元のルールは以下の通り。(SBIサイトからの引用)

保有金額に関係なく、ポイントがもらえるんですよ。

  ポイント付与率(年率)
月間平均保有金額 1,000万円未満 1,000万円以上
(A)通常銘柄 0.1% 0.2%
(B)当社指定銘柄Ⅰ 0.05% 0.05%
(C)当社指定銘柄Ⅱ 0.03% 0.03%
(D)当社指定銘柄Ⅲ 0% 0%

なお、ポイント還元率の低い「当社指定銘柄」というのは、信託報酬が低く、成績もいい優良ファンドです(以下の記事で紹介してるような)

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

なので、SBIにおける還元率は、0.03%か、0.05%と考えておきましょう。

楽天証券はポイントをもらうための条件が厳しい

一方、楽天の場合、投資信託を50万円以上保有してないと、楽天スーパーポイントはもらえません。

※MMF、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンド、ブルベアファンドを除く

・50万円以上~200万円未満:50ポイント(最高還元率で考えると[50万円保有の場合]、0.01%)

・200万円以上~400万円未満:100ポイント(最高還元率で考えると[200万円保有の場合]、0.005%)

・400万円以上~600万円未満:150ポイント

・600万円以上~800万円未満:200ポイント

・800万円以上~1000万円未満:300ポイント

・1000万円以上~2000万円未満:500ポイント

・2000万円以上:1000ポイント

こんな感じで、ポイント還元率で考えるとSBIに分があります。

ただし、SBIポイントは使い道がない

ただ、これは「ポイント還元率」の話。そのポイントの有用性(活用できるか)とは話が別物。

先ほどの記事の通り、SBIポイントはSBIの専用サイトでしか使えませんし、

ぶっちゃけサイト内には欲しいと思える商品がありません。

スクリーンショット 2018 02 03 17 17 35
(過去に1500ポイント貯まっていましたが、全額寄付しました)

そもそも少額積立だとあまり貯まらない

これも知っておきたいところ。

僕の積立額(100万円ほど)だと、1年で貯まったのは300ポイントほどでした。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

スクリーンショット 2018 02 03 17 16 43

以下、履歴の一部。

スクリーンショット 2018 02 03 17 16 48

なので、SBIは「還元率」では楽天より上ですが、「有用性」を考え総合評価すると、「楽天証券」の方がいいですね。

楽天ポイントであれば、楽天での買い物に加えて、優良な投資信託も買えますからね。

春から大きな違いが生まれる「楽天ポイントで積立可能に」

あと、2018年の春から、楽天証券のつみたてNISAで、積立代金を楽天スーパーポイントで払うことが可能になります。

こういったことがあるので、春から始めるのであれば、「楽天証券」を使うのがいいと判断しました。

ちなみに、ぼくはこのニュースを知る前に「つみたてNISA」を申し込んだので、楽天は候補に入ってませんでした。(1年ほど「SBI証券」をメインで使っていましたしね)

ですが、これから証券口座を作ってつみたてNISAを始めようと思うのであれば、「楽天証券」がいいですね。

楽天カードからの積立(引き落とし)もできるようですし。(対象商品一覧などは公式サイトで確認してください)

仮想通貨の資産を失わないために知っておきたいこと

Check!>>【楽天ポイントを投資に回せる】100円から始められる「気軽投資」を知ってますか?

【人間の脳は投資に向いてない】ロボに資産運用を任せてお金を増やす

1日33円からのビットコイン積立ができる取引所

ぼくは、取引所「Zaif(ザイフ)」の積立で利益を出しています

>>【月1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です

ビットコイン、NEM、イーサリアムの積立が可能>>Zaifで登録(口座開設無料です)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ