>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXのロンドン時間とは?特徴やトレード手法、おすすめ通貨を億り人が解説

本サイトは広告費から運営されております。

この記事では、FXのロンドン市場、ロンドン時間の特徴について解説します。

ロンドン市場(時間)の特徴を知りたい方、ロンドン時間で利益を出す方法などを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・そもそも、FXではロンドンを含め、世界中で様々な市場がある

24時間トレードできるのは、日本だけではなく各国の市場が代わり替わり開いているため

・市場によって取引量が異なり、その中でも1番取引量が多いのはロンドン市場

・最近ではロンドン市場に参入する投資家の数も増え、FXでは盛り上がりを見せている

結論、ロンドン市場の時間帯を意識することでFXのトレードも上達していきます。

もしロンドン市場などでFXの取引をするなら、条件が有利なトライオートFXがおすすめです。

こちらではスプレッドが最狭水準で、スワップポイントの条件も良く、お得にトレードできます。

当サイト限定のキャンペーンで73,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!7.3万円とレポートもらう /

ロンドン時間とは

まず、ロンドン時間とは何かを説明します。

ロンドン時間はイギリスのロンドンの金融市場が開かれている時間帯のことを指します。

日本時間で見ると16時~26時(冬季は17時~27時)がロンドン市場が開催するロンドン時間です。

fxのロンドン時間の特徴

ロンドンが主要開催市場となるため、ドルや円といった通貨ではなくユーロやポンドなどの欧州系の通貨の取引量が増加します

また、参加する投資家や金融機関の数も増えることから主要通貨以外でも様々な通貨ペアで取引が活発化します

ロンドン時間からは値動きが大きくなりやすく、日本でFXを行うトレーダーの中には、ロンドン市場から取引に参加する人も多くいます。

FXには主要市場の時間帯がある

ロンドンの金融市場が開催する時間をロンドン時間と呼びますが、FXの市場は他にも様々な国が開催しています。

その中でも主要で取引量が多い市場のことを世界三大市場と呼び、東京・ロンドン・ニューヨークを指します

a

日本時間で見ると、それぞれの市場の開いている時間は以下の通りです。

市場の開いている時間
・東京:8時~16時に開催(東京時間)

・ロンドン:16時~26時まで開催(ロンドン時間)

・ニューヨーク:21時~6時まで開催(ニューヨーク時間)

(冬季の場合には1時間ずつズレます)

ロンドン市場は1番取引が多い

ちなみに、ロンドン市場が注目されるのは世界三大市場の中で取引額が一番大きいためです。

以下の順位で取引額が多く、ロンドン市場で最も取引されています。

取引額
1位:イギリス3兆5760億ドル

2位:アメリカ1兆3700億ドル

・3位:シンガポール6330億ドル

・4位:香港6320億ドル

5位:日本3760億ドル

FXは24時間トレードを行えますが、開催している市場が変わることによって参加者も変わり値動きにも変化がでるため、

時間帯を意識することで上手くトレードを行えます

ロンドン時間における値動きの特徴

取引量や取引額が増えるロンドン時間には、他の時間帯とは異なる値動きが発生する特徴があります

事前にロンドン時間の値動きの特徴を知っておくことで、FX初心者の方でもいろんな状況に対応できます。

では次に、ロンドン時間にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

東京時間よりも値動きが活発になる

fxのロンドン時間の特徴

日本時間でFXのトレードを行うと、朝に東京時間、夕方にロンドン時間、夜にニューヨーク時間を迎えます。

世界三大市場の中でも東京時間は取引量が少なく、値動きもそこまで大きくありません。

しかし、16時を迎えてロンドン時間に入ると急に取引量が増え、値動きが活発化します

東京時間ではレンジを形成していたチャートも、ロンドン時間に入るとレンジをブレイクしてトレンドが出ることもあります。

ロンドン時間は、値動きが出始める時間と覚えておくと良いでしょう。

ユーロやポンドの取引量が増える

a

ロンドン時間はイギリスを含めた欧州での取引が増え、ドルや円といった通貨よりもユーロやポンドなどの欧州系の通貨ペアの取引量が増えます。

ただ、ドルや円といった通貨ペアの取引量も減るわけではありません

世界最大のロンドン市場が動き出すことから、東京時間よりも取引量が増える場合もあります。

そのため、ユーロ/ドルやポンド/ドル、ドル円やユーロ円といった通貨ペアの値動きも活発化していきます

自分が普段トレードを行う通貨ペアの値動きが、ロンドン時間に入るとどのように変化するか確認しておくと、特徴を捉えたトレードを行えるでしょう。

ロンドン時間は為替市場の方向性が決まりやすい

ロンドン時間の値動きには、トレンドの方向性が決まりやすい特徴があります。

ロンドン時間前の東京時間には、レンジや弱いトレンドを形成する特徴を持っています

東京時間のように方向性が出ない相場に対して、ロンドン時間は取引量が増え、勢いが出ることから上昇や下降といった方向性が決まりやすいのです。

a

しかし、機関投資家や腕の良いトレーダーも参入して来ることから、ダマしや反転などといった難しい値動きも発生しやすい特徴もあります。

例えば、東京時間に緩やかな上昇を描いていたチャートがロンドン時間に入ると、急に反転から下降し、そのまま下降トレンドを形成することも。

特に東京時間からロンドン時間に移行した数時間の間に発生しやすいので、開催市場が変わるタイミングには注意しましょう。

ロンドン時間で為替やゴールドの基準レートを決める

a

ロンドン時間には、ロンドンフィキシング(ロンドンフィックス/ロンフィク)と呼ばれるタイミングがあります。

ロンドン市場における金融機関の為替取引やゴールド現物取引(金)の価格(レート)を決めるタイミングです。

ロンドンフィキシングで決められた価格で企業などが取引を行うため、取引市場でも注目される価格であり、発表の前後で相場も大きく動く場合があります

24時前後に大きく動く

ロンドンフィキシングは日本時間の24時(冬季は25時)に発表されるため、24時前後には価格(レート)が大きく動くことも。

特に月末や末期といった時期には、ヘッジファンドや機関投資家などが大口の取引を行うことがあり、

その影響でロンドンフィキシング時には大きく動きやすい傾向もあります。

ロンドンフィキシングの時間に大きく動くことだけではなく、月末などの時期でも値動きに違いがあることを把握しておきましょう。

ロンドン時間を攻略するためのポイント

ロンドン時間は値動きが出やすいため、ロンドン時間に上手くトレードを行うことで大きな利益を期待できます

実際にロンドン時間でトレードをするにあたって、初心者向けのポイント・攻略法をいくつか紹介していきます。

トレンド発生時にはトレンドに乗る

スクリーンショット 2021 10 15 16 49 33

ロンドン時間の特徴として値動きの方向性が出やすいと紹介しました。

この方向性・トレンドに乗るのがロンドン時間の1つの攻略法です。

東京時間からロンドン時間に移った際にダマシによる反転などの動きもありますが、

その後は一定方向(上昇もしくは下降)の値動きが発生しやすいことから、トレンドに乗るトレードを行うのがポイントです。

ロンドン時間のトレード手法

上昇方向に価格が動く上昇トレンドが発生し始めたなら追いかける形でロングのエントリーを行い、

下降方向に価格が動く下降トレンドが発生し始めたならショートのエントリーを行います

それと、東京時間から持っていたポジションがロンドン時間に入っても同一方向のトレンドで継続した場合には、

しっかりとトレンドに乗る形で利益を伸ばすことも意識してみましょう。

ロンドン時間は逆張りや反発などを狙うよりも、初心者にとってはトレンドに沿う形のトレードの方があう場合が多いです。

ブレイクアウトやゴールデンクロスなどの分析を使う

しっかり分析する.png

FX初心者の場合、ロンドン時間のトレンドを上手く把握できないことがあります。

チャートを見て、直感でトレンドを判断するよりも、移動平均線などテクニカル分析を用いたトレードがおすすめです。

以下のようなトレンド分析を使うことで初心者でも上手くトレードができます。

分析手法
移動平均線の短期線が長期線を下から上に突き抜けるゴールデンクロス

・直近の高値や安値などのレンジの範囲を示した水平線のブレイク

fxで移動平均線で利確

無理にカンや自分勝手な判断でトレードを行うよりも、トレンドに沿ったトレードではテクニカル分析を活用すると良いでしょう。

ユーロやポンドといった主要通貨の取引を行う

a

ロンドン時間では、ユーロやポンドで取引することも大切です。

ロンドン時間に入ることで多くの通貨ペアに流動性が生まれますが、それでも欧州圏の通貨ペア以外だと値動きが生まれない場合もあります。

FXで利益を狙うためには値動きが必須であり、

ロンドン時間に主役となるユーロやポンドを含む通貨ペアなら「値動きが発生しない」という心配が減ります

そのため、しっかりと値動きが出る通貨ペアとしてトレードができます。

ロンドン時間のトレードで注意すべきこと

ここまで、ロンドン時間でのトレードを攻略するポイントを紹介しました。

ここからは、FX初心者の方がロンドン時間に注意すべきことを紹介していきます。

値動きが激しくなるロンドン時間だからこそ、注意しなければならないポイントもあるので、ぜひ参考にしてください。

値動きが激しくなるため、必ず損切りラインを設定する

ロンドン時間は値動きが激しくなり、東京時間に比べるとかなりリスクのある状態となります。

他にもダマシや反転が起こる可能性を考えて、大きな損失を抱えないためにも損切りラインは毎回設定するようにしましょう

損切りを計画的に行うことで、トレードにおけるギャンブル性を排除でき、自分の大切な資金を守るための手段にもなります

もし、自分で上手く損切りができず、瞬時に判断できない場合には、逆指値などを用いることで機械的に損切りを行えます。

ぜひ活用してみてください。

ロンドンフィキシング前には決着を付ける

a

ロンドン時間でもいくつかの注意すべき時間帯がありますが、その中でもロンドンフィキシングの前後には注意が必要です。

その日の為替レートが決まるロンドンフィキシングの影響によって、ユーロやポンドを含む欧州系の銘柄ペアで大きな価格変動が生まれます。

夕方から持ったポジションで上手く含み益を出せていたのに、

ロンドンフィキシング発表後の値動きで含み益を大幅に減らしたり、逆に含み損が出てしまうことも。

そのため、予測が難しい値動きが発生するロンドンフィキシング前には一度ポジションを閉じるのがおすすめです。

ニューヨーク市場開始時には値動きに要注意

ロンドン時間の注意点

東京時間からロンドン時間はあまり時間を開けることなく引き継ぐ形でスタートしますが、

ロンドン時間からニューヨーク時間においては重なる時間帯が存在します。

a

それは21時(冬季は22時)からの時間帯であり、ロンドン時間中にニューヨーク時間がスタートします。

2つの巨大な市場が重なることから値動きが複雑になるといった特徴があります。

市場での参加者も増え、それぞれの思惑や戦略が交差して予測が難しい値動きの時間帯となります。

a

FX初心者であれば慣れるまでチャートの監視や分析に時間を使った方が良いでしょう。

値動きが激しくなる時間帯はトレードをしたくなりますが、勝率が高くなく低い場面においては手を出さないことも一つの戦略です。

米国の重要指標発表時には要注意

ロンドン時間とニューヨーク時間は重なる時間帯があり、この時間帯(21時から)にはアメリカの重要な経済指標が発表されます。

世界経済の中心でもあるアメリカの経済指標は為替に大きな影響を与えます

その中でもアメリカの雇用統計は一瞬にしてドル円の価格が1円以上動くほどの影響力を持っています

指標発表からどのように価格が動くのかは予測が難しく、多くのトレーダーが手を出さずに静観する場面でもあるのです。

ロンドン時間中にアメリカの経済指標が発表されるため、重要指標の発表時には注意が必要となります。

a

重要指標の発表はトライオートFXのアプリで簡単にチェックできます。

当サイト限定のキャンペーンで73,000円と特別レポートをもらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!7.3万円とレポートもらう /

【まとめ】FXのロンドン時間のメリット・デメリット

a

以上がFXにおけるロンドン時間の解説となります。

記事の要点まとめ
・ロンドン時間は日本時間における16時~26時(冬季は17時~27時)

・東京時間に比べると、市場参加者も増えて取引量も増えるため比較的値動きが発生しやすい時間帯

・ロンドン時間スタート時にはダマシや反転などの値動きが発生する場合も

トレンドも発生しやすい時間帯であるため、利益を狙えるタイミングにもなる

FXの取引をするなら、スプレッドが最狭水準でスワップポイントの条件が最高のみんなのFXがおすすめです。

ここならお得に取引でき、当サイト限定のキャンペーンで410,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!410,000円もらう /
関連記事